復縁成功事例

依頼者
A代さん(20代)
お相手
K郎さん(30代)
相談内容
彼氏と復縁
復縁難易度
難易度A
修復期間
3カ月

別れ話を受け入れた後で復縁できた事例

別れ話を受け入れた後の話し方がわかる事例

復縁体験談

3年前に共通の趣味のがきっかけでK司郎さんと知り合い、2年半前に交際を開始。週に1,2回週末に会う、休日に一緒に 旅行に行くなどの順調で親密なお付き合いをしていた。ところが彼の仕事が昇進や出張が多くなるなど忙しくなり始めた今年の春からすれ違いが増え、彼からの返事が遅くなるようになった。

「最近、冷たいよ。返事とか遅 い」と言い、彼にその理由を尋ねたが「忙しくて夜中に連絡されても寝ていて気がつかなかった」と言われてしまう。

彼氏の変化は浮気だと思い、彼を疑いたい気持ちになるが言葉にできない。不安な気持ちのまま翌朝になる。

数日後、彼に週末の予定のことで電話を入れるが、この際に「別れたい」と言われてしまう。驚いたことが理由で呆然と電話を無言で切ってしまう。「会おう」とメールを入れるが夜中まで待ったが返事がない。「会ってきちんとお話ししよう」とメールを入れるが返事がない。電話を入れるが出ない。彼に別の恋人ができて別れたくなったのだと思い、その後10日程、連絡できなくなった。

あきらめられず、彼のことが好きなのだと自覚され、再度「会ってください」とメールを入れるが返事がない。再度、「会いたい」と 伝えると「話すことなんてなにもないよ、迷惑だ」と急に別れ話をされてしまう。別れ話の保留する期間をお願いはしたが返事がない。

ご相談。まず彼の別れの心理の分析を開始する。14項目のチェックシート回答、別れに至る一ヶ月前からの二人のやり取り、最後になったデートでの様子、言葉から彼の別れの心理を分析する。なぜ別れたくなったのか の原因を推察する。

浮気や別の恋人の出現ではなく、結婚を意識した発言の多さ、恋愛への依存度の高さが原因による彼にとっての精神 的負担が原因と断定する。

最後に彼の部屋の前まで行った日から一週間そっとしてあげる。

当方の分析から導いた彼の持つ嫌悪感を軽減する言葉「この前はごめん、もう迷惑なることはしないね、でも最後にありがとうっていいたかったんだ」と送信する。(LINEをブロックされた場合はSNS経路を使用するケースが多いです)一週間待つが返事はない。

に「あなたのことわかってるようでわからなかったことごめんね。すごく後悔してます。最後にごめんって言わせて」と送信する。「やり直すつもりはないよ。そういうしつこいところが苦手なん だ」と断られてしまう。

別れの原因が浮気ではなく、やはり彼への交際中の態度が原因であったと判明。一週間が経過してから「ごめんなさい、あなたのためなら悪いところを教えて?嫉妬したり甘えたりしてごめん」と伝える。

「気持ちはありがたいんだけど、疲れたんだ。A代のことばかり考えてる余裕なんて僕には持てないんだ」との内容。つまり交際中に甘えて依存が強く、依存していたことが判明。

メールで「新しい彼女できたの?」と問いかける彼から「仕事に追われていてそんなゆとりないよ。新しい彼氏探せよ」と返事が来る。(彼の性格分析に基づき)彼に「何人か私が彼氏と別れたって聞いて誘われたけど保留中」と返事を入れ させる。

彼から「遠慮すんな、僕を待っても気持ちはたぶん変わらないと思うけど」と返信が来る。「仕事忙しいみたいだけど最近寒くなって来たから健康に気をつけてね」と返事がある。

彼から電話が来る。「会えるかな?」との内容。その週末、彼との再会が実現する。

復縁について考えを伝えてもらえる。お付き合いを続ける結論になる。