よくあるご質問と難易度・料金

よくあるご質問Q&A

実現できる

ご夫婦の離婚問題のQ&A

Q:別居している旦那から離婚の話しをメールで伝えられました。どう返事すればいいですか?

 

A:帰宅して会って話して欲しいと短く返事をされ、浮気を疑う言葉を向けないで下さい。

 

 

Q:嫁が家を出て別居すると言い出して家庭内では家事も放棄されています。話し掛けていいですか?

 

A:しつこい態度、機嫌を過度に覗う態度は生理的嫌悪を与えますので、lineかメールで理由を尋ねて、無視されるようであれば話しかけて、無視する理由を聞いて下さい。

 

 

 

Q:夫からではなく突然、電話で義母から離婚の話しをされました。返事に困って後で電話しますと言いました。どうすればいいですか?

 

A:義母には見守って欲しいと通話で頼んで、ご主人と電話でもいいので理由を教えてもらえるよう尋ねて下さい。

 

 

Q:別居中の夫からlineで離婚に応じないなら弁護士から連絡させる、裁判をしてでも離婚だと言われています。どうすればいいですか?

 

A:本心ではない言葉を絶対に向けないで下さい。二人で冷静に話したいと伝えて数日は様子を見て下さい。

 

 

Q:夫が浮気をしていると思います。追及していいですか?

 

A:追及が理由で帰宅されなくなったり、悔しさや気まずさから保身が起きて関係が悪化しますので、だと思う、だけで悪者呼ばわりをして感情的に追及されてはいけません。まず、様子が変と感じていることを根拠から冷静にご主人に話して下さい。根拠はこれまでに無料相談時点で拗れてしまわれた案件について拗れた原因が感情的な追及だったからです。

 

 

Q:実家に戻って別居中の嫁がlineにもメールにも返事をくれません。離婚したくないので謝罪の手紙を書きたいのですが、何を謝ればいいですか?

 

A:思い当たる自身の非を列記されることは係争で悪用されることがあります。会って話し合いたい、というお願いを記載されたり健康を気遣う、近況を尋ねる文面が賢明です。手紙1通で別居解消をされた前例はありません。

 

 

Q:夫が家を出てからどこで暮らしているのかがわかりません。lineもメールも返事がないです。電話もコールはしてもいつも留守番になり話せていません。職場に電話していいでしょうか?

 

A:職場への電話、職場の上司、同僚への夫婦問題の相談が先々で悪化を招きますので良識として控えて下さい。lineやメールにも無視するなら会社に電話しますとは記載されてはいけません。

 

 

恋愛の復縁についてのQ&A

Q:彼氏がlineに返事をくれません。別れ話はされていまんが3日以上連絡が来ていません。lineも未読のまま放置されています。電話してもいいですか?

 

A:彼氏の多忙や気分の問題がありますので、彼氏を気持ちの面で追い込まない意味でlineの追送や電話は7日程度控えて下さい。電話は使わず経路として温存されて下さい。

 

 

Q:別れた恋人の心理がなぜわかるのですか?

 

A:別れ話に至られる前の会話やlineのやり取り原文を14項目のチェックシートに記載いただけましたら、相手の言葉、文面から恋愛観や別れたい気持ち、相手の心の内面の変化を読み取ることができます。

 

理由を聞かれていても相手が不都合なことや言いたくない、言えば自分が責められて別れてもらえないと警戒して合わない気がする、気持ちが冷めたなどのきれいな言い訳をされるケースでも交際の経緯や会話から別れの本当の理由を想定できる可能性のある事項を消去法でひとつひとつ消して、残った答えが本当の理由として提示できます。

 

会話詳細などでなぜあなたと別れようと決意して、別れた今現在、あなたへの好意の残存や未練があるか、生理的な嫌悪や悪い記憶について気持ちを読み取ることはできます。

 

 

Q:別れてから気まずくて相手に連絡をしていません。別れてから1ヶ月も時間が経過していません。連絡することが怖いです。連絡をして拒否、ストーカー呼ばわりされるのが不安です。もし連絡してストーカー呼ばわりされたらどうすればいいですか?

 

A:別れてから最初の連絡にはストーカー呼ばわりを防ぐ意味で「会いたい」「会いに行きたい」「返事して」と記載しないことです。抗議や拒絶の返事が来た場合はできるだけ短く謝罪を伝えて当面は静観されて下さい。

 

 

 

Q:相手に会えず、連絡も控えている状態ですが引き寄せの法則で復縁できますか?どのようなケースなら引き寄せの法則が復縁に効果があるのですか?

 

A:交際時に性格の不一致での喧嘩が少ない、相手の人格否定や批難をしていない、浮気など裏切り行為がない、相手に駆け引きでも嘘を伝えていない交際であり、お互いに冷静に別れを受け入れたケースで有効な方法です。内面で相手との交際再開のために自身がどう変われるか、どう非を自覚し改心できるか、という内面から前向きに変わることで、相手に先々で連絡をしてやり取りをされた際に変化が伝わることで再会や交際につながります。

 

 

Q:遠距離恋愛でした。別れてからも遠距離のまま連絡をしていません。

 

A:会う、通話する、Skypeで話す、など直接の会話に至るまではline、メールでのコンタクトになります。相手が新規の出会いがあり現在他の方と交際中の場合はこれまでの成功例の統計データーから6か月は静観が賢明です。

 

 

Q:社内恋愛だった彼氏と別れました。社内の方々に知られずに復縁のお願いをする方法はありますか?

 

A:社用のメール、社内の連絡ツールは使用されないこと。周囲の人に失恋の相談を控える。SNS投稿は休止して静観する。私的なline、メールで意思を伝えて返事を得て下さい。社内で意識して相手に無理に話し掛けないで下さい。日常会話で親近感を与えて警戒や気まずさを軽減させる方法が社内恋愛に応用できますが、仕事の用件のみで他の社員の方と同じように接していただけることで単純接触が積み重ねられ、相手に安心を与えることができます。

 

 

Q:彼氏が別れたい、別れると伝えてくれないまま、自然消滅みたいに連絡が来なくて会えていませんが、どうすればいいですか?

 

A:lineかメールで長文にならないよう2行以内で「どうしたの?」と尋ねる文章を送信され3日程度は追送せずに様子を見て下さい。根拠はこれまでの無料相談でお聞きしている完全無視やlineブロックをされた案件の失敗例から導き出した統計からです。

 

 

Q:彼女からもう会うつもりはない、lineも嫌だ、別れたい、もう好きじゃない、好きかわからなくなったとlineが来ました、別れを受け入れたくない場合はどうすればいいですか?

 

A:しつこく追い縋る、理由を執拗に尋ねるとlineのアクセスブロックや着信拒否が起きます。どうした?と短く理由を尋ねて、思い当たる自身の非を列記した長文での謝罪や今すぐに会いに行く、という引き留めの言葉を向けないで下さい。

 

 

Q:彼氏と別れました。別れたくないけど別れる話しになりました。どうすればいいですか?

 

A:7日以内に本心を要点から彼氏に伝えて下さい。友人、知人への相談では答えが出ません。

根拠は、男性は別れて時間が経過するともう責任がない、納得してもらえたと自己判断し、他人事、過去の済んだ出来事と思うようになるからです。

 

 

 

Q:彼女から突然、lineで好きかわからなくなった、と言われました。別れたいのでしょうか?

 

A:あなたが頼りない、リードが自分勝手、思いやりがないなどの不満があり、駆け引きとして疑問を向けています。何が不安なのかをlineではなくちゃんと会いに行かれて気持ちを理解されて下さい。

 

 

Q:別れた元カレから「もう連絡しないで欲しい」と言われました。

 

A:あなたへの未練ではありません。おそらくあなたと別れてから新規の出会いがあり恋愛が始まったばかりです。自己保身が理由です。彼女ができたと伝えて拗れるのが怖いなど守りに入っています。

 

 

Q:彼女から別れて2週間もしないタイミングで会いたいとlineがありました。冷却期間は1ヶ月は必要と思っています。

 

A:通常、感情の拗れ、無視がなければ一般的な恋愛では冷却期間は逆効果です。あなたがお付き合いを再開したい気持ちがあるのでしたら彼女に会われて言い分を聞いて下さい。

 

 

Q:彼氏から別れ話をされました。別れたくないです。禁句とか教えて下さい。

 

A:禁句は「ほかに好きな人ができたの?」「私のこと嫌いになったの」など嫉妬詮索と無責任を批難する言葉、本心ではない威圧や威嚇する言葉、今すぐに会いたいという怒っていることを示唆する言葉は控えて下さい。「どうして?理由を教えて」などが賢明です。気持ちがない、冷めたなど抽象的な返事の場合は、別れを受け入れずまず7日は返事を保留されて様子を見て下さい。

 

困ったら相談

難易度の理由、意味の詳細

難易度A:

離婚回避・恋人との関係修復:

ご本人からやり直したい相手への交渉(話し合いや電話)のみで修復が可能な場合

難易度B:

難易度Aと同等の状態でも対話マニュアルが必要になる場合で相手の言い分の読み取りや継続的な相談を伴う場合コンタクト応答、対話毎の分析や継続的な相談、マニュアル作成や課題取り組みを伴う場合

難易度C:

相手がご本人からの話し合いに応じな い場合、対話拒否の意思伝達、話し合いに応じない場合

当方がコンタクト回復のアドバイスをする場合やコンタクト維持のアドバイスが必要な場合コンタクト回復後から応答、対話毎の 分析や継続的な相談、対話マニュアル作成や課題取り組みを伴う場合

送信line文面、メールの制限、添削が必要な場合<

難易度D:

一方的な離婚要求、強引な別居や婚約破棄や相手に別の恋人の出現に伴う別れの場合、返答遅延など謝罪の言葉などに応答しない場合

夫婦の危機の場合で相手側義父母との対話アドバイスが必要な場合

相手がご本人からの話し合いに応じない場合、対話拒否の意思伝達、話し合いに応じない場合

当方がコンタクト回復のアドバイスを する場合やコンタクト維持のアドバイスが必要な場合

コンタクト回復後から応答、対話毎の分析や継続的なアドバイス、マニュアル作成や課題取り組みを伴う場合送信line文面、メールの作成からのアドバイスが必要な場合

難易度E:

悪化状態。相手がご本人からの話し合いに応じない、電話・メールへの応答が難しい面会・対話拒否などの場合。 話し合いをしても別れの撤回に応じてくれないなど言い分が変わらな い。一方的な別れの場合で相手の主張が非常識な場合、相手が応答せず完全無視の状態に陥っている場合など

難易度F以上:

難易度E以上に複雑な経緯や嫌悪が関連したかなりの悪化状態。相手が ご本人からの話し合いに応じない、電話・メールの無視や対話拒否などの場合

恋愛問題の場合で男性から女性へのアプローチのケースで応答がないなど状況次第では難易度Zのランクをご提示する場合がございます

 

■有料でのご相談のご契約の場合の料金のお支払い方法と期限等の条件:

 

無料メール、ならび電話相談の段階で望まれる結果を得ることが困難な場合は修復が困難であることを必ずお伝えしております。

 

無料相談時点でのメール返答内容のお見積り提示に記載の難易度で異なります。

 

難易度AからEで12ヶ月以内の解決が想定される案件:

着手時に全額または毎月月末まで6から12回程度の月々払い。

 

難易度EからJで12か月以上の解決までの取り組み期間が必要と想定される案件:
着手時にご契約額の1/3ないし 1/2程度の着手金としてお振込みいただき、残金を毎月月末まで3回から20回程度の月々払い。その他、ご事情を考慮した月々払い可能。難易度D以下の方でご契約後の電話相談は30分単位での別途お見積りとさせて下さい。緊急メール対応は難易度D以上の方でご契約後となります。D以下のご契約の方は別途お見積りとさせていただきます。

 

■お支払方法:
お契約文章に明記の指定の銀行口座へのお振込み
千葉銀行口座、ゆうちょ銀行口座
■各種手数料の有無:メール相談:無料(ただし行動、謝罪に関するアドバイス開始は着手後より)
経緯からの初期段階での相手の心理分析:無料

 

ご契約前の電話相談:お電話の前にまずフォームよりメールを送信ください。1回5分程度まで無料・通話料は相談者負担が原則
電話、メール相談後の可能性判定の14項目による心理分析:無料
心の温度差に関する40項目の分析提示:3万円(有料アドバイスご契約後はアドバイス料金に含む)

 

■クーリングオフについて
上記、ご契約より7日間は文書通知によりクーリングオフ(ご返金)可能
ご解約の場合はご相談に関連するメールの送信・受信全データを削除いたします。(個人情報保護法厳守)
海外在住の方からのご依頼も可能です。

海外からのご依頼に限りpeypalによるクレジットカードでのお支払も可能になりました。

 

関係修復それまではなんとなく幸せと思っていた恋人との恋愛、夫婦生活。価値観の誤差、愛情のすれ違い?些細な喧嘩や浮気、暴力、それまで軋んでいた関係の悪化?なぜ、お互いが別れを前提として別々に暮らすことを選択することになってしまったのか?心理学を専攻した有資格者のスタッフによる謝罪のアドバイス。

 

あなたから別居の事情や相手に関することをお聞きし、相手の性格や感情、別居の原因を徹底究明、お互いの内面までを完璧に分析し、適切に次のアクションをアドバイスいたします。お二人が再び一緒に暮らし、新たなスタートを迎えられるようにします。あなたの味方となり、あなたと相手の再同居実現に向けた修復の対話を重ねていただきます。相手があなたとの暮らしで「居心地が良かった」と思えますか?あなたはご自分のことを相手の視点から見て自身について考えたことがありますか?

 

当方のアドバイスとは相手の言い分から気持ちを読み取る分析による対話交渉となります。対話もあなたの努力が必要な、あなたが主役の取り組みです。つまり意識が変わるので修復後も円満に向き合えるのです。

 

愛と誠意に満ち溢れた手紙、別れを決意した瞬間の相手の言い分の読み取り解析に基づく謝罪のメッセージ、純真なあなたから相手への想いをこめた絵葉書、離れ離れになった寂しさと愛を伝えるメッセージを添えた花束の宅配、あなたからの電話やメールを拒絶している相手の心の扉さえも開く謝罪伝達。反省を示す振る舞い。あなたの相手への熱意の届く謝罪。謝罪対話の論点整理などバックアップいたします。

 

幸せを考える

◆アドバイス料金

メールでのご相談:無料

 

実際のアドバイスを含むご相談:3万円より(1ヶ月)

 

 

お見積もり提示後のご相談継続:

心の温度差や浮気のチェックシート分析のみ:3万円(メールによる 40項目回答)

浮気心理判定や義父母の言い分の読み取り分析:ご相談下さい。
相談後、状況を判断して難易度によりお見積いたします。費用 に関する詳細はメールにてお問い合わせ下さい。

 

 

難易度A::ご本人からやり直し たい相手への交渉(話し合い)で修復が可能な場合

基本料金:3万円(難易度で異なります)、以降月々3万円~ 通信費は別途実費
アドバイスと相談:3~5万円(1~3ヶ月程度)

 

 

難易度B、C、D:読み取り分析や継続的な相談、マニュアル作成や課題取り組みを伴う場合

基本料金:22から37万円~事情により月額3万円の分割可、通信費は別途実費
アドバイス・課題、対話アドバイス:3万円~(3カ月から1年)分析提示の際に お見積りいたします。

 

 

難易度E:話し合いが平行線、応答が難しい・対話拒否などの場合

話し合いをしても別れの撤回に応じてくれないなど言い分が変わらない。

基本料金:58万円~(緊急対応を含む) 活動費、通信費は別途実費

アドバイス:58万円~(3ヶ月から12か月)または月額3万円より分析提示の際にお見積りいたします。

 

 

難易度F以上:悪化状態で連絡に応じない、対話拒否などの場合

基本料金:87万円~(緊急対応を含む) 活動費、通信費は別途実費

アドバイス:87万円~
(6ヶ月から2年)または月額3万円より分析提示の際にお見積りいたします。

 

 

※分割の方法などお見積もり前にご相談下さい。

 

ただの性格 の不一致が原因と思われていた問題がアドバイスを継続して行く中、実は相手の浮気が別れや離婚要求、別居の原因によるものだったことが分析後の対話言及で判明したケースも多数あります。

 

心の温度差のチェックシートにつきましてもお気軽にご相談下さい。

 

 

もう一度寄り添う

婚約破棄から復縁結婚できた人が別れた後で関係修復した方法の解説事例集

TOPへ戻る