自分の浮気がバレた、夫と離婚したくないならどうする?謝罪で解決できた方法

自分の浮気が夫にバレた、離婚はしたくない場合の夫婦関係の修復方法がわかります。

わかってない

浮気がバレした、夫と離婚したくないなら

自身が浮気をしていたことが夫にバレた、浮気が発覚してしまった。夫には絶対にバレないと思っていた、用心していたのに自身の浮気・不貞が発覚してしまった問題をどう解決する?

 

夫や家族を裏切った悪事を謝罪する:別居からの夫婦の関係修復について誓いや説明の論点を実際の離婚回避事例で解説しています。

家族で暮らす

浮気が夫にバレた後で離婚危機になった

夫に自分の浮気が発覚したことが理由で離婚すると言われた、別居になった、浮気発覚が原因の離婚問題の解決したい!謝罪と誓いの伝え方を解説しています。

 

別れの心理

自身の浮気が発覚した離婚問題に関する詳細はメールにてお問い合わせ下さい。

 

 

離婚しないための話し合いの進め方がわかります。

参考:離婚したくないなら絶対知りたい!話し合い内容と修復方法

 

気持ちを伝える

自分の浮気が夫に発覚した後の離婚回避

依頼者:F子さん32歳(専業主婦)

結婚6年目の夫Bさん(39歳)(

子供1人3歳女の子

修復期間:2年1ヶ月

難易度:G(話し合いが困難)

依頼者の浮気が発覚した

 

 

浮気が発覚したという問題にもご参考にしていただける事例です。

テニスが趣味

 

F子さんとご主人のBさんはご結婚をされて5年、お子さんは4歳の女の子が1人。ご主人の実家の敷地に住まいを新築されて暮されていた。

 

 

ご主人に自分の浮気が発覚して別居中。14項目のチェックシートによる心理分析を行う。ご主人から「浮気をしたことがが許せない、離婚以外は考えていない、親権もいらない、裏切られ た気持ちだ。もう連絡をしないで欲しい」と言われた心理がわかる。

 

ご主人から「離婚手続き以外では会いたくない会う必要はありません。もう離婚届の書類に捺印する話以外はメールをしないで下さい。気分が悪いです」と言われている。

 

浮気発覚の経緯はF子さんが専業主婦で暇だったことが理由で週に数回、お子さんが保育園に行っている時間帯にテニスを習いに通われていた。そのコーチと不倫関係になっていた。レッスンの後で自宅に招き入れていた。ご主人に発覚したこと発覚理由がお子さんからの告げ口されたことだった。

 

ご主人に感情的な言い返しや言い訳、否定したことが理由で出て行け、別居や離婚を迫られる話に至った。

感情的な言い合いだけでは義母まで巻き込む離婚要求にはなっていない。

 

 

義母からの電話が原因で実家の両親に事実が伝る。離婚に応じないなら調停をする、ご主人が受けた精神的苦痛についてご両親にも償いを求めたい、 子供のことも生理的に嫌っているので先々も会うつもりがないなど相当な言葉を向けて来られた。F子さんの実家としても支えきれ ないという冷たい雰囲気だった。

 

 

浮気がご主人に発覚して話し合いで相当に拗れる方向に向いてしまわれたのである。

 

分析からご主人は今は憎しみに近い挫折感がある。苦手意識からF子さんとの離婚しか考えていない。

 

F子さんの謝罪の言葉にも取り繕いと受け止めるしか気持ちのゆとりがない状態。ご主人のに被害者意識が強く、愛情は憎しみの量だけかつては存在した。今は不信感が強い状態であることを分析提示。

 

 

お子さんの問題、家族愛の観点からの共有共通の価値観など引き止める言葉についてご主人の心の傷と向き合って考えてる。

 

謝罪の言葉をご主人に伝える。返事は「信用しない、あんなショックな話は親にも友達にも言えない」という内容。

 

義母を交えての話し合いや先々の調停に備える。嘘を言わない、覆す約束はしない、などの注意点を提示する。

 

7か月後、調停が3回で不調 (不成立)になってしまったとのこと。本人同士で話し合って下さいと言われてしまったそうである。

 

調停では浮気は否定された。テニスのコーチを日中に自宅に招いてお茶を出して歓談したことを浮気と責められて実家を巻き込んでの別居騒動にされた、という主張を貫いてしまわれた。

 

住まいに浮気相手を招き入れていることをお子さんがご主人に話してしまわれた。お子さんがご主人にテニスコーチの青年の来訪について喋ってし まった。

 

ご主人からの問い質しに対してF子さんは逆切れ気味に否定をされていた。執拗な追求とご主人が家庭を大切にしていない、子育てに協力して くれない、自分を女として見てくれていないなどの不満を声にされてしまうなど激しい言い合いになられた。

 

前々から付近に住む義母からご主人 は日中に男性の出入りがあることをご近所から指摘されている話しを聞いていた事もあり、義母を加えての話し合いになられ、別居に至ってしまった。

 

この不倫問題について身勝手な自分、お子さんにまで不安などの影響を与えた恥じるべき自身の過ちについて反省文を1日2000文字を30日は記載する課題を提示。

 

このまま離婚に応じたくない理由も経済的な理由以外の愛情の面で伝えることが必要と判断。

 

きちんと真実を話してきちんと裏切りについて謝罪する。身勝手だった自分についてお詫びする。

 

ご主人は悔し泣きをされながら離婚に応じろ、謝る気持ちがあるなら離婚して目の前から消えろ、悪いと思うなら他人になってくれ、愛情は持てない、子供の顔も見たくないなど相当に感情を乱してしまわれる。

 

数日後、電話があり離婚の書類にいつ捺印してくれるのかを問う内容で翌日に再度話し合われる。F子さんからの謝罪などは聞いてくれない状態であった。

 

離婚についての話し合いについて冷静に考えられるようになるまで3ヶ月の猶予をお願いする。

 

その間、お互いに気持ちを落ち着かせる提案をして猶予の期間を得る。

 

課題で、相手の視点から見た妻としての自分、裏切られたと 感じた時のご主人の気持 ち、反省・非の自覚、思いやり、結婚前にお互いがした約束のことを思い出していただくなどを中心に反省をする。

 

 

3ヵ月が経過した週末、住居に関係する引越しについて 荷物を整理したいという電話がある。会われることになる。住居に残っていた衣類や家具等をF子さんの実家に運ぶことになる。

 

 

離婚の捺印を求められる。話し合いで謝っていただくが、ご主人からもう待ちたくない、お前は変われないと言われる。

 

 

離婚についてしたくない理由説明や修復意思があることなど意思の伝える。

 

もう待ちたくないと涙を流しながら疲労されている。2週間後に再度、義母とF子さんの両親を交えて離婚について話し合いをする。結論まで6ヶ月の猶予をいただく。

 

「もうやり直せないし信じることができないから離婚に応じて欲しい」と言われる。

 

6ヶ月の期間でお子さんの近況の写メなど月に1回のコンタクトを継続 する。心の距離を家族愛の観点でこれ以上離れないよう維持する。

 

 

6ヵ月後、話し合いをされる。

 

離婚してもしなくても別居のままだと実感がないからどうでもいいと思 えて来た、今月から養育費くらいは払いたいなどご主人の発言に変化が起きる。

 

次の話し合いにて親を交えない約束をされる、再度、3ヶ月の冷却期間を置く。それから3ヵ月後、話し合いにて離婚の保留には同意をもらう。

 

別居を継続するが機 会があればお子さんとも会いたいということで話が好転する。この期間で改心を行動で示せるよう注意点を提示する。

 

お子さんとの月に一度の面会が定例化して半年近くが経過してからご主人の実家にて両家の両親を交えての話し合いが行われる。気持ちを説得して離婚についての要求の撤回の合意に至る。

 

ただし、信用できなるような気持ちになれないとのこと。お互いに不満などは話し合う方法で離婚を回避する。

 

4ヶ月程度が経過してからお子さんの保育園の変更手続きを済まされる。再び同居が始まる。

 

お互いに教訓にして浮気など気の緩 みに気を付けて良い家族になろうと言われて修復を完了する。

困ったら相談

離婚回避できた事例で具体的な浮気問題の解決方法を解説しています。

事例:妻の不倫で離婚せずに復縁したい!浮気発覚後の接し方と8つの対処法

 

夫の浮気を乗り越えて夫婦関係を修復する方法がわかります。

事例:夫の不倫が発覚した後の対処と接し方、浮気を乗り越える方法

 

参考:夫の浮気が発覚したらどうするべき?許す方法とやり直すメリットとデメリット

 

夫の浮気の兆候のサインから嘘を見破る方法があります。

関連記事:夫が浮気の兆候のサインTOP10!見破り方と対処法

TOPへ戻る