妻の浮気で離婚したら後悔する?不倫をやめさせて修復する方法

浮気が離婚理由だったら

妻に浮気をされて離婚を考えた、後悔する?浮気が原因で離婚危機に至る夫婦関係の特徴とは?浮気が理由で離婚するメリットとデメリットを冷静に考えてから決断する必要があります。

妻の浮気で離婚したら後悔する?

浮気が原因で離婚危機になる夫婦関係の特徴とは?浮気をされても離婚を避けたい、浮気をする心理が知りたい。妻、夫の不倫を知って驚いてショックを受けて恐怖を感じている場合、夫婦関係がどのような時に不倫が起きるのか?自分は良い奥さんなのか?その時の家庭の状況は?離婚を選択して後悔しないために感情的にならずに冷静に話し合うことが必要です。

 

妻の心理

離婚を考える前に結婚生活について時系列で結婚してから今日までのエピソードを書き出して下さい。これが『夫婦の歩みの年表』になります。

 

年表を作成してから夫婦のこれまでのエピソードを思い返されて下さい。浮気が起きた理由や原因を発見できるご夫婦が多いようです。

 

 

 

離婚後の経済的な不安のことも離婚を避ける理由になります。浮気発覚後に離婚を避ける選択をした理由は?

関連記事:妻の浮気発覚後の夫婦関係?離婚を避けて不倫を乗り越える修復方法

 

 

夫の浮気が発覚した後の対処がわかります。

関連記事:夫の浮気発覚後の妻の対応と接し方の態度は?離婚を避ける対処法

 

不倫が離婚原因

 

浮気されて離婚すると言い切る妻の本音は夫への復讐?

浮気を隠していた夫は本当に良い旦那さんなのか?浮気をすぐにやめさせることは難しいことですが、不倫をしていることを責めずに理由を聞くために向き合い方を冷静に考えて下さい。

 

浮気されたことがどんなに悔しくても浮気をした夫や不倫相手への復讐を考えないで下さい。

 

浮気が原因で別居

妻の浮気が離婚を考えるきっかけ

真面目な性格だった、妻は優しかった、結婚生活で過信をして思いやることを続けることができていなかった可能性はありませんか?

 

一般的に浮気が起きてしまう夫婦の場合、大切な夫婦の会話も疎かになっていませんでしたか?

 

真面目な夫の浮気、優しい妻のの発覚が離婚に直結するケースでは日頃から夫婦としてお互いに本音を話せていない傾向があります。

 

浮気が離婚の原因

離婚を覚悟して浮気を問い詰めると嘘を言われる

妻の浮気が発覚して離婚する覚悟で強い言い方で問い詰めると警戒して本当のことを絶対に言いません。

 

浮気の発覚をきっかけにもし不倫をやめて相手と別れる選択をしても離婚したい気持ちは変わらない、離婚に合意してくれと言われたら?

 

不倫の前から結婚生活に多くの不満があり言えずにいたなど夫婦の気持ちの問題が存在しているのです。

 

 

 

関連記事:夫が浮気をしている兆候のサインTOP10!言い訳の見破り方と対処法

 

 

浮気が見つかって離婚を迫られた

妻の浮気で離婚したら後悔するケース

結婚してから何度も浮気を繰り返す夫・妻の心理とは?

 

今回の浮気が発覚して反省していると謝ってくれてもまた浮気をする、終わったと思ってもまた浮気を繰り返す。浮気を繰り返してしまう夫・妻の心理は妻への過信、軽視があり家族への責任感が薄いなど身勝手な思考、価値観が原因なのです。強く追及をしたことが別居の原因となり離婚危機に至るケースがあります。

 

 

話しをしたくない

浮気を繰り返す夫・妻と別居期間を経ても結果は離婚について譲歩しない返事だった場合はどうすればいいか?夫婦関係を修復することを考えてもらうための向き合い方があります。子供のためにと思って今回の浮気も許せますか?

 

浮気をした夫の本音については関連記事:浮気を繰り返す夫の本音と心理は?考えを知るための妻の対処法をご覧ください。

 

妻の不倫を知った

後悔するから妻の浮気で離婚しないなら

浮気発覚後の話し合いで浮気・不倫をしたことを責めること、執拗に嫉妬心で責めてはいけません。浮気を悔しさから執拗に責めて追及することを繰り返すだけでは解決できません。浮気が発覚したその後では旦那か浮気相手か、浮気についてどちらが悪いという責め方を続けても事態は解決しません。

 

浮気されても離婚したくない

 

浮気と不倫の違いとは?

不倫とは既婚者が婚外の恋愛をする、配偶者への裏切り行為、不貞行為のことです。浮気とは未婚の方が交際中の相手とは別の相手と恋愛をする恋人への裏切り行為のことです。

 

気持ちが離れて浮気をした

男性と女性の浮気に関する考え方の違いとは?

男性の不倫は家庭を壊さない前提の遊び恋愛の感覚で、相手が既婚女性や未婚の女性ですが、女性の不倫は家庭を放棄してでも未婚の男性や離婚前提の既婚者男性が不倫相手となり、浮気相手との恋愛関係の維持を優先する考えに陥られることが多い様です。浮気が発覚しても理由を上手に説明できず逆ギレするケースが多いようです。

 

 

夫に浮気された後のフラッシュバックを乗り越える方法がわかります。

関連記事:夫に浮気された後のフラッシュバックの辛さを乗り越える方法

 

男性と女性の不倫の違いは、別居後の生活費や子どもの親権、養育費の金額や支払い条件などを含めて子どもの日常生活、子どもの気持ちは考えない男性が多いのですが、女性はまず別居後、離婚後の自身と子どもの生活と育児環境を整えて精神的にも別居後の自身の収入を考え、就労を含めた新生活のことをしっかり考え、準備を開始してから別居を実行するのです。

 

 

何も言わず家に帰って来なくなる、不在にする夫の浮気とは?本気で恋愛をしていて浮気がバレたら離婚すればいいという強い決意があるなど事態が発覚してから遡って言い分を整理することで浮気に対する心理を読み取ることができます。

 

 

妻のスマホから浮気の証拠になるlineを探す方法を解説しています。

関連記事:妻のラインから浮気を見破る方法?不倫相手は非表示LINEから探す

 

夫が許せない

浮気で離婚しても後悔しない場合の話し合い

浮気が原因で離婚したら後悔するケースとは?浮気をしたことについて本人が反省している、悪いことをしたと後悔していることが感じられるなど今後の夫婦関係を修復できる可能性がある場合です。

 

愛情不足で寂しくなった妻の浮気が原因による別居、不倫をしている夫が無断外泊をした、など浮気にはいくつかのタイプがありますが、もし遊びでも本気でも浮気問題は早期の対処を間違えなければ修復が可能です。

 

不倫をする心理を知ることで高い可能性で離婚を避けて夫婦の危機を解決する方法があります。

 

 

 

夫に浮気された

 

浮気されて離婚を切り出す前に確かめること

夫の浮気を許すには夫からの反省や後悔が感じ取れることが必要です。浮気が発覚して話し合っても浮気を開き直る夫の心理と本音を理解して下さい。

 

浮気がバレても謝る必要がないと思っている状態では浮気を許してはいけません。浮気をして開き直る夫の心理と理由は?開き直る夫はこれまでの結婚生活に不満があり、別居や離婚を本気で考えているのです。

 

離婚を覚悟して浮気をした?愛情を感じない結婚生活が理由は?浮気の理由はバレたら離婚すればいいいと思っていた?もう妻に夫婦として愛情を感じない、婚姻についての考え方がわからない、会話が無くて寂しい、結婚生活の継続に自信がないなど不倫が発覚する前にお互いに違和感があるはずです。

 

 

急に離婚を要求されたなど確かな根拠がない状態で浮気を疑って言葉で追及しないことが大事です。浮気を疑う前に帰りが遅い理由を聞いて下さい。

 

友人が少ないはずなのに不在がちなケースであれば、休日の行先や不在にする理由を聞いて下さい。会社の都合で深夜帰宅や休日不在ならば尋ねたりせずに様子を見て下さい。既婚でありながら家庭を放棄する生活態度に異変を感じたら疑問に感じたことを聞いて答えを言わせて下さい。言い訳の言葉に浮気を隠す心理から不整合な言葉が混在するのです。

 

離婚を切り出す前に

浮気を隠したい心理行動が男女では大きく異なる

浮気・不倫を隠す男性の心理行動とは?特徴として仕事が多忙、仕事が大変という言い訳をします。浮気が妻に発覚して家庭と浮気相手を選ぶ選択を迫られたら男性は将来を考えて、家族を自分が支える義務について悩んで家庭を選ぶのです。本気での浮気の場合、浮気発覚と同時に離婚を決断する心理行動があります。

 

ご主人の浮気は家庭は体裁や家計・経済的な金銭面、世間体、社内の評判、親族の心象を気にして離婚を考えず風俗やキャバクラ遊興の延長線上の遊びで浮気をします。

 

浮気相手女性が結婚を迫る、金銭のかかる要求をしたり同居を求めたり深夜のLINEや電話がしつこくなると潮時と感じて煩わしさで自主的に煩わしさが原因で浮気を終わらせて清算するケースが多いのです。

 

妻子との時間

浮気で離婚したら後悔する?4つのポイント

夫に対して不倫を疑い、追及して追い込むよりも既婚である自覚からの自主的な浮気清算をさせることが好ましいです。浮気を悪事と決め付けて厳しく追及をされますと敵意を感じさせてしまいます。敵意が保身を強めて警戒心が増しますので不倫問題が悪化して別居や離婚要求に至るリスクがあります。

 

浮気を追及しても修復できる心理的な4つのポイント

夫婦関係の修復には重要になります。話し合いの時だけではなく結婚生活が続く限りの禁止事項です。

 

①無断で配偶者の財布や鞄の中味をチェックしない。

 

②無断で配偶者のスマホやPCをチェックしない。

 

③無断で配偶者の共通知人や親族、第三者にできるだけ相手の浮気が怪しいと相談をしない。

 

④浮気に関連した夫婦の気持ちの問題の追及をlineで伝えない。一般的な雑談についても別居後はlineを使わない。

 

 

 

浮気を疑う言葉を向けたことで急に別居の事態に陥るケースがあります。

関連記事:無断外泊した夫への対応、浮気を疑ったら夫婦仲が悪化した後の修復方法

 

 

夫が浮気を認めない場合の効果的な解決方法

関連記事:浮気をしていることを認めない夫、別居期間で離婚を回避した方法

 

 

浮気が離婚理由になる

浮気を伏せて離婚すると言い出した夫の心理を理解する

不倫で別居をした夫と別居後の離婚についての話し合いでは浮気原因の告白、明確な証拠があって浮気の事実を把握できたなど事情は様々でも浮気が発覚した場合は冷静に話し合うことが重要です。

 

自身が配偶者の浮気があると判断した根拠を冷静に考えてから話し合いを切り出して下さい。修復の可能性を高くするために事態を拗らせないことが大事です。逆に罪悪感や疚しさが原因で「ならば離婚する」と言い出すまで追い込んではいけません。

 

①本心ではない言葉、離婚する、出て行って欲しい、など刺激して敵意を感じ焦る言葉は向けない。

②許せない、悔しい、どうして浮気をしたのか、慰謝料請求をするのような威圧する、脅す言葉は向けない。

③不安を煽る目的で不倫相手に直接の連絡はしない。

 

 

夫の浮気に呆れて離婚を考えた

浮気相手が既婚者か未婚か?離婚を避ける方法が異なる

不倫が原因の夫婦問題は冷静に焦らずに向き合う必要があります。浮気発覚後の夫婦の話し合いで不倫問題を解決できた方法を具体的に修復事例で解説しています。浮気相手が既婚者か未婚か、年齢や職業、出会ったきっかけで対処法が大きく異なります。

 

 

浮気をした夫の心理は逃げ切りたい、ごまかしたいという保身があります。男性は自己保身で嘘を言います。不倫をしている男性心理は自分を正当化したい、事実は言いたくない、自分の立場を不利にしたくない心理で嘘を平気で言える心理状態です。夫の嘘と上手に向き合う必要があります。

 

浮気がバレた後

浮気が理由で離婚協議に至った場合の解決策

夫の浮気が理由の別居後の離婚協議について悔しさから威圧するような言葉を向けてしまい、話し合いでは苛立たさせる言い分を多数伝え、逆に自分も聞くことになりますが、長期間に及ぶ浮気を伏せていた夫に対してセックスレス状態や深夜帰宅、悩みを聞かずに無視していた冷たさについて怒らず冷静に根気よく向き合って下さい。

 

 

夫の嘘を見抜く妻

 

不倫が原因の離婚を避けるための話し合い

なぜ実際に不倫が起きてしまったのか?あなたに浮気がバレなければいいと思われたのか?本気の恋愛で離婚まで考えていたのかなど正直な気持ちを聞き出して下さい。

 

浮気をした心理は結婚生活への不満?浮気相手が好き、好みだった、性欲を感じた、浮気は本能だと開き直る言い分をする男性は少なくありません。もちろんそこまで話し合いで開き直られる状態の場合は3ヶ月以上の話し合いの休止による冷却期間が必要になります。

 

浮気のことは言いたくない

 

 

不倫発覚後の夫婦関係修復
浮気が発覚した後で夫婦として気まずさや悔しさを乗り越えるために冷静な向き合い方が重要になります。

  • ①嘘を追及される場合は「ちゃんと教えて」以外の言葉を向けず、沈黙を恐れない。
  • ②絶対に大きな声を出さない。考える余裕を与えて下さい。
  • ③慰謝料を請求する、浮気相手を訴える、職場や家庭に行く、弁護士を入れるなどの攻撃的な言葉は控える。

 

 

 

夫の不倫相手が元カノだった場合の対処法とは?

関連記事:元カノと不倫をした夫が自白、事実を知っても離婚を避けたい

 

夫に浮気相手と別れてもらう

浮気をした妻と離婚しても後悔しない場合

妻の浮気が許せない気持ちのまま、離婚した方が良いと判断する基準とは?妻の言い分で嘘が多い、何度も騙されて来た、生活費をくれない、浮気をした理由が「価値観の違い」と言われた場合、心理的に家庭や結婚生活から逃げたい、現実に目を背けたいなどが理由の言い訳です。

 

 

浮気が離婚決意の理由の場合にすべきことは?夫・妻の浮気が原因での夫婦の不仲からの別居、不倫を許して夫婦関係を修復したい場合は不倫発覚後の対話ではこれ以上の浮気追及や親族への相談を示唆する発言を控えて下さい。

 

説得の言葉が上から目線にならない気遣いが必要になります。離婚の同意はできないと言い返す場合でも不倫相手との訴訟を示唆する話し方は悪化が予想されますので控えて下さい。

 

ストレスを強く感じていても浮気についての話し合いでは不貞の証拠を突き付けて勝ち誇った発言をしたり人格否定の発言や悪者扱いをする言葉を向けないで下さい。

 

別居後の無視が起きるパターンでは最後の話し合いで否定して責めるなど言葉の強さで威嚇したことが原因になるケースが多い様です。

 

離婚を避ける話しをしたい

離婚しないなら浮気相手に自分から連絡しない方がいい理由?

不倫相手が誰か判明した後の不倫清算について、夫・妻の行動が怪しい、急に帰りが遅くなったなど、行き先がわからない外出が多くなったなど日常生活に影響を感じてスマホから浮気を見つけても浮気相手に自分から連絡して確認しようとしないで下さい。自分が傷付くこともデメリットですが事態が余計に拗れてしまいます。

 

浮気の事実について確実な証拠を得るか、本人から事実を打ち明けてもらう前の段階で浮気相手と思われる女性に対して弁護士事務所に頼んで慰謝料の請求をしたり、夫に離婚の慰謝料の相場を話すなど悔しさが理由で言葉の駆け引き行動は控えて下さい。

 

 

どうすればいい

弁護士に慰謝料請求の相談をする場合

自身が配偶者の不倫相手に慰謝料請求する、相手や夫に不貞の慰謝料を支払わせようとする前に、慰謝料を貰うことを前提で考えている場合は弁護士さんに相談されることが好ましいです。自分から直接浮気相手に連絡をしないように用心が必要です。

 

逆に浮気について過度に責めることを続けてしまう、自分から浮気相手の女性に内容証明で慰謝料や夫と別れることを求め、応じないなら訴えると伝えるなどは好ましくありません。

 

浮気相手の女性に対して高額な慰謝料を求めるなど一方的な約束を求めてしまわれますとトラブルになることを警戒させてしまいます。調停や裁判を前提で弁護士を擁立されるリスクがあります。

 

有責配偶者でもパートナーとして以前から性格の不一致で一緒に暮らせない、浮気相手の彼女とすぐに再婚したいから離婚しか結論がない、など揚げ足を取るような理由を後付して係争を起こす男性も存在します。

 

そのような離婚協議の依頼を受けてしまう弁護士も存在するのです。

 

関連記事:夫が離婚を急いでいる理由とは?別居中の浮気を伏せている心理

 

不倫が発覚しても懲りない妻

別居後に離婚を決意した場合はどうすればいい?夫の浮気が別居の原因となった場合、夫との別居後の生活費や財産分与、離婚慰謝料などの交渉は弁護士さんに任せて下さい。浮気が原因の不仲を解決して夫婦関係を修復できる可能性がないと実感した後の対処は弁護士さんにお任せすることが妥当です。

 

夫との離婚協議の目的は離婚後の条件をきちんと確定させることです。お金の条件が関連しますので絶対に憶測での決め付け発言を控えて下さい。被害者と思って高圧的な言葉を向けり感情を乱して失言や批難の言葉を向けないように配慮が必要です。

 

 

浮気が原因で別居になった場合、絶対に共通知人や親族に相談しないで下さい。お互いに気まずくなり関係が悪化して修羅場になってしまいます。

 

自分で動いては行けません

 

浮気離婚は後悔する?夫婦関係を再構築

男女の気持ちの問題で浮気はどうしても許せないと思う女性は多いはずです。過去の浮気も疑ってしまうなど結婚生活の継続が無理と感じた場合に慰謝料、養育費をもらって離婚することを考えてしまった場合にどう夫と話せばいいのか?

 

夫の浮気が発覚した後で夫は反省していると思わない、謝罪が取り繕いと感じてしまう、なぜ浮気をされたのか理由が理解できない、怒りが収まらないなど夫婦の信頼関係が壊れた問題に直面して妻として自分がどうしたいか?離婚を避けて夫婦関係を再構築する方法がわかります。

 

 

浮気した夫と離婚を避けた妻の特徴とは?浮気が原因で夫婦関係が重苦しい状態になっても再構築できる夫婦とは?再構築するまでにお互いに辛くなり離婚を考えたり別居になってしまうケースもあります。

 

夫とのこれまでの結婚生活後の家庭の雰囲気に不満がある場合や夫の男性心理特有の妻にバレなければ遊んでもいい、浮気相手に恋愛感情はあったことは明確でも遊びのつもりという過信が原因の場合もありますので不倫を裏切りと決め付けて責める前に不倫恋愛に至って不貞行為を続けていた理由や事情を尋ねて冷静に事実を言わせるつもりで聞き取って下さい。

 

お子さんのいる家庭の場合は親としての自覚を問われて下さい。今の家族に対しての気持ちを聞き取ることも重要です。

 

家族の円満

浮気を乗り越えて仲直りできる夫婦とは?

浮気を許すのが辛い、怒りや悔しいなど離婚を考える理由はありますが現実的に自分や子どもの生活など離婚後を考えた場合に離婚だけが結論ではありません。これまでに何度か浮気を繰り返しているなど夫の人柄について信用できないのであれば離婚を選択するしかありません。

 

夫の浮気は妻への裏切り行為?裏切られて悔しさから実家に帰りたくなるなど同居継続について辛くなるケースもあります。いつまでも夫の軽薄さなど身勝手な振る舞いを我慢して夫のために家事を続ける気力がないなどショックが強い場合は気持ちが落ち着くまで一時的に住まいを離れることも必要になるケースがあります。

 

浮気を理由に離婚の話し合いに至った場合は?家庭に子供がいる、育児が多忙でも浮気が発覚するまでは幸せを実感できていた、離婚するか、離婚しないか、浮気をして嘘を言った夫のことを許せるか、もう一度しっかり旦那さんのことを信じてあげたいと思えるかなど冷静に考えて下さい。

 

 

もちろん夫の今の言い分や態度から離婚の選択が失敗したと後悔しないと思えるのであれば離婚する選択について現実を受け入れなければいけません。

 

出張や休日出勤と嘘を言って浮気相手の女性と外泊していた夫を簡単には信用できないようであれば、3か月は話し合いを避けて様子を見て下さい。

 

長期のローンで新築の住居を購入して間もない、お子さんが小さいため育児・子育てへの協力が必要な状態などを含めて結婚までに相当な想い入れがあるなど夫婦の状況によって大きく異なります。

 

 

 

浮気されても夫婦関係を修復できる方法とは?夫の浮気後の夫婦関係の再構築について、信頼の回復まで6か月程度の時間が必要です。夫の浮気が完全に終わっているのかを浮気が終わったと言われてから6か月は意見せずに様子を見て静観することが大事です。

 

浮気が発覚してから夫婦間の会話が重たくなるなど数か月は気まずい家庭内の雰囲気が続きますので責めたり喧嘩になるような言い合いを避けて下さい。

 

 

浮気の理由がわからない

浮気で離婚せずに夫婦がやり直すメリット

離婚せずに夫婦関係を再構築するメリットはお子さんの教育環境の維持、不安にさせないこと以外でも自身の離婚後の生活費のこと、就労など仕事を探す、転職してシングルマザーとして生計を考えるなどの生活費や住居についての不安がなくなることです。

 

浮気を乗り越えて再構築を選択した夫婦とは?夫の浮気が原因で離婚危機状態になられたり、別居されたご夫婦が話し合いで関係を修復されるケースが多い様です。夫が自分の意思で反省して浮気を終わらせて夫婦関係を再構築された方は多数います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る