復縁するために冷却期間はどのくらい必要?目安と効果的な過ごし方を紹介

復縁のための冷却期間はお互いの気持ちを落ち着かせるために必要な時間です。別れ方ごとの冷却期間の目安、効果的な冷却期間の過ごし方、その後の連絡方法について心理学に基づいて詳しく紹介しています。

目次 表示

復縁するための冷却期間とは

復縁するための冷却期間とは別れた恋人と復縁するための準備の時間です。お互いに少しの間、離れることで気持ちを落ち着かせる心理的な効果があります。

距離を置いて日常の生活の中で自分の感情を整理し、冷静な状態で復縁に向けて準備を進めるための大切な期間です。

この期間は、一度感情の整理をすることで、冷静に相手と向き合うことができるようになるのです。

冷静になるためには、友人や家族との時間を大切にし、新たな趣味を見つけるのも良いでしょう。

自分の気持ちや相手との関係性を振り返る時間を持ちましょう。

冷却期間を置くことで冷静な状態で相手との関係性を振り返り、失敗した点や改善すべきことを考えることができます。

この準備期間をしっかりと過ごすことで、より確実な復縁の道が見えてくるはずです。

別れたら冷却期間が必要

復縁するために冷却期間が必要な理由

別れ話でお互いに感情的になって疲れてしまった2人の気持ちを冷静にすることが目的です。

別れた原因にもよりますが、別れ話の時に相手に対して強く責めてしまったり、重たい雰囲気のことも影響して、別れた直後は相手にとってあなたのネガティブなイメージが強い状態にあります。

別れてから一定の期間、連絡をしないこよで相手にとってあなたへの不満などネガティブなイメージを軽減することができます。一定の時間を置くことでお互いに冷静に話せるようになり、復縁できるチャンスをつくることができるのです。

冷却期間の主な効果とは?

・冷静になることができる

・考える時間をつくることができる

・ネガティブなイメージを消すことができる

・相手が別れたことを後悔する効果も期待できる

彼氏にlineを送りたい

冷却期間の効果で復縁の可能性が上がる

冷却期間の効果で復縁の可能性を向上させる心理学のテクニックについて解説します。

別れた相手と復縁を望むなら距離を置いて一切連絡と取らない方がいい理由は心理学のタイムアウト効果に基づいた考え方です。

冷却期間で沈黙することは、さまざまな男女の関係を良い方向に修正できた前例があります。心理的に落ち着かせる高い効果が期待できます。

カレンダーの画像

復縁のための冷却期間の目安について

冷却期間の目安はカップルごとの別れ方の状況によって変わります。

どんな別れ方をしたのか?自分から振ったのか、振られたのか?相手に他に好きな人ができて別れることになったのか?

別れた理由とそれまでの付き合い方によって冷却期間の設け方が異なります。

冷却期間の目安は、別れ方や相手との関係性によって異なりますが、一般的には1ヶ月から3ヶ月程度の期間が目安です。

たとえば、結婚を前提とした長期間の交際を経ての別れ方をしたのであればお互いの感情を整理するための時間として3カ月よりも少し長い方が効果的なのです。

復縁に必要な冷却期間はカップルごとに違う

冷却期間の目安は二人の性格や別れた理由などで変わってきます。

復縁専科では、心理カウンセラーが別れた相手の心理をチェックした心理分析から適切な冷却期間の目安を提示することが可能です。

しつこく連絡しない

喧嘩別れからの復縁を望む場合

喧嘩別れからの復縁は、お互いに感情が高ぶっている状態で再び関係を修復することが難しい一方、喧嘩をきっかけに再度お互いの気持ちを確認できる場合もあります。

お互いに冷静になる時間をとることが大切です。感情的な言動を避け、双方が落ち着いてから謝罪を伝えて話し合うことで、前向きな展開につながる可能性があります。

喧嘩別れから復縁を望む場合、相手の気持ちを理解して下さい。

相手からあなたとまた付き合ってもいいと思ってもらうために自身が改善するポイントを見つけることが重要です。

喧嘩の原因が深刻なものである場合は、復縁に向けて十分な時間をかけることも考慮すべきです。喧嘩別れからの復縁は時間と気持ちの整理が必要なため、焦らず慎重に進めることが大切です。

上手なLINEの送り方

別れて1ヶ月以内の冷却期間が適しているケース

1ヶ月以内と短い冷却期間が適しているのは、お互いに35歳未満でお付き合いの期間が6ケ月以上あるカップルで、まだ気持ちがあるケースです。

例えば、喧嘩で感情的になった勢いで別れた、別れても頻繁に連絡をとるなどが考えられます。

別れた後も気持ちが続いているため、短い冷却期間でもスムーズに復縁できるでしょう。

復縁の告白

別れてから3カ月から半年の冷却期間が適しているケース

3ヶ月~半年の冷却期間が必要になるのは、気持ちの重さによって振られたり、マンネリ化や環境の変化があったりと、明確な理由がある場合です。

相手から振られた場合、相手の気持ちが完全に落ち着くまで、3ヶ月程度の冷却期間が必要でしょう。

価値観の違い、喧嘩が長引く、話し合いで別れたといった場合、3ヶ月以上は様子を見てください。

特にお互いに結婚を意識したお付き合いをしていた場合、価値観の違いは大きな問題となります。

最低でも3ヶ月以上の期間をおきましょう。

彼氏は電話でも冷たい

別れてから1年以上の冷却期間が適しているケース

1年以上という長い冷却期間が必要になるのは、お互いに30歳未満のカップルで結婚についてきちんと話しができている状態で別れたケースやお互いに30歳未満のカップルで相手に新しい交際相手がいるケースです。

長い冷却期間の間に、努力を重ねて自分を変えていきましょう。1年を経て悪い印象が薄れた頃に再会すれば、以前と変わった印象のあなたに興味を持つはずです。

悪い部分を改善し、成長した自分を見てもらえれば復縁の可能性が高まります。

復縁してから結婚を目標にする

振られた後の冷却期間について

振られて別れた後の冷却期間は復縁を成就させる上で非常に重要な要素です。お互いに頭を冷やして冷静になることで、自分の本当の気持ちを実感し、人恋しさや寂しさから復縁しやすくなります。

特に男性相手の場合、冷却期間に連絡を絶つことで未練や後悔を感じ、復縁の成功率がアップするようです。

以前の悪い印象も変えられるでしょう。

自分の悪い部分は無意識のうちにやっていることが多いため、自分を変えるには十分な時間が必要になります。

ただし、冷却期間はお互いの気持ちを冷静にするメリットがある反面でしばらく連絡をしていない期間で相手に新しい恋人ができたり、自分の気持ちが冷めてしまったりするなどのデメリットがあることを把握しておきましょう。

既読表示でも返信がない

振られた時に彼氏から「嫌いになったわけじゃない」と言われたら

「本当に嫌いになったわけじゃないけど、どうしても別れて欲しい」と言われて振られた後の復縁方法について解説します。

別れた相手との関係を見直す際に重要なのはまずは「嫌いになったわけじゃない」という言葉を信じて、一定の期間を置くことが必要です。お互いの感情が落ち着き、復縁できる確率が高まります。

この期間はお互いの距離を置くことで、新たな視点を得るチャンスです。

別れを選んだ本当の理由を知ることは、復縁を考える上で非常に重要です。


相手が別れを選んだ理由についても理解を深めることが重要です。相手の視点からじっくり考えることで、新たな気づきが得られるかもしれません。

寂しい気持ちになる

振られた後の冷却期間がいらないケースもある

振られた原因が何であれ、振られてから復縁するまでは時間が必要なことが一般的ですが、実際には振られたり別れてすぐに相手に連絡して謝ったり、音信不通になってしまう前に少しでも自分の気持ちを伝えるなど、相手と話しをした方が手遅れにならない失恋のパターンが多く存在します。

マッチングアプリや婚活で出会った相手との復縁はかなり難しく、別れた後の連絡に返事がないというケースが多いのです。

お付き合いをして3カ月未満のカップルが些細なケンカで別れ話になったケース、お互いに25歳未満のカップルなどではすぐに連絡をした方が復縁に至れる可能性が高くなります。つまりすべての復縁に冷却期間が必要とは限りません。

ご相談をいただく案件の70%以上の失恋には冷却期間を置くことが逆効果になってしまう別れ方なのです。

お付き合いの期間が6カ月以上のカップル、お互いに幸せになることや結婚についての価値観の違いが原因で別れ話になったカップルなど、想い入れのあったカップルが別れたケースでは冷却期間の効果が期待できるのです。

別れ話をされたら?

復縁につながる冷却期間の過ごし方とは

冷却期間は、自分自身と向き合う大切な時間です。別れ話の時に相手から嫌われてしまったと諦める前にもう一度好きになってもらえるにはどうすればいいのかについて考えて下さい。

感情の整理をするために、心に余裕を持つために、自分自身と向き合う時間を持つことが大切です。

ゆっくりと自分の感情に向き合い、冷静な状態で次の一歩を考えることができます。

また、友人や家族との時間を大切にしましょう。気持ちが安定して冷静になることができます。

冷却期間には、反省の時間も大切です。失恋の原因を冷静に分析し、自らの成長につなげることで、今後の関係性を良い方向に導くことができます。

冷却期間はただ過ごすだけでなく、新たな自分と向き合うチャンスでもあります。

元彼を待ちたい

冷却期間で復縁のためにやるべきと

冷却期間中は自分を変えることに時間を費やしましょう。

振られた原因を改善する努力はもちろん、自分に足りないものを補う自分磨きも必要です。

恋愛以外の何かに真剣に取り組んだり、メイクやダイエットなどで外見も変えたりしてもいいでしょう。

LINEで復縁したいと思わせたい

冷却期間で自分磨きをする

失恋後の冷却期間は、自己改善を通じた魅力向上のチャンスでもあります。自分を取り巻く環境や人間関係に変化をもたらすことで、より魅力的な人間に成長することができます。

まずは自分自身に対するポジティブな変化を取り入れることが大切です。失恋を経験したことで気付いた、自分自身の改善点や強みを見つめ直し、それを活かすための取り組みを始めましょう。

自分磨きに時間を使うことで、外見だけでなく内面的な成長も期待できます。新しい趣味やスポーツを始めることで、自信を持つことができ、それが魅力的な自己肯定感となって表れるでしょう。

また、失恋を通じて感じた心の傷を癒すために、心理セラピストやカウンセラーと話すこともプラスになることもあります。

自分自身と向き合うことで内面的に充実した人間になり、それが周囲からの魅力となって現れることでしょう。

冷却期間が過ぎてからlineをする

冷却期間は別れ方で設け方が異なる

振った側と振られた側の別れた後の心理の違いがあるように男女でも別れた後の心理は異なります。

お互いに恋人としてお付き合いをして一緒に過ごした頃の記憶を思い出して別れた後で寂しいという感じる気持ちが男女では大きく異なります。

例えば、プライドの高い男性は別れた後、しばらく時間が経っていても気まずくて元カノからの連絡に素直に返事をすることが難しい傾向があります。恋愛依存の傾向が強かった女性は別れてから楽しかった記憶を思い出すことが多く、寂しくなって「元気にしてる?」と連絡をしたくなる傾向があるのです。

別れたあとの男女の違いと心理を知るには?

別れた後で元彼・元彼女に連絡したいと思った場合、元彼・元彼女にこれからも連絡できる状態で別れたのか?もし急に連絡が途絶えて自然消滅されていたら?もう気持ちはなくなったと諦める前に考えることがあります。

男性は未練はあっても話すことが気まずいなど、すごく複雑な気持ちになっています。女性は連絡されたくない気持ちになっているのです。また無視されたらどうするのかを考えてからアプローチを開始して下さい。

振られた元彼の心理

冷却期間の効果は男性と女性では異なる

男性と女性は心理面で異なる部分があります。当然、冷却期間の効果も男性と女性では異なります。

男性は問題解決に集中する傾向があります。女性は感情や関係性に注目し、共感や対話を重視します。この違いを理解し合うことが重要です。


男性は直接的なアプローチを好むことが多いため、具体的な行動や解決策を求めることがあります。

女性は共感や理解を求めることが多いため、聞き手としてのサポートや気持ちを尊重する態度が求められます。

コミュニケーションにおいては、お互いのニーズに合ったアプローチを心がけることが大切です。


男性と女性はコミュニケーションのスタイルも異なります。

男性は物事を解決するために情報を求めることが多い一方、女性は自分の気持ちや経験について話すことで感情的なつながりを求めることがあります。

このような違いを受け入れつつ、お互いのコミュニケーションスタイルに柔軟に対応することが重要です。


男性と女性の心理の違いを理解し、対等な関係を築くためには、お互いの立場や感情に共感し合い、コミュニケーションを大切にすることが大切です。

気持ちを伝えたい

冷却期間中の男性心理の変化

冷却期間中の男性心理の変化について深く掘り下げてみましょう。

冷却期間の初めは、別れたことを受け入れられず、未練や悔しさが強い時期でもあります。

時間の経過とともに、男性は感情を整理し、冷静な状態に戻っていきます。

冷却期間を通じて、自分や相手との関係を客観的に見つめ直し、反省することができるようになるのです。

冷却期間中の男性は、感情の波が穏やかになるにつれて、自己成長や関係を再構築する機会を見つけ出すことができるのです。

既読無視されて悲しい

男性心理に基づく冷却期間の取り方

男性が冷却期間をとる理由として、一つは感情を整理するためです。

男性は問題解決に焦点を合わせることが多いため、一度感情の整理を行い、冷静な状態で問題に取り組みたいと考えることがあります。

また、自立心やプライドを持つ傾向があるため、一人で考えを整理する時間を必要とすることもあります。

こうした理由から、男性が冷却期間をとる際には、しばらくの間、自分の時間を確保することが重要です。

冷却期間中に男性が必要とするのは、プレッシャーや無理な接触を避けることです。

冷却期間中に相手から過度の連絡や関心を示されると、男性はストレスを感じることがあります。そのため、男性が自分のペースで感情を整理できるよう、一定の距離を保ってあげることが大切です。

男性は自立心やプライドを大切にする傾向があるため、相手の意思を尊重し、冷静な態度で接することが重要です。

感情の起伏が激しい態度や執拗な連絡は男性を追い詰めてしまうことがあります。

冷却期間で女性心理が冷める理由とは

女性心理と冷却期間の関係性は、複雑な面を持っています。

女性は感情を重視する傾向があり、関係における不安や疎外感を感じると、冷めることがあります。

相手との距離を置いたことが冷める原因となってしまいます。

女性はコミュニケーションを通じて感情を表現し、それによって安心や安定を求めることがあります。

相手との間に距離が生まれると、不安や疎外感が募ることがあり、その結果、冷めることも考えられます。

冷却期間中の女性は、自分の気持ちと向き合うことで、関係の修復について前向きに取り組むことができます。

女性が期待する「理想的な冷却期間」とは

女性が冷却期間に期待する理想的なシナリオを考えてみましょう。

冷却期間は、一度距離を置いて関係を再評価するための貴重な時間です。女性が理想とする冷却期間では、相手からの理解やサポートが得られることが重要です。具体的には、彼女たちは自分の感情を尊重してほしいと願っています。

つまり、パートナーに対して冷却期間中もコミュニケーションを保ちつつ、感情に寄り添ってほしいという期待があります。

女性は冷却期間中にお互いの関係を再評価し、自己成長の機会を得たいと考えています。

パートナーが自分自身も成長し、関係を改善するための努力を示すことが求められます。冷

却期間は関係を強化し、新たな視点を得るための期間であり、女性はこの時間を有効に活用したいと望んでいます。

旦那の親が許せない

血液型による冷却期間の効果の違い

血液型による性格の違いは、恋愛関係においても影響を与えます。特に元彼、男性との復縁を考えた場合に血液型別の冷却期間の効果の違いを解説します。

A型の男性は、細やかで真面目な性格の持ち主が多く、相手を大切に思う傾向があります。冷却期間中には、自分の感情を整理し、相手を思いやる姿勢が強まることがあります。

B型の男性は自由奔放で好奇心旺盛な性格が多いです。冷却期間を利用して、新たな世界や可能性を模索する傾向があります。そのため、前向きな行動に転じることが多いでしょう。

O型の男性は穏やかで社交的な性格が多い一方で、冷却期間を通じて自分を見つめ直し、自立心を養うことができるでしょう。

AB型の男性は独創的で合理的な性格が多いです。冷静な判断を下すことができ、復縁に向けて着実な準備を進めることが多いでしょう。

彼氏に送るLINEの言葉

冷却期間の後でアプローチする前に

冷却期間を過ごして感情を整理することができたら、次は復縁へ向けた具体的な連絡のタイミングと内容を考える段階です。

相手との今後の関係性を真剣に考えましょう。再びその人との未来を築ける可能性を探ってみることが大切です。

復縁に向けたアプローチを慎重に考えましょう。

自分の気持ちだけでなく、相手の状況や想いも考慮に入れることが大切です。

一方的なアプローチや押し付けがましい態度は避け、相手の現状の心理と気持ちを察することが復縁できるポイントです。

STEP.1
別れを受け入れてから冷却期間を置く
自分から「しばらくそっとしておくね」と冷却期間で沈黙することを相手に伝える
STEP.2
冷却期間を有効に過ごす
自分から1カ月から3カ月程度、連絡しない期間で自分磨きをする
STEP.3
相手に自分から連絡する
LINE・メールで相手に自身の近況を伝える内容で連絡する
冷却期間の効果で連絡が来た

冷却期間の後の連絡方法を解説

冷却期間の後の連絡方法を心理学の観点で解説します。無視されないことが何よりも大切なことです。

アプローチする内容と連絡のタイミングについて

失恋から冷却期間を経て、連絡するタイミングとアプローチの内容は非常に重要です。まず、復縁に向けたタイミングは相手の状況をよく考える必要があります。相手がまだ傷を癒しておらず、距離を置きたいと思っているかもしれません。

そのため、焦らずに相手の気持ちを尊重し、適切なタイミングを見計らうことが重要です。

復縁のアプローチの内容について検討しましょう。

自分の気持ちを正直に伝えることは大切ですが、相手を圧迫したり一方的に迫るのは避けるべきです。相手のペースを尊重し、優しく接することが復縁への第一歩となるでしょう。

また、過去の失敗や反省点を踏まえて、改善策を見つけることもアプローチ方法の一環として重要です。

冷静な判断と思いやりの気持ちを持ちながら、相手に寄り添う姿勢が成功への近道となります。

復縁のタイミングとアプローチ方法は、相手の立場や気持ちを考慮に入れながら慎重に考えることが大切です。

焦らずに冷静な判断をし、お互いにとって最良のタイミングを見極めていくことが、復縁に向けた道を切り拓く鍵となります。

復縁できたカップル

冷却期間の後で最初に送るLINEの注意点

①自分と相手のことよりも相手に関係した話題の中心にできるようにする。

②今の相手の状況を聞くことを優先する。

④LINEを送った目的をわかりやすく、正直な言葉で伝える。

別れて最初のLINEでは新たな出会いのつもりで連絡をして下さい。相手のことを話題の中心に置いて3行以内の内容にできるようにして下さい。久しぶりのLINEを送る場合、長い文章のラインは嫌がられてしまいます。

「元気?」「お久しぶりです」などのひとことラインも「失礼な人、意味がわからない」と感じさせてしまい、嫌われてしまうことがあります。

冷却期間の後で送るLINEの注意点として、絵文字やスタンプを使うことも避けましょう。ダラダラとした内容では相手を怒らせるリスクがあります。せっかく沈黙した時間を無駄にしないためにも上記のポイントは守ってください。

POINT

長文にならないようにする

返信しやすい内容にする

1回のLINEは2往復以内で終わらせる

絵文字やスタンプは極力使わない

未練の言葉は使わない

既読スルーされての返事を催促しない

別れてから自分は変わったとアピールしたいならそのことをLINEに書かないなど配慮が必要です。

元彼・元彼女に会いたい気持ちをLINEで一度伝えた後は会えるまでは何度もLINEを送らないようにして下さい。

冷却期間後に送ったLINEをきっかけに復縁できた人のLINEの内容の特徴と共通点として、

相手の名前を2回以上呼ばない。

別れていることは受け入れている。

押し付ける言葉は使わない。

冷却期間を置く前に

冷却期間中にやってはいけないこと

冷却期間中には、気をつけたい行動があります。失恋後の感情的な波に流されてしまうと、後々後悔することになりかねません。

今までの関係を引きずるようなメッセージを送ったり、しつこく連絡をとろうとすることは、相手の気持ちを追いつめる行為となりかねません。

寂しさを理由に、異性と遊び回ることも避けてください。

異性とつながりがあることを知られた場合、あなたへの信用を失って復縁どころではなくなります。

お酒を飲み過ぎる、もしくは仕事に没頭することなど。

冷却期間中には新たな恋を急いだり、元パートナーを嫉妬させるような行動も慎むべきです。これらの行動は、復縁の可能性を損なうばかりか、自己成長の妨げとなることがあります。

これらの行為は、気持ちの整理がつかないまま、余計な問題を引き起こす可能性があります。自分を見つめ直し、反省するための大切な時間であることを忘れないでください。

SNS上でのネガティブな投稿や相手を傷つけるような投稿を控えることが重要です。これらの行動は逆効果となり、復縁の道を遠ざける可能性があります。

冷却期間中にはしてはいけないことは以下のとおりです。

相手に連絡をする

相手のSNSを監視する

相手の誕生日があっても連絡しない

別れた直後は連絡しない方がいい理由
別れた直後は沈黙する?復縁したいならタイミングを見極めることが大事です。自分が振られたケースでは連絡するベストなタイミングを待つことが必要です。しばらく時間を経過させることで元彼の心理が未練や罪悪感から変化を始めるのです。
愛情が伝わる

冷却期間中に誕生日があったら

元彼・元カノの誕生日などのイベントがあっても冷却期間中は絶対に自分からは連絡をしないで下さい。

もし彼氏・彼女の誕生日が別れた直後だったら連絡はしないでそっとしてあげて下さい。

別れてすぐに連絡しない

冷却期間中はSNSを頻繁に更新しない方がいい

TwitterやInstagram、ブログなどSNSはストレス発散の場にも最適です。ですが、冷却期間中はこれらを更新することは控えて下さい。最近の自身のことについての情報をアピールすることは非常に相手から見たら嫌な印象になってしまいます。

SNS(FacebookやTwitter)への投稿やコメントをしないなど、自分のことをアピールしないで下さい。

Facebookのタイムライン、Instagramの画像やインスタストーリーなどSNSの投稿記事や更新は別れた相手にあなたへの未練が残っている場合では心理的に大きく影響する重要な情報です。別れた元彼・元カノの気を引くことが目的の投稿は逆効果になります。

男女の別れた後の心理を比べる

復縁のための冷却期間の解説のまとめ

別れた後の冷却期間は、感情を整理するためにとても重要な期間です。

この期間を上手に活用することで、復縁に向けての理想的な準備ができます。

冷却期間では自分自身を見つめ直す時間を持つことが大切です。

冷却期間の設け方がわかるメール無料相談

お気軽にご相談ください。

この記事の著者プロフィール
復縁専科運営事務局・横山美咲
復縁専科運営事務局・横山美咲

1991年東京都生まれ。血液型A型。2016年より復縁専科のメール相談を担当。月間50件以上のご夫婦の離婚問題と恋愛の復縁カウンセリングの業務に携わる。 日本心理学会認定・認定心理士。