夫の浮気兆候のサイン?帰宅後の旦那の様子をチェックして見抜く対応

夫の浮気は兆候のサインは帰宅後の様子と行動パターンから見抜くことができます。浮気を始めた(浮気の初期)夫は仕事を口実にした言い訳をした瞬間の表情や不自然な嘘が増えることから気づくことができます。

夫の浮気兆候を帰宅後の様子で見抜く

夫の浮気を見抜く兆候のサインがあります。夫の帰宅後の様子から隠していることを見破ることができます。

夫が言えずにいる隠し事を見破る心理学のテクニックを解説します。夫の帰宅後の行動や発言の変化の特徴として浮気を隠している夫の態度は家に帰って来る前に寄っていたエリアのことや遅くなった理由など尋ねていないことを自分から早口で話し始めるなど違和感の前兆があります。

夫が不貞行為をして帰宅した場合はすぐに入浴をする、スマホを浴室に持ち込むなど疚しい気持ちから何かを隠そうとするのです。つまり疚しい気持ちの夫の変化として嘘を隠したいために一番わかりやすい帰宅時の行動から変化が起きる傾向があります。

夫の浮気兆候のサインは行動の変化

夫の浮気兆候のサインは行動が変化します。例えば、共有する時間が減り会話をするきっかけがつかめなくなった、無視して家庭内のコミュニケーションを避けるようになるなど夫婦関係が悪くなります。

突然の夫の性格が変わったように感じる、急に身だしなみに気を使うようになる、言い訳をしたり嘘をつくようになる、などです。

夫の浮気が悔しい

夫の浮気の兆候のサインを感じた後の対応

夫の浮気兆候のサインと不審な行動パターンに気づいたらまず、しばらくほっとく方が警戒されません。注意点としてしばらくは夫に何も言わず自分で冷静に注意しながら夫の様子を見て下さい。

あなたに浮気を疑わせないために油断させる目的で外泊や深夜帰宅を避けたり、家庭内でスマホが鳴らないようにする、スマホに触らない、家事や育児・子育てに協力的な態度を続けるなどを普通を装います。

妻から絶対に浮気を疑われないために夫婦間のLINEのメッセージに自分の仕事の予定などを書くようになります。理由は安心して浮気相手と会うために疑われないようにするのです。

夫の浮気の兆候を感じたら

夫の様子からどうしても浮気が怪しいと感じても「好きな人でもできたの?」と確証がないのに勘だけで問い詰めてはいけません。

夫の冷たい態度を責めるような言い方で浮気を疑う内容の言葉を向けたり意見せずにしばらくは様子を見て下さい。

同じ言葉で責め続けても警戒させるだけで事態を良くする意味がありません。

夫の言い訳から嘘を自白させる

夫の浮気調査を探偵に依頼する前に自分でチェックできること

もしかして夫が浮気をしているかもと思ったら?浮気をしている夫の行動を調べるために探偵事務所・興信所などプロに浮気調査を依頼される前に大切なことがあります。夫の浮気未遂を含めて何点か異変の兆候について自分で確認することで確かな証拠をいっぱい見つけることができます。

夫の浮気について高い費用を払って探偵に尾行など、調査を頼んで不倫の証拠を集めることを検討する前にまずは自分で夫の帰宅後の様子に問題がないのかを注意深く冷静に観察することをお薦めいたします。この状況で浮気調査をしても簡単に証拠を掴むことができないです。夫の異変を察知されたらまずは問い詰める前に数日は様子を見て下さい。

不倫の証拠は現場の写真がなくても追及できます。根気よく問い掛けて浮気を弁解できない状態で話し合うことで優位に話しができます。

浮気を見抜く

浮気をする男性の傾向とタイプとは?

浮気は遊びと考えている男性が多いのです。浮気をしやすい夫の特徴として、寂しがりで常に誰かに構われたい、承認欲求から認められたい願望があり、言い訳が上手ですぐに反省していると言う癖がある、人柄として社交的、寂しがり、以前から自分の自慢話が多い、高学歴で友達が多い、職場では立場が上、時間や金銭面である程度の余裕のある人です。

夫の浮気相手が元カノだった場合は上手に隠されてしまう理由

元カノや同級生が浮気相手の場合は相手女性がバレないように相当に気を遣いますので夫の様子の変化がわかり難い特徴があります。週末に仕事を理由に外泊や深夜帰宅をした後で何事もなかったような態度でセックスを求めて来るなど浮気を疑われないように振る舞う傾向があります。

帰宅後の夫がスマホを操作している

妊娠中の浮気は遊びと旦那から言われたら許す?

自身が妊娠中に実家に里帰り出産で不在にした時期に浮気されていた場合、「遊びのつもりだった」「寂しかった」という言い訳をされることがあります。遊びのつもりでも家族生活が続けられない事態になるようなパートナーとして信用できない裏切り行為です。話し合いでは絶対に言い訳を許さない向き合い方が必要です。

妊娠中の浮気

夫の浮気兆候のチェックリスト

夫の日常の行動から浮気を見破るためのチェックリストを公開しています。15のチェックリストのうち3つ以上が旦那の最近の行動に当てはまるなど該当した場合は浮気を疑う言葉を向けずに1カ月くらい夫の言動について様子を見て下さい。

①スマホの扱い方が変わる?受信を意識している、在宅時はスマホの電源はオフにしている、ロック解除のパターンやパスワードを隠そうとします。ロックしていなかった夫が携帯電話・スマホをロックするようになった。

②旦那が週末や休日予定を言わない。答えない。

③家族、妻との休日の約束を避ける。特に連休期間の家族旅行の話しを避ける。

④在宅時の夕刻や夜間に家族とテレビを一緒に観なくなる。

⑥家庭内で気を緩めた時の口調が今までと違い優しい。軽い言葉が急に出るなど違和感が起きる。

⑦就寝時の寝言の口調や語句の違和感。または仕事を理由に寝室を別にしたがるなど就寝場所の変化。

⑧服装、持ち物の趣味の急な変化、帰宅後のワイシャツの襟・胸元付近の匂い、胸元や腕に付着した化粧品

⑨就寝時間の変化、夫が深夜まで就寝せずにリビングにいる。

⑩音楽や映画の趣味の変化。

⑪聞いていないことを自分から積極的に言い訳のように語り始める。

⑫上から目線の発言が多くなる。

⑬話しかけても問い掛けを聞き流す。

⑭帰宅の際にシャツや上着に香水や化粧品の匂いが付着している。

⑮靴や靴下に気配りするようになる。

夫の浮気の兆候として帰宅後の態度が変わるポイント

幸せな家族生活が続いていると本気で思っていた。浮気を伏せている男の行動パターンは変化します。夫婦生活から異変を感じるケースが多い様です。帰宅後の夫の様子が変わるポイントがあります。家族が一番大切とアピールする傾向があるのです。

帰宅後すぐに入浴する、シャツやパンツを自分で購入したり、帰宅後に自分で洗濯機に入れるようになるなど、疚しいことを隠そうとする今までとは違う動きが起きます。

これまでは無防備にリビングに放置していた携帯・スマホをロックして自分の手元に置くようになったり、カバンや上着のポケットに隠すようになります。特に夜中の電話に出なかったことで浮気相手の女性を不安にさせて怒らせてしまくことを怯えています。

夫の浮気の兆候を感じたら帰宅時間の変化はメモに残す

夫の様子がおかしいから浮気をしていると決め付けて悩み過ぎないで下さい。夫は嘘がバレるとは思っていません。言い訳をしても失敗しない自信があるのです。夫の言い訳を全部覚えることは難しいので随時、日付と一緒にどんな言い訳をされたのかをメモに残すようにして下さい。

MEMO
夫が帰宅する時間が普段より遅くなった理由を「急な残業」「同僚との飲み会」など、どう説明してくれたのかを毎日メモされて下さい。浮気相手と土日よりも平日の夜間を一緒に過ごす男性が多い傾向があります。夫が相手に自分は独身と嘘を言って浮気をしている場合、不貞行為に負い目がありませんので、帰宅が遅くなったり、外で食事を済ませて帰って来るなど不自然な行動に至ります。特に急な残業を理由にして深夜帰宅が増えるなど、夫の行動パターンが変わります。
夫を問い詰めると離婚原因になる

夫の浮気を帰宅後の行動から見抜く

夫の浮気はいくつかの兆候のサインをきっかけにして見抜くポイントがあります。

浮気相手から「奥さんにバラす。ホテルで撮った画像や動画を送る」など自分の家庭を壊す前提の脅され方を避けたいなど、常に警戒して不安なのです。

浮気相手から「もう会いたくない」と愛想を尽かされたくないなど別れ話のトラブルを恐れています。スマホをいつも肌身離さず家庭内で浴室やトイレにまで持ち歩くなど異変が感じ取れます。

浮気を隠そうとする夫の行動には特徴があります。帰宅後の行動は変化しなくても言葉遣いなどが微妙に変化します。浮気相手と男女の関係になってから女の影響で服装やおしゃれに気を遣うだけでなく趣味嗜好の変化や言葉遣いが一番変化します。

急に夫の下着や靴下、衣類が新しくなった、数日の外泊の後の衣類の匂いや洗濯の痕跡(匂いやアイロン)、車の室内の残置物があるか異常に清掃ができている、カーナビのメモリー履歴、検索や走行経路データの全消去、不審な遠出の履歴など。そのようなカーナビから浮気の兆候のサインを感じても夫を追及せずに証拠を集めるつもりで少し様子を見て下さい。

夫が連絡もなく急に無断外泊をして会社の飲み会で飲み過ぎた同僚がいて終電を逃したと言い訳をするが細かく話してくれない。朝帰りについて今夜は戻れない理由を事前の電話やlineもなく何も言わないなど浮気をしているサインです。

終電を逃したなどが理由の無断外泊の回数が多い曜日など行動パターンに特徴があります。

浮気を見抜いての嘘を言う夫

①帰宅後の夫の様子の変化

夫の帰宅時の態度の変化、帰宅直後から夫が積極的にたくさん話し掛けて来て機嫌を覗おうとする、または帰宅後に入浴を急ぐなど行動のパターンや態度の変化。口数が多いのに私の目を見て話そうとしないなど距離を感じる会話と感じた場合。

帰宅してすぐに入浴

②尋ねていないことを積極的に語る

今までは休日の予定を事前に伝えることはなかった夫が急に予定を話してくれるようになった。日常会話で自分から尋ねていないことを夫が積極的に語る。聞いたことのない学生時代の友達の話題を話すようになるなど会話に異変が起きます。

③仕事理由での深夜帰宅や休日出勤

今までになかった仕事を口実にした深夜帰宅や夜間のline未読スルーなどの行動パターンの変化が起きます。休日出勤が増えたことや接待ゴルフや遠方への出張を理由にして週末は不在になるなどまさかと思わされるような行動パターンへの変化が起きます。

夫の嘘が許せない

④無断外泊や休日の不在を告げる時に仕事を理由にする

無断外泊や休日の不在理由を出張や休日出勤など仕事を口実にする。特に浮気相手と婚活サイトや合コン、独身で関わりの薄い遊び仲間の友人の紹介で知り合っている場合に自分が既婚であることを言っていない、独身ではないことを伏せている場合は浮気相手の女に自分が既婚者とバレたくない、トラブルを避けようとする理由で浮気相手との週末のデートや旅行を優先する傾向があります。

⑤スマホの使い方・文字入力の予測変換に要注意

最近夫がスマホを隠れて操作する。または家庭内でスマホの電源を切っている。頻繁に誰かとやり取りしている。スマホを触ったらlineの文字入力画面の予測変換で普段は使わないキーワードが表示された、SNS・FacebookのメッセンジャーやLINEの文字入力操作画面を確認して下さい。

夫の帰宅後の行動が怪しい

⑥車に変化【車内の変化・カーナビの履歴とドライブレコーダーのデータ】

車内に浮気相手の女の残置物がある(自分と異なる女性の髪の毛・毛髪、助手席の座面・足元のカーペットの痕跡、座席下に落ちているアクセサリー類)

普段は行かない地区のコインパーキングのレシートをコンソールボックスに残置。

1週間・1ヶ月の走行距離が通勤だけとは思えない増え方をする。

カーナビの検索、走行履歴(普段は行かない場所に休日に行っているなど)不審行動を把握できます。

検索履歴の全消去。または日常生活で行かない住宅地、観光地などの履歴がある。

ドライブレコーダーのメディアデータを確認して下さい。

履歴のデータの中に不審な走行場所、不倫相手を同乗させた証拠を見つけることができます。

カーナビの履歴を探す

⑦夫の財布の中の変化

夫の財布の中身が普段より少し多い、領収書やレシート・クレジットカード利用明細などが高級なレストランや飲食店で2名様分の食事の利用とわかる、普段は夫が行く機会のない地区のお店を利用しているなど財布の中身から浮気の根拠が発見できます。

知らないふり

夫の浮気兆候をスマホから見抜く方法

夫の本音は浮気相手とのLINEを見られたくないのです。

怪しまれたくないからカバンやポケットにしまい家庭内で操作しない特徴があります。しかしLINEトークに非表示で浮気相手とのLINEが隠れていることがあります。

夫のスマホが怪しい

怪しまれずにスマホ・携帯から浮気の形跡を探す方法

怪しまれずに夫の携帯をチェックする方法として、夫のスマホ・携帯がロックされていない場合は、夫の入浴時に3分以内で、夫の就寝時に5分以内でline履歴、登録されているアカウント、出会い系や婚活アプリのアイコンがないかを確認されて下さい。

同僚とのグループLINEを見るだけでも夫の日常の行動や考えていることを見抜くことができます。

夫が浮気相手とlineしている

夫の浮気兆候を見抜く対処法のまとめ

夫の浮気が怪しいと思ったらまずは何も言わずに様子を見ていただくようにアドバイスいたします。夫の不貞行為を厳しい言い方で追及する手段は気持ちが離れてしまい、離婚のリスクが高くなるからです。

夫の浮気が疑惑が確信に変わったら?夫の行動、不審行動の理由が浮気の確かな証拠と言えるなら言及するためには言い訳をさせない証拠・根拠を示す話し合いが有効です。離婚をせずにこれから夫との関係を再構築することを考えて下さい。

スマホに浮気の証拠

有資格者の心理カウンセラーがあなたの悩みに寄り添って相談を受けさせていただきます。

お気軽にご相談ください。

この記事の著者プロフィール
復縁専科運営事務局・横山美咲
復縁専科運営事務局・横山美咲

日本心理学会認定・認定心理士。1991年東京都生まれ。血液型A型。大学・大学院の人間科学心理学科にて心理学を履修。 2016年より復縁専科のメール相談の分析と回答を担当。月間50件以上の夫婦問題と恋愛の復縁カウンセリングの業務に携わる。