喧嘩の後の男性心理は気まずい?二度目の復縁が実現できる仲直りの方法

喧嘩別れの後の男性心理と二度目の復縁ができる理由について解説しています。考え方の違いが原因で感情的になって言い合いになった、喧嘩で別れた場合は冷静に謝罪を伝えてから1ヶ月以上の時間を置くことがベストです。元彼の男性心理は別れてから数か月で未練の気持ちが起きて変化します。

 

別れたばかりの時期に私は別れたことを後悔していても元彼は私と別れて距離を置けたことで安心をしていた、それが時間が経過したことで元彼が寂しくなり未練の気持ちが起きるようになる。恋愛心理について解説しています。

別れたら静かにする

喧嘩の後の男性心理は変化する

喧嘩別れの後の男性心理は未練や後悔の気持ちが変化します。元彼が別れてから少し時間が経過して寂しいと感じたことがきっかけで良い記憶を思い出すなど嫌いではなくなります。

 

二度目の復縁なら別れ方だけでなく彼氏のプライドの高さで未練を実感するタイミングが異なります。連絡が来るのは、もちろん別れてから約1ヶ月から半年は時間を経過させる必要があります。

 

 

 

別れた後の復縁への冷却期間について詳しく解説しています。

参考:冷却期間は復縁に3ヶ月必要?別れたら連絡しない効果のメリットを解説

 

2度目の別れが不安

喧嘩をして2度目の別れを切り出した男性心理とは?

男性心理が別れを決めた理由はこの先でもっと気持ちが離れた時に別れ話が拗れてしまうことを警戒してはずです。寂しいと感じるようになるには時間が必要です。

 

 

 

復縁体験談を紹介しています。

関連記事:復縁体験談エピソード男女別100選の方法!成功のきっかけを解説

 

 

 

ご相談の受け付け

メール相談のフォームよりお問い合わせ下さい。

 

 

男性心理がわからない

喧嘩の時に同じことを何度も言う男性心理

別れるまで悔しいなど同じことを何度も言う男性心理とは?始めはもういいと引き下がるのですが、その後、同じことを何度も言う理由は自分の言い分を聞き入れて欲しい、従わせたい、認められたいという承認欲求、支配欲が原因なのです。

意味が分からない

 

 

元彼の誕生日が別れた直後だった場合の連絡について詳しく解説しています。

関連記事:元彼の誕生日が冷却期間中でもLINEで連絡したい?復縁のきっかけになる例文

 

二度目の別れがショック

喧嘩別れの後で一切連絡をしないデメリット

男性心理の特徴として煩わしい元カノとは二度と関わりたくない気持ちになってしまうからです。

 

別れてから一切連絡しないデメリットとして今すぐに解決しなければならない気持ちの問題についての話し合いが先延ばしになってしまうことです。

 

 

ちゃんと話す

二度目の復縁でも未練を感じる男性心理

二度目の別れは相当に性格が合わないとお互いに感じているはずです。しかし数ヶ月が経過した頃、あなたとの良い記憶を思い出して未練を感じるようになります。そのため元彼があなたへの未練を感じるようになったタイミングが連絡して会うチャンスなのです。

 

 

元彼と復縁が成功できる連絡方法がわかります。

関連記事:未読スルーは駆け引きの心理?復縁する気がない元彼へのLINEの対処法

 

冷却期間で男性心理が変わる

2回目の復縁だからあなたの本音が元彼に見抜かれている?

一度別れて復縁して恋愛いをやり直した後で2回目の元カレとの別れ、彼氏に連絡を継続して友達に戻るべきか?前に復縁できた時と同じ接し方のパターンでは別れた後の久しぶりのあなたからの連絡の目的が見抜かれてしまい恋愛関係に戻れない傾向があります。

 

 

可愛いと思わせる接し方

喧嘩の後で連絡をしないメリット

喧嘩の後で元彼に連絡せずにそっとしてあげることであなたがしつこいと思わせないメリットがあります。

 

振られた後

別れた後の連絡への返信に気を遣う男性心理

あなたの反応を読んで一番怒らせない言い方ができたのです。あなたに責められない言葉を選んでいます。つまり別れ話の流れを考えていたのです。

 

悔しい気持ちは変わらない

 

 

別れた後で沈黙することで男性心理が変わる理由がわかります。

関連記事:社内恋愛で別れた後の対処法?復縁できる接し方と職場でのNG行動

 

冷却する効果

 

元彼の男性心理が未練を自覚できる時期を待つ

別れる時に絶対に忘れない、俺のことをずっと覚えていてくれという言葉を向ける男性心理は未練や好意ではなく、他に好きな人ができて今すぐにあなたと別れたい理由を伏せていたり、あなたから悪者と思われたくない自己保身の言葉だったのです。

 

 

復縁するにはどのくらいそっとしておけばいい?

関連記事:振られた後は連絡しない方がいい?どのくらい待ってLINEを送る

 

彼氏の気持ちがわからない

男性心理が喧嘩別れの後で揺れる本当の理由

別れたこと、振ってしまったことを後悔するには時間が必要です。別れても愛着など恋人としての未練があるからです。

 

 

別れ話を保留するために冷却期間を置く方法について解説しています。

関連記事:別れ話を保留?冷却期間一週間で彼氏に復縁してもいいと思わせる方法

 

何も言わない

 

 

喧嘩の後の男性心理が無視する理由?

元彼があなたと別れる前から新しい彼女がいた場合はどんなに謝ってもあなたと復縁したいとは言ってくれません。カップルとして使っていた言葉をlineで使わない、馴れ馴れしくしない言葉、甘えないわかりやすい言葉でlineを送って1ヶ月は様子を見て下さい。

 

 

別れたらすぐに連絡する

喧嘩の後の男性心理は自分から連絡できない?

喧嘩別れの後では元彼から連絡が来るケースがありません。自分から謝るための連絡をして下さい。ただしプライドの高さからもう終わった過去のこととして忘れようとしてしまうのです。別れることを受け入れた後で再会するきっかけを自分からの連絡でつくらなければ、このまま自分から連絡できない気まずさがあります。

 

 

彼氏に振られたら

喧嘩をした後の男性心理はプライドを優先する
喧嘩直後の男性心理は自分のプライドを優先して謝っても聞き入れてくれません。しかし喧嘩別れから1ヶ月以上の時間を置くことで未練の気持ちが強くなり、許したくなる、別れようとしたことを後悔する傾向があります。

ちゃんと気持ちを理解する

 

喧嘩別れの後の男性心理が許す気持ちに変化する時

喧嘩の後の男性心理は悔しさから許したくない気持ちになっています。デート中に喧嘩をしてしまった場合は謝るLINEは気持ちが落ち着いてから短い言葉で伝えるようにして下さい。直接会ってから謝るよりも会う前にLINEで謝る方が仲直りできる可能性が高い傾向があります。

 

 

 

喧嘩別れの後の冷却期間の置き方がわかります。

関連記事:喧嘩別れの復縁?音信不通の彼氏に謝りたい気持ちが伝わるLINEの送り方

 

悔しくて譲れない

喧嘩の後でLINEをブロックさせないテクニック

特に感情的な言葉で傷つけるような言い合いをしたなど喧嘩別れをしたケースや遠距離恋愛で別れたケースでは別れた直後にLINEをブロックされているケースが多く、成功率は低いままです。喧嘩をして別れてから一切連絡せず、しばらく経ってから連絡しても答えが変わらないケースが多い傾向があるのです。

 

寂しい、後悔しているなど自分の気持ちをLINEでアピールした直後にブロックされる傾向があります。

 

 

喧嘩別れの後で放置しないことが重要です。

関連記事:喧嘩の後でお互いに連絡をしないと別れてしまう?沈黙は復縁に逆効果

 

喧嘩の原因を思い出す

 

喧嘩の原因を思い出してから謝る?
自分は悪くない、自分は正しいと思っているプライドの高い男性の場合は、喧嘩の後ではいつまでも悔しい気持ちを声にして向けて来る傾向があります。きちんと喧嘩になった原因を考えてから謝るようにして下さい。

 

私も揺れてしまう

夫婦喧嘩の後の夫の男性心理が変わる

一緒に生活をしている夫婦の場合、夫婦喧嘩の後は無視をせず最低限の挨拶の声掛けは続けて下さい。夫婦喧嘩をしたことを謝り、喧嘩の原因になった話題を1週間程度は蒸し返さないように過ごすことで許したくなるのです。

夫婦喧嘩の後の男性心理

喧嘩の後の男性心理が無視する理由

別れた直後の男性心理は別れたことをまた責められたり縋られることを警戒しています。今回の別れは元カレが悩みを声にできずに我慢して別れを切り出したのです。

 

 

愛を育む

未練を感じ続けていた男性心理の特徴

元彼の遠慮で言えずにいる本音を最後の言葉から読み取るテクニックが必要です。本当に元彼が別れたことを後悔して未練を感じるようになるのは数ヶ月先のことになります。

 

 

復縁の告白をするタイミングを見極める方法とは?

関連記事:元彼への復縁の告白のタイミングと切り出し方は?気持ちを打ち明ける

 

 

迷うけど連絡しない

喧嘩の後で男性心理が変化する時期は?

元カレの仕事の都合のことを考えてあげられていなかった?会えない休日が多いことやlineの既読が遅いことで浮気を疑い過ぎた?本当に2人の性格の相性が良いのかと疑問になった別れ方をした?男性心理の自己保身、責められたくない、煩わしい重たい話を聞きたくない心理を理解する。

 

結婚指輪をもらえた

喧嘩別れから3ヶ月が過ぎれば元彼の警戒が消える

別れた後で元彼に新しい出会いがあっても時間を置くことであなたへの警戒を緩める効果はあります。その後、LINEを送って責めていないことがわかればあなたのことを良い記憶として思い出してくれる時期も来ます。

 

 

心理学の観点で相手の潜在意識に作用して復縁する方法について解説しています。

関連記事:潜在意識で復縁するには?引き寄せの法則のやり方で自分を変える

 

結婚への期待がプレッシャーを感じさせて別れたいと思わせていませんか?

 

 

元彼がlineを未読無視する理由と心理がわかります。

関連記事:未読無視の元彼の心理と理由?ラインを既読スルーされたら実行すべきこと

 

 

男性心理を理解する

喧嘩別れが気まずい男性心理?

男性心理は最後の言葉に本音がある?あなたともう別れたいと思った男性心理とは?悔しいから忘れようとしたことで美化された記憶が原因で未練や後悔の気持ちに変化します。

記憶を美化された

男性心理は時間が経てば自分に都合よく記憶を変える

なぜ元彼がまた別れを選択してしまったのかを考える。もう飽きた?他に好きな女性がいる?と疑う前に自身の交際姿勢について考えて下さい。元彼の最後の言葉に言えずにいた不満が隠れています。美化した元彼の思い出と実際のあなたの態度の違いが再会した時に振られてしまう原因になることもあるのです。

 

 

復縁できる可能性についてチェックする方法があります。

関連記事:復縁の可能性と成功の確率を診断?別れの心理をチェックする方法

 

 

喧嘩で別れたくないなら

男性心理が復縁を考えるタイミング

元彼と復縁してもう一度やり直す方法を考える前にそんな恋愛観の元彼と本当に復縁してやり直すべきかを考えて下さい。性格を理解できるかが復縁には重要なのです。

 

 

復縁のきっかけを作る方法がわかります。

参考:復縁のきっかけ作りの言葉!男性女性で恋愛観と結婚観は異なる

 

 

復縁の可能性を高める方法がわかります。

参考:失恋から復縁の可能性と確率!別れの心理をチェック診断する方法

 

謝るタイミングは

喧嘩別れの後の男性心理を理解する

女性から男性へのアプローチ

復縁までの期間:7ヶ月

依頼者:E美さん(女性37歳・会社員)

お相手:Kさん(男性・38歳・会社員)

難易度C

 

 

他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことでこのエピソードを事例紹介に掲載いたします。

 

E美さんは約3年前に友人関係であった彼氏Kさんとお付き合いを開始されたそうである。

 

しかし交際から6か月で一度別れてしまわれ、すぐにまた会うようになられ交際を継続できていたとのこと。

 

 

ところが結婚を意識されるようになってから彼との衝突が起きるようになり、彼の様子が変わったそうである。

 

会える時間が減り、旅行など先々の計画の話題も出なくなられ、一緒にいても会話も冷めてしまったそうである。その状態が半年ほど経過し二度目の別れを感じられてしまう。

 

接していて気配が心配になり彼へのline内容・返信がない状態での追送の頻度が多くなり、問い詰めを執拗にされてから彼の態度が変わり、付き合ってる意味がない、もう彼女と思えない、別れたい、幸せになれない、気分の問題などの言い分で別れを言われたそうだ。

 

男性心理の責められないようにされた自己保身が理由と思われる別れ方である。

 

 

当方にメール相談。数回のメールのやり取りの後、14問のチェックシート判定などを 行いお二人の恋愛の経緯や彼の異変について電話にてお聞きする。

 

彼氏の心理には恋愛に疲労している気持ちが強く恋愛を終結させたい気持ち強いとの分析結果を提示し今は責めるようなlineを控えるよう悪化防止のアドバイスを行う。

 

 

彼には愛情や未練がほとんど残っていないことを提示する。着手。恋愛に対しての非の自覚やありがとうの伝達、彼の視点から見たご自身について反省をしていただき、伝える謝罪の言葉を作成し冷却の期間が欲しいことなどを彼にlineで送信する。

 

彼からの返答に対して問い詰めてしまったこと、衝突したこと苦手と感じさせたことについての謝罪を送信する。

 

彼からの返答では、終わったことだからもう連絡はしないで欲しいとの回答に至る。

 

二度目の復縁のために1ヶ月の冷却期間を指示する。この期間で、自身の短所・問題点、元カノとはよりを戻せない性格であること、無視に陥る可能性を提示して、彼が感じた嫌悪感・苦手意識・重荷感を提示し、自覚いただくことから自己改革のアドバイスに着手をする。

 

謝りたいこと、彼が不安と思う自分についての反省などを作文していただき、その内容について課題形式でやり取りをしていただく。

 

彼が別れたいと考えた理由について、自身が彼を困らせたことについてじっくり自覚をしていただき、問題についてよく考える。

 

 

自身の以前の恋愛に問題があることが判明する。が20代の頃に結婚まで考え交際されていた男性から一方的な別れを告げられ、口論の末に別れたとのことであるが、別れた直後にE美さんの同僚とその男性の交際が発覚したとのこと。

 

そのことがあって以降、30代前半で交際された男性への監視・束縛・疑心を過多に向けられたことが原因で最後は完全無視をされるに至る交際の終わり方をされたそうである。

 

心の中で起きていた不安などが判明する。おそらく無意識で疑心として現在の彼氏、Kさんに強い感情として疑心・束縛の言動を継続的に向けられてしまったことがKさんの苦手意識を生じさせた原因と断定される。

 

 

1ヶ月が経過する が、非の自覚が不十分なことが理由で沈黙を続ける。

 

作文による当方とのやり取りを継続する。自身に自身が彼に与えた苦手意識=不快感や重たさを自覚頂き、どう変わるかを考えていただく。

 

相手の気持ちになって考えていただきながら、どう相手を思いやるか安心を伝える謝罪について考える。

 

几帳面な性格からの彼との会話での態度や愛情表現の強要な彼に義務を押し付けたり、疑心・不安からの彼への発言で感情の起伏を見せてしまったことなどを反省しながらの自覚をしていただく。

 

彼への謝罪と話し合いの申し込みのlineをしていただき、彼からの回答を得る。話し合いが実現する。謝罪の後、話し合いをしていただき、彼から交際を継続できない気持ちについての多くの言葉をもらう。

 

彼が言えなかった不満や不安の言葉を聞くことができる。別れについての言い分はすべて言い返さず聞いていただく。

 

 

結論まで2週間の猶予をもらう。2回目の話し合いに向けてメッセージの作成を開始する。

 

彼からの言葉を基に彼に伝えたいことなどをまとめていただくと同時に交際の期間での彼が感じた愛情や共有・共通の価値観・有意義について考えて いただき、彼とのこれまでの向き合い方、彼に求めた愛情の重荷感や義務感、彼に対して言えなかった事の謝罪、愛情への感謝、彼の好きなところの理由、引き留めている理由、疑心を向けた理由説明などから伝えるべき謝罪の準備をする。2回目の面会での伝達が実現する。

 

会われた翌日の夕方、彼に面会のお礼のlineを入れ、返答を得るが次にいつ会えるのかが記載されていない状態。

 

 

彼の気持ちを考慮して2ヶ月程度の静観 を指示する。この感で、 彼への疑心を持った自分についての反省など非の自覚に取り組んでいただく。

 

彼に向けた感情の起伏の激しい言葉は20代の頃の交際相手への恨みや許せない・信じ られない感情からという自覚と反省と今後は繰り返さない誓いについて考えていただく。

 

再度2ヶ月程度そっとしておく。

 

5月の連休で会いたいとメールをされる。前回と似た重い雰囲気での対話となり、彼の言い分では、もしこのまま交際を継続できない、別れた方がお互いの将来のためには良いとの主 張。愛情に応え、行動を束縛され携帯まで監視されて当然という態度が苦手であり、監視され束縛されていると思うと気分を重くする、これからも疑われながら 上手に付き合える自信が持てないなどの言葉を言われてしまう。

 

この面会での彼からの返答の結果を基に今後、安心を与えるべき行動を伴わせた安心の伝 達や謝罪すべき点、直すべき箇所についてアドバイスを行う。

 

 

次は彼がまた会いたいと思える内容の 会話や彼が交際初期に感じた長所を多く伝えられるよう考える。必要な存在と思ってもらえる会話について考えていただく。

 

彼との推移について随時、発言内容を記憶し当夜にレポートで提示していただくことになる。

 

数日後、前回のやり取りを基に会うことのお願いの lineを送信し、やり取りの後、1ヵ月後に会うことができる。

 

 

彼としては、執着の気持ち、不安定だった態度がまだ苦手と感じる気持ちであるとの発言を得る。なるべく別れ話や交際についての形式的な話し合いから、素直に本心で向かい合う会話に移行していただき、有意義な時間にしていただく。

 

 

その面会から1週間程度が経過し、週末に誘いのlineを送信する。この日は楽しい時間を過ごされる。

 

これまでのアドバイスを厳守いただいて、聞き上手な態度で受け答えをされながら彼の不安な気 持ちを払拭できる発言も含めて、彼の気持ちを察しながらの会話で彼を安心させられるよう彼と向き合っていただく。

 

 

数日後、彼からのlineへの返答から楽し いやり取りをしていただく。

 

引き続き、 彼を安心させられるよう疑心を持たず、悲観する発言はしないことを厳守いただく。

 

数日後、 彼から電話で2人で一緒に過ごす時間を大 切にしたいことを伝えられる。

 

頻繁に会われるうになる。ご報告から判断して1か月後に関係の修復を提案していただく。彼から別れ話の撤回を了解してもらえ二度目の復縁をされてお付き合いの再開に至る。

 

 

冷却期間を置いて復縁できた

 

元彼との復縁事例で具体的な話し合いの方法を解説しています。

関連記事:元彼に新しい彼女がいても諦めたくない?そっけないLINEへの対処法

 

 

 

 

 

この記事の著者のプロフィール

 

TOPへ戻る