浮気が本気の夫と離婚しない妻の理由と心理?解決できる行動と接し方

家族で暮らす

夫の不貞行為の発覚が原因で離婚しない妻の特徴は?浮気をした夫は家に帰っても寂しかった。夫に浮気をされても自分は育児、子供の先々の進学や世間体、教育のことで離婚を思い留まった。自身の経済的なメリットが理由などで夫との離婚は避けたいと思った。家族の生活や育児を優先したいことが理由で離婚を迷う妻は多いのです。

Contents

浮気が本気の夫と離婚しない妻の理由

浮気中の夫の態度や行動について許せないと思う女性は多いのです。夫との離婚を迷う、顔を合わせることが辛くなって悩み、結論として夫に浮気の証拠を突き付けても絶対に夫が浮気の事実を認めない場合はどうすればいい?

 

浮気が本気の夫と離婚しない選択するなら

子どもや今後の生活のために離婚しない選択をする。

 

夫に浮気をしたことを認めさせようとして強く問い詰めたことが影響した男女としての夫婦関係の悪化、離婚を避けるためにどうすればいいか?離婚を選択しない場合は許す方向で本音を話して下さい。

 

夫は浮気発覚後に離婚の準備で弁護士に相談をしたり別居を考えるようになっている可能性があります。

 

夫の浮気が発覚しても離婚を避ける対応があります。

関連記事:夫の浮気発覚後の妻の対応と接し方、離婚の話し合いで不倫を許す対処法

 

2人で向き合う

浮気が原因の離婚危機について話し合いの内容など具体的な解決の方法がわかります。

 

夫が浮気をした原因が自分の家庭内での態度が冷たかったなど悪かったことに気付けていない可能性は?

 

浮気が原因で離婚をしたくない理由を夫に理解してもらう、浮気が原因で離婚を決意した夫と話し合う方法とは?浮気で別居された後で夫婦関係を修復したい。別居状態が続いても先々の夫との同居の回復を信じて婚姻関係を維持することを選択される女性の考え方について解説しています。

手を繋いで

夫の浮気が本気でも離婚しない妻の行動

夫の浮気が発覚して浮気の原因で離婚を避ける方法。でも夫との離婚は回避して婚姻関係は絶対に続けたい妻の理由があります。

 

これからの育児のこと、子供の教育環境、教育条件、家計生活費のこと、自身が育児と仕事の両立が難しいと感じていることなど出産前と出産後に育児を始められた女性とでは婚姻について結婚生活について責任感が大きく変化されているのです。冷静に話し合いを継続することが必要です。

 

 

赤い糸

 

夫の浮気が発覚して離婚を考えた場合、解決するのはどうすればいい?

参考:浮気されて離婚したら後悔する?夫婦関係を修復する話し合いの対処

 

寄り添い合う

夫が浮気をした原因を知っても子どものためにやり直す

夫が浮気をして浮気をやめて今すぐに不倫を清算して相手と別れてと頼んでも聞き入れてもらえず、浮気を詮索したことを責められてしまい夫に開き直られてしまった。

 

子どもが進学する時に片親、シングルマザーの家庭環境ということが不利益な扱いになることを懸念されて離婚の決断ができない、という理由や育児教育の観点で父親のいない家庭では寂しいのではないか、学友などの一般家庭と異なる家庭環境では可哀想と感じてしまうなど子供の気持ちを考えて婚姻の維持が大事と判断されて離婚しない結論を選択されるのです。

2人で歩く

浮気の原因が倦怠期でも経済的な理由で考え直す

これまで専業主婦で育児に専念していた。結婚がきっかけで離職して何年も就労していない。自身が離婚後にシングルマザーになって仕事を探して就労することを考えると今までの結婚生活で夫の稼ぎが生活費としてもらえる経済的なメリットを優先して離婚の決断を思い留まる女性がいます。

 

 

 

話しを聞き取る

浮気をされても夫のことを愛しているから離婚を避ける

夫のことが好きで浮気をされても自分にも家庭生活で落ち度があったと自覚できる女性が夫の浮気を許して離婚をせずに夫婦として結婚生活の継続を願う女性がいます。夫の不貞行為を許せる気持ちになるにはそうすればいいか?

 

夫の浮気がフラッシュバックした場合の対処

関連記事:夫に浮気された後のフラッシュバックの辛さを乗り越える方法

 

幸せを実感

夫の浮気が本気でも離婚しない妻の対処法

夫の浮気について原因も理由も言わない夫の心理とは?浮気が発覚した後の話し合いで離婚したくないと謝ってくれた夫の心理は?浮気は遊び、浮気しても妻にはバレない、家庭は壊すつもりがなかったなど過信があったケースで離婚を避けようとする男性が多い様です。浮気がバレたらどうするかを浮気を始めた時期から考えていた男性は多いのです。

 

 

 

浮気が発覚した後で真実を言わない、これから夫と浮気をした理由や原因を話し合いを続けても浮気の理由について「つい、遊びのつもりだった」と言い訳をするのです。

 

夫の本音は浮気がバレていないならまだ遊びを続けたかったという身勝手な理由が隠れているケースがあります。

 

どうしよう

夫が浮気をした原因が遊び感覚だった

夫が最初から家庭を壊す気がなく、浮気原因が気の緩み?浮気は遊びで不都合になったら別れればいいと軽く考えていたケースや浮気相手が既婚女性でお互いに離婚して再婚を誓う関係ではなく、長い期間の恋愛関係の継続は想定していないケースがあります。また出会い系サイトやキャバクラ、相席居酒屋、交際倶楽部などで出会った相手の場合は相手もすぐに目移りして自然消滅する前提で関わっていたなど遊び感覚での浮気だったことが想定できます。

 

夫が浮気相手の女性を騙して遊んでいた

遊んですぐに別れるつもりで婚活パーティーや婚活アプリを利用して自身が独身と嘘を言って浮気相手と交際していたなど浮気相手を騙していたケースがあります。

愛を信じていたい

社内不倫で浮気がバレたら別れるつもりだった

家庭を壊す、離婚するつもりではなく社内で知り合った身近な職場の女性と一時的な不倫関係になっていたケースがあります。周囲に疑われたら会うことをやめるつもりだったというケースが多い様です。

 

lineに返信

 

夫の浮気原因を解決して離婚しない選択

浮気が発覚したら許せないから即時離婚という考えの女性が多い様ですが離婚を避けた方が良い理由が3つあります。

不安になってしまう

離婚をしなければ家計・生活費の安心がある

離婚をして慰謝料や養育費を受け取るよりも現状の生活費をもらう生活の方が安定をしています。

困ったら相談

浮気で離婚危機?世間体を考える

ご近所や友人、親族に離婚後に夫が浮気をしたから離婚しましたと正直に事実を話せない気負いがあると思います。浮気されて離婚になったという恥ずかしい失態を話したくない、知られたくないのであれば即離婚の選択はせずに待って下さい。

 

本当に呆れた

離婚後に後悔することが心配

実際に離婚した後で夫への未練などで後悔してしまうことも想定して即離婚の選択はされず浮気清算後の夫の様子を1年程度は見て下さい。

 

 

離婚前提で別居中の夫と離婚したくないなら

関連記事:浮気で別居中の夫と離婚したくない!関係修復できる対処方法

 

いつも二人で

夫が浮気?原因から離婚した方が良いケース

これまでの結婚生活で夫の嘘やモラハラ行為があった、DVがあった、夫婦喧嘩が多かった、無断外泊が多かった、生活費のことで苦労させられた、夫が借金をしている、借金やギャンブルの癖がある、お金にルーズなど安定した結婚生活ではないと感じていたのであれば浮気の発覚のタイミングで離婚を切り出して離婚の条件の交渉をされて下さい。

 

嘘の多い夫、実行しない癖があるなど問題を感じている場合は離婚後に養育費の未払いなどルーズな対応が想定されますので離婚協議の段階から弁護士さんを擁立されてきちんと約束を書面で交わすようにされて下さい。

失恋した後で

夫が浮気した原因を聞いて離婚を選択する場合

浮気が原因で離婚することになった場合に抑えておくべきこととは?

離婚後に本当に約束は守られるのか?

離婚後の養育費のことなど離婚協議で約束したことが本当に守って実行してもらえるのか?浮気をしたり嘘を言う夫が約束を守り続けると過信してはいけません。浮気をして離婚することになった相手です。信用をしてはいけない男なのです。離婚後の約束について弁護士さんを入れてきちんと書面で約束をさせることです。書面があっても離婚後に約束を守って支払いを実行したり継続してもらうことは大変なことです。

 

浮気相手女性とのこと

夫の浮気相手の女性との不貞慰謝料等の請求は自分ではなく弁護士さんにきちんとお願いをされて下さい。自分では交渉しない、自分が浮気相手の女性と対面したりやり取りをしないように用心されて下さい。

 

悲しくなる

 

夫の浮気の兆候を見破るサインを見逃さない方法があります。

参考:夫が浮気をしている兆候のサインTOP10!言い訳の見破り方と対処法

 

 

浮気をされた本気で夫との離婚を決断する前に考えることは?夫と本気で離婚したい理由が性格の不一致なのか?日常的なモラハラが嫌になったのか?夫の浮気が許せないことが離婚を考えた理由なのか?離婚を考える理由は様々ですが、将来のことを慎重に見据えて決断をしなければいけません。

 

不倫をした夫が許せない!夫との離婚を考え、決断する理由は?夫婦の信頼関係は崩れたと感じている、モラハラや浮気について受けたショックの違いがあります。

夫の浮気が本気で離婚を急いでいる?

夫に浮気をされた、本気で夫と離婚をする決断の前に離婚後の家族の生活について責める前に必ず話し合いで確かめて真剣に考える必要があります。

 

旦那が自分は既婚と隠してマッチングアプリなどで出会った女性と不倫をしてる?土日に会うために休日出勤と言っていた可能性もあります。

 

夫の浮気が本気なら離婚を迫っている?

夫との不仲や夫の浮気が離婚を決断するきっかけになった場合にすることがあります。自身の離婚後の生活だけでなく別居や離婚による夫から離れる生活がお子さんの転校・進学など勉学に影響します。生活環境に大きな影響を及ぼします。

 

離婚後に自身が就労できるか、お子さんの親権はどうなる、どこに転居することになるのか、持ち家で共同名義の場合はどう財産分与になるのか、住宅ローンの残りはどうなる?など解決をしなければならない離婚に伴う現実問題が多数残ることになります。

 

夫の浮気が本気なら離婚を決断する?

夫の浮気発覚が理由で夫婦仲が悪化した、別居や離婚を決断するきっかけだった。

 

夫が生理的に気持ち悪くて同じ空間で生活できない、今回の浮気で子供の将来のためにと思っても許せない、夫のことが生理的に気持ち悪くなり寝室が一緒では辛い、被害者であり騙された妻の心理として悔し過ぎて謝られても嘘としか思えなくなった、別居して考えたい、もう別居したまま離婚してもいい、こんな夫と今すぐに別居したいと思った。

 

別居後に離婚を決断した、夫ともう今すぐに離婚したいと思ったらどうすればいい?浮気が原因で離婚を決断した場合に注意しなければならないことを解説しています。

 

 

夫の浮気が本気で離婚を急いでいたら

夫に結婚生活の不満を伝えて夫と険悪な状態になった。夫婦生活の回復が期待できない、夫の言い返しの言葉を聞いて気持ちの面でこれからも一緒に生活することが耐えられないと思った、言い合いになった時点で離婚を決断する前に今後の子供の育児、将来の養育費について冷静に現実を見て考えて下さい。

 

 

 

不満を言わずに家族生活を続けていた夫を絶対に許せない気持ちで別居や離婚を考えていても金銭面、家計についての離婚した場合のデメリットを考えて下さい。結局、夫婦関係がこのまま悪化して別居をしてそのまま離婚して婚姻関係を解消した場合に自身やお子さんが経済的に不利になることも想定して決断しなければいけません。

夫の浮気が本気だから離婚を決意

浮気をされて本気で離婚を決断した理由は?

 

結婚生活の継続が無理と感じているなど夫と今すぐに離婚してもいい、どうしても許せない、平謝りされることに納得できないことが理由で別居や離婚を決意した場合どるするべきか?

 

以前の夫婦喧嘩の後で許したが今回の夫からの謝罪の内容が言い訳ばかりで許せない、同じ家でもう一緒に暮らしたくない、夫の機嫌の心配で悩みたくない、深夜帰宅や無断外泊を繰り返されることが辛いなど、別居をしてそのまま会わずに離婚しか結論がないと感じた理由はあると思います。

 

自分が夫から女性として見てもらえなかったことが悔しい、自分が妊娠していた時期の不貞が悔しい、謝罪の言葉が言い逃れと聞こえてもう信じられないなど気持ち的に夫ともう別居したまま離婚しようと思っても一方的に離婚を突き付ける前に考えることが大事です。

 

浮気が本気だった夫と別居しても即離婚は避けた方がいい2つの理由

浮気発覚後に夫との離婚の話し合いが決裂しても実家に家出して別居、その後の連絡を完全無視する、話し合う前に弁護士に頼んで離婚交渉に進む判断は避けて下さい。

 

実家に別居をされても無視をせず、感情的に責めずにご主人と対面でじっくり今後、家族の将来について話し合って下さい。

 

 

結婚生活では専業主婦だった自分について、離婚後の自身の仕事・収入など金銭のこと、離婚の慰謝料、お子さんとの家庭の生活費・養育費、シングルマザーになってしまった後の家計、可能な就労時間帯、離婚後の夫から確実に受け取れる養育費のことなど将来的な生計とお子さんの養育、親権親権の問題について現実的に冷静にきちんと考えてから話しをして下さい。

 

夫の浮気が理由で離婚の決断をする前に2つ考えて下さい。

 

 

①経済的なメリット!自分と子どもの別居後の生活について

3か月後、6か月後、1年後の自分と子どもの生活のこと、経済的な不安はないか、子どもの進学にどんな影響があるか、どこに住むか、など別居したまま離婚に至った場合の生活について考えなければならないことが多数あります。

 

②未練や夫婦愛!別居後に後悔する自分の気持ち

別居後に夫への愛情、未練であの時にやっぱり浮気を許してあげればよかったと寂しく感じるようになることがあります。本当にこのまま別居したまま離婚して後悔しないのかを考える必要があります。

 

夫との離婚を決断した後の話し合いの前にできること

確かに夫のモラハラ、浮気など軽率さは悪いことですが夫に対して感情的に家族生活の今後について考える前に別居したいと言い続けて責める、謝罪は一切聞き入れない、事情や弁明などの夫の言い分をシャットアウトする、騙したことを批難する言葉を向け続けることは夫婦関係の歩み寄りの観点では逆効果です。

 

 

 

 

愛が蘇る

本当に別居が離婚になってしまうケースとは?

浮気発覚後に別居された場合、ご主人からの謝罪に対して強気での拒絶意思を示し続ける態度では本当に夫婦関係の修復が不可能となってしまい、結論が離婚だけになります。浮気をした夫は妻を軽視しています。離婚されてもいい独身に戻りたい気持ちもあるのです。

 

別居したまま本気で離婚を決める前にもう一度話す必要があります。別居したまま離婚を決断する前に夫婦として本当に結論が離婚しかないのか、もう一度向き合う必要があります。

 

 

ご主人からこれだけ伝えても謝罪を聞いてもらえないのだから本気で離婚したいのだと判断されてしまい離婚条件の交渉に進まれてしまいます。お互いに引くに引けない意地のぶつかり合いになって離婚になってしまいます。

大切な想い

夫と離婚を決断する前に準備しておくこと

夫に離婚を切り出す前にまずは妻として育児、お子さんの気持ち、家族生活の継続について考え、自身の正直な意思を伝えて、この離婚問題について夫婦で解決したい意思を伝えて下さい。養育費、慰謝料、離婚後の家族の生活、お子さんの親権のことなど離婚に伴う家族の問題が多数生じます。

 

夫の浮気で離婚をしたら後悔するケースは?

自分の気持ちの整理が終わる前に夫の浮気が原因で本当に離婚に応じて夫と離婚をしてしまった場合、夫と離婚した後で気持ちの面のこと以外で自身が強く後悔することがあります。

 

夫が浮気相手ともう別れた、終わったと嘘を言っている可能性があります。離婚直後に夫が浮気相手の女性と結婚していたという前例があります。

 

どんなに離婚前に離婚後の約束を取り決めても離婚後にその約束が守ってもらえる確証がありません。離婚とは二人の家庭についてお互いの信頼が崩れた関係ですので約束に意味がありません。養育費の支払いの約束さえ有効な約束と安心していても実際に離婚した後で相手の再婚後の生活を理由に渋られたり毎月のぢ払いの額について弁護士や裁判所を通じて減額交渉をされるなどの前例があるそうです。

 

 

離婚した後の夫とお子さんの交流面会のこと、お子さんの親権のこと、離婚後にシングルマザーになった後の家族の生活費のこと、お子さんの養育、親戚付き合いでも義父母などお子さんにとって祖父母との疎遠など家族生活が大きく変化します。

 

離婚を宣言する前に考えることが大事です。

 

浮気発覚後にご主人に今の気持ち、これからの生活についてどう考えているのかを聞くことから始めて下さい。

 

浮気が原因で別居をされた後で夫との離婚を考えたら

浮気の証拠を突き付けて夫を追及したら浮気相手女性が誰なのか、どこで夫と知り合い不貞行為を繰り返す関係になり不倫関係になってしまったのか、事情を夫が自白した後で別居をされた場合の別居後の話し合いの方法と結婚生活を続けたくないと思うなど離婚についての考え方を解説しています。

 

夫が浮気相手の女性についてかばっている、本当のことを言わない、浮気について事実を言わない、嘘が多い、浮気の発覚が原因で無視を続けるなど、夫の曖昧な態度や対応が原因で話しにならず離婚危機になった場合、話し合いに親族を巻き込むより不貞行為を理由に離婚調停を考えるのか?離婚回避できる可能性があるなら離婚は避けたいのかを冷静に考えなければいけません。

 

まずは今すぐに結論を出すことが難しいのであれば、ご主人と別居中の婚姻費用、生活費について話し合うことは必要です。

 

浮気相手に慰謝料請求の裁判をするのか?弁護士に相談するのか?お金のことよりも平穏な家庭を壊された怒りが強く何も考えられないから数ヶ月は冷静になるまでの時間が欲しいのか?夫側に意思を伝える必要があります。

 

ご主人が許された、離婚できると安心して浮気清算をせずに離婚合意のタイミングを待ってしまうケース、別居後は仕事が多忙と嘘を言い会わずに逃げ切るケースなど男性心理の特徴である自己保身が原因となり家庭を放棄する前例が多数あります。ご主人はできるだけ有利に離婚して終わらせたい心理なのです。

 

 

 

 

この記事の著者のプロフィール

TOPへ戻る