夫から離婚を切り出される妻の特徴とは?離婚したいと言われたら返す言葉

夫から離婚を切り出される妻の特徴と離婚すると言われたら返す言葉について解説しています。

夫から離婚を切り出される妻の特徴

夫婦の性格の不一致が原因で夫との家庭内での会話不足だった傾向があります。夫に対して反抗的な態度を示すなど育児を優先した日常生活が普通になってしまい冷たい接し方が多い妻が夫から離婚すると言われてしまうのです。日常的に育児や家事の忙しさからイライラした態度を夫に見せていた女性が離婚危機に陥るケースが急増しています。

自分は悪くない、何が理由で夫から離婚を切り出されたのかわからない?離婚したいと思った夫の気持ちがわからないのです。

・結婚生活で夫に無関心

・夫との会話が少なくても不満は感じない

・夫に愚痴や文句を言うことがあっても感謝を伝えたり自分から謝らなかった

・夫の言葉を聞き流したり強く言い返す傾向がある

・日常的に夫の浮気を疑う傾向がある

待ってと頼む

夫から離婚を切り出される妻の共通点

夫から離婚を切り出される妻の一番わかりやすい特徴として相手の気持ちを思いやれない、つまり自分勝手な言動が多いなど対人形勢(人付き合い)に問題のある女性が多い傾向があります。

妻として夫に家族としての連帯感を感じさせられないなど家庭の居心地のことで夫に不満を感じさせていたなど、離婚を切り出されるまでの相当な期間、夫に我慢をさせていたケースが多いのです。

夫から離婚を切り出される妻には5つの共通点があります。

・自分の仕事や子育てが忙しくて夫との会話を避ける

・夫婦喧嘩の後で悔しくて夫を無視する

・家庭生活の不満は夫が原因と言って責めてしまう

・夫に感謝や謝罪の言葉を言わない

・夫の発言に対して言い返してしまう(喧嘩の原因になる)

夫から離婚すると言われた

夫から離婚を切り出された原因を知る

本気で夫が離婚交渉を進める覚悟がある場合、別居後に生活費のことや健康保険のこと、生命保険の受取人名義の変更など離婚に向けた手続きの交渉があれば夫が本気で離婚を迫っていると判断できます。

結局、夫が離婚を切り出すまでに何を考えていたのか?結婚生活で感じていたストレスのことや不満に感じていたことの原因を話してもらえるのか?離婚に応じる結論以外求めていないと言われた場合でもその場で夫の発言を否定しないで下さい。

流れとして離婚の方向に話しが進んでしまうリスクがあるからです。普段から夫との会話が少なかった、夫婦のコミュニケーション不足などパートナーとして考えが理解できない状況での離婚の決意を告げられても納得できないはずですが、既に別居状態の場合は今後の話し合いの実現について冷静に様子を見ることが必要になります。

夫から離婚を切り出された主な原因とは

①夫婦喧嘩の言葉や態度で怒らせた。

②結婚生活で性格が合わないと思わせた。

③面倒だから会話を避けていたら気持ちが冷められた。

④育児と仕事の両立が難しく夫を構わなかったら気持ちが冷められた。

⑤夫の浮気を追及したら逆ギレされて離婚を迫られた。

⑥日常的に家計のことで言い合いになった。夫の収入の少なさを批難したことで夫婦関係が悪化した。

夫から離婚したいと言われた理由TOP5

夫が信用できない

夫から言われた離婚したい理由とは?

1:育児・子供の教育のことで言い合いになり性格が合わない・価値観の違いが理由と言われた。

2:喧嘩の時に結婚して後悔していると言ってしまったら離婚を要求された。

3:夫から気持ちが冷めたと言われて結論を迫られている。(おそらく浮気を隠している)

4:一方的に夫が別居。離婚を迫られた。

5:家計・お金のことが原因。

統計として、夫が妻との【性格の不一致】を感じたことが一番多い離婚したい理由です。

ご相談をいただいた方の年齢層は30代前半から40代前半の方が中心でした。

夫と離婚回避できた理由 TOP5

夫が離婚を考え直した理由とは?

1:親族や職場への世間体を考えたから。

2:子どもの将来を考えて思い留まった。

3:謝られて許した。

4:妻への愛情があるから許した。

5:自分の浮気を清算したから。

男性が離婚を考え直した理由の多くは、親族や職場への世間体を考えたという傾向があります。

まだ話し合いができる状態であったり、だれにも相談できていない方は、まずは【離婚したくない!離婚回避へ向けた夫婦仲修復の具体策】を確認し、離婚回避に向けた話し合いに取り組みましょう。

夫に気持ちを伝えたい

旦那から離婚を切り出されたら返す言葉

夫が離婚をすると決めて、もう別れたいと思った心理を話し合いで聞き取って気持ちを理解してあげることが必要です。夫から離婚しないと言ってもらえたら慎重に家庭生活の平穏が継続できることを優先されて下さい。

MEMO
夫から離婚を切り出されたら返す言葉として「まだ話しを聞かせて欲しい。ちゃんとあなたの気持ちを大切にしたい」とお願いをして根気よく夫との話し合いを続けることが大事です。

離婚届にサインをしてくれたら本当のことを言う、すぐに不倫を解消するつもりなど、交換条件を出して来るなら?「考える時間が欲しい」と答えて即答は避けて下さい。

夫が弁護士などの法律の専門家に円満に離婚することについて相談をしているケースでは今後、離婚調停などで有利な方向の話しを進めたいからです。結果としてあなたが離婚に承諾する意思があった証拠をつくる目的で離婚届を書かせようとする男性が多いのです。

離婚危機になったら

夫から離婚を切り出された後の対処法

夫から離婚して欲しい、もう気持ちがない、夫婦関係の悪さが原因で仕事に影響している、愛情がないから支えられないと離婚を切り出された場合、どうして夫は離婚したいのか、本当の理由が知りたいとしつこく問い詰めをしないなど離婚を避けるための対処法を紹介しています。

夫から離婚を切り出された場合の対応

まず、なぜ離婚を考えたのかについて理由を冷静に尋ねて下さい。自分が夫に対して悪いことをした記憶がない場合でも知らず知らずに夫に不満を感じさせていたケースも考えられるからです。

夫の話しは言い終わるまでさえぎらずに聞くことを心掛けて下さい。夫は簡単には本音や本当の離婚したい理由を言ってくれないケースが多いです。

夫から離婚したいと言われた後でやってはいけないこと

夫の言い分を注意して聞き取って下さい。離婚を急ぐ事情を伏せているはずですが、「好きな人がいるの」など浮気を疑って問い詰めてしまわれる人も多いようですが逆効果になります。

妻からの日常的な言葉の暴力・精神的なDVが離婚したい理由と一方的に言われても言い返したり否定しないように気を付けて下さい。

夫が譲ってくれない

離婚を切り出した夫の気持ちを理解した接し方

夫が険しい表情で言い分を変えず平行線になった場合はまず、焦らず、責めるような感情的な言葉を向けないで下さい。

離婚には応じたくないと自分の修復意思をきちんと明確に伝えて下さい。

夫から離婚を切り出された後の接し方の注意点

離婚を声にされた後はしつこく引き留めたり、議論をして説得を繰り返さないで下さい。

妻からの言葉の暴力やセックスに関する不満を理由にしたい男性が多いのです。つい言い返してしまい、夫を責める言葉が原因で拗れてしまいます。そのまま家を出てしまわれて離れることを選択された場合、別居後に無視に陥る危険があります。

家事の事、家計の浪費のことなど夫の不満を聞くことが重要です。何度か謝っても改善しないことが理由で夫があなたに意見することが無駄と思うようになった可能性があります。

夫から離婚を切り出されたら

夫から離婚を切り出された本当の原因を知る

離婚したい夫の言い分で性格の不一致と言われることが多いのですが、男女では結婚生活についての考え方、不仲が続いて性格の不一致の実感が違います。結婚生活を続けても将来が見えない、毎日一緒にいても意味がない、このままの関係では夫婦生活のない関係(セックスレス)が続いてしまうと思うなど夫婦として考え方や価値観が合わないなど抽象的な言い分でも言い返えさないで下さい。

どんなに拗れても離婚問題のことで夫の親や親族に協力をお願いするなど巻き込まないようにして下さい。

夫から離婚すると言われた

注意
間違った問い詰め方で追及をしてしまうと事態を悪化させてしまいます。その後、夫に別居されてしまい後悔することになってしまいます。もう夫婦として破綻していると一方的に言われても焦らずに離婚したい理由が理解できるように冷静に夫の言い分を聞いて下さい。

夫から離婚を切り出された後でやってはいけないこと

あなたに離婚を切り出す前に夫は相当な覚悟をして離婚についての考えを打ち明けているのです。それまで優しい話し方をしていた夫の態度が急に変わった、それぞれの結婚生活での不満はあっても今まではお互いに日々の生活の中で妥協できていたはずです。

夫婦の離婚の危機はどちらかが我慢できなくなったタイミングで起きてしまいます。悪化させないポイントは売り言葉に買い言葉の言い合いを避けて冷静に言い分を聞くことです。

専業主婦の場合は離婚後のことを心配になります。実家に頼れない状況のケースでは今後の自分や子どもの生活や養育費・今後の教育や生活の費用のことが不安になるはずです。

熟年離婚の場合は一般的に離婚した後の自身の老後の生活の不安など夫への憎い気持ちや焦りで冷静に向き合えないと思いますが、まずは離婚したいと言い出した理由を尋ねて下さい。

もしも夫から夫婦として破綻していると言われたら?「離婚調停や裁判をしてでもお前と離婚する」、「お前とは終わっている」と言い切られたら反論せずに最後まで言い分を聞いて下さい。

努力していたつもりの家事について怠慢だったことが不満だった、幸せと思えないなどを理由にされてこれから先は一緒に暮らせない、将来がが考えられないと言われた場合、言い返しはしないように心掛けて下さい。

自分の発言は控える

夫から離婚を切り出された直後のLINEの送り方

夫からLINEで突然、離婚を切り出されるケースが多くなっています。話し合いが平行線のまま結論が出せない状態で無視されてしまう事態に陥ることがあります。

平行線で無視になったタイミングで夫からLINEで一方的にこのままなら調停の手続きをする、離婚弁護士を雇うなどの脅しを言われても「会って冷静に話しを聞きたい」と返信をするなど焦らない冷静さが重要なのです。

LINEで夫を説得する

夫から離婚を切り出された後の修復方法

夫から離婚を切り出された時に別居を予告された場合、本当に同居の継続が無理なのかを話し合う必要があります。

もしも夫が本気で家を出る様子でもこの際に生活費、つまり別居後の婚姻費用のこと、慰謝料や財産分与などのお金の話は最初の話し合いでは控えて下さい。嘘や言い訳の多い夫の言い分は離婚条件のことも含めて必ずメモに書き留めて対処されて下さい。

夫から離婚しなくてもいい、これからも一緒に暮らし続けたいと言われた後の向き合い方としては、結婚生活の不満について悩んでいた夫の言い分を聞いて気持ちを理解するようにして下さい。家庭内での夫の居心地の良さを具体的に考えて下さい。

注意
夫から家を出て行く、離婚すると言われてすぐに自分の生活のことを心配する交渉はしないで下さい。あなたから離婚を受け入れてもらえると誤解されてしまいます。離婚せずに解決するためには絶対にお金の話を最初にしないことが大事です。
夫の離婚したい理由がわからない

夫から離婚を切り出されても浮気を疑わない方がいい理由

突然、夫から離婚を切り出された場合、浮気なども含めてさまざまな理由が考えられます。特に夫婦喧嘩の後でも自分が悪いと自覚できない女性が夫から離婚を切り出される傾向があります。もちろん夫婦喧嘩で妻から意地の悪い言葉を向けられた夫はプライドが傷付いて「俺は悪くない」と思っているのです。

注意
離婚したいと夫から切り出された直後にいきなり夫の浮気を疑うような言葉は向けないで下さい。離婚したいと言われてすぐに夫の不貞行為を疑うような言葉は向けないで下さい。きちんと事実を確かめてから話すことを心掛けて下さい。もし浮気が怪しいと思った場合はしばらく様子を見てから慎重に話しをするようにして下さい。
浮気が心配で困ってしまう

夫から離婚を切り出された後で別居された場合のLINEの送り方

夫が家を出てしまい別居になった場合、夫婦間のLINEやメールでは浮気が原因と決め付けで責めるような言葉を送らないで下さい。

調停や裁判ですぐに浮気を疑われて辛かった、性格の不一致の証拠として悪用されるリスクがあります。

妻のモラハラが離婚理由と主張されてしまう前例が多数あるからです。

気持ちが一度離れた夫が冷静に話しを聞いてくれるまで時間が必要になのです。別居になった場合は、別居後の連絡をきっかけにして会って話すことが必要になります。

本当の理由は焦らずに冷静な話し合いを続けなければ聞くことができません。あなたが離婚に応じないと言い続けたことが原因で夫が法律の知識を主張して妻との金銭のトラブルを避けようとする心理を理解することが必要です。

LINEを無視された後の通話

夫の離婚の決意が強い場合の行動

夫が家に帰って来なくなり急に別居状態になった、LINEやメールで一方的に離婚を宣言するなど話し合いを避ける特徴があります。「一緒に生活することが我慢できない、嫌いだからもう無理」のような言葉を向けて来ます。

夫が会話を避ける態度

夫から離婚を切り出された原因が浮気の場合の解決策

夫の言葉や帰宅後の様子に違和感があった。離婚したいと言い出す時の様子が変だった?もし帰宅が今までは普通に夕方だった夫がここ最近、深夜帰宅になることが続いたこと、帰宅後の様子の変化が原因で夫の浮気が心配になりパニックになってしまい帰りが遅いことを理由に問い詰めてしまったなど妻の煩さが離婚を決意させた原因になっています。

浮気と決め付けて強い言い方で責めて夫を疑い続けていた場合は話し合いで一度はきちんと謝ることが必要です。まだ浮気を隠していると感じる確かな根拠がない状態で浮気を調べることは夫婦の関係を悪化させる原因になってしまいます。

実際に不倫を正直に認める男性は少なく、当然、離婚要求に不倫が関連していると感じる理由について冷静に判断が必要です。

喧嘩で別居

ご相談に心理カウンセラーが対応

離婚したい夫の心理についてチェックすることができます。

お気軽にご相談ください。

夫から離婚を切り出された後の修復事例を紹介

この記事の著者プロフィール
復縁専科運営事務局・横山美咲
復縁専科運営事務局・横山美咲

日本心理学会認定・認定心理士。1991年東京都生まれ。血液型A型。大学・大学院の人間科学心理学科にて心理学を履修。 2016年より復縁専科のメール相談の分析と回答を担当。月間50件以上の夫婦問題と恋愛の復縁カウンセリングの業務に携わる。