専科のロゴ





復縁相談で愛情が蘇る方法をアドバイス

願いを適えます
心理学に基づいて恋愛をやり直して結婚できる復縁方法をアドバイス。ご夫婦の離婚問題を修復するアドバイス。別れの心理を読んだ対話の方法で復縁できた具体的な経緯を成功事例で解説しています。恋人関係が別れに至るまでのメールやLINEの言葉から復縁したい相手が自己保身や遠慮で言えずにいた本当の別れの理由、離婚危機に至られた夫婦関係の悪化の理由と対処の方法を心理分析でご提示いたします。
想いを聞かせて
【アドバイスまでの手順】

頑張る
ご相談の手順

アドバイスが可能
お問い合わせ090-6519-1413 受付時間AM8:30~AM3:00
(番号は通知でコールをしてください) 深夜早朝も親身に対応いたしております。

メール送信フォーム
メール相談について
【お知らせ】
フォームからの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

当サイトはSSLサーバー証明書を使用し、送信データ等を暗号化しており、個人情報の保護に配慮いたしております。
未成年の方、22歳未満のご相談には応じられません。相手からの強い拒絶意思が向けられている等のストーカー行為に該当する。
言葉を向けてしまわれた方のご相談につきましてはお引き受けをお断りいたしております。
問い合わせ
メール送信フォームからいただいたデータは個人情報保護法を順守して受信から12時間以内にすべてを消去いたしております。
分析メールの送信後48時間以内にお返事をいただけない場合など送受信データのすべてを消去いたします。個人情報管理責任者:事業所概要に記載

しあわせのために
平成5年の創業以来、、25年で17000件を超える方々を幸せな復縁に導いた経験からご提示する(恋愛・夫婦問題共通)対話を維持する3つの「やってはいけないこと」
厳禁事項
①復縁したい相手を信用できず、実際に確認していない新規恋愛や浮気を疑い過ぎる方(疑心を向けること)
②復縁したい相手に正直に本心や事実を伝えない方(相手への虚勢・威圧、過信)
③焦りから復縁したい相手の気持ちや会社やお仕事の事情を配慮できない方、復縁したい相手への強い支配欲、粘着・恋愛依存、lineやメールの文面の重複や送信するタイミングや頻度を考慮する。

ご夫婦の離婚問題
離婚回避の方法

家庭内別居の修復

離婚問題の相談

離婚したくない話し合い

恋愛の復縁相談
潜在意識に作用する

別れた人は恋愛をやり直すべき相手なのか
恋愛を終わらせたいと決意した男性心理

失恋後の恋愛心理
謝罪を伝える

復縁成功の可能性を高める心理分析

ご相談の手順について:最初にメールによる14項目のチェックシートで別れに至るまでの経緯詳細についてのご質問をさせて下さい。気持ちの問題、別れ話の起因、恋愛の心の温度差、恋愛観や結婚観、ご夫婦の離婚問題の場合はご夫婦の不仲の理由を心理学の観点で分析して提示いたします。14項目のチェックシートでは復縁が成功する可能性の判定だけでなく、隠れている新しい恋愛、浮気なども判定できます。ご相談へのご回答のメールにて、別れた後の復縁までの具体的な連絡方法や伝達の論点、復縁の実現までの行動の方針、注意事項、伝えるべき内容についての解説なども提示いたしております。心理分析にて想定の期間と方法の想定案をご提示。恋愛関係修復についてのアドバイスの場合は「恋愛観分析」「対人形成分析」「心の温度差分析」ご夫婦の別居や離婚、不貞の問題の場合は「結婚観分析」「対人形成分析」「心の温度差分析」をご提示いたします。恋愛をもう一度やり直して結婚に至るための恋愛関係の復縁実現の可能性や離婚回避の可能性について心理分析いたします。

復縁成功事例を紹介

男性から女性への事例一覧

女性から男性への事例一覧

婚約破棄からの結婚事例一覧

謝罪lineの使い方
恋人と別れたり、離婚問題で別居をされてからずっと同じ言葉で謝り続けてしまう人は多いようですが、実は、取り繕いと誤解させる謝罪は信憑性の意味では「わかってない」と思わせて逆効果です。取り組みを開始するために心の温度差や性格の不一致、価値観の違いなど愛情が冷めた理由について別れの言葉から心理を分析して復縁したい相手の潜在意識にある愛情や未練、良い記憶に作用できる言葉の向け方をアドバイスいたします。別れた相手との恋愛経緯と別れた理由の特徴に合わせた向き合い方のアドバイスをいたしております。婚活パーティや婚活アプリで結婚を意識して出会い、知り合われた人、友達関係に戻ってしまった元カレ、元カノとヨリを戻して復縁するきっかけや恋愛をやり直すための会話方法を事例で解説。大切な人と復縁してもう一度恋人としてやり直したい願いを適えます。

関係修復への決意

復縁への2つの視点からの心理作戦

心理学に基づいたコンタクトによる2つの復縁方法とは?高い確率、可能性を高めるコンタクト方法で再会時の対話が成功する、別れた人ともう一度付き合うための別れた後の再会の実現へ『復縁への2つの心理作戦』別れて会わない間に変わったと思わせる別れた元カレ、元カノの別れの心理を察したアプローチの方法だから、結果的に相手の嫌悪や気まずさの気持ちを現実的に理解して別れの理由が考察できます。別れの心理を分析をしてから話し合いに向けての心構えや注意事項を作成しています。気まずくない向き合い方で恋人関係に戻します。「だと思う」「だと思った」という思い込み(自己判断、自分に都合の良い自己解釈・相手への過信)が失敗原因であることを解明でき、復縁の取り組みに「だと思う」(「彼は浮気をしないと思う」、「彼女は休日は外出して不在だと思う」「夫は義父母の言うことを聞く」、など)初期の分析・判定の段階から「だと思う」を徹底排除しています。現実を直視してお相手の実像と今現在の心理を判断基準にしています。
テニスの思い出
お付き合いが円満だった時期に共通の趣味やスポーツで時間を有意義に過ごせて価値観を共有できたことを「共鳴する出来事」「共有できた価値観」と呼びます。この共鳴を別れた後の潜在意識に残る楽しい記憶へ上手にアピールをして離れた気持ちを引き戻して、再会が復縁につながる会う意味、意欲を感じさせることができます。
自然消滅から恋愛をやり直す 成功事例
結婚できる

恋愛の気持ち
気持ちを考える、恋愛経緯と最後の言葉を分析して復縁を成功できる可能性を判定します。無視に至るまでの経緯から相手に連絡をするきっかけを見極めるなど、恋愛観やメール文章から別れの心理を的確に提示いたします。LINEの既読無視、LINEブロック、メールの受信拒否などの行動について、喧嘩や飽きられた理由など非を自分の力で考えてみて下さい。復縁したい相手からのLINEの既読無視の原因は執拗に別れを拒まれて長時間の話し合いを求められることへの煩わしさが理由です。拒否されたからとショートメール(SMS番号送信メール)やSNSメッセンジャーを使う方法が悪化を招きます。別れ話に納得してもらえないことを煩わしいと思わせています。話し合いが煩わしいと思わせた理由はあなたの交際時の甘え過ぎや恋愛形成に理由があります。

寂しい

別れた後の良好な関係の再構築で結婚が実現できる、応答を得て復縁の可能性を高める方法とは?心理的に有効な連絡の方法とは?恋人関係の危機を経て結婚に至れる方法の理由:正確な経緯分析による恋愛感情の「空回り」の完全防止を実現する方法です。交際時の思い出を手紙に書いて渡すなども空回りのひとつです。 再会デートでのファッションへの気遣いより、お互いに顔を見て気楽な会話ができる笑顔を重視で雰囲気の緊張や発言の遠慮、過度なリードにならない向き合い方が好ましいです。
心理を読む
別れを決意させた生理的嫌悪「苦手意識」を感じさせない潜在意識の未練、良い記憶に作用する応答を考えてもらうための言葉の伝え方とは?

仲直りできた

復縁したい願いを適える察する愛情

あなたと恋愛をやり直してから、元カレ、元カノから幸せと思ってもらえるための「人の心」を察する、別れの心理を察したアプローチ方法です。その人との別れの原因が元カレ元カノの感情的な理由か?生理的嫌悪か?倦怠か?メールでのご相談で別れの心理と関係修復できる可能性を提示いたします。 恋愛感情が維持できていた時期からの潜在意識の良いイメージを動かすための反省と謝罪、別れた相手のあなたへの好意・恋愛意識が蘇る方法です。この人と恋愛をして良かったと言ってもらえるような恋愛が結婚に至る想い、結婚があなたのゴールではなく二人のスタート地点と思える恋愛意識が必要です。きちんと尊重する恋愛から成婚できた夫婦愛が復活するきっかけの言葉は?「信じています」と言えるような信頼関係を構築する復縁方法です。
結婚が目標
お互いの性格の不一致、価値観の違い、生理的嫌悪や倦怠など複合した別れの起因から自覚していただくことから始めます。冷静な待ち方、現実を受け止める慎重さが大事です。「焦らない」「浮気を疑わない」ことが心掛けとして大事です。別れ話をされて焦ってしまわれて長文の想いを綴ったlineやメールが悪化を招きますので「冷静」を心掛けて下さい。もう一度、元カレ、元カノ、配偶者から再び愛される自分になるための進め方について相性も含めた心理面を中心にやり直す方法を解説をいたしております。

心で

復縁したい元カレ元カノの恋愛観と結婚観を分析

別れた彼女、彼氏、離婚問題の配偶者の苦手意識を受け止めて、気まずさなどを解決する、相手の気持ちがわかる。どうしてもすぐに会いたい、話したいという焦る気持ちを抑えて冷静になられて下さい。女性から男性へのアプローチ:別れたい理由を正直に言えずにいた理由、男らしく本音が言えない、など保身や駆け引きを察すること。男性から女性へのアプローチ:恋愛が結婚に至らないまま相手から別れを切り出された理由を理解することが必要です。言葉を聞き入れず、引き留めを急いで嫉妬心・独占欲、疑心や焦りから好きという気持ちを押し付けないで下さい。大好きとアピールし過ぎないこと、また付き合おうという返事や結果を焦らないで下さい。別れた直後の多くの相手はあなたの言葉から本心を読むことができます。むしろ、一度付き合った人からは容姿の魅力よりも内面の優しさが求められています。おすすめとして、自分磨きはまず内面、あなたの心から、です。
泣きたい

沈黙する冷却期間は相手への思いやり

別れた後の冷却期間という言葉を20年以上前に提唱したのは弊社です。当時、女性誌・青春出版社発行の月刊SAY2004年10月号の特集記事「復活愛」に掲載されました。(当方のカウンセラーがインタビューに答えています) 振られたり、喧嘩別れをした直後、しつこい連絡は逆効果になり生理的嫌悪や苦手意識を構築させる危険が高いのです。カップルなら別れた恋人を、ご夫婦なら不仲な状態の妻や夫をそっとしてあげる、無理に話し合いを求めないなど、仕事の都合も考慮した任意尊重の心掛けを行動で示すことです。
思いやりがわからない

復縁したい相手の心理を考慮したアドバイス

別れ話後に過剰なメール、lineを毎日送信したり、手紙の送り付けをされたり、職場付近や自宅での待ち伏せなど、悪化状態からでも有効な方法です。冷却期間とは相手の別れ話の拗れを警戒する心理を軽減し、ご自身も気持ちの問題について冷静に考える時間のことです。
冷却期間の目安

引き寄せの法則の解説
待てる

別れの心理を理解して自身の非を自覚する、恋愛依存を防止

心構えを構築する自分改革
平日のデート
「恋愛依存症」で彼氏に負担をかけていたのではありませんか?休日に会ってデートをしたばかりなのに夜間に帰宅後、「会いたい、寂しい」とlineを送り続けたり、冷たくされたり、返信が遅延しただけで浮気を疑い憶測で嫉妬の感情を向けて責めてしまう、彼氏の仕事の都合も考えず、平日の夕方に夕食の誘いのlineを連日送る、今なにしてると送る等の恋愛依存が原因の失恋が急増中です。相手の視点から自身を見て非を自覚する、別れた元カレの潜在意識にはあなたとの楽しい記憶だけでなく、責められた嫌な記憶が印象として残っています。別れるしか結論がなかった彼氏の心理を理解する。自己改革で彼氏を思いやれる自分に変わらなければ彼氏の苦手意識は払拭できません。
寄り添い合う

恋愛依存症の克服 成功事例

手をつなぐ   

ご回答につきましては、別れの言葉や無視に至るまでの会話内容について心理面の専門知識があり、アドバイスの実務経験が豊富な有資格者(臨床心理士資格、認定心理士資格者)の心理カウンセラー4名がご相談内容の心理分析とアドバイス案の作成担当をいたしております。  
分析をメールで提示

お見積りまでご相談と心理分析が無料

無料での分析提示の際にあなた自身で考えていただく課題を明記いたしております。参考例:再会して気まずくない会話について、相手の気持ちを理解するための心理学の観点からの恋愛意識の課題を考えて頂きます。Q1:もし1時間程度の再会ができたらどんな話しをしますか?Q2:もしも再会の直後から相手が無言のまま沈黙をされた場合、あなたはどうしますか?何を話しますか? Q3:もしも再会直後にもう二度と会えない、あなたはその瞬間にどうメールやLINEのお返事をされますか?
成婚を実現

別れた恋人との結婚を実現する心構え

別れた相手の言葉を受け止めて安心させる。理解してアプローチを行う、音信の回復交渉、引き留めのlineやメール送信と対話のアドバイスを行っております。結婚を信じていた恋人から突然に別れ話をされた場合、 動揺して焦って「別れたい」と言われたことを責めたり、「絶対に別れたくない」と感情的になってはいけません。感情を乱されたケースでは自身の短所を見せてしまい生理的嫌悪を与えてしまいます。しつこい印象を与えて縋ることで再会の可能性が下がってしまうのです。恋人から急に別れを切り出された場合は、無理にlineやメール、通話で引き留めない、1時間を超える長い話しやlineの過剰なラリー往復は厳禁、本心ではない言葉は伝えない、言葉を受け入れる返事をしないこと。二人の間で記載しなくても通じること(地名や名称)をline文面に記載しないことで粘着のイメージを変えることができます。
lineに返事が来た
別れた後で再会する上手なlineメールのテクニック 成功事例
待ちたい

弁護士さんなどの法律の専門家ではありません。離婚調停や裁判、不倫清算等のアドバイスなど弁護士法等の法律を厳守し法律的なアドバイスなどは一切行っておりませんのであら かじめご了承下さい。医療的なことについてご意見することなども法令でく禁止されていますので、法律や医学の見解が関連するご質問につきましてはご回答を一切をお断りしております。 
再会が実現

Copyright (C) 2018. All Rights Reserved.

;LastUpdate:2018/9/22