浮気を見抜くチェックリスト15項目!発覚前の夫の言い訳と行動とは?

夫の行動の特徴から浮気を見破ることができるチェックリストがあります。夫の行動、言動が不審で浮気が怪しいと思った時にまずしっかり確かめたいことがあります。。自分でできる夫の浮気をチェックする方法があります。

 

夫の浮気の疑惑について探偵に調査を依頼する前に自分でできる夫の浮気のチェックリストがあります。

lineに返信

Contents

夫の浮気はチェックリストで見破る

浮気をしやすい夫の特徴として、寂しがり、誰かに構われたい、認められたい願望があり、言い訳が上手、人柄として社交的、寂しがり、以前から自分の自慢話が多い、高学歴で友達が多い、職場では立場が上、時間や金銭面である程度の余裕のある人です。もちろん飲み会や残業を深夜帰宅の理由にする特徴の傾向があります。

離婚を回避するなら浮気を見破っても今すぐに追及しない!

日頃から家庭内で自分の仕事の自慢話をする傾向がある等の自己顕示欲の強さなどの特徴があります。

手をつないで

夫の浮気が確信に変わった時にすべきこと

夫の浮気が確信に変わったら追及する前に言い逃れされない証拠を集めて言い訳できない根拠など指摘できる言い分、内容を3つ以上確保されて下さい。証拠がないまま追及しても浮気と認めずに遊びだったと開き直られないように慎重に証拠を集めて下さい。

 

浮気をした夫と離婚せずに復縁できる方法とは?

浮気を見つけた直後に問い詰めたり喧嘩になるような感情的な発言、離婚よ、離婚して、のような攻撃的な発言を控えて下さい。冷静に事実を夫に言わせて事態を把握してから離婚を避ける方向の話し合いを始めて下さい。

 

 

心配をする

 

夫の浮気を見破るためのチェックリストとは?

浮気を伏せる夫の男性心理の行動の特徴から言わずに隠している浮気に関連した言い訳や嘘を見破ることができます。最近、仕事が忙しいと言い出した。

浮気の言い訳の特徴とは

残業や休日出勤が多いなど多忙と言うスケジュールがいつも仕事が理由、行動の変化と理由を聞いていない時点で夫が自分から説明するなど疚しさからの嘘が増えます。不審な外出、休日の不在や金銭の使い方、カード利用について問い詰められると言い分が仕事に関連したことを理由にした言い分に急変します。

未読スルー

夫の浮気チェックリスト15項目

①在宅時の様子の変化。スマホの受信を意識している。家庭内で完全にスマホの電源はオフにしている、電話の着信に過敏、または急にスマホに触ろうとすると嫌がる。スマホの設定の異変(lineやメール受信音の消音設定)ロック解除のパターンやパスワードを隠そうとします。ロックしていなかった夫が携帯電話・スマホをロックするようになったら要注意です。

 

②旦那が家庭内で仕事の話しをしなくなる。仕事の予定を言わない。答えない。

 

③家族、妻との休日の約束を避ける。特に連休期間の家族旅行の話しを避ける。

 

④在宅時の夕刻や夜間に家族とテレビを一緒に観なくなる。

 

⑥家庭内で気を緩めた時の口調が今までと違い優しい。軽い言葉が急に出るなど違和感が起きる。

 

⑦就寝時の寝言の口調や語句の違和感。または仕事を理由に寝室を別にしたがるなど就寝場所の変化。

 

⑧服装、持ち物の趣味の急な変化、帰宅後のワイシャツの襟・胸元付近の匂い、胸元や腕に付着した化粧品

 

⑨就寝時間の変化、夫が深夜まで就寝せずにリビングにいる。

 

⑩音楽や映画の趣味の変化。

 

⑪聞いていないことを自分から積極的に言い訳のように語り始める。

 

⑫上から目線の発言が多くなる。

 

⑬話しかけても問い掛けを聞き流す。

 

⑭深夜帰宅の際にシャツや上着に香水や化粧品の匂いがする、細かなラメがシャツに付着している。

 

⑮靴や靴下に気配りするようになる。

 

浮気を見破るためには最近の旦那の言動から感じた違和感を一切指摘せずに警戒を緩める向き合い方が必要になります。

未読無視

浮気をしている夫が怪しい根拠

どうしても最近の夫の行動から浮気が怪しいと感じている場合、浮気調査を依頼する前に自分でチェックできる方法があります。浮気を疑ったことから夫婦の離婚問題に話しが拗れてしまうケースがあります。

 

15のチェックリストのうち3つ以上が旦那の最近の行動に当てはまるなど該当した場合は浮気を疑う言葉を向けずに1ヶ月程度、夫の言動について様子を見て下さい。

 

夫には絶対にあなたの浮気を疑っていると言わないように配慮を継続されて下さい。

別れの心理

 

浮気の特徴をチェック!必ず確認したいアイテム

夫の浮気が怪しいと感じたら下記のアイテムを確認して下さい。

話しにならない

スマホや携帯電話から浮気を見破る

浮気相手の女性との通話、line、メールの形跡だけでなく、出会い系サイトのアプリ、婚活アプリ、SNSなどの女性と出会うためのツールの活用を隠していることがあります。浮気相手とデートをするためのレストランなどデートスポットの情報をネット検索した履歴やお気に入り登録しているケースもあります。

 

 

夫のパソコン・スマホ・タブレットから浮気を見破る

過去に携帯電話の履歴、メールから浮気が発覚したことがある男性の場合は浮気相手との連絡手段に携帯電話やスマホを使わないケースがあります。

 

ブラウザを経由したフリーメールやSNSのメッセージ機能を使って浮気相手の女性と会うための連絡に使っていることがあるのです。フリーメールの場合はIDやパスワードがキャッシュで残っていることが多いのでログインすることが簡単なはずです。未開封メールは絶対に開かないように用心をされ開封済みのメールを確認されて下さい。

 

SNSの場合はブラウザのお気に入り登録やデスクトップのアイコンからトップ画面を確認されて下さい。

 

SNSのメッセンジャー機能では、来ているメッセージの未読分を開かなくてもメッセンジャー画面に入っただけでオンラインにした履歴が残ったり、周囲にオンラインが通知されますので夫に無断でのログインを察知されるリスクがあります。

 

財布の中身や領収書・レシートから浮気を見破る

夫の財布の中身が普段より1万円から2万円程度多い、領収書やレシートが高級なレストランや飲食店で2名様利用とわかる、普段は夫が行けない地区のお店を利用しているなど財布の中身から浮気の根拠が発見できます。

 

夫がまさか財布をチェックされないと油断している場合はキャバクラなど女性と出会える飲食店の女性の名刺、風俗店のポイントカード、メンズエステのポイントカードやセラピストの名刺、ラブホテルの会員カードやポイントカードが入っていたというケースもあるようです。

 

浮気相手が職場女性や元カノだけと限りません。財布の中身から夫が伏せている家庭では見せない一面、まさかと思うような悪事の証拠が出て来る可能性が高いのです。

 

カード利用明細から浮気を見破る

夫のカード利用明細で夫の行動が把握できます。飲食店やラブホテルは現金決済して浮気証拠を隠したつもりでも行動範囲外の地区でのプレゼントの購入でカードを利用したり、深夜に女性を送り自分も帰宅する時に利用したタクシー代金などカード明細には浮気の根拠となる不自然な利用の痕跡が隠れています。

 

自動車の室内から浮気を見破る

カーナビの検索、走行履歴だけでなくETCカードの利用日時や金額をボタン操作で音声で知らせる機能がある車種ります。普段は行かない場所に休日に行っているなど不審行動は車の使い方で把握できます。

 

コンソールボックスやドアのポケットにコインパーキングのレシートが残っていることがあります。

 

車内の助手席には浮気の形跡が多数残っているケースがあります。

 

助手席のシートに自分が使っていないファンデーションやラメの痕跡や香水の匂いがある、座席や座席の下に毛髪があるなど不審な女性を乗せた痕跡がある場合があります。

 

夫の衣類・洗濯物・特にワイシャツに浮気の証拠

帰宅時のワイシャツに口紅やファンデーションの痕がある、香水や化粧品の匂いがある、細かなラメがシャツに付着しているなど明確に女性と帯同した証拠があるケース以外で今までは下着に気を遣わなかった夫が常に新品の下着を好むようになったなど夫の衣類・洗濯物から夫の変化を察知することができます。

 

困ったら相談

浮気を見破られた時の夫の言葉で心理がわかる

浮気の証拠を突き付けて浮気を見破ったことを告げた時の夫の言葉で心理がわかります。浮気を指摘されてかなり不安になった旦那の言い返しや言い訳の言葉から次に何を話せばいいのかがわかります。自分から離婚するという言葉は言わないように用心して下さい。

 

 

理由を聞き取る

 

離婚はせずに自分の威厳を守って家庭を維持しようという保身がある夫の場合は「話にならない」と言い切り言い訳をします。弁解が多く、言い訳が繰り返されてしまいます。謝罪を考える時間もなく偉そうな言い方をします。

 

浮気がバレないと思っていて離婚は避けたいと思う夫は事実を認めて謝罪をしてくれます。

 

浮気証拠を突き付けられて逆ギレして激昂したり言い返しながら開き直る場合は浮気が起きる前から結婚生活に不満があり、離婚や別居も考えていたケースです。

 

浮気の発覚をきっかけに旦那が冷静に離婚を要求して来ることがあります。

 

浮気相手に直接連絡されないように複数の嘘を言う、慰謝料請求をされないよう浮気についての話し合いを切り出されたタイミングで離婚を要求して離婚条件の交渉を始めてしまうケースが多い様です。

わかってない

 

 

夫が浮気を認めない場合の対処方法がわかります。パートナーの嘘を見つけるためにどうすればいい?

事例:浮気を認めない夫への対処、離婚を避ける別居後の連絡方法

 

愛情を信じて

関連記事

 

参考:夫が浮気をしているサインTOP10!兆候の見破り方と対処法

 

参考:夫の浮気が発覚したらどうするべき?許す方法とやり直すメリットとデメリット

 

参考:浮気されて離婚したら後悔する?夫婦関係を修復する話し合いの対処

 

 

最近、夫の様子が変ったと感じている、夫が本当に浮気をしている可能性は?疑惑から確信へ。結婚生活を始めて数年が経過してこれまでの夫の気持ちの変化を感じたり今までは仕事が終わったらすぐに帰宅していたはずが頻繁に残業を理由に深夜まで帰って来ないなど帰宅時間の変化がこれまでと行動と異なることが多く感じられた場合、夫が浮気をしている可能性が高いのです。

 

 

何も言わずに様子を見ていたがやはり夫の行動や発言がおかしい、浮気を疑う根拠はある場合は本人を問い詰める前に言い逃れをされないためにいくつかのチェックすることが必要です。夫の浮気の疑惑について浮気をしている確信を掴む見抜き方がわかります。

 

話しにならない

夫の浮気疑惑への向き合い方

夫が浮気をしているかもしれない。夫の異変を浮気の予兆と感じて浮気の疑惑を感じた理由は?

 

帰宅が急に遅くなるようになってから帰宅後の夫の様子がソワソワしていて落ち着きがない、今までは帰宅後にスマホをポケットや鞄に放置していた夫が肌身離さずにスマホを持つようになった、コソコソとスマホを操作しているなど警戒している様子を感じるなど、浮気の疑惑を感じた場合でも自分から詰め寄って決め付けた言い方で詰めるような追及を避けて1ヶ月は静観して様子を見て下さい。

 

夫に浮気疑惑を感じるならどう対処する?

夫に浮気しているのかと尋ねない、好きな女性がいるのか?夫から浮気を自白して認めるまでは疑惑を根拠がないまま決め付けて浮気問題として責めてはいけません。何をしているのかを尋ねない向き合い方が浮気を見抜くチャンスを作るのです。浮気を疑っていると夫に気付かれない対処が必要です。

 

夫の浮気疑惑の真相を見抜く方法

夫の浮気疑惑について真相を見抜くいくつかの方法があります。夫本人を厳しく問い詰めても絶対に事実は言いません。言い逃れをされたり逆ギレをされて怒らせるなど警戒を大きくしてしまいます。しっかり言い訳ができない証拠を集めるまで様子を見て下さい。

 

 

 

 

①夫のスマホには浮気証拠が隠れている

浮気相手とのlineやメール、SNSメッセージのやり取りの履歴、実際のやり取りが見られる。出会い系や婚活アプリのインストール、浮気デートに使うレストランやラブホテルの検索履歴、浮気相手との写真画像ラブラブなlineを送信したことが原因の日常では使わない語句の予測変換の痕跡など。

 

 

②夫が浮気相手とデートをした痕跡

鞄や財布、上着のポケットなどに浮気デートで利用した飲食店のレシート、映画やコンサートのチケットの半券がある、カードの利用明細に2名様利用の飲食店の利用があるなど、浮気相手とのデートの証拠が隠れています。

 

③浮気中の夫の行動・移動範囲の変化

カーナビの走行や検索履歴から夫の移動範囲の変化を掴めます。車に乗らない人の場合はタクシーのレシート、カード明細、交通系の電子マネーの利用履歴、PASMOやSuicaの利用履歴から下車駅の変化、つまり夫の行動範囲の変化が把握できます。

 

 

夫の浮気が疑惑が確信に変わったら

夫の行動、不審行動の理由が浮気の確かな根拠・証拠と証明できるか?浮気を言及するためには言い訳できない証拠が必要です。

 

夫が弁解や言い逃れができない確かな証拠があるのか?

 

夫の浮気疑惑が確信に変わったらどうするべきか?浮気がわかったその後の対処はどうする?

証拠から夫の浮気を確信した後の行動とは?

夫の浮気について離婚を避ける前提で対処方法があります。焦らずに冷静に夫と向き合う方法について詳しく解説いたします。

 

 

①夫の言い分を聞く

夫に浮気を見つけたと言わずに証拠についてなぜそういう行動になったのか、行き先の用件など理由を疑問として尋ねて下さい。浮気と決め付けた言い方ではなく、なぜ?どうして?という疑問を向けて下さい。

 

②夫の今後の行動を静観する

疑問を尋ねた後、浮気の発覚を警戒してすぐには夫は不審行動を控えてしまうはずです。1か月程度、質問せずに夫の帰宅時間の変化、休日出勤、無断外泊などを含めて一切の言及を控えて夫の様子を静観されて下さい。深夜まで帰宅しない事態が起きても居場所を尋ねるlineや電話はしないで様子見を継続されて下さい。

 

③浮気を認めるまで同じ質問を繰り返す

夫が嘘や言い訳を認めて本当の事情について事実を白状するまで言及して下さい。確かな浮気の根拠・証拠があることについての同じ質問を繰り返して下さい。誰とどこに?、誰が一緒だったか?誰とどういう関係か?浮気をしているという事実を自白させて下さい。嘘を言われたら「そうなんだ」と聞き入れてから不審であること、整合性が合わないことを強く追及して嘘は言わないで欲しいと証拠について説明を求めて下さい。

 

 

夫の浮気疑惑が確信できないなら

夫の浮気について明確な証拠や確かな根拠がない、確信がもてないときにしてはいけない行動とは?

謝られても困る

①浮気が怪しいと本人に告げない

夫に浮気が怪しいと告げてしまうと疑われたことが理由で浮気発覚を警戒されるだけでなく、実際に浮気が起きていない場合に夫婦喧嘩の原因になったり、嫉妬深く面倒な妻と感じさせ別居や離婚のきっかけになってしまうことがあります。

②共通知人に夫の浮気が怪しいと相談しない

明確な浮気の証拠がない段階で共通の知人や友人に夫の浮気が怪しいことを憶測を含んだ言い方で相談をされますと憶測で話したことまで事実だと聞いたという言い方で夫本人に伝わります。「だと思う」「だと思った」という自己判断の推測や決め付けた言い方で友人に相談をされないことです。

 

浮気を疑われたことを察知されて浮気を隠すように警戒が強くなり証拠が掴み難くなります。

 

浮気をしていない場合は周囲に恥ずかしい話しをされたことが夫婦喧嘩の原因になってしまいます。夫婦の信頼関係が壊れてしまいます。

③夫の親族に相談しない

夫の親族に浮気が怪しいことを伝えないで下さい。夫が浮気をしていない場合、あなた自身についての親族からの信用・信頼に大きな悪影響が起きます。

 

④浮気調査を探偵に依頼する

実際に夫から離婚や別居を求められていない、冷たい言葉を向けられたり家庭内で無視をされるなど夫婦関係に大きな異変は起きていない段階の場合、無断外泊や使途不明のお金の動き、不審なカード利用明細があるなど浮気について確信があると言える状態でなければ探偵に浮気調査を頼むことは待って下さい。

 

ご主人の帰宅時間の変化や休日出勤については会社のお仕事の事情や交友関係の変化などを浮気の兆候と勘違いしてしまうケースが多いようです。

 

⑤浮気と決め付けて不機嫌な態度を示す

夫に対して浮気を隠していると決め付けて怒った態度を示したり、不機嫌な態度を見せる、嫉妬発言を繰り返すなど敵意を示さないで下さい。浮気をしている場合は察知されたと気付いて警戒を強められたり強引な別居を決意させてしまうリスクが高くなります。

 

⑥夫のスマホのチェックを繰り返す

夫の浮気が怪しいと思っても平日の入浴時に1度夫のスマホのline、メール、発信履歴の確認して浮気の証拠が得られなかった場合は連日の入浴時や深夜早朝の就寝時に無断で夫のスマホを連日繰り返して確認しないで下さい。

 

最低でも1度スマホをチェックをされたら1ヶ月は何もせずに時間を空けて下さい。

 

携帯ロックの暗証番号が変わる等の異変が起きた場合は就寝時や入浴時にスマホを見られていることが夫にバレていますのでその場合はもうスマホには触らずに様子を見て下さい。

 

携帯ロックの暗証番号が変わったことを気付いていないふりをして様子を見て下さい。

寄り添い合う

 

 

TOPへ戻る