別れを決意した言葉と心理

別れを決意した言葉と行動から心理を考察する方法

再会デート

別れると決意した彼氏、彼女の言葉と行動から理由を考察する、心理学による別れた元カレ、元カノの別れの心理、理由、恋愛を放棄したい決意を知る復縁のアドバイスいたします。別れる決断をして自己保身から柔らかい言い方であなたを刺激しないような別れ話をされているケースが多いのです。きちんとコンタクトを再開するための心理分析で相手の別れようと決意した正直な気持ち、言えない本当の理由を聞く覚悟とどう対処すればいいかなどの行動を提示いたします。元カレ元カノのことを好きという気持ちを最優先にしたメッセージの伝達方法のパターンをアドバイスいたします。

復活愛、冷めた気持ちは戻る 心理学の4段階のコンタクト

最後の言葉から別れを決意した心理を知る

別れを決意した彼、彼女がどう別れを伝えたのか?

別れた元カレが言えずにいた自己保身と別れの理由について

彼氏の自己保身と男性心理とは?

男性心理には、心の領域があり、聞かれることで交際再開、別れの撤回を期待されている、未練を言葉を聞くことが気重になります。以前のデートの思い出や感謝の言葉を向けてはいけません。振ったことを後悔をする傾向があります。今すぐの交際再開のYES以外の答えを期待されていないと感じて無理と言い切る決意に追い込まれます。気まずくなるとラインを平気で未読スルーで無視したりアカウント削除をして逃げ切ることを画策します。悲観的な言葉で気持ちを聞かない方が向き合いやすいケースがあります。彼女顔をされた粘着な言葉を嫌います。また付き合って欲しいと言い出されることを警戒する傾向があります。本音で受け答えできない傾向があります。冷めたら別れに納得させることを優先する保身行動が起き次のデートの約束が曖昧になります。

どうする

しつこく縋られることを怯えてしまう女性心理とは?

女性心理には恋人への所有意識、愛着の情が深い分、生理的嫌悪を感じると拗れたり突然の待ち伏せなどのトラブルに至る危険を察知してしまいます。別れた元カノが無視する理由とは?
振り回されたくないという保身があり、プレゼントなどは心の領域への踏み込み過ぎとなります。結果を急がないことがコンタクト維持の手段です。共通の友達への相談により保身行動に転じます。恋が愛着に変化したように別れたいという気持ちが保身に変化します。自分が振られたくないという怯えがあります。本当に別れたい時は対面で謝りながら伝える傾向があります。それ以降に縋られると無視の状態に陥ります。別れを伝えた後は被害者意識を感じやすいです。

困ったわ

 

メール lineの再開は謝るより察する

①自分から発信するline、メール文章には恋愛心理を察する観点で話題の中心を重視する。
カップルとしてのバランス、気遣い、敬意ある明朗でわかりやすく、目的が理解される短い文面であること。
②決め付け、自己判断自己解釈での責める言葉 、言い切る表記は禁句。
③相手が触れるまでは共通の知人友人、職場の話題をline、メールに記載しないこと。

元カノ元カレが未読無視のlineスルーは別れ話の後の気まずい心理

lineで伝える

別れた後のlineのやり取り実例

別れた彼氏から急に距離をおきたい、と言われたら?別れ話になっていない彼氏と久しぶりにlineをしたらもう終っている、やり直せない、と言われたら?答え:男性心理の自己保身、自己正当化が理由による過去形の返答です。責めずに理由を問い詰めず、なぜそうなの?と優しく尋ねて気まずくさせない。泣かない、責めない、無視しない向き合い方で復縁できる。

復縁するには潜在意識に作用する

lineの返事待ち

別れ話の時から「君とは結婚できない、自分は結婚しない」、と言われたら?
答え:男性心理の成婚への自信のなさが理由です。lineで浮気や目移りを憶測で疑うことは避けて下さい。
もしも責めたり問い詰めた後ならば、泣いたり責めたこと、浮気を疑ったことなど自己主張が強く思い込みで悲観した気持ちから焦った言葉、一方的な言葉を向けてしまった理由を声にして謝り、成婚や交際再開を期待していたから思う様にならず、ついつい心にもない悲観的な言葉を向けてしまいました。好きだから期待してしまった。
など正直な理由の説明をされて、彼の言い分を聞いて下さい。それに対して、もっと対等な関係でありたいのに、のような本心を向けてくれた場合は、謝り、前向きな言葉を向けて下さい。
恋愛心理を察する、謝った後でもし彼から、終ったことと言われた場合は、明確な謝罪意志を声にして、相手にとって、自分と連絡を継続することで与えられるメリット(尽くし慕う言葉、誓い、愛情面、誠実さ)を声にして下さい。

TOPへ戻る