別れ話を保留する期間は1週間が目安?その後の男性心理への対処法とは

別れ話を保留する期間は?別れを保留して一週間で別れない結論をお願いする復縁テクニックがあります。

別れたいと言われた後の1週間の男性心理の変化について紹介しています。

別れ話を保留する期間は1週間が目安

別れ話を切り出した彼氏の気持ちが今すぐに変わらないなら少し時間を置いてもう一度話す方が答えが変わる可能性があるのです。彼氏から別れたいと言われたら責めたり、無理に引き留めようとして困らせないで下さい。

LINEで一方的に別れを伝えられた場合は無視せずに必ず別れ話を保留してもらうために返事をして下さい。

別れ話をされた場合、喧嘩が原因ではない限り、別れ話をされたら返事の猶予をもらい、保留期間一週間を置いて下さい。

彼氏から別れたいと言われてもまだ別れていない状況でも1週間は短いと思うかも知れませんが手遅れにならないために時間を空け過ぎないことが大事です。

別れ話の後で話し合い

別れ話を保留する期間が1週間の理由

将来の結婚も想定していたお付き合いだったはずが急に別れたい、好きじゃないと言われて怒りたい気持ちは理解できますが、怒らずに冷静に別れを保留して考えることが必要です。

別れ話をされて困らせてしまうような責め方で引き留めすぎると無視されます。うまく別れを聞き入れて下さい。

元彼と別れた後

別れ話を保留してそっとしておく1週間の効果

別れ話を切り出されたら落ち着いて相手の言い分を聞いて疑問に感じることはその場で質問することが重要になります。

別れ話に動揺して責めてしまうと彼氏があなたをかなり怖い性格の女性と認識してしまい完全無視など避けられる状態になってしまい修復不能になります。

彼氏に別れたいと言われたら考えさせてと保留する方がいい理由ですが、このまま恋愛の関係としては離れて、先々で大切な相手と恋愛をやり直すチャンスを待つ方法がお互いの心の負担が軽減できる彼氏との向き合い方です。

元彼の無視が理解できない

別れ話を引き留めるより保留してもらう方がいい

引き留めようとして駆け引きせず、良い別れ方という印象を与える方が先々まで音信を維持できる恋愛術となります。

彼氏から別れたいと言われてショックだった場合、無理に引き留めようとして話しをしない方が別れない結論に至るパターンが多いのです。一週間くらい保留できた期間の効果で彼氏から別れ話を撤回してもらえる可能性が高くなります。

別れ話を保留することが復縁には大事な理由

今すぐに話しても彼氏との別れを避けようとして引き留める説得をしても平行線の言い分になってしまいあなたの短所を見せてしまうだけです。

カップルとして良好に付き合っていて急にあなたと別れたいと思わせた理由は?絶対に別れを聞き入れた後は彼氏のFacebookなどSNSのメッセンジャー機能を連絡手段に使わないで下さい。

お気軽にご相談ください。

別れ話を保留して1週間待つ効果

すぐに別れ話を決着させるのではなく、保留して1週間待つことでお互いに冷静に考えることができるメリットがあります。

心理面では1週間待って話す方が考え方が落ち着いているはずです。先々での仲直りを前提での別れたい理由を理解するなど相手の気持ちを聞き入れる姿勢が必要です。

失恋から友達関係を維持して別れた後もLINEやメールができる関係に落ち着くことが結果として復縁に有効です。

不安でもしつこく連絡しない

別れたい気持ちを理解するために1週間の沈黙が必要

別れたい理由が聞き取れた場合は、交際の継続についてお互いの気持ち、信頼関係の問題です。結論を出す主導権は実は彼氏だけにあるのです。

このまま一緒にいても辛いと言う理由でカップルとして別れる可能性は高いのです。

今は離れることで彼氏に考える時間を与える話し方があなたの印象を好転させるきっかけになります。おそらく将来の結婚など現実的に彼氏が考えたこと、重荷を実感されたことが起因のケースが多い様です。会話でも彼氏が積極的にあなたに自分をわかってもらおうとした意欲があったかなども関係します。

別れ話の保留は復縁が目的

別れ話を切り出された直後で別れたくないと言ってどんなに説得しても彼氏は聞いてくれません。

彼氏から突然、別れ話を切り出された場合、一週間の保留の期間を置くことをおすすめいたします。別れ話を保留して彼氏が考え直す可能性があります。

別れ話を保留できた

別れを保留した1週間で復縁できる?

彼氏からの急な別れ話、失恋の予兆のタイミングでのお友達への恋愛相談では相手があなたの話しに偏ったアドバイスをしてしまいます。

しっかり言い分を聞いて保留した期間として短くても、今すぐに話しの結論を出さずに1週間はそっと静観してお互いに気持ちを落ち着かせることが大事です。

別れ話をされたことについて感情を乱して責めたり、焦って駆け引きのつもりで心にもない失言をしないために別れ話を保留して返事は1週間待ってもらって下さい。別れた元彼とは異なり別れ話を切り出したばかりの彼氏には保留した効果が感じられるケースが多いのです。

別れ話が喧嘩の後なら1週間保留する

彼氏と喧嘩になっていなくても気持ちの擦れ違いや言葉の解釈が原因で彼氏を怒らせてしまうケースがあります。

特に結婚が前提で婚活で出会った彼氏の場合、新しい出会いがあり、次の恋を育む目的であなたを納得させて別れたい?別れようと言って激怒される、泣かれるなどあなたと最後に向き合うつもりで別れ話をしています。

喧嘩をして彼氏から別れ話をされた場合は1週間保留する理由として、もし喧嘩をして彼氏を怒らせてしまったら?今すぐに説得すると感情的にさせてしまいます。そのため、彼氏は今すぐに別れて安心をしたい気持ちになっています。ですから彼氏を怒らせた場合は連絡を1週間控えて沈黙して下さい。

彼氏から別れようと言われたら返事をした方がいい理由として、これまでに前カノを振った経験から別れたいと切り出したことで怒らせると思った、別れ話をしたら絶対に泣かれると思った、他に好きな人ができたのかと責められると思ったなど少し慎重に判断をされたはずです。

別れ話を保留したいなら彼氏の気持ちを理解する

あなた自身に非はありませんか?結婚願望を声にして負担をかけていませんか?あなたへの重荷観、性格の不一致など彼氏が感じて言えずにいる彼女としてのあなたに対する違和感の原因と理由が存在します。あなた自身が交際姿勢を見直す必要があります。

1週間待っても別れるという答えが変わらない場合は、一度、電話で話すか、会って話して別れを聞き入れて下さい。

別れ話を保留したい

別れ話を保留したら1週間連絡しない

別れ話を切り出されて一週間が過ぎて彼氏から連絡がない。連絡しても返事がない場合は自然消滅と異なり、彼氏が別れたいことをあなたにきちんと伝えて、交際を終わらせることについて話し合いができたことが大事だったのです。

しつこく連絡せずに最低でも1ヶ月くらいはそっとしてあげて下さい。その連絡をしない時間が彼氏のための保留の期間です。あなたへの愛情、譲歩、敬う気持ちなど誠実さを受け入れて下さい。

別れ話を1週間保留した後の連絡方法

彼氏の別れの決意を理解する聞き方があります。別れ話を切り出された理由を冷静に考えて下さい。lineを無視されないことが大事です。そのため短くわかりやすいLINEを送って下さい。

しつこい連絡や長文のLINEでは無視される原因になります。自分が彼氏からやっぱり本当に嫌われたのか?飽きられたのか?なぜ別れたいと思わせたのかを自覚することが大事です。

別れ話を保留して1週間で復縁できた女性の対応

別れ話の後の無視など自然消滅で連絡を急に無視したり、振られるようにわざと別れを切り出してもらうために冷たい対応をするケースが多く、男の人が逃げずに別れを切り出すことは珍しいのです。別れたいと迷い始めて揺れている状態で無理に彼氏に追い縋らずクールダウンのための1週間で修復を実現します。

恋愛相談よりも彼氏の男性心理の理解をする優しさ、上手なlineやメールの活用方法で別れた後でスムーズな音信の回復が期待できます。しつこく説得するline文面は厳禁です。LINE無視からlineのブロックに至るケースがあります。

別れ話を聞いてまず3呼吸は発言せずに落ち着くことが必要です。テクニックとして言い返さず、彼氏の発言は言い終わるまで遮らずに聞いて下さい。

別れ話を保留した後で

別れ話を保留した後の対処法

彼氏から別れたいと言われたら1週間を目安に保留をお願いして下さい。もう別れたいと決意した彼氏が直接あなたに別れ話を切り出すまでに悩んだはずです。別れ話を保留できずに別れることになってその後の連絡を無視されたらしばらくは自分から連絡を控えて下さい。彼氏の男性心理が3ヶ月を過ぎてからが未練を感じ始めるタイミングです。

復縁事例を紹介

この記事の著者プロフィール
復縁専科運営事務局・横山美咲
復縁専科運営事務局・横山美咲

日本心理学会認定・認定心理士。1991年東京都生まれ。血液型A型。大学・大学院の人間科学心理学科にて心理学を履修。 2016年より復縁専科のメール相談の分析と回答を担当。月間50件以上の夫婦問題と恋愛の復縁カウンセリングの業務に携わる。