冷却期間が復縁にどのくらい必要?別れた後の行動と過ごし方で可能性が上がる

冷却期間が復縁にどのくらい必要なのかについて教えます。復縁するために別れてから連絡しない期間の目安はどれくらいがベストなのか?復縁に効果のある別れた後の冷却期間の過ごし方について解説しています。

待つことが辛い

冷却期間の意味と効果とは?

目次

別れてから一定の期間はお互いに一切連絡を取らないことを『冷却期間』と言います。なぜ復縁に冷却期間が必要なのか?理由は別れた相手の心理にあなたに対しての苦手意識があるからです。別れたばかりのタイミングでは別れたことを縋られたくない、責められたくないなどの気持ちなのです。

 

別れてから距離を置くことで相手を安心をさせられます。一定の時間を置くことで別れ際のあなたの重い様子から感じたネガティブな印象を払拭して変わったと思わせて安心させるのです。別れてから復縁のために冷却期間を設ける意味と目的とは?交際を終わらせて恋人として別れる結論に至った後でお互いに頭を冷やして冷静になるために連絡や接触を絶つ期間のことです。

 

冷却期間を置いてlineする

 

復縁のための冷却期間について

冷却期間とは心理学の【タイムアウト効果】に基づいた考え方です。お互いに気持ちを落ち着かせる目的で連絡せずに沈黙する時間が必要なのです。距離を置くことで相手の記憶の中に残っている好意、つまり良い記憶が未練や後悔として強くなり、嫌な記憶が許せるようになるためお互いに別れた時よりも冷静に向き合えるようになるのです。

 

・冷却期間の目安はカップルごとに出会ったきっかけと別れ方で異なります。冷却期間がどれくらい必要なのかについて具体的に解説しています。

 

・冷却期間の上手な過ごし方と久しぶりに連絡するタイミングについて解説しています。

 

冷却期間についての重要なポイントがわかります。

 

 

 

 

心理学のテクニックを使う場合の具体的な方法を解説しています。
関連記事:復縁に心理学のテクニックが使える!元カレ元カノと恋愛が蘇る10選

 

冷却期間の効果

冷却期間のタイムアウト効果で気持ちが変わる

別れたら連絡しないタイムアウトの効果で何が変わる?別れたばかりのタイミングでは相手はあなたに対しての未練はありません。そのため別れてから少し時間を置くことでお互いに冷静に話せるようになり復縁が成功できる可能性が大きくアップします。冷却期間を上手に過ごすことで相手が感じたあなたに対しての悪い印象を軽減させることができるのです。

 

 

お付き合いをしていた頃、仕事が落ち着いたらデートしようと一方的な約束を求めてしまったいたことなど、自分の悪い部分は無意識のうちにやっていることが多いため、別れてから3カ月の沈黙は自分を変えるには十分な時間なのです。

 

ちゃんと話す

冷却期間で復縁できる可能性が上がる

冷却期間の効果で復縁の可能性が上がる別れ方とは?冷却期間の効果について紹介いたします。別れてからしばらくは連絡をしないことでお互いの気持ちが冷静になること、そっとしてあげることであなたがしつこいと思わせない効果があるのです。

 

別れたばかりだと相手も私のことがまだ好きなはずだから「連絡して早く会って話をしたい!」と思って焦ってしまう気持ちはわかりますが、元彼・元カノの気持ちを考えたら会いたいと思っても連絡せずにそっとしておいた方が良い理由は、時間を置くことでまだ別れた相手への愛情が残っていることが自覚できるなど、自分の本当の気持ちを実感することができます。

別れたらどうすればいい

冷却期間は冷静になるために必要な時間

別れることになった原因についてあなた自身が彼氏・彼女の気持ちを考えながら受け入れることが必要です。

 

本当に気持ちが離れてしまったのか、喧嘩をして悔しくて「ごめん」が言えなくて怒っている態度を続けたことが原因でケンカのような状態になって別れ話をされてしまったら?そのため別れた後の過ごし方のポイントとしてあくまでも1週間以上は自分から連絡しないことが重要なのです。

 

復縁につながる連絡

別れてからしばらく沈黙する時間を置く理由

別れ話でお互いに感情的になって疲れてしまった2人の気持ちを冷静にすることが目的です。男女共通で別れたら少しの期間は連絡せずにそっとしておくことをおすすめしています。

 

別れた直後は元彼・元カノから忘れられたくないと思って心配になっても元彼・元カノはあなたの存在を忘れることはありません。別れてからあなたが変わったと良い印象を与えるテクニックとして、再会の際に涙を見せないよう自分自身で再会に向けて心の準備をされて下さい。今はお互いに冷静に考える時間が必要なのです。

 

別れた直後からしつこく連絡してしまうと煩わしいと思わせてしまい、あなたに対しての印象が悪くなります。苦手と感じさせることは復縁にマイナスになるのです。

 

冷却期間として連絡を控えている時間で何を話したいかを考えるなど有効に時間を活用して下さい。言葉のちょっとした変化を感じさせられるような心構えが必要になります。LINEやメールに思い出の写真を添付するなどの思い出してのアピールで追い込む行動をしないよう相手の今の気持ちを尊重してあげられることが条件です。

 

 

別れてから沈黙している時間でどうして別れる結果に至ったのかを考える、自分の悪い部分を直すから復縁して恋愛をもう一度やり直したいとお願いを伝えるには?再会が実現して復縁するためには、積極性よりも冷静な気持ちが大事です。相手が別れた後で新しい出会いをしていたら辛い、新しい恋愛を始めていることを想像して心配をしない勇気とあなたの強い自信が必要です。

 

前向きなLINEなら大歓迎

復縁に冷却期間の効果がある別れ方のパターン

別れてから冷却期間を置いてしばらく沈黙した方がいいパターンと別れたらすぐに連絡した方がいいパターンがあります。相手の別れの性格や心理を考慮した冷却期間の判断について解説します。

 

 

どちらかの気持ちが一時的に冷めてもう好きじゃなくなった

どちらかの浮気が原因で別れた

急に無視されて自然消滅されて別れた

仕事の事情が理由で別れ話をされて別れた

 

このような別れ方の場合は月単位で沈黙してそっとしてあげてからアプローチを始めて下さい。時間を置くメリットとして元カレ・元カノの気持ちを落ち着かせて変えることができる可能性が高くなります。

 

自分が振られて別れたら復縁に冷却期間が必要です。元彼・元彼女とちゃんと話し合って別れた恋人と復縁をめざす場合は別れた直後は一切連絡をしないで下さい。必ず一定の冷却期間を設けて下さい。

 

 

怖くなる

冷却期間が復縁に逆効果になる別れ方のパターン

別れた・振られた原因が何であれ、復縁するまでは時間が必要なことが一般的ですが、実際には振られたり別れてすぐに相手に連絡して謝ったり、話しをした方が手遅れにならない別れ方(失恋)のパターンも存在するということです。

 

もし自分の恋愛依存や嫉妬心などが原因だったら?間違ってきちんと事実を確認せずに浮気を疑った対応をしてしまい喧嘩になったなど、誤解などが原因で気持ちの擦れ違いで別れ話になってしまった場合は今すぐに謝る目的で連絡をした方が復縁できる可能性が高くなります。

 

 

婚活やマッチングアプリで出会った相手だった、仕事の事情でデートの約束をドタキャンして別れ話になってしまった、浮気を疑われたなど誤解、「悔しい」「許せない」という気持ちが原因で別れたケースでは連絡しなかった期間で相手に新しい恋人ができたり、自分の気持ちが冷めてしまったりするので、すぐに連絡をして謝ったり自分の正直な気持ちを伝えることが必要です。

 

 

相手が優柔不断なタイプだったり、疑い深い性格でわざとわざと心配させたくて別れたいと言われた場合でも復縁を望むなら冷却期間のつもりで沈黙することが逆効果になってしまうのです。

 

構って欲しい願望の強い相手だったら沈黙してしまうと機嫌を損ねてしまいます。あなたから必死に全力で止めて欲しい、自分のために頑張って欲しいという気持ちから別れたいと言っています。別れたことを迷っている相手ならすぐに話すことが必要です。

 

つまり、彼氏・彼女と喧嘩別れをした場合、彼氏・彼女と遠距離恋愛だった場合、彼氏・彼女とお見合い(婚活)やマッチングアプリで出会った場合では冷却期間が逆効果になるケースと言えます。

 

あなたがすぐに連絡して謝らなければ相手はあなたが諦めることを受け入れたと思ってしまい、手遅れになります。必ず別れてすぐに「ごめんね」で始まるメッセージで連絡することを選択してください。最近は意外なことに別れてからじっくり数か月の時間を空けてしまうことが逆効果になってしまう恋愛のスタイルが増えています。

 

 

 

自分から連絡しない効果について実際の復縁事例で解説しています。

関連記事:自分からしばらく連絡しない期間の効果とは?そっとしておく理由

 

彼女が無視をしない理由

復縁に冷却期間がどのくらい必要?

復縁のための冷却期間には別れた理由と相手の性格に適した目安があります。平均は一般的に別れてから1~3カ月です。別れた後であなたから連絡が来ることを警戒している心理を察して下さい。あなたとのお付き合いの良い記憶を思い出してくれるくらいの時期まで沈黙することが大切なのです。

 

沈黙した後でどうすればいい

冷却期間の置き方の目安とは?

どんな風に別れを出したのか?男性から別れを切り出したのか?女性から別れると言われたのか?喧嘩の勢いで別れ話になってしまったのか?お仕事で異動・転勤が多いのか?によっても若干ながら冷却期間の目安が変わるので注意しましょう。相手のライフスタイルで期間の設定が異なるのです。

 

すぐに次の出会いがありそうな相手や冷却期間のつもりで連絡せずに沈黙していた時間で遠くに引っ越してしまう可能性がある相手なら期間は短く設定して下さい。

 

 

別れた後で復縁を望むなら

復縁までの冷却期間の平均はどのくらい?

冷却期間の効果で実際に復縁できるまでの期間の平均は3ヶ月から6ヶ月です。別れたばかりのタイミングではまだ元彼・元カノの気持ちが変わっていないケースが多いため、冷却期間として連絡しないで沈黙をすることが必要です。3カ月が経過してから実際のアプローチをお薦めしています。

 

別れてすぐに連絡しない

冷却期間の目安が1~3ヵ月のケース

別れてから1から3ヶ月の冷却期間が復縁に適しているケースが多い傾向があります。気持ちの重さによって振られたり、マンネリ化や環境の変化があったりと、明確な理由がある場合です。自分が振られた場合、相手の気持ちが完全に落ち着くまで、1ヶ月程度の時間が必要でしょう。

 

特に自分が振られて別れた場合のデメリットとして、自分から別れた場合と違い、すぐに次の相手を見つけている。もしくは見つけてから振っている可能性があるのです。

 

 

自分から相手を振って別れた場合、相手から連絡が来ることを期待してはいけません。自分から連絡するまで3ヶ月は空けるようにしてください。スムーズに返事がもらえる状態になるまで待つことが理想です。

 

 

 

別れて1カ月は連絡しない方がいい理由がわかります。
関連記事:別れて1ヶ月は連絡しない?振られた側から復縁したいなら冷却期間が必要

 

自分から別れたらすぐに連絡しない

冷却期間が半年以上は必要になるケースとは

半年から1年以上という長い沈黙する期間が必要になるのは、結婚についてきちんと話しができている状態で別れたケースやお互いに35歳未満のカップルで相手に新しい交際相手がいるケースです。

 

 

復縁の告白を断られた場合も最低6ヶ月は沈黙して下さい。別れてから再会して会えるようになって復縁の告白をして振られた場合は、その後は絶対に6ヶ月は一切相手に連絡をしないで沈黙して下さい。

 

 

LINEに返事がないなら

冷却期間で男性心理が変化する理由

振られた元彼と復縁したいなら冷却期間が必要です。男性心理は喧嘩の後の心理は1カ月程度連絡をしないことで未練や後悔の気持ちで許す方向に変化します。ただし、プライドの高い男性や負けず嫌いの男性には沈黙してしまうと諦めてもらえたと勘違いをさせてしまい新しい恋愛に進まれてしまうリスクがありますので、自分から連絡をすることをお薦めいたします。元彼はもう終わった恋愛だから責任はないという自己解決をされています。

 

 

完全に離れてから1カ月が過ぎたタイミングで連絡しても無視されてしまう状態ならその連絡以降、半年などある程度の時間が経過されてからの連絡が好ましいです。女性心理は冷却期間の効果で嫌な記憶が薄れて別れたことを後悔をするケースが多い傾向があります。

 

 

 

 

喧嘩の後で彼氏から別れを切り出されたら1週間を目安にそっとしておくことが大事です。
関連記事:別れ話を保留する期間は?1週間で彼氏に考え直してもらう対処法

 

彼女と別れた

喧嘩別れの後の冷却期間を上手に活用するには?

もし喧嘩別れだった場合は、別れを決断されてすぐのタイミングで復縁を望んでまだ大好きとアピールしても嫌悪感を与えてしまいます。

 

「もう気にしてないよ」と無意識に伝える、自分と別れることを決意した恋人にこんな自分と付き合った時の嫌な記憶を少しでも忘れてもらうことが目的ではありません。

 

カップルとしてうまくいかない、悩みを聞いてあげられない雰囲気だった、大きな価値観の違いを感じる、別れを告げるまで悩んだのだから後悔している人も多いはずです。

 

やはり、失望が原因で別れた直後の時期に過度にまたヨリを戻すお願いを何度も伝える一方的な押し付けるアプローチはダメなNG行為なのです。あなたからの連絡がYESだけを求めた言葉に聞こえるのです。今は話したくない気持ちを尊重して少しの期間だけ、そっとしてあげることが必要なのです。

 

 

 

元カノにLINEしてもいい?

冷却期間中の元彼の誕生日にどうしてもLINEしたいなら?

男性心理の特徴として送るタイミングを間違えてしまい失敗して無視されることが不安だったら?短く当日の夕方の時間帯で送信して下さい。もし相手から何も返信がなかったら我慢してそのまま数か月は何もせずにそっとしておいてください。

 

お付き合いしていた期間が1年以下のカップルの場合、2人の記念日やどちらかの試験の合否がわかる日、バレンタインなどのイベントがあってもその前に相手から連絡が来ていない場合は絶対に連絡をしないで下さい。別れてから特別な日があっても相手からその前に連絡が来ていないなら沈黙することがベストな選択です。

 

 

 

LINEに返事が来て嬉しい

冷却期間が復縁につながる過ごし方

復縁できる冷却期間の過ごし方とは?沈黙している期間で元彼・元カノの別れた時の気持ちについて考えることが必要です。別れを決意した心理を理解することが必要です。別れたばかりの心理は無視を選択するケースが多い傾向があります。

 

彼女も困っている

復縁できた人が冷却期間で実行したことは?

冷却期間中の過ごし方の秘訣は?実際にそっとしておく期間で何をすればいい?自分が何を伝えたいのかを考えながら連絡する準備の期間なのです。

 

振られた側からの復縁には冷却期間の過ごし方が重要

振られた後の復縁のための冷却期間の過ごし方として自分を変えることに時間を費やしましょう。振られた原因を改善する努力はもちろん、自分に足りないものを補う自分磨きも必要です。恋愛以外の何かに真剣に取り組んだり、メイクやダイエットなどで外見も変えたりしてもいいでしょう。

 

冷却期間中は連絡しない方がいい理由は?別れてすぐ連絡をしたくなるのは分かりますが、しつこく連絡を続けてしまいLINEをブロックされてしまう…ということは何としても避けなければならない事態です。そのため別れてから最低でも1カ月は連絡をせずにそっとしておいてください。

 

お互いの会話不足が理由で気持ちの擦れ違いを繰り返していたりお付き合いを続けることに迷い、長続きしなかった遠距離恋愛では音信不通になってしまうと復縁が難しい状況に陥ってしまいます。

 

別れたい心理は、もう好きじゃない、嫌と思って別れることになったらすぐに謝っても絶対に譲歩してくれません。別れてから何度もしつこく連絡しない方が復縁の可能性が高くなります。ただし別れを決意した心理は時間が経過するだけでは簡単には変わりません。

 

数ヶ月が経過してもあなたとのお付き合いで感じた嫌な印象は変わりません。数か月後に自分から連絡する時に過去の嫌なイメージを軽減するようなメッセージの内容でなければ冷静にあなたの話しを聞く気持ちになれないのです。

 

 

女性心理は時間が経過すれば変化する

冷却期間の効果で相手も別れたことを後悔することがあります。別れてから冷却期間を置くことで元彼・元カノの心理に変化が起きます。振った罪悪感や後悔、未練の気持ちが大きくなる特徴があります。大切な恋人だったあなたとの別れについて悩んでくれたはずです。別れをあなたに切り出すまで相当に考えて、あなたを怒らせない言い方と切り出すタイミングを選んでいたはずです。あなたへの愛情がなくなったから別れたのではないはずです。

 

冷却期間の効果で「別れて惜しかった」と未練を感じるようになります。別れてから少しの期間は連絡せずに沈黙することで別れの心理は変化するのです。

 

あなたと別れてしばらく時間が経過して寂しいと感じたことがきっかけで良い記憶を思い出すなど、あなたのことが嫌いではなくなる可能性があるのです。本当に嫌悪を告げられるなど酷い別れ方をされた場合は、すぐに連絡しても謝罪の効果がありません。

 

 

冷却期間中に連絡が来たら復縁に近づいたサイン?冷却期間中に元彼・元カノから連絡が来るケースがあります。相手が別れたことを後悔して連絡をくれたのか、様子を探ろうとしているのかは何通か実際にLINEのやり取りをしなければわかりません。

 

相手から連絡が来たことに戸惑って無視をしないで下さい。友達としての距離を保つつもりで素直な言葉で受け答えをされてください。やり取りを続けることで復縁が近付きます。

 

 

会えたら復縁が近い

冷却期間の後で連絡するタイミング

復縁につながる連絡のタイミングとして、まず1ヶ月以上の冷却期間を置いてから連絡をすることで元彼・元カノの感じた嫌悪、苦手意識のイメージを軽減できているかを確かめることができるのです。

 

 

別れる時に相手を困らせ過ぎてしまった場合、最初は無視される可能性が高く、無視される前提と考えて短い言葉でLINEを送ることがベストな対処となります。

 

冷却期間の後で連絡するLINEは内容が大事です。連絡をした時の反応から今の心理や復縁までの時間などが読み取れます。無視されるのか、好意的な返事がもらえるのかなど心境の変化が感じ取れるようになります。

 

 

 

2人の間の感情を冷静にしてから話し合いをしようと呼び掛ける連絡をして下さい。勇気を出して誘う連絡をして下さい。久しぶりの連絡をきっかけにして再会を実現するのです。冷却期間を経て復縁できるチャンスをつくるテクニックなのです。

 

相手に嫌悪感を感じさせない、今の気持ちを理解する。粘着質と思わせない、復縁を迫って別れを撤回させることばかり求めてしまっては相手が困ってしまいます。

 

最初のLINEには絵文字やスタンプは使わずにわかりやすい言葉を短く書きて下さい。絵文字やダラダラとしたLINEの内容では相手を怒らせるリスクがあります。せっかくの冷却期間での沈黙を無駄にしないための注意点を解説しています。

 

彼氏にlineを送りたい

 

 

冷却期間が終わった後で連絡する場合の3つの注意点として、

 

①別れた直後に復縁をお願いしても「別れる」という答えは変わらないことを受け入れる。

 

②冷却期間が終わった後のLINEは2往復以内で終わらせる。

 

③冷却期間が終わっても共通の知人、友人に相談しない。

 

 

 

会えなくて寂しい

冷却期間の後の連絡を復縁につなげる
未練の言葉よりも別れ話はもう終わったと思わせてあげて下さい。元彼・元カノという状態の立ち位置で復縁をお願いして私が寂しいと伝えてはいけません。沈黙していた時間で別れた相手の新しい出会いを尋ねるなど新規恋愛や浮気を疑うなど執拗な言葉で追い縋らないことが好ましいです。

 

 

既読無視するつもり

 

冷却期間が終わっても自分は変わったとアピールしないで下さい。別れてから自分は変わったとアピールしたいならそのことをlineに書かないなど配慮が必要です。元彼・元彼女に会いたい気持ちをlineで一度伝えた後は会えるまでは何度もlineを送らないようにして下さい。会って話しができるまではlineや電話で相手の気持ちを確かめながら会う約束をして下さい。

 

冷却期間の効果がわかる

冷却期間が終わってもLINEやメールに返事がもらえていない段階で郵便を使ってメッセージや、プレゼントを贈らないで下さい。仲が良かったころから手紙や宅配便でのやり取りがあっても別れた後で郵便などを利用したメッセージや贈り物を送付することは良い方法ではありません。

 

復縁できたら頻繁に連絡して甘え過ぎないようにして下さい。成長することを心掛けることが大事です。好きな人だから甘えていいと思い込んで負担にならないように配慮が必要です。

 

 

冷却期間を置く前に

冷却期間の後で送るLINEのテクニック

冷却期間が終わった後のLINEがやり取りの途中で未読や既読スルーで止まった場合は相手が返事に迷っている可能性があります。返事の催促をせずにそっとしておくことをお薦めいたします。プライドを捨ててでも催促せずにそのまま1ヶ月くらい返事を待って下さい。

 

 

復縁につながる別れた後のLINEの送り方を解説しています。

関連記事:別れたあとのLINEが続く連絡方法とは?返信が復縁につながる送り方

 

冷却期間が復縁に必要

冷却期間中にやってはいけないこと

冷却期間中に友達に失恋相談をしない方がいい理由があります。相手との共通の知人・友達に相談をしないで下さい。相手に伝わると嫌な気持ちにさせてしまうからです。知人・友達に伝言を頼んだり、仲裁のお願い、同席を頼まないで下さい。自分たちの恋愛のことを話したことについて相手がとても嫌な気持ちになってしまいます。

 

別れ話の際にお互いがどんどん感情的な言い分になってしまったこと、言えずにいた相手への不満を別れ話で向けてしまうなどお互いに傷付く別れ方をした気まずさを軽減する時間が必要なのです。相手の気持ちを徹底した意思で尊重することが大事です。

 

別れようと言えずに無視をしたまま一方的に恋人関係を終わらせられた自然消滅した相手やどんなに連絡をしても返事がもらえず無視の状態の場合でもある程度の期間は連絡を控えて様子を見て下さい。

 

 

冷却期間中は異性と会う、遊ぶなどの行為は控えて下さい。気持ちの問題が解決されるまでは復縁が成功しないと心得ておきましょう。

 

 

しつこく連絡しない

 

振られて別れたら連絡しない方がいい理由について解説しています。

関連記事:振られたら連絡しない方がいい?別れた後はどのくらい待ってLINEを送る

 

 

 

 

実際の復縁方法についてアプローチの参考にできるテクニックを解説しています。

関連記事:復縁する方法?元彼・元カノと恋愛をやり直せる可能性を高めるコツ

 

 

失恋したらどうする?

冷却期間中はSNSの更新や投稿も控えた方がいい理由

冷却期間中のSNSの更新や投稿は趣味など恋愛以外の話題も含めて控えて下さい。心理学の観点からSNSのFacebookのタイムライン、Instagramの画像やインスタストーリーなど更新・投稿は別れた相手の心理的なイメージに大きく影響する重要な情報なのです。

 

つまり冷却期間中にやってはいけないこととして、SNSへの投稿・更新は控えて下さい。SNSの投稿記事、インスタストーリーで別れた元彼・元カノの気を引くことが目的の投稿は逆効果になります。

 

元彼・元カノがあなたがSNSに投稿した記事・コメント・画像を見てしまうと冷却期間の効果が発揮できなくなります。投稿記事・写真画像へのいいねのフォローなどもしばらくは控えて下さい。

 

相手と別れてもあなたが日々が楽しい様子で充実しているとアピールした場合、相手はあなたが元気だとわかって安心してくれる反面であなたが自分と別れても寂しそうではないと感じてしまったり、今までの恋人としての自分の存在が低い位置付けだったと感じてがっかりしてしまいます。

 

あなたがSNSにアップした記事・画像で以前はアップしなかった自然の風景や植物など寂しい画像を使って失恋して落ち込んでいる、寂しいアピールを投稿した場合は未練があり、落ち込んでいる様子と伝わり、これから先で関わることがなんとなく苦手と感じてしまうなどネガティブな印象を強くしてしまうのです。

 

 

失恋したことをSNSに投稿しない

冷却期間中はSNSで別れた相手にアピールしない

コメントや、いいねをしない SNSでもコメントを付けたり、いいね!などもしないのが基本です。 別れた相手の苦手意識の軽減のための行動で反省を示す必要があり、SNS投稿も含めてあなたからのメール、電話、lineのメッセージで相手は相当にうんざりした気分なのです。

SNSは監視しない

 

自分の投稿をしない
SNSの投稿など更新は控えて下さい。別れた後でFacebookなどのSNS、ツイート、ブログへの失恋記事の投稿は絶対にしないで下さい。

 

 

監視しない
相手が新しい恋愛を始めてしまう不安から執拗にFacebookなどSNSのチェック監視はしないで下さい。相手がSNSに投稿した記事を読んでも相手の本心は書いてありません。

 

 

絶対に嫌です

冷却期間で復縁する方法のまとめ

冷却期間が終わってからでも自分の気持ちを相手に押し付けるようなメッセージはNGです。「別れてから寂しい」と伝えてはいけません。結局、別れた後ではあなたからの片思いと同じ状態なのです。

 

別れた後で嫌われない

冷却期間で沈黙する前に必ず自分から予告を伝える

相手が別れを切り出した時点であなたに対しての恋愛感情や未練がもうない可能性があります。もちろんあなたから何日も連絡が来なければあなたがもう自分への恋愛の気持ちを整理して自分との恋愛を諦めてくれた、あなたがきっと次の恋を始めて幸せになっているのだと思われているかも知れません。

 

別れた相手は、あなたの判断で沈黙する冷却期間の設定を知りません。だから必ず「しばらく連絡を控えてそっとしておくね。」という予告を伝えて下さい。

復縁につながるLINEの送り方

自分では冷却期間のつもりで沈黙したことでもう終わったことにされてしまうことがあります。すぐに連絡をした方が手遅れにならないパターンがあるのです。今すぐに解決しなければならないお互いの気持ちの問題についての話し合いが先延ばしになってしまい、あなたが諦めてくれたと思わせてしまうのです。

 

 

冷却期間が過ぎてからlineをする

 

 

やっぱり謝りたいという久しぶりの連絡をした後で元彼の反応を確かめてから次のアプローチを考えればよいのです。つまり外見・容姿の魅力について努力する自分磨きよりも内面の変化、自然なポジティブさを感じさせる言葉で告白するなど思いやれる優しさがあなたへの好意が再び向くことになり復縁できる要素になるのです。

 

彼氏に振られて悲しい

 

復縁について解説しています。

関連記事:復縁とは?意味と定義は別れた恋人ともう一度恋愛をやり直すこと

 

 

復縁の可能性と確率をチェックできます。

関連記事:復縁の可能性と確率とは?別れの心理をチェック診断する方法を解説

 

沈黙の後でLINEをする

 

復縁の実現への準備は必要です。具体的に伝える内容について解説しています。
関連記事:復縁のきっかけの言葉10選とは?別れた元彼・元彼女の気持ちが動く

 

 

上手なLINEの送り方

夫婦の離婚危機にも冷却期間の効果がある?

離婚危機になったご夫婦の復縁に必要な冷却期間の目安とは?恋愛の失恋と異なり夫婦の問題は結婚している婚姻関係です。同じ住まいで暮らして生活を一緒にしている関係です。会話ではしっかりとした本音での受け答え、意思を伝えることが必要です。

 

別居後のタイミングでの連絡せずに放置すると無責任と思わせるリスクがあります。2週間を目途に連絡を入れて下さい。

 

①完全に連絡は絶たず、必要な事務連絡は伝える、返事はきちんとする。

 

②無理に一方的にlineやメールをしない。憶測で不倫を疑わないことが重要です。

 

どうしよう

 

 

夫婦が冷却期間に入る前に必ずすべきことは?

 

①離婚の話し合いが平行線のままになっても責めない・言い返さずに謝る

 

②夫婦として復縁するために冷却期間を設ける理由は必ず伝える

 

③婚姻費用や別居後の行先、居場所は早めに伝え、相手の気持ちを尊重する

 

別れた後でどうすればいい

 

 

 

 

この記事の著者プロフィール
心理カウンセラー横山美咲
復縁専科運営事務局・横山美咲

1991年東京都生まれ。血液型A型。大学・大学院で人間科学、心理学を専攻・履修。日本心理学会認定・認定心理士。 2016年より復縁専科のチーフカウンセラー高橋純代(創設者・臨床心理士)のアシスタントを経て2018年より初回のご相談の心理分析を担当。 年間に700件以上の復縁相談・離婚回避相談の心理分析・電話やオンラインカウンセリングの業務に携わり現在に至る。 これまでに担当した120組(年間30組)以上のカップルを復縁、80組(年間20組)以上のご夫婦を関係修復に導いている。