復縁成功事例

依頼者
B美さん(歳代30代)
お相手
U冶さん(25歳)
相談内容
彼氏と復縁
復縁難易度
難易度C
修復期間
5か月

付き合って2ヶ月の婚活彼氏の心理がわかる事例

付き合って2カ月で結婚観を理解する方法がわかる事例

復縁事例

B美さんは半年前にU冶さんと知り合い、すぐに交際を開始する。週に1,2回デートをする、彼の部屋に泊まる、などの順調で親密なお付き合いをしていた。

ところが1ヶ月前、突然に彼から一方的に「気持ち的に絶対無理、距離を置こう、別れよう」と告げられ、「大好きだから別れたくない、私はもう必要じゃないの?」など感情的に責めたり問い詰めたそうである。

理由を聞いても答えてもらえず、彼へのlineも無視される。別れたとの彼氏の心理、男性心理が知りたい、別れて1ヶ月だから連絡がしたいというご相談である。

B美さんは別れの理由をU冶さんに他の女性が現れた、不安になられ浮気だと思い確認をしたい、彼を疑いたい気持ちになりアポなしで部屋に行くが、インターホンで感情を向けて言及され迫られることを警戒し、話すことが煩わしい様子で面会を拒まれ、その夜からlineもブロックで拒否、電話も着信拒否という状態になる。

翌朝、彼の職場に「会ってきちんとお話ししてください」と伝言を入れるが無視。返事がない。その日の夜、また彼の部屋の前まで行き、嘘は嫌だ、これからも付き合うよね、一緒に過ごしたい、などインターホンで「会いたい」と伝えると「話すことなんてないよ、話すことはできない、もう来ないで迷惑だよ」と告げられてしまう。

当方にこの日の深夜にかなり切羽詰まった様子で相談。

まず彼の別れの気持ちを考えることを開始する。本人の女性心理として浮気を強く心配されている様子であった。

最後の彼の言葉を聞き、彼の心理(心の内側)を分析するための恋人との心の温度差分析も40項目のチェックシート回答、別れに至る一ヶ月前からの二人のやり取り、最後になったデートでの様子、言葉から彼の別れの心理を特定し、なぜ別れたくなったのかの原因を探るために分析をする。

彼に別の理想に近い恋人の出現した可能性が高く、彼女の存在を伏せている、B美さんの女性心理とし て焦ってしまうのは当然の状態であった。

彼が新しい恋人を作った理由は彼自身の問題と断定。逆に彼女の女性心理を察し、過度なアプローチを制限することとなる。しかし日ごろから宿泊の伴う性行為の後でB美さんが執拗に結婚を意識した発言をしたり、定まらない彼を女性心理から疑い、監視や嫉妬に関する発言で彼にとっての精神的負担も原因であったと推測。

別れた後の彼氏の心理を理解し、自己保身や警戒嫌悪の気持ちお理解して、最後にB美さん が彼の部屋の前まで行った日から2週間待つ。彼の持つB美さんへの強い警戒心と面会を迫られる怯え、YESのみ答えを求められる重荷 の心理、自己都合で言えずに伏せたい自己保身から面会の拒絶意識を軽減する言葉、「本当にごめんなさい、迷惑でしたね。」とのメッセージをSMSメールで送信していただく。

(新しい彼女の女性心理を読んでの行動指示。)

1週間後、次に「あなたのこと困らせたね。心からごめんって言わせて」をまたSMSメール送信。反応なし。

「あなたに嫌われて自分の悪いところ、たくさん気がつきました。」を青空の写真をFacebook投稿。反応なし。lineはブロックの状態のまま。

レモネードティー(レモン、ハチミツの紅茶)のレシピと材料を用意し、「また話したいです」とメッセージを記載し、彼の仕事の休暇の日の午前を狙い発送。

2日後、彼から突然、SMSメールが来る。「読んだけど、新しい恋人ができたんだ、家に来たり店にまで電話されちゃ迷惑だ、悪いけどやり直すつもりはない。」との内容。

B美さん落胆。しかし別れの原因がB美さんの彼への交際中の態度が原因であったと判明。しつこいとクレームをされても継続することにB美さんにためらいはない。1週間を置いて「ごめんなさい、あなたのためなら悪いところをみんな治します。」をSMS送信。

1週間後、彼からSMSメールが来る。「もうやめてくれよ。わからない。いつもそうだっただ ろ、気持ちはありがたいんだけど、 ノーサンキューだ」とのこと。交際中にB美さんが時間に構わず自己都合で言い訳の彼に電話をするなど、彼女の性格の問題もあると判明。

ここからSMSを1ヶ月保留する。B美さん自身の反省や自己改革など、再会に向けて の打ち合わせ以外の面会を頻繁に行う。

B美さんに彼に謝りたいことを書き出させる。彼からの今までの反応と照合し、合致する 「自己中心的性格でしつこい、相手の言葉を聞け ない、わからない」について反省。

絶対に彼の部屋に無断で行かないよう指示。SMSで「あれからたくさん反省しました、い つも自分のことばかりでごめんなさい」と送 る。反応なし。

次に便箋に反省点をすべて記入し、これからどう治す、もうしないなど約束と反省を書いて封書で郵送する。2日後、彼からSMSメールが来る。「どんなに謝られようと、もう会えないんだ、オレにも新しい彼女できたから」との内容。

翌日、SMSに「わかりました、本当にごめんなさい、ずっと好きでいていいですか?待っ ていていいですか?」と記載し送信。反応なし。1週間待機。

1週間後、バレンシアオレンジと紅茶の葉、レシピをゆうパックで発送。2日後、彼からSMSメールが来る。「もう迷惑なことはやめてくれ。お前とは関わりたくないんだ、オレがお前にどういう悪いことをしたか教えてくれよ」とのこと。

メールで謝罪を送る。「サヨナラの理由も知らずにもう会えなく なった事が悲しいです」と送信。

4日後、彼から「お前といっしょにいると疲れるんだ、息苦しい気分。ハッキリ言ってウザいんだよ」とのメールが来る。彼の心理面を察し歩み寄りのために2週間待つ。反応はない。

彼にしてあげたいこと、あの頃してあげられずにいて後悔してることをSMS送信。

2日後、彼からメールが来る。「言いたいことはわかるけど、すぐに返事聞けないからlineするよ」とのこと。彼からlineがあり返信する。解除になっていた。返信なし。翌朝、彼からlineが来 る「つまりさ、付き合っていてずっとべったりされるのが重かったワケよ」

別れた後の心理を理解し反省点に注意をしてlineをやり取りする。その週末、彼と会われて彼からの言葉で復縁をされ恋愛のやり直しが決まる。