別居婚は妻の浮気を追及したことが理由?離婚危機のピンチを解決した方法

妻の浮気を追及したことが原因で別居婚になった。夫婦の離婚危機の解決事例です。

対処に困ったら

別居婚は妻の浮気を追及したことが原因

妻が入籍してすぐに同居を拒否して別居婚を選択した理由が浮気?別居をした流れで女性は離婚を本気で考えるようになってしまいます。結婚してからお仕事を続けている女性の場合、生活に困らないなど自立できる自信があることも別居から離婚を考える段階に進んでしまう傾向があるのです。

 

実際に浮気を疑ったことに逆ギレされてしまった場合どうすればいい?浮気の証拠が判明した状況でどう向き合えばいいのか?結婚する前からの妻の浮気が理由の別居生活が原因で離婚危機になった。

 

新婚の妻

 

別居婚の妻が浮気を続けていた場合の対処

一緒に暮らすことを拒む新婚の妻が浮気を伏せていた。疑ったら逆ギレされて別居になった場合の話し合いの方法とは?

 

 

別居後の復縁について詳しく解説しています。

関連記事:別居から復縁のきっかけ?夫、妻の心理の変化を知り離婚を避ける方法

 

夫婦の離婚回避事例、異変からの関係修復する方法がわかります。

 

 

離婚を考える前にどうすればいいかがわかります。夫婦仲を修復できる方法があります。

参考:妻の浮気で離婚したら後悔する?不倫をやめさせて修復する方法

 

開き直る妻

別居婚は妻の浮気追及が理由?離婚の危機

妻の浮気が別居婚になった理由、結婚後のセックスレスや妻の同居の拒否が原因による不審な言い分から浮気を疑い、追及に逆ギレした妻に別居婚を選択させた理由を考えることが重要です。別居状態で修復をするためには会って話すことが必要になります。

 

具体的に妻との婚姻関係を継続する前提できちんと向き合って話し合う方法。

 

 

妻の浮気を見抜くチェック項目がわかります。

参考:妻の浮気チェックリストで兆候を発見?不倫が原因の嘘を見抜く方法

 

浮気調査が原因で妻が実家に別居中

妻に無視されるようになった。妻の不審な外出が増えたこと、服装が変わったことが理由で探偵に頼んで浮気調査をした。証拠があると報告書を突き付けたら妻が家出をして実家に別居した。

 

浮気調査をされたことで逆ギレされて信用できないと言われた。夫として家族に帰って来てもらうための話し合いの方法を解説しています。

妻の浮気、入籍直後の別居婚の問題

依頼者:RWさん37歳(男性・会社員)

結婚数日後の妻Eさん(32歳)子供なし。

 

修復期間:2年6ヶ月

難易度:F(話し合いが困難)

 

他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで事例として掲載いたします。

 

 

 

 

RWさんは妻のEさんと数日前に結婚された。新婚旅行から帰宅してすぐに奥様から「この先、上手くやっていく自信がないからやっぱり結婚を白紙にして下さい」と一方的に言われた。慌ててしまわれRWさんは自分の母親にそのことを伝えられた。

 

母親が妻の実家に激しいクレームの電話を入れた。妻の父親からRWさんに電話が来て、本人の意思を尊重して結婚は白紙にしてなかったことにして欲しい、話し合う必要はお互いにあるかも知れないが本人がそういう状態ではない、ということを言われてしまった。

 

 

40項目の相手の人格分析のチェックシートで心理分析を行う。

 

奥様の発言や行動から空港までの車内で誰かと頻繁に携帯スマホを操作されていたこと、出発直前まで空港で小さな声で電話をしていたり、旅行先で性交渉を拒まれたり、同室での就寝に抵抗があると言われ別室を用意することになられたこと、観光が別行動だったことなど異変行動について把握させていただいた上で今後の話し合いについての注意点を提示。

 

結婚の白紙撤回の要求について離婚はしたくないと奥様に返事を伝える。

 

奥様の人格分析結果と心理の分析内容は夫婦として一緒に暮す自信がないという言い分についてかなり本心で何かに怯えている理由があることを提示。

 

重大な理由を言えずにいる状態とわかる。結婚前から続いている他の男性との不倫の影、または未練があることを指摘する。

 

 

奥様の浮気を疑う発言などをされた。奥様はきっぱり否定された。

 

旅行中の奥様の態度は悲しそうで無口だった、機嫌を伺い過ぎたことにかなりの反発をされたそうである。

「聞かなくても自分で考えればわかるじゃない」などの説明だった。奥様と義父母との話し合いに向けての言葉を考える。義父母に離婚危機を回避するためにしばらくそっとして欲しいとお願いする。奥様から結婚の白紙を要求されてしまう。

 

式に来てくれて祝福してくれた皆様のためにも頑張りたいなどの理由説明を考える。その後、話し合いのためのお願いを伝えるが断られる。

 

旅行先での頼りないうろたえた態度や執拗な性交渉の要求、不機嫌な態度が怖くて信用できないと思ったなどと言われてしまう。

 

浮気調査をして証拠を突き付けたら逆ギレされた。

 

落ち着くまで待ちたいことを懇願するが話し合いたくない、絶対に同居には応じない、式に来てくれた友人や同僚には性格の不一致と説明するなどと言われてしまう。

 

 

これ以上の引き留めの話し合いが困難、話しても今すぐには答えは変わらないと判断する。悪化を防ぐ意味で2ヶ月の冷却期間を置く。一緒に暮らして欲しいことを手紙で伝える。義父母から断りの返事が来てしまう。

 

 

3ヶ月が経過して奥様と会って話し合う。奥様からお互いに前を見ましょう、それぞれの将来について頑張りたいです。私のことは無理だから期待に沿えないので忘れて下さい。と言われる。

 

奥様の結婚の取り止め意思は変わらない、離婚についてこれ以上話し合いたくないと言われる。奥様からいい加減に応じて欲しい、もう関わらないで欲しい、などの身勝手な主張となる。

 

冷却期間の意味で3ヶ月はそっとしておく。奥様に近況の伝達と結婚をしようと考えた想い入れについて手紙を送る。返事は来たがかなり冷たい内容であった。浮気相手とは別れた。新しい恋愛を始めて今はこれからの幸せに向かおうとしているという言い分になる。

 

根気よく本当のことを言って欲しいと話し合った結果、浮気を認める。

 

「実は、20代の後半から職場の既婚者の上司と不倫関係が続いている。離婚したら結婚しようと言われていた、不倫をしていることは以前に上司の奥さんに発覚した際に家に抗議に来られ、母親にはばれていた。職場でも暗黙で皆が知っている。周囲から不倫は止めるよう何度も言われていた。結婚することになれば上司も奥さんとの離婚を本気で考えてくれると思った。旅行から戻ってからも不倫は続けていた。離婚はやはり養育のことや世間体がありできないと言われた」などの真実を言っていただける。

 

1週間、考える。どうしても離婚危機をやり直したいという結論に至る。奥様に会いたいことを伝える。気持ちはわかったがすぐには会いたくないと言われる。

 

2ヶ月近くが経過する。クリスマ スの食事に誘う。会話は重苦しい状態。不倫は別れられずにまだ続けているとの報告を聞いてしまう。

 

結婚、新婚旅行から1年が経過。

 

奥様が渋々であるが外出デートに応じてくれる。不倫相手と別れてしまったことを知る。有意義な時間を過ごす。

 

このデートから会話がかなり楽しくフランクにできる雰囲気に変化する。

 

以後、月に2,3回であるが頻繁に会われるようになる。恋人から始めようという提案を受け入れてくれる。

 

奥様から要望で休暇にの旅行をされる。

 

離婚について奥様と話し合われる。離婚を回避されて夫婦での同居生活が始まる。

 

 

新婚f夫婦の別居後の離婚回避事例

参考:新婚別居で離婚したくない、結婚1年目の夫婦が関係修復できた相談

 

浮気発覚後の妻との離婚回避方法がわかります。

参考:妻が浮気をして別居した?不倫をやめさせて離婚を避ける相談

 

新婚不倫が発覚した後の妻との離婚回避方法がわかります。

参考:新婚不倫が別居の理由!結婚前からの妻の浮気発覚後に離婚を避けた方法

 

妻の浮気が発覚した後の離婚回避方法がわかります。

参考:妻の浮気発覚後の夫婦関係?離婚しないで不倫を乗り越える方法

 

 

 

 

この記事の著者のプロフィール

 

TOPへ戻る