復縁する方法とは?元彼・元カノへの5ステップのアプローチを解説

この記事は元彼・元カノと復縁したい人に向けて、別れた相手と復縁するための方法とやってはいけないことを徹底解説します。

心理学の知識と復縁専科の成功実績に基づいた基本的な考え方や復縁するために気をつけるべきポイントや解決策、復縁を目指す際に実践しやすい具体的な行動など復縁の進め方について解説しています。

復縁したい人が彼氏・彼女と別れた後にやってはいけない行動も知って上手に回避し復縁までのステップを進めましょう。

目次 表示

そもそも【復縁】とはどういう意味?

復縁するために効果的な方法をお伝えする前に「復縁」の定義を整理します。復縁とは本来、離婚して縁を切った夫婦が、元の関係に戻ることを指します。現在では離婚してしまった夫婦だけではなく、付き合っていたが別れてしまったカップルがよりを戻すときにも「復縁」と言われます。

別れてからLINEを送るタイミング

復縁するために5つのステップで連絡する

復縁するためには5つもステップの行動が必要といわれています。このステップを意識してアプローチしていきましょう。

STEP.1
別れた直後は別れを受け入れる
別れた直後は自分から連絡しない
STEP.2
復縁のための冷却期間を置く
別れを受け入れた後で1カ月くらい連絡しないで沈黙する
STEP.3
復縁アプローチを開始する
しばらく沈黙した後で連絡をする。やり取りをきっかけに会う返事をもらう
STEP.4
復縁するために友達に戻る
再会やLINEのやり取りの復活をきっかけに友達として数か月は良い関係を継続する
STEP.5
恋人として復縁する
自分から告白するか元彼・元カノから気持ちを確かめる言葉を向けられたら復縁について自分の意思を伝える
説得がすごく嫌

復縁したいなら別れを受け入れる

復縁できる条件は彼氏・彼女の別れたい気持ちを受け入れることです。

別れた後で元彼・元カノの気持ちが落ち着けば友達に戻るなど友人としてあなたと接する気持ちになるケースが多いのです。

会いたい気持ちにさせるには別れた原因を解決することが必要です。別れた後の連絡をきっかけにして、やっぱりあなたと会いたいと思ってもらうためには恋愛が長続きしなった原因を考える必要があります。

別れてから自分をアピールすると嫌われる?あなたが相手の愛情を試し過ぎるような言葉や自分はモテるアピールの言葉を向け続けて疲れさせていたケースでは相手の潜在意識の記憶の中にあなたと関わることが煩わしいという印象が強くなっていますので、素直な言葉であってもやはり信じてもらえない可能性があります。

もう一度仲良くなった

復縁する方法としての冷却期間の考え方

振られて別れてからしばらくは自分から連絡せずに冷却期間としてそっとしておいてください。復縁への近道は別れ話の段階で解決できなかった経緯を現実として受け入れて下さい。

過去の成功例から別れた直後は積極的な連絡をせずに一定のクールダウンするための冷却期間をしっかり置いた人の方が復縁が実現する確率が高くなる傾向があります。

あなたが急な元カレからの別れ話にショック、あなたに別れを告げた彼氏がもう連絡をしないつもりと感じたら?別れた後は1カ月から3カ月くらいは自分から連絡しない方がいいのです。

復縁するために会うことが大事

MEMO
別れた後の連絡をきっかけにして会うことができたら、復縁のチャンスをつくることができます。そして、会ってから相手の気持ちを確かめること、そして受け入れることを大切にしてください。
復縁したいなら振られた理由を知る

冷却期間の後で復縁したい相手に伝える3つのこと

・『好きと思える理由』が言える

・『相手に何を期待しているのか』が言える

・『自分がどうしたいのか』が言える

この3つを素直に声にすることが重要です。

復縁する知識

復縁する方法【ケース別のテクニック】

心理学に基づいた分析で相手の今の本当の気持ちを読み取ることができます。実際に相手とのLINEのやり取りの言葉からあなたが振られたり、別れることになった本当の理由を知ることが出来ます。

潜在意識で復縁できる

①相手に嫌な印象を与えないコツは別れを受け入れる

1:相手の言葉を受け入れる。

2:別れたいと思わせた本当の理由を自覚する。

3:相手の自分への愛情が冷めた理由を自覚する。

自分の意識を前向きにする

②復縁したいなら元彼・元カノの今の気持ちを知る

別れた後は元彼・元カノは過去の思い出よりもこれから先を意識しているのです。別れてからあなたと過ごした思い出よりもこれからのことを考えているのです。

そもそも別れた後は2人ともお互いに気まずい気持ちになります。最初のアプローチとして今回は近況を尋ねる短いLINEを1度だけ送って下さい。LINEを活用して友人として関わることでチャンスをつくることができます。

未練がある

③復縁したい元彼・元カノに恋人がいる場合

別れてから数ヶ月が経過すると元彼・元カノが新しい恋愛を始めているケースが多いようです。元彼・元カノに新しい恋人がいる場合はLINEに返事が来ます。過去形の言葉でLINEを控えて欲しいという冷たい雰囲気の返事になってしまいます。

別れた後で元彼・元カノに新しい恋人がいることがわかったら最低6ヶ月は連絡をしないでそっとしておいてください。

元カノが落ち込んでいる

④別れの原因を理解する

別れの原因を正確に理解することは復縁に向けた第一歩です。

過去を振り返り、どのような出来事や状況が別れの原因になったのか、自分自身がどのような行動をして相手との関係に影響を与えたのかをよく考えましょう。

具体的にはケンカや浮気などが原因となっている場合があります。その場合、なぜケンカになったのか、なぜ浮気された(した)のかを理解する必要があります。

可能な場合は、日記をつけておくことでどんな問題を抱えていたのか、どんな気持ちだったのかを振り返ることが出来ます。

復縁するために元カレ・元カノの現在の心理を知ることが重要です。

会いたいから待つ

⑤別れた後で会うことで恋愛意識が共鳴する

復縁するとは?別れてしまった相手の記憶に残る自分が恋愛意識に好感を思い出させて愛しさの気持ちが蘇ります。別れた後で恋人がまた自分に似た相手を選ぶという心理現象、つまり面影を探す、重ねる、という似たタイプの異性に惹かれてしまうことと類似しています。

復縁したいなら?

⑥元カレ・元カノに自分の願望を押し付けない

「私を優先して」「私にNOと言わないで」のような相手を束縛したい願望が存在することが理由です。あなたに自覚のない感情が負担になっていました。あなたと別れることを選んだ理由なのです。恋人として大事と思う気持ちの真意は伝わっていません。こんな振られ方で別れた場合、本当の別れの理由を聞くチャンスがなった原因でもあるのです。

彼氏にlineを未読無視されたら

⑦相手から別れたいと思われた自分の悪い印象を解決する

復縁するためにあなたが別れた相手を私の彼氏だから、僕の彼女だからと大きな期待を向けて相手の愛情だけでなく甘え過ぎる言葉を向けた、自身の恋愛依存など自分の悪かった行動を自覚して下さい。

復縁する方法(自分が振られた側なら)

自分が振られて別れた後で自分から連絡しない効果とは?彼氏があなたを振った理由は気持ちが冷めたり、他に気になる異性が現れて別れたいと言われた場合は自分から連絡しないで3ヶ月くらいはそっとしてあげて下さい。

どうしても諦められないあなたが失恋から立ち直るためのアドバイスとして、悩み続けるよりも気持ちを切り替えて前向きに今の元彼の気持ちについて考えて下さい。

別れることになった理由がわからない人の特徴として、彼氏の異性の友達との関わりなどを厳しく詮索したり、干渉する言動が多かった場合は、きちんと別れ話をする勇気がないことが理由で彼女が次の新しい恋人とお付き合いを始めてから異変に気付くことになるため、状況がわからずに浮気をされて別れたと思い込んでしまいます。

別れた後でどうすればいい

振られて別れたら自分から連絡した方がいい理由

振られて別れた相手から未練が理由ですぐに連絡が来ることはありません。別れた後の連絡は話すために誘う、逆転のチャンスを待つ、そっとしておく行動で好きな人に尊重を示すことも必要なのです。

振られた理由を自分自身を見つめてじっくり振られた理由と非を自覚する時間も必要です。

そのため振られたあとのLINEは3カ月以上は待ってから、要点がわかりやすい内容の短い言葉の方が印象が良いのです。

振られた理由を自覚して過去の問題点を解決できたら自分から連絡をする

別れた後でしばらく連絡をしないと連絡できないままになってしまう方も多いことも事実です。

別れた原因など過去の問題点を解決したら自分から相手に連絡をして下さい。

あなたから連絡をしなければ相手はもう別れ話は完全に済んで、別れることに納得させたと思っています。

別れた直後は絶対に自分から連絡しないことが大事です。別れてから数ヶ月が経過して相手から連絡が来たら復縁の確率はかなり高いはずです。

LINEを無視されたら

振られた側から復縁したいならやってはいけないこと

別れた後で元彼・元カノに別れた後も引きずっていたなど未練をアピールしないで下さい。

好意など自分の気持ちを元彼に伝えて感じた雰囲気や反応を確かめて下さい。元彼の気持ちを素直に受け止めることで意思疎通ができる人と思わせることができます。

振られた時に二度と連絡しないでと言われてしまったら?今すぐのタイミングでは自分から一切連絡しない方が嫌われません。元彼に悪いイメージを持たたり、LINEをブロックされることを避けられるのです。

振られた彼氏と復縁したいなら別れ話の段階ではわからなかった相手があなたと別れたいと思った理由を現実として受け入れることが必要です。

振られた後で音信不通になっている場合は気を付けることがあります。本気で復縁を望むのならちょっとの期間は直接連絡をしないでチャンスを待つことで復縁のきっかけを作ることができます。些細なケンカなどが原因でLINEがブロックされている状態の場合はSNSのDM機能(直接メッセージを送るメッセンジャー機能)を上手に活用することになります。

生理的に気持ちが悪い、怖いという位置付けをされてしまいます。別れた後で冷却期間を経過させてから最初に連絡に来た返信をきっかけにして、ラインやメールでのやり取りから実際に会うチャンスを作るための連絡内容をアドバイスいたします。

LINEを送るタイミング

心理分析の提示まで電話相談・メール相談は無料です。有資格者の心理カウンセラーがアドバイスを担当しています。

お気軽にご相談ください。

復縁する方法は別れた理由で異なる

別れ方で復縁する方法は変わってきます。どのような別れ方であっても復縁をしたいと考え話し合いをするためには、会って話すことが必要です。

相手と話し合いができる段階にあることが条件になりますが、別れの原因を理解したら、次はコミュニケーションを改善することが必要です。相手と話し合い、問題を解決するための解決策を一緒に考えましょう。

コミュニケーションの改善方法には、以下のようなものがあります。

コミュニケーションの具体的な改善方法

相手の話を聞くこと

質問すること

肯定的な言葉を使うこと

相手の立場になって考えること

感情を抑えて話をすること

ちゃんと顔を合わせて別れ話が出来ていても別れた後は本音を言葉にしないケースが多いです。その場合は別れた後の行動や言動をヒントに相手の本音を見つける必要があります。

別れ話の時に「他に好きな人がいるの?」と浮気を疑ってしまうなど、嫉妬深い言葉を向けていませんか?これは自分の自信のなさからの疑心が相手に向いてしまうのです。疑われながらお付き合いをすることに相手を疲れさせていたはずです。別れた後の連絡では絶対に「新しい彼女できた?」「好きな人はいるの?」など嫉妬深いと思わせることは聞かないように用心して下さい。

復縁する方法が知りたい

【復縁する方法】自分から振った場合

自分が振った側のケースで復縁したいなら?自分から相手を振って別れてから復縁できた人には特徴があります。自分が振った側ならなぜ別れてから復縁したいと思うようになったのか、理由を考えてから連絡することが大事です。

自分から振った元彼・元カノと復縁したいと思ったら自分から謝る内容の短いLINEを送って相手の今の気持ちを確かめて下さい。

振った側から復縁を望むなら基本的に再会できてから重たくならないように前向きな会話を心掛けて下さい。

・まずは長くならないように配慮をして、相手のことを話題の中心に言葉を向ける。

・ポジティブな話題や、明るく前向きな話しをする。

・相手の発言を絶対に否定しない。

待つことを積み重ねる

【復縁する方法】喧嘩別れなら

喧嘩別れなどで別れてから気まずい関係になって自分から相手に連絡できない場合は共通の友人や知人に連絡をしてもらい助けてもらう方法があります。

ただし、別れてからすぐに相談してしまうと悪化してしまう可能性もあり注意が必要です。また、友達の仲介で会うことが出来てもすぐに恋人関係に戻れるわけではありません。

喧嘩が原因で自然消滅されたら時間が必要です。喧嘩の後で急に無視されてしまった場合は、友達の協力で会うことが実現しても復縁までは時間が必要になります。

謝る目的の連絡なら1週間以内で連絡することをお薦めいたします。喧嘩の理由を思い返してちゃんと謝って下さい。

ちゃんと謝りたい

【復縁する方法】社内恋愛で別れた相手なら

職場恋愛で別れてしまった場合は、接触する機会が多いことからもう一度恋愛をやり直せる可能性が高い傾向があります。気まずいことも多いかもしれませんが、実は復縁の可能性が一番高い状況でもあります。

なぜなら、共通の知人や友人が多く、協力を得やすいという理由があります。ただし、相談するタイミングなどはとても気を付ける必要があります。職場恋愛で別れたら仕事では普通に接した方がいいはずです。

注意点

元彼や元カノを意識して仕事に支障がでるのが一番ダメです。

仕事中や職場では相手を意識せずに仕事を優先してください。

判断に迷う

【復縁する方法】お互いに好きだけど結婚を迷って別れた場合

お互いに好きだけど結婚のことが理由で別れた場合、別れて友達に戻ってすぐに復縁の返事をもらうことは難しいのです。今すぐに復縁の返事を考えず、復縁の可能性を残し友達関係を続けて下さい。責任から解放した楽な関係から恋人として復縁するために友達として数ヶ月は焦らずに、ゆっくり向き合って下さい。

彼氏の言い訳

【復縁する方法】振られた理由がわからない場合

何が理由で振られたのかわからない場合は相手の本音を知り、気持ちを理解することが大事です。

彼氏はあなたのことを好きだから彼女として付き合ったなど理由は様々ですが、結婚相手とは違うと思った、気持ちが冷めた、恋が終わった、片思いに戻ったなど元カノになってしまった彼氏から「好きじゃない」と言われた現実をどう受け入れる覚悟が必要なのです。

無視されない内容のLINE

【復縁する方法】別れた原因が自分だった場合

別れた理由を受け止めて最低でも1カ月は自分から連絡をしないで待って下さい。

きちんと謝罪や誓えることをLINEやメールに明記して1通だけ送信して返事を待って下さい。

復縁したいからLINEをする

【復縁する方法】相手に好きな人ができて振られた場合

相手に好きな人ができて振られた場合や相手が既に新しい恋愛に進んでしまっているケースでは復縁したいなら半年以上は連絡せずにそっとしてしてあげて下さい。しばらくして元彼から連絡が来たら復縁できるケースが多いようです。

二人の楽しい会話を思い出すことが大事です。元彼とのお付き合いの過程での楽しい記憶、素敵な会話のことがすぐに思い出せない、辛い気持ちを我慢してくれていたことなど、聞き取れていない問題点のことは今までの会話不足が理由の場合が多いのです。

相手に新しい恋人がいる、相手が恋愛に飽きたなどの事情があって別れたケースでは3ヶ月くらいは相手からの連絡を待って下さい。

無視されない話題を選ぶ

【復縁する方法】友達に戻ろうと言われて別れた場合

別れてから友達から始めることを復縁のきっかけにする方法があります。ただし、別れた相手から嫌われていたり浮気や嘘が発覚したことが原因で別れていたら信用してもらえていないことが理由で通用しません。

別れ話をされた時に「距離を置きたい、友達に戻ろう」と言われるケースがあります。あなたに未練があり「別れても友達でいたい」と言い訳をされたのです。

LINEの返事待ち

【復縁する方法】仕事に集中したいから別れると言われて別れた場合

突然、仕事に集中したいことを理由に別れると言われて振られた場合、振られた本当の理由を理解することが大事です。

マッチングアプリで結婚前提で出会った彼氏に多いケースです。冷たくなり、仕事の状況が多忙になったことを理由に今までのように付き合えないと別れを切り出された場合は本当に彼氏には余裕がないのです。

週末に絶対にいつも会っている付き合い方が束縛が嫌と感じた、デートの約束を求められたことが別れを考えたきっかけだった場合は平日や日曜の夕方や夜間にLINEは絶対に送ってはいけません。金曜日の夜と土曜の午後の時間帯で30文字以内のLINEを送るように心掛けて下さい。

恋人の戻ってからのLINE

復縁したいなら自分からアプローチする

気持ちが吹っ切れるタイミングは寂しくなって新しい恋人を探し始めるタイミングよりも少し早い傾向があります。

素敵な恋愛だったと良い記憶が蘇ることはあります。どうしても諦められない場合、ベストな選択は沈黙して連絡を待つことです。

復縁を望むなら、別れた後の連絡は自分からするものです。また、その時は明るい話題よりも真面目な話題を送るようにします。そうすることで相手にも真面目な雰囲気が伝わります。

別れてからある程度の時間が経過してからクリスマスや誕生日などイベント前のタイミングで連絡するとLINEの返信をもらいやすい傾向があります。

楽しかったデートや旅行の思い出にことや相手に新しい出会いがあったのかが気になってもあなたが自分に執着している、嫉妬深いと思われてしまうのでLINEでは尋ねないで下さい。

どうしても会いたいなど、自分の後悔などの思いを一方的に書くことは嫌われる原因になるので気を付けてください。

自分が振られたのか振ったのか、また別れた原因が喧嘩なのか自然消滅なのか、連絡が取れるのか取れないのか、おかれている状況によってアプローチの経路や手段、タイミングは大きく異なります。

振られても諦められない

復縁したい相手に連絡できない場合

別れてからの連絡ができていたなど別れた後もお互いに嫌いになっていないケースが多いのです。

自分の気持ちを相手に押し付けたり、しつこく連絡しないなど相手の気持ち察して尊重することができていたのです。

振られた後で連絡するタイミング

SNSで自分の印象を改善する

別れた相手と連絡できなくなってもSNSで繋がっているならSNSを利用して印象を良くする方法もあります。

別れてからしばらくは更新を休止して下さい。相手のSNSもチェックしないように心掛けて下さい。

改めてSNSで相手があなたのページを見ると「なんで手放してしまったんだろう」という未練が生まれてきます。

ただし、SNSで寂しい気持ちや未練をアピールしないで下さい。

絶対にFacebookやInstagramなどのSNSに自分の前向きな近況をアピールするような写真、良かった頃の思い出や失恋についての投稿をしないなど別れた後で相手から嫌われないように気を付けて下さい。

以前の投稿記事は削除せずにそのままにしておいてください。心理的に未練を感じさせる方法です。

相手の心に届く言葉を伝える
注意点

別れてすぐにSNSに投稿するのはやめましょう。

また、SNSにネガティブな投稿をするのもやめましょう。

相手にとってネガティブな印象を与え、復縁が難しくなる可能性があります。

復縁にSNSを活用する

元彼との共通の友達に復縁の協力をしてもらう

共通の友達に協力してもらう方法も復縁には効果的です。

二人の性格などをよく知る共通の友達がいる場合は冷却期間を置いてから相談してみましょう。

共通の友達は両方の立場から物事を分析できるため、最善のアプローチ方法を提案してもらえるかもしれません。

注意点

別れてすぐに相談などをしてしまうと屈折して思いが伝わる可能性があり、危険です。

友達の負担にならないように注意が必要です。

強引な復縁の手助けをお願いしたり、友達にプレッシャーをかけるといったことはやめましょう。

会えたら楽しく会話をする

復縁したいと思わせた言葉とは

女性なら別れ話を切り出された時に彼氏への言葉として「待てるよ」「気持ちはわかった」「話したいと思ったら連絡して」「元気でね」という優しい言葉が有効です。

男性なら別れたいと言い出した彼女への言葉として「期待に沿えなくてごめんね」「そうなんだ」「困ったら相談して」という聞き入れる寛容さと包容力を感じさせる言葉が効果的です。

つまり復縁のきっかけになった言葉には大きな意味があるのです。復縁するきっかけの言葉はお二人の共通の価値観、お付き合いの良い記憶に関連する言葉が有効です。復縁のきっかけになる言葉にはお互いの良いイメージが共有できる意味があるのです。

別れた元彼・元カノと復縁するために心を動かす言葉を選ぶポイントは別れた後の相手の気持ちを理解した言葉を伝えることです。

元彼・元カノがあなたとのお付き合いのことに関連する良い記憶を思い出す言葉で復縁のきっかけをつくることができます。

心を動かす言葉の選び方

①復縁のきっかけになる会話にするために相手を話題の中心に話しをする。過去の話題は良い記憶に関連した言葉を選ぶ

②前向きな言葉を選んで会話する。未練や後悔は伝えない

③今の気持ちについての相手から積極的に話してもらえる言葉を選ぶ

心に届く言葉

復縁したいと思わせるLINEの送り方

復縁したいと思わせるLINEの送り方のポイントを解説していきます。復縁が目的で伝えるべき言葉があります。復縁するためにダイエットを頑張ったり、ファッションやメイクを変えるなど、綺麗になろうとして自分磨きを続けていることをアピールするよりも優しい考え方ができるように自分の内面や恋愛についての意識を変えることが重要です。

ずっと仲良く

元彼へのLINEの内容と送り方として、別れてからお互いに気持ちが落ち着くタイミングを待ってから体調を気遣う言葉から始まるわかりやすい言葉でLINEを1通だけ送って下さい。

自分から連絡をするのが怖い場合は1カ月から3ヶ月くらい一切自分から連絡せずに待ってから連絡をして下さい。

元彼が復縁したい気持ちになるLINEとは?

・連絡する内容は短い文章ではなく、30〜70文字くらいの比較的短く、真剣に考えた謝罪の言葉を含める。

・別れた後で元彼・元カノに新しい出会いがあったのか心配?次の恋愛を始めていないかと確認しようとしてしつこくLINEを送らない。

・「寂しいです」「元気にしていますか」「会いたいない」など露骨な探りとわかる文面では駄目。絵文字だけ、スタンプだけ、生きてる?のような幼稚な送信は絶対にしない。

LINEで復縁したいと思わせた人の特徴の共通点としてスムーズなやり取りができる内容で送っているのです。

久しぶりにLINEを送ると、返事のパターンによって現状の復縁の期待度がどのくらいあるかを判断できます。

復縁したいなら連絡する

例:「久しぶり、二人で食事に行きませんか?」とLINEをした場合

①LINEをスルーされて返事がない:

現状では復縁の期待度が低い。今はあなたとやり取りをしたくないという心理

②付き合うつもりがないと返事がある:

現状では復縁の期待度が無。今は新しい恋人がいる場合は、無視することでしつこく連絡される不安があるという心理

③尋ねた近況について返事がある:

復縁の可能性有り。あなたへの未練がある状態

一例ですが、このような心理であると分析することができます。

①のスルーされている場合、嫌がられているサインです。未練が強い人からの連絡は元彼・元カノが重たい気持ちになります。重たいイメージが残っていることが理由で会いたくないと伝えたり、断ったらトラブルになることも心配になっているかもしれません。振り向かせようとしても返事は期待できません。しばらくに連絡しない覚悟が必要です。

②の「もう付き合うつもりがない」と拒絶された場合は連絡に相手が困っているという状態です。
この場合は相手の今の幸せを考えて6か月は連絡を控えてそっとしてあげるのが好ましい選択です。

③の誘いにのってきたり、ちゃんと返事がある場合は復縁の可能性は高いです。二人で会う約束につなげれたら復縁も近いと思ってもいいでしょう。

復縁したいなら連絡するタイミングが大事

復縁したい相手の心理を理解したLINEの送り方【ベストな曜日と時間帯】

別れてから最初に送るLINEは嫌われない内容と送るタイミングの見極めが大切です。

実際にLINEを送る場合、タイミング(曜日や時間帯)の配慮が必要です。

LINEを送るタイミングとして金曜夕方から日曜夜までの週末は避けて下さい。

月曜から木曜の平日22時から24時のタイミングが一番、返事がもらえる確率が高いデータがあります。

元彼が遠距離の場合やマッチングアプリで出会ったなど、LINEしか元彼の連絡先を知らない場合、無視されたりブロックされるような拒絶をされない配慮が必要です。

メッセージの内容(連絡したメッセージの意味が伝わることなど)のわかりやすさが重要になります。反省や後悔に関する言葉は絶対に避けて下さい。

相手にLINEを送ることができても返信が来ない状態になっている場合ではお互いに気まずく、関係の進展が難しくなります。

復縁するための連絡で考えることは以下の通りです。

①連絡方法を決める

②連絡のタイミングを見極める

③伝える言葉を考える

④連絡の反応を見る

遠距離だから頻度が大事

基本的には、別れてから一定の時間を置いてから連絡することで効果的に復縁しやすくなります。

別れてから連絡しない期間について復縁アプローチを開始するための準備の時間と思って下さい。

別れた理由や失恋の原因でベストなアプローチのタイミングが異なります。

嫌われて自然消滅、遠距離で気持ちが離れた、ケンカ別れをした、浮気がバレて別れることになったなど、別れた理由は人それぞれです。

まず連絡方法を考える必要があります。

復縁したい相手とLINEで連絡をできるかどうか。

それが無理な場合は、メールやSNSなどで連絡ができるか。

または共通の友人や知人に仲裁・仲介してもらうことが出来るかなど、自分が置かれている状況を整理する必要があります。

LINEで彼氏に振られた

元彼と復縁したいならLINEで告白しない

復縁したいならLINEでは告白しないで下さい。実際にLINEをきっかけにして会うことが必要なのです。

会えてから元彼と楽しく会話ができるようになるまでは結果を急がないで下さい。

LINEでは絶対に駆け引きをしない、自分がモテるアピールなどの嘘は伝えないように用心して下さい。

今、好きな人はいるの?付き合ってる人はいるの?など恋愛の状況を気にする言葉は嫌われます。

元カレに復縁したいと思わせるLINE

復縁したいなら別れた後のLINEで悪い印象(イメージ)を変える

復縁したいと思わせるためにできることは別れ話の時の悪い印象を変えることです。

きっと元彼・元カノはあなたとの別れ話のことを忘れたりしません。

会うことを想定するなら最低でも3カ月は自分からLINEなどで連絡せずに待つ方がいい結果になるケースが多いのです。

別れてからLINEで連絡しても返事をせずに無視される場合はあなたへの悪い印象が残っています。

あなたの悪い印象をリカバリーすることは可能です。悪いイメージを払拭してあなたと会ってもいいと思わせる向き合い方はまず、気持ちを理解したことを行動で示すためにしばらく連絡をしないでそっとしておくことがポイントです。

どういった反応になるかによってその後の対応を考える必要があります。LINEの返事が冷たい、言葉がそっけない、言葉に距離感を感じるなどがある場合は今はあなたに会いたくない気持ちがあるということを理解しましょう。

相手の気持ちを考えることが出来ず、会えるまで連絡したり、しつこくを送り続けてしまう人がいます。

そういう行為は相手が印象が悪くなり、復縁が遠のく原因になるので注意しましょう。

既読スルーされてもLINEを続けたい
復縁したい相手に送るLINEのポイント

・自分から直接連絡する

・ちょっとした明るい話題より、真面目な話題を送る

・元彼・元カノの今の気持ちはわかるという姿勢

・ちゃんと別れていることを理解する

いつ、どのタイミングでどんな内容でLINEやメールを送ればいい?元彼の近況を知りたいなど、復縁に効果のある言葉をLINEやメールの内容に入れることも大事です。お礼の言葉や実際に相手と共有できる共通の話題を必ず含ませて下さい。

一緒に暮らしていたい

効果的な連絡方法や気持ちを告白して打ち明けるタイミング、自分磨きの内容について解説します。

別れ方のパターンからベストな進め方がわかります。別れた相手から実際に言われた言葉から連絡する内容とタイミングを心理学の観点から見極めています。

もちろん、それだけ元彼もあなたに別れを切り出すまでに相当に悩んでくれたのです。

1通のLINEで復縁のチャンスをつくることは難しいことを理解して下さい。

LINEはチャットのつもりでわかりやすく送って下さい。長文にならないように配慮して下さい。短くてわかりやすい言葉を選ぶことがポイントです。

元彼・元カノが忙しい時間帯(出勤前の朝の時間帯や仕事中)にはLINEをしないなど送信するタイミングを見極めることが大事です。

距離を置きたい

注意
振られた後のLINEに書いてはいけない言葉!彼氏の今の気まずい気持ちに作用する「呼び掛け」による意思伝達のテクニックとは?Facebook、ブログ、彼氏の周囲の方々のブログなどSNS上で得た話題に関連する情報に触れない、詮索、嫉妬、過干渉の制限、急に食事に誘わないなど気をつけることがあります。
元彼に質問する
心理学の効果?LINEで復縁したいと思わせたテクニックとは

①わかりやすくてシンプルな言葉で相手のことを話題の中心にする

②過去の話題にはたくさん触れない・過去のことを質問しない

③復縁を望んでいる自分の気持ちを強くアピールしないように注意する

会いたいと思わせるLINEの返信のテクニックがあります。元彼にあなたと会いたいと思わせるLINEの内容がわかります。復縁するために会いたいと思わせることが大事なのです。恋愛をやり直すための連絡するタイミングの見極め方とLINEの内容など具体的なテクニックがわかります。

元彼・元カノに会いたいと思わせることが目的のLINEだから返事をしてもいいと思う話題の選び方が必要です。元彼・元カノの気持ちをlineで尋ねながら会う約束をして下さい。

別れた後はLINEで謝る

LINEで復縁したいと思わせるテクニック

不安になって元彼・元カノに自分のことを追わせようとして他の人から好きと言われているのような言葉で自分の付加価値を高くしようとする駆け引きは逆効果になります。

復縁したい気持ちを上手に伝えるテクニックとして、復縁したい気持ちの伝え方はLINEではなく会ってから冷静に伝えて下さい。別れ話の時に感情的になって責めてしまうとちゃんと気持ちを理解してくれない人と思われてします。

元彼・元カノの気持ちを確かめる前に焦って復縁の告白をしても断られてしまい「もう連絡しないで」と言われてしまう原因なのです。

オススメのテクニックとしては、なんとなく気持ちを確かめるつもりで近況を尋ねる言葉を送る方が返事の流れから楽しいLINEのやり取りに発展します。つまりLINEを使って復縁を成功させるには自分のお願いを一方的に伝えるより元彼の気持ちを確かめるつもりで無難な質問を送る方が効果的なのです。実際のLINEを使った復縁の成功率の高い人のテクニックなのです。彼氏・彼女と共有できた話題、ファッションの趣味、興味や関心に関連した話題を向けて下さい。

特にマッチングアプリで出会った彼氏の場合は、すぐに次の異性との出会いを探し始めているケースが多いため、別れて寂しい・辛いとアピールするよりも自然に楽しい気持ちにさせるようなわかりやすいLINEを送るようにして下さい。

振られた後の久しぶりのLINEでは、1回・1通で送る、返信がもらえなくてもしつこくない、言葉の選び方で面倒じゃない、変わったと思わせることができます。徹底して嫌われないように配慮して下さい。

LINEに返事をもらえた

復縁したいならやってはいけないこと


自分が振られた、自分から振って別れた、喧嘩をしてお互いヒートアップしてしまい別れることになったなど様々なシチュエーションが考えられますが、別れ方によっては別れた後で連絡しても返事がもらえないなど復縁できないケースもあり得ます。

つまりすべての人が復縁できるとは限らないのです。

例えば、別れ話で相当こじれてしまったり、突然音信不通になって自然消滅で別れた場合などは連絡しても返事がもらえず再会するまでの難易度が上がります。まずは、元カレ・元カノと別れた理由を整理しましょう。

これらの行動は絶対にしないでください。新しい良い出会いがあって新しい彼女・彼氏がいるかもと心配になってしまい、連絡したくなると思いますが、別れたばかりのタイミングで連絡することは復縁には逆効果になってしまうことがあります。

別れてから繰り返ししつこく連絡をしたり、最寄り駅や帰り道で待ち伏せしたり、付きまとう行為はNGです。

相手の嫌悪感が強くなり、復縁がどんどん難しくなります。自身のLINE扉画面やブログの更新は控えて下さい。

SNS、Twitterに失恋に関する話題や恋愛の話題、デートスポットの写真画像を投稿しないように配慮が必要です。

ダメなことだとわかっていても別れた直後は感情的になり、なんとかやり直したいという思いから上記のような行動をしがちです。

失恋の辛さを乗り越える

まずは別れたという事実を受け止め、冷静になりましょう。そうすることで復縁できる可能性が高くなります。

NG行為

・毎日LINEを送り続けること

・相手を批難するようなLINEを送ること

・友人に失恋したことを相談すること

・相手に無視されている状態で一方的に誕生日プレゼントなどを送ること

・相手や共通の友達のSNSを監視して情報を探すこと

・再会したときに過去の話をすること

失恋して悲しい

友達やSNSで知った情報が正しいと感じた場合でも、自分磨きをSNSでアピールしたり、自分の今の毎日がとても充実していると事実とは異なる前向きな近況をLINEなどで直接、伝えないように注意が必要です。

復縁を成功させるためには別れてからの行動が大事になってきます。これらの注意点を意識しながら復縁を目指していきましょう。

冷却期間に連絡しない

復縁したいなら気を付けたい3つの行動とは

①別れた後でも元彼の気持ちが分からない。しつこく連絡を続けてしまうこと

②元彼に新しい恋人ができたと決め付けて嫉妬深く責めてしまうこと

③会いたい・話したいという自分の気持ちを元彼に押し付けてしまう。断られると感情的になって責めてしまうこと

振られた側から復縁したいなら、元彼があなたとの別れを決意した心理を理解して、本当の別れの原因について判断することが必要です。

コミュニケーションの改善には相手の気持ちを考えること、相手に自分の気持ちや考えを伝えれるようになることが大切です。復縁のためには、コミュニケーションの改善に似ている部分もありますが、自分自身を改善するということも大切です。

具体的には内面からの自分磨きの観点で以下のことを意識しましょう。

具体的な改善方法

自分の欠点を認識する

目標を立てる

自己肯定感を高める

心身の健康に気をつける

ストレス解消方法を見つける

これらを意識して改善していくことで、より魅力的なひとになることができます。

愛情が伝わる

復縁したいなら焦らない

復縁したいという気持ちが先走って相手にプレッシャーをかけないように注意してください。

振られて別れた相手に復縁を迫ったり、しつこく説得することは相手を追い詰めることになります。

相手に対して一方的な思いを押し付けたり、自分勝手な行動をとったりすることで、相手から距離を取られてしまう可能性があります。

相手にプレッシャーをかけずに復縁を目指すためには、相手の意志を尊重し、ペースに合わせること、相手との信頼関係を築くことが大切です。

未練や後悔の気持ちは伝えないように用心して下さい。

自分の気持ちが伝わる話し方の基本的テクニックとして、なぜ別れることになったのかを思い返して下さい。自分の何が悪かったのかをきちんと理解できるようにして下さい。LINEでYESの返事を求めるのではなく、会って話ができるタイミングで打ち明けて下さい。

振られた後で彼氏に会う

復縁するには別れてからの連絡は恋人感覚ではNG

別れた後の行動で恋人感覚のまましつこく連絡して嫌われないことが大事です。復縁するために共通の友人に元彼・元カノの情報を求めてはいけないなどの注意することがわかります。

これらの約束事は守ってください。これらの行動を起こしてしまうと相手の印象がさらに悪くなり、本当に返事がもらえなくなり復縁が難しくなります。

愛が蘇る

①嫌われた理由について自信がないなら正直に「わからない」と謝る。

②気持ちを知りたいと尋ねる。

③わかったからそっとしておくね。と引く。

気持ちが伝わらない

復縁が成功するポイントは男女で異なる

復縁できる条件は年代・男女別で異なることを知りましょう。一部ですが、例を挙げて紹介していきます。

LINEが続くことが大事だった
例:年代別の別れた後の女性の傾向

20代前半の会社員の場合:

平日の夕方や夜間のしつこいLINEはNGです。

LINEはチャットでのトーク感覚でわかりやすく送って下さい。
3行や70文字を超えるLINEや、5分以上の通話は嫌われる原因になります。

土曜日の午後などに短いLINEを送って様子を見ましょう。

連絡をしても無視される場合、別れてから3か月以上の時間を空けてしまうと統計的には47%の確率で新しい彼氏ができてしまいます。

20代後半から30代前半の会社員の場合:

現実的に将来の結婚も意識したお付き合いだったはずです。別れてから1週間以内に15文字以内の言葉で謝るLINEを入れて、その日から1か月は連絡しないでください。

日曜の夕方から夜間に長文になってもいいので誠実な言葉でLINEで連絡をして会って話したいというお願いを伝えてください。

30代半ばから40代の会社員の場合:

別れた後の3か月は一切連絡を取らずにそっとしておいてください。その後、連絡した理由を要点からわかりやすくまとめてLINEに記載して連絡をとりましょう。

例:年代別の別れた後の男性の傾向

20代の会社員の場合:

平日のLINEは未読スルーの確率が高くなります。また、30文字、2行以上のLINEや5分以上の通話は嫌われる原因になります。

別れてから1か月以上置いて、土曜日の午後などに短いLINEを送って様子を見てください。

別れてから3か月以上の時間を空けてしまうと、統計的には75%の確率で新しい彼女が出来てしまいます。

20代後半から30代の会社員の場合:

現実的に結婚を見据えたお付き合いだったはずです。別れてからすぐにLINEを入れていつ会えるかを聞いてください。

30代後半から40代後半の会社員の場合:

別れを決意するまでに相当慎重に考えた結論だと思うので、別れた後は連絡を控えてください。

こちらからは連絡をせずに元彼からの連絡を6か月は待ってください。(相手はあなたのことを忘れません)

気持ちを伝えたい

復縁できるサインを見逃さない【まとめ】

復縁専科の考え方・理念として自分が結婚したいから結婚するために復縁をがんばるのでは相手の気持ちを大事にできていない結婚であり、良い関係が続くことは難しく幸せになれません。

復縁できた女性の共通点

復縁したいならまず、コミュニケーションの改善が鍵となります。過去の誤解や対立に対処し、お互いの立場や感情を理解し合うことで、新たな信頼関係を築くことができます。また、自己改善も重要です。自分自身を振り返り、成長し、ポジティブな変化を遂げることで、相手に対して新たな魅力を見せることが可能です。


さらに、相手の気持ちを理解することも必要です。相手の立場や感情に共感し、誠実さを伝えることで、感情の壁を取り払うことができます。過去の反省も欠かせません。過去の失敗に対する真摯な反省を通じて、同じ過ちを繰り返さないように心がけましょう。

元彼が復縁したいと思っている場合の会話の特徴として、次に会う話しをしてくれるなどまた会いたいと言ってくれる傾向があります。

元彼の好意を確かめる必見のテクニックとして、「次にいつ会える」、「どこに行こう」、など相手から誘ってくれたり、また会うことを期待してくれているなど、話している時に元彼から積極的に自分の近況や次に会う約束をしてくれる、先の話しに話題が向くなどあなたと一緒に時間を共有することが意識にある話しをしてくれるなどが復縁したいと思っているサインです。

再会した後で手を握る、肩を抱く、歩いている時に腰に手を回すなどの軽いボディータッチなど親近感の感じられるようになります。

会うために連絡した

8つのポイントを実践することで元彼の気持ちを戻すことができます。

1:彼氏の話しは言い終るまでは聞く、彼氏の発言を絶対に遮らないように配慮して下さい。

2:悲観的な言葉は絶対に発言しない、責めていると伝わり謝罪が逆効果になります。

3:過去形で言葉を向けられたら、必ず今後のことを進行形で答える・前向きな将来のビジョンを声にするようにして下さい。

4:否定的な言葉を向けられても必ず「どうしてそう思うのか教えて欲しい」のような優しい問い掛けと気持ちの理解を示して下さい。

5:予測以外の言葉を向けて来て答えに困った場合は「大切に想っているから」「好きだから」「安心させたいから」のような理由を説明して下さい。執着や結婚を迫られるのが怖いと思われないために今回は次の話し合いの時まで猶予をお願いして下さい。

6:譲歩の気持ちで話し合いを終らせるゆとりを持つようにして下さい。

7:相手の気持ちを察する姿勢は必ず声にして伝えて下さい。

8:自分の本心ではない言葉は絶対に向けないようにして下さい。

身近に感じる再会の会話

再会できてから復縁できるまでに気を付けること

どちらかの気持ちが一時的に冷めてもう好きじゃなくなったなど別れた理由は様々です。はっきり別れたい理由を言えずに言い訳ばかりされて突然無視されて自然消滅されたり、言い合いになったり浮気を疑い、嫉妬する気持ちから悔しくなってしまった、裏切られてもう優しくなれないと思わせたなど別れるという結論に至る経緯もカップルごとに違います。

そのためお互いが別れてから少し冷静に考えてから再会することで、また付き合うことができてよかったと感じることができる復縁を実現します。

①別れる前に相手が自主的に会う場所を指定してくれていた場合、別れた後で連絡をして再会が適う時に会える場所は、その場所になります。

②別れた後の最善の連絡経路は別れ話以降の最後のやり取りになった経路になります。つまり別れた後最後のやり取りがLINEの場合は、まずLINEで連絡をすることが賢明です。

③お付き合いをしていた期間が長いカップル程、お互いに長所・短所がわかっています。別れ話が起こるまでに相当な気持ちのすれ違いが起きています。

④失恋した、恋人と別れたことを別れた相手もアカウントを知っているSNSやブログにネガティブな記事を投稿された方が別れた相手と再会できる可能性が低く音信を回復できずに修復不能になるケースが多いです。

⑤相手から別れを切り出されてから2通以上の引き留めたり謝る連絡を一方的にされたケースで音信の回復ができずに修復不能になるケースが多いです。悪いことをしたつもりがない、しかし無視されているという別れた後の関係性について重要視しています。別れた後で音信不通になられたケースは基本的に復縁についての活動のご相談に応じられないことを予めご了承下さい。

⑥共通の知人、友人が存在する場合や職場恋愛の場合は別れた後で音信が途切れるケースが少ないのですが、会話の積み重ねをされても2人で会うまでに3か月以上の時間が必要です。

⑦別れた後、友達関係に戻れたケースで恋愛を意識せずに本心の発言を心掛けることで恋愛関係に戻れるケースが多いです。詳しくは復縁体験談の事例をご覧ください。

⑧交際期間に相手に自身の過去の失恋のことで相手の短所や憎悪の気持ちについて詳細を話されてしまった場合、別れた後の連絡を無視されるなど連絡には応答しない拒絶意思表示をされ音信不通になり、応答が得られず関係は回復しないケースが多いです。

同棲を解消した

復縁したいならポジティブな会話をする

会う約束が出来た後の復縁につながる会話術について解説していきます。

復縁するためには再会できた時に過去の話題に触れ過ぎないように配慮が必要です。

未練や、寂しいという気持ちを伝えても相手には重荷と感じてしまいます。

まず、会う約束をする場合、会う場所や日時は相手に選んでもらうようにしましょう。そうすることで主導権を相手に譲歩する心理的な効果があります。また、相手に選んでもらうことでお互いに気持ちがリラックスできるという効果もあります。再会で待ち合わせをする場所としては、相手の生活圏内の日中のカフェ・喫茶店などが好ましいです。

会えるようになったらしばらくの期間は自分から告白する他ミングを待って下さい。元彼・元カノが今の気持ちを打ち明けてくれるまで告白のタイミングをじっくり見極めて下さい。

彼女への想い
MEMO

楽しい時間を一緒に過ごすことを優先すること。

過去の話題や別れてから寂しいなど復縁に関する発言は控えること。

相手の気持ちを思いやり、結論を急がないことで成功率が大幅に向上する傾向があります。

復縁するために過去の事よりこれから先のことを話す自分になることを目標にして下さい。

楽しかった思い出を語ったり悪かったところを直すと努力を誓っても無視されてしまうので伝える意味がありません。

もちろんそれが会えないまま次第に返事が遅くなるようなフェードアウトを防ぐポイントになります。

これから復縁を目指すなら、再会が実現したときに困らないように下記の3つを考えてから会いたいと伝えてください。

しつこい連絡は嫌われる

Q1:もし1時間会えたら、どんな話をしますか?

Q2:もし再会した日にお互いに会話に困って沈黙になった場合、何を話しますか?

Q3:もし再会した後で、「もう会えない」といわれたら、何と答えますか?

復縁できたカップル
この記事の著者プロフィール
復縁専科運営事務局・横山美咲
復縁専科運営事務局・横山美咲

日本心理学会認定・認定心理士。1991年東京都生まれ。血液型A型。大学・大学院の人間科学心理学科にて心理学を履修。 2016年より復縁専科のメール相談の分析と回答を担当。月間50件以上の夫婦問題と恋愛の復縁カウンセリングの業務に携わる。