【離婚調停不成立後に復縁できた夫婦】やり直すための対処法とは

離婚調停不成立後に復縁するにはどうすればいい?現在、しっかり相手と連絡ができていないなら相手方の弁護士経由での連絡をきっかけに手紙を渡す?手紙を義両親に郵便で送る?両家で話し合って夫婦関係を修復する方法がわかる体験談を紹介しています。

やっぱり夫婦で今後について考えて復縁に向けての話し合い、それぞれの両親、両家の和解への謝罪や説得できた事例体験談を紹介いたします。夫婦としてまた二人でもう一度、一緒に暮らしたいと伝える方法で夫婦の復縁が実現できます。

離婚調停では復縁できた夫婦の特徴

相手が離婚調停を申し立てたり弁護士に相談するまでに夫婦で話し合う機会があったはずです。もっと早く謝って夫婦の話し合いで解決できる気持ちの問題がそのまま放置されているのです。今も離婚すると言い続けられている原因になっています。

離婚調停で伝えるべきことは?ポイントとして相手が聞いて誠意ある謝罪を伝えられるか?自分が納得できないと言って気持ちを押し付けるのでなく、相手が安心してくれるような誓いを伝えて下さい。ただし修復は難しく、双方の考えの違いが理由で不成立になってしまうケースが多い様です。

法律の本を探す

離婚回避方法について詳しく紹介しているページです。関連ページ:離婚回避方法

離婚調停で復縁するために理由を自覚する

夫婦で話し合ってもお互いの考え、結論が異なり話しが平行線で結論が出ないことが離婚調停を申し立てられた理由です。話してもわかってもらえない、もちろん離婚したいとお願いしてもあなたに聞き入れてもらえないことへの悔しさだけではありません。あなたとの平行線の話し合いに疲弊して第三者に話し合いの仲介を頼む目的で離婚調停を申し立てられています。

自分の考えをまとめる

離婚調停が不成立になる理由は平行線

離婚調停でお互いの言い分が平行線で結論に至らないケースは多い様です。嘘は言っていないつもりでも言い訳、取り繕いと思われてしまい修復の提案を強く否定され、歩み寄りを得られないまま、離婚要求の言い分は変わらない場合は調停では解決できないと判断されてしまい不調になってしまいます。後は当事者で話し合うか裁判で争うしかないという結論に至り不成立にされてしまいます。

離婚調停が不成立になってしまうケースの特徴

夫婦での離婚についての話し合いが平行線になって自分の力では離婚に応じてもらえないと困らせたことが原因で弁護士さんに相談をされて協議離婚のサポートの依頼や裁判離婚をする目的で依頼をされた場合は離婚調停では言い分として「離婚に応じて欲しい」、「婚姻費用の支払いについて別途、婚費の調停できちんと決めましょう」という流れ作業のような進行になり離婚に応じたくないと言い続けたら中立な立場の調停委員の目から見て双方が違う意見だから折り合えないと判断されて不成立にされてしまいます。

調停で離婚したくない理由説明や愛情についての呼び掛けを伝えたくても調停委員さんから相手に伝わっているのかもよくわからない状態になってしまいます。その後、裁判にするのか、婚姻の破綻申請ができるまでそのままにされるのか、調停をした意味がわからない対応になってしまうケースが多いようです。

調停が不成立になったら何ができる?調停前に弁護士さんから受任通知が郵送されていたら手紙などを預ける、話し合いをお願いする連絡を続けるなど調停では伝わらなかったことを伝えるチャンスを作ることもできます。

当方は夫婦間の気持ちの問題、心理面の見解はお伝えいたしますが、法律に関連する専門知識や資格を必要とする法律面の見解、アドバイスは法律で禁じられているため法律や調停・係争について一切のご回答ができません。ご理解ください。

離婚調停が不成立後に復縁する方法

離婚調停で復縁の結論には至らずに不成立になったら裁判を起こされる前に連絡をして話し合いをお願いする方法があります。

離婚についての話し合いが平行線になり両家親族が介入した状態での離婚についての協議では、どちらが悪いと言う議論は絶対にしない、指摘されたことについて無視はしない、言い合いを避け、夫婦関係修復を望む意思は要点から丁寧な言い方できちんと伝える。

何よりも嘘は言わない、悩みについてわかりやすい言い方で言葉を向けて下さい。離婚調停でもその後の話し合いでも離婚回避のために正直であることが大事なことです。

きとんと言い分を整理する

離婚調停不成立後の連絡の注意点

1:事実ではない弁解、言い訳をせず嘘は言わない。重複発言はしない。禁句は「でも、しかし、そうじゃなくて、だと思う、だと思った」

2:大切な話しの最中に、舌打ちをしない、感情的に発言しない、貧乏ゆすりをしない等

3:離婚届を書きますなどの揺れた例え話をしないなど言い分を変えない。

4:実行できない約束はしない。

離婚調停が不成立になる前に伝えること

離婚調停や提出した書面で如何に上手な弁解をしても取り繕いと思い込ませていては離婚の話しの結論が平行線のままです。離婚を回避したい理由、誓えることなどは夫婦愛の観点で慎重に考える必要があります。

離婚調停が不成立でも離婚に応じたくない場合

離婚調停不成立でも離婚に応じたくない理由を正直に伝え、誠実に向き合う、話す意欲が必要になります。調停不成立後に対話に向けて気持ちをわかろうとする愛情が必要です。妻が別居後に離婚調停を申し立てた、家庭裁判所からの通知、申立書の嘘や誇張に動揺しない冷静さが大事です。

挨拶やお願い、抗議などのつもりでメール、line、電話での直接の連絡はマナー違反です。調停当日にルールに従って伝えるか、法律の専門家である弁護士さんを擁立いただくことが最善です。

離婚調停が不成立になっても諦めたくないなら

離婚する意志が固い、もう許せない、一緒に暮らしたくないと調停で言われた場合、本音の言葉なのかを確かめることが必要になります

離婚調停が双方の言い分が平行線のまま婚費のことだけ審判で決めて、結果が不成立でも両者の話し合いを経て歩み寄りを得ることで和解できる可能性があります。離婚調停の不成立前に調停委員に意思伝達などをお願いされて不成立後の適切な対応について相談をされて下さい、当然、相手方がこのまま有利に裁判に移行するための手続きを考えているケースもあります。

不成立になっても諦めないなら離婚調停では話せなかった本心を相手の代理人に手紙を預けるなど考えを伝えることができるケースもあります。ただし一方的に相手の実家や親族に郵送しないで下さい。冷静な対応が大事です。

仲裁を頼む

離婚調停不成立後に復縁できた夫婦とは

離婚調停が不成立で終わる前に復縁したい理由を伝えて下さい。それでも取り下げられて終わってしまったり、平行線のまま不成立になって打ち切られたら?調停が不成立になった後の夫婦での話し合い、悪化したことをお互いに後悔していることを声にして下さい。

冷静に直接話すことで話し合いの過程が随時お互いに把握できます。モラハラやDVが離婚理由ではない場合は不成立になってから直接連絡をして話し合いをお願いすることで夫婦関係を修復する糸口が見えて来ます。

調停不成立後の離婚裁判が不安なら

離婚裁判になる前に連絡をして修復を望む気持ちは伝えて下さい。実際には相手が弁護士を擁立しているケースでは裁判に至る前に話し合いに応じるケースは多いようです。

円満調停不成立後の夫婦の復縁ができる可能性は?焦らない、敵対しない、歩み寄りを感じたタイミングで話し合いのために家に来てもらい話す方法など配慮次第で大きく好転できます。

2人で話すことが大事

離婚調停が不成立になった後の行動

離婚調停が不成立になる前に婚姻破綻になるまで別居をする、連絡には返事をしたくない、無視をすると予告をされ、今すぐの離婚合意の返事や離婚届への署名を迫られても記載を拒んで下さい。調停が終わった後の連絡では弁護士さんが離婚を成立させることを優先したお返事をされるケースが多い様です。

離婚調停が不成立になって打ち切られた後ではlineや電話での直接の連絡は控えて下さい。書面を相手側の弁護士に郵送する、承諾を得て実家のご親族にお会いして話したい意思を文章で伝えるようにして下さい。

連絡先は相手側の弁護士を第一の送付先とされた優先順位を徹底されて下さい。直接本人や親族に連絡をされることで事態が離婚裁判・訴訟になるなど悪化が起きることがあります。

離婚届を郵送された場合は無視しない

離婚届けへの署名を迫られても絶対に感情的にならずに冷静に拒否を伝えて、受け答えをすることが基本です。

離婚についての相手の言い分が理解できるまできちんと話しを聞いて下さい。本当に今までの結婚生活で必要だった相手を思いやることを考えた向き合い方について謝罪することが必要です。

調停が終わってから相手の弁護士から協議離婚を迫られた場合

財産分与、慰謝料、子供の親権について親権者はどちらだ、養育費、年金分割など離婚条件について一切、明確に自身の要求せずに私は子供の将来の幸せのためにも離婚を回避して夫婦関係を修復したいと意思を伝えて下さい。法律の知識を調べて反論や主張はされないようにして下さい。

離婚調停を取り下げて復縁できた夫婦

離婚調停での言い分で相手の気持ちを動かして復縁を考えてもらえた場合などに離婚調停を取り下げてもらって復縁に至る夫婦も多いのです。そのため調停では相手の悪口や憶測の発言を控えて、やり直したい気持ちを丁寧に言い分を変えずに伝えて下さい。

離婚調停不成立後に復縁できた夫婦の心構えとは?

1:話し合う意欲=離婚問題から逃げない、避けない、放置しない。嘘は言わず正直に和解同居を前提で向き合う意欲を示すこと。

2:非の自覚=なぜ離婚話が調停でも平行線になってしまったのかを冷静に考え、自身の非、相手の非、相手の気持ちを考えること。

3:協調と尊重=復縁は人の輪、離婚調停不成立について当事者同士で問題について話し合う必要があります。

離婚調停不成立後の復縁事例を紹介

この記事の著者プロフィール
復縁専科運営事務局・横山美咲
復縁専科運営事務局・横山美咲

日本心理学会認定・認定心理士。1991年東京都生まれ。血液型A型。大学・大学院の人間科学心理学科にて心理学を履修。 2016年より復縁専科のメール相談の分析と回答を担当。月間50件以上の夫婦問題と恋愛の復縁カウンセリングの業務に携わる。