別れ話の後の既読無視はいつまで待つべき? 彼氏の男性心理を理解した対処法

別れ話の後で彼氏からの返信がなく、既読スルーされることは、とても辛いものです。別れ話の後で男性が既読無視をする理由には様々なものがあります。一つは、その内容に対して複雑な思いを抱えている場合。別れ話に対してまだ気持ちを整理できていない、あるいは受け入れる準備ができていないということがあります。

また、避けたい、対処したくない、という気持ちから既読無視をしてしまうこともあります。

男性は自分の感情を素直に表現しにくいと感じることもあります。

そのため、別れ話に対する真の気持ちを直接伝えることを避け、既読無視によって距離を置こうとすることもあるのです。そして、いつまで既読無視が続くかについては、状況により異なります。しかし、気持ちの整理がついたタイミングで、ちゃんとした答えが得られることも多いです。

別れ話の後で既読無視する男性心理

別れ話は、多くの人にとって難しい局面です。特に男性の反応が気になりますよね。
別れ話後の既読無視についての心理を知ることで、相手の行動に少しは納得できるかもしれません。

別れ話の後で元彼に会える

別れ話既読無視の男性心理分析

別れ話既読無視の男性心理分析について、多くの女性が疑問を抱えています。別れ話をした後、男性が一切の返信をせずに既読スルーを続けると、それは一体どんな心理からなのでしょうか。

男性は感情表現に対して女性よりも抵抗感を持つことが少なくありません。特に別れ話となると、自分自身の感情と向き合うことが苦手な場合があります。そのため、女性の思いに対して直接的に答えることができず、逃げるように既読無視をしてしまうことがあります。別れ話をきちんと受け入れることができていないのです。

さらに、男性の中には、自分の気持ちがまだ整理できていない状態であるため、返信をすることができないというケースもあります。別れ話に対する男性の本音は、女性が思っている以上に複雑なものであることが多いのです。感情の整理や受け入れには時間がかかります。したがって、既読無視をしてしまう男性も少なくありません。

一方で、男性は直面したくない問題を避ける、対処したくないという気持ちから、既読無視を選択することもあります。それは、別れ話自体を避けたいという心理から生まれる行動かもしれません。

既読無視された理由

別れ話の後で既読無視する理由とは

彼氏がLINEを既読無視にする理由とは?既読表示にしても返事ができない理由は別れたい気持ちを察して欲しいと言う心理です。別れのLINEに返信しない男の心理はもう終わったことにしたいのです。

彼氏とは婚活アプリでのやり取りが馴れ初め、マッチングアプリでの出会い、お互いに性格は合っていると思っていたが、突然、彼氏からの別れ話になった。別れたくないけど返事がない理由は察して欲しいという意味なのです。

既読スルーされたら?

沈黙は拒絶?それとも別の意味?

沈黙は拒絶?それとも別の意味?というテーマについて考えてみましょう。

別れ話の場面で男性からの沈黙や既読無視は、多くの女性にとって拒絶や冷たさと受け取られがちですが、実際にはそれだけが全てではありません。

まず第一に、男性の中には感情を表現することに苦手意識を持っている方が少なくありません。特に別れ話などの重い話題になると、その苦手意識がより強くなり、直接的に答えることが難しい場合があります。

また、既読無視や沈黙は、男性自身の気持ちを整理するためにとっている場合もあります。別れ話という衝撃的な出来事に対して、感情の整理に時間を要することは決して珍しいことではありません。そのため、返信が遅れたり、一切返信がないという状況になることもあるのです。

さらに、一部の男性は自分自身が別れ話やその後の対応についてどう感じているのかをまだ模索中である場合があります。そのような状況下では、まず自分の心情を整理したいという理由で返信を控えることがあります。

また、避けることで問題が解決するわけではないということを男性自身も理解している場合は、あくまで自分の感情の整理のために静観している可能性があります。

以上のように、男性の既読無視や沈黙は必ずしも拒絶や冷たさを意味するわけではなく、さまざまな心理的な要因が絡んでいる可能性があることを理解しておくことが大切です。

LINEで別れたら

別れ話をされたときの男性の心理変遷

別れ話を告げられた男性は、さまざまな感情や思いを経験します。最初は驚きやショックで、受け入れがたい現実に戸惑いを感じることでしょう。その後、悲しみや失望が心を支配し、自分自身や相手との関係を振り返る時間を持つことになります。

次第に、怒りや不満が湧き上がってくることもあります。自分なりの正当性や相手への不平不満が湧き上がり、感情的な爆発や過去の出来事を振り返ることがあるかもしれません。この段階では、相手に対する責任転嫁や過去の悪い出来事を思い出し、自分を納得させようとすることも。ただし、この段階を超えると、受容や理解が進み、次第に穏やかな心境になっていくことでしょう。

そして、徐々に新たな未来に対する希望や楽観が芽生えてくることもあります。この段階では、自分自身の成長や新たな出会いへの期待が生まれ、前向きな意識へとシフトしていくことでしょう。一方で、別れ話をされた男性がその過程でたくましく成長し、ポジティブな気持ちで前に進んでいく姿勢を示すこともあります。

彼氏に無視されて音信不通

既読無視に対する女性の心理


女性が既読無視されると、不安や焦り、寂しさなど、さまざまな感情が湧き上がります。特に別れ話の場合、相手からの返信がないことで、自分の気持ちや関係の行方に不安を感じます。

それは、「どうして返事をくれないのだろう」「私の気持ちが届いていないのかもしれない」といった、否定的な思いが生まれることもあります。また、相手の態度が全く読み取れないことで、心の揺れも大きくなります。

一方で、女性は対人関係においてコミュニケーションを大切にする傾向があり、相手との間に冷たい壁ができてしまったと感じることで、寂しさを感じることもあります。ただし、女性によって感じ方は異なります。たとえば、相手に時間を与えるためと前向きに受け止める人もいれば、冷たい態度に対して怒りや悲しみを感じる人もいます。

LINEの送り方を変える

男性からのNO返信時の縁切りテクニック

男性からのNO返信、つまり拒否された場合には、縁を切るためのテクニックがあります。まずは、相手の気持ちを尊重することが大切です。相手からのNO返信に対してしつこく返信をすることは逆効果であり、相手を追い詰めてしまう可能性があります。自分の気持ちを伝えた後は、相手の返信を待つことが大切です。そして、相手がNO返信をしてきた場合には、しっかりと受け止めることが重要です。相手の気持ちを理解し、自分の気持ちも大切にすることが大切です。また、NO返信を受けた場合には、自分の時間を大切にすることも重要です。相手の気持ちを理解する一方で、自分自身の気持ちや考えを整理し、次のステップを考える時間を持つことが大切です。このように、男性からのNO返信時には、相手の気持ちを尊重し、自分自身の気持ちを大切にすることが重要です。そして、縁を切る際には、相手と自分自身の気持ちをしっかりと整理し、冷静に対応することがポイントとなります。

どんなLINEを送ればいい?

決断を促す方法


男性からのNO返信を受けた場合、相手に決断を促す方法があります。それは、自分の気持ちをしっかりと相手に伝えることです。NO返信されたことで、焦りや不安を感じるかもしれませんが、自分の思いや考えを相手に丁寧に伝えることで、相手に決断を促すことができます。ただし、相手に対してしつこくアプローチするのではなく、相手の立場や気持ちを考えながら、相手に理解してもらえるような言葉を選ぶことが大切です。

また、相手に決断を促す際には、相手の立場に立って考えることも重要です。相手が自分の気持ちを理解しやすいように、相手の立場や状況を考慮しながら、言葉を選ぶことがポイントです。相手に対して尊重の気持ちを忘れず、相手とのコミュニケーションを大切にすることが、決断を促す上で重要です。

さらに、決断を促す際には、自分自身も冷静な状態でいることが大切です。相手に対して自分の気持ちを伝える際には、自分の感情が相手に伝わらないように心がけることが重要です。相手に感情的になってしまうと、相手の理解を得ることが難しくなる可能性があります。

以上のポイントを踏まえて、相手に決断を促す際には、相手の気持ちや立場を尊重し、相手にわかりやすい言葉で自分の気持ちを伝えることが大切です。自分自身も冷静な状態を保ちながら、相手とのコミュニケーションを大切にすることで、相手に決断を促すことができます。

LINEで失恋した

感情をコントロールする方法

感情をコントロールすることは、別れ話やNO返信時のような難しい状況に直面した際に非常に重要です。まずは、深呼吸をすることから始めましょう。深く息を吸い込んで、ゆっくりと吐き出すことで、心の状態を落ち着かせる助けになります。次に、自分の感情や考えを客観的に見つめることが大切です。冷静になるためには、感情に振り回されず、客観的に状況を理解することが重要です。

また、感情を整理するためには、自分の気持ちを文字に起こすことも有効です。日記をつける、文章にするなどして、自分の気持ちを整理することが大切です。これにより、感情が整理され、冷静に対処することができるでしょう。さらに、感情を整理するだけでなく、外部のサポートを受けることも有効です。親しい友人や家族と感情をシェアすることで、気持ちを整理することができるでしょう。また、カウンセリングを受けることも一つの手段となります。

最後に、感情をコントロールするためには、ポジティブな考え方を持つことも重要です。ネガティブな感情に囚われず、ポジティブな視点で未来を見据えることが大切です。自分にとってプラスになることや、成長の機会として考えることで、感情をコントロールしやすくなるでしょう。感情をコントロールすることは簡単なことではありませんが、上記のような方法を取り入れることで、より冷静に状況に対処できることでしょう。感情を整理し、冷静な判断をすることが、別れ話や縁切りのような難しい状況を乗り越えるための近道となります。

会いたくない気持ち

別れ話既読無視時に待つべき期間と行動

別れ話既読無視時に待つべき期間と行動について考えてみましょう。

まず、既読無視をされた場合、相手の感情を尊重することが大切です。一度冷静になる時間を与えてあげることが大切でしょう。相手が落ち着いてから再度コンタクトを取ることが良いでしょう。

次に、相手がどのような気持ちでいるのかを推測することは避けた方が良いです。無駄な期待や不安を抱えるだけでなく、相手にとってもプレッシャーになってしまいます。そのため、自分自身と向き合い、今後のことを考える時間を持つことが重要です。

さらに、自分自身の気持ちを整理するためにも、別れ話について冷静に振り返る時間を作ることが大切です。相手の行動や言動にとらわれず、自分自身の心を静め、今後のことを考えてみましょう。

最後に、一定期間が経った後に相手から返信がない場合、自分自身の気持ちを優先し、新たな道を探ることも一つの選択肢です。相手の行動を待ち続けることよりも、自分自身の心のケアを優先することが大切です。

遠距離の復縁にはLINEが重要

待つ期間の目安とは

そして、待つ期間は自分自身の心のケアを優先するためにも大切です。焦らず自然な流れを大切にすることで、新たな道を見つけるヒントにもなるかもしれません。まずは1カ月、様子を見るつもりで何もせずに待って下さい。

返信をもらうlineのテクニック

待つ間の自己肯定感の保ち方


別れ話の既読無視をされた際には、心が不安定になりがちですが、自己肯定感を保つことが大切です。そのためには、自分を大切にすることが第一歩となります。自分をいたわり、健康的な生活を送ること、自分磨きに時間を使うことが重要です。

また、友人や家族との時間を大切にし、自分の感情を話すことで、心のケアができます。自分だけでなく、周りの人たちに支えられることで、自己肯定感を保つことができるでしょう。

さらに、新しい趣味や挑戦をすることで、自分自身の可能性を広げ、成長することができます。新たなことにチャレンジすることで、自分を見つめ直し、自己肯定感を高めることができます。

自己肯定感を高めるためには、自分を責めずに受け入れることも重要です。過去に起きたことを反省し、前向きに進むためには、自分自身を許すことが大切です。自分を理解し、大切にすることで、自己肯定感を保つことができるでしょう。

自己肯定感を保つためには、ただ待つだけでなく、自分自身と向き合い、自分磨きに時間を使うことが大切です。

自然消滅された

別れた後にやるべきこと

別れた後にやるべきことは、自分自身を大切にすることです。まずは感情を整理するために、しっかりと自分の気持ちに向き合いましょう。自分の時間を持つことで、自己成長や新たな趣味に取り組むなど、恋愛以外の充実した生活を送ることが大切です。次に、友人や家族とのコミュニケーションを大切にしましょう。別れた後は寂しさや悲しみを感じることがありますが、周囲の人々と時間を共有することで心の支えとなります。また、感情を押し殺さず、思い切り泣いたり、悲しい気持ちを受け入れることも大切です。思い切り悲しんで、前を向くためのエネルギーを溜めましょう。そして、新しい出会いにも開かれていくことが大切です。別れた後は、過去の恋愛から学びつつ、新たな恋に向けて前向きな気持ちを持ちましょう。新しい恋愛に焦点を当てることで、過去の別れに囚われずに前に進むことができます。これらのステップを踏んで、自分自身を丁寧に扱いながら、別れた後の気持ちを乗り越えていきましょう。

彼氏に会えるタイミング

別れ話をせずに既読無視された場合の対処法

しばらくは返事ができない気持ちを察してLINEを送らないことから始めて下さい。

既読無視される前に「おはよう」や「おやすみ」とメッセージしても既読にならず、スタンプを送っても無視されるようになったらこのまま音信不通で自然消滅されたと判断して下さい。

別れ話の後で既読スルー

①LINEを無視されたらそのまま送らずに放置して下さい。最低3ヶ月は様子を見る。

②次にLINEを送る時は空回りしない。長文の謝罪は空回りです。lineをブロックされるリスクがあります。短く気持ちを察した謝罪の言葉を送信されて3カ月待って下さい。

③自身のSNSに沈黙の意思表示を書いた記事を投稿する。

④彼氏のSNS投稿記事を読んで違和感、異性との関わりを探して下さい。

⑤SNSで彼氏から既読スルーで無視されていることは投稿しないこと。

⑥今すぐの返事を求めない。別れたい以外の答えが期待できないのです。

⑦line以外の連絡経路を見直す。3カ月が経過してからSNSメッセンジャー機能を活用する。

彼氏の本音はどんなに長文のラインでも最後の20文字に本当の気持ちが書いてあるのです。今までありがとう、などもう会わない、返事をしたくないという心理なのです。

悩んでしまう

既読無視にされたらやってはいけないこと

LINEを既読スルーされたら?まずは絶対にしてはいけないことを守って下さい。しつこく追加でLINEを送らないで下さい。まずは何もせずに連絡を待って下さい。

既読無視されている状態でSNSとSMSは絶対に連絡ツールとして使わないで下さい。

既読スルーされたら謝る言葉は送らない方がいい?

謝る目的で友達を巻き込んだり、引き留めるために別れない返事を迫って長時間の話し合いをしたり、別れ話の撤回を求めて会うことを執拗に求めたり、反省を伝えようとして過度に電話やメール、lineでの引き留めをしていた場合は会うことが難しい状態になっています。

無視された後のLINE

既読スルーでLINEを読んでもらえていないのに機嫌を覗う言葉を何度も送ってはいけません。スマホは見ていてもあなたからのメッセージは開いて読みたくないという意思表示なのです。しつこい送信は元彼に嫌われてしまいますので絶対に控えて下さい。

当然、元彼が頻繁にFacebookなどのSNSにログインしているとわかってもメッセンジャー機能でDMを送らないで下さい。今はどんな経路から連絡しても無視されますので空回りです。特に婚活のアプリで出会った場合は新しい女性を探したり仲良くなることが忙しくて前の彼女のことは放置してしまう傾向があるのです。

元彼に未読無視されたら

既読無視された後で嫌われる行動とは

彼氏が既読無視する心理は、あなたへの興味関心だけでなく恋愛感情が薄れていることが原因です。いつもすぐに返信をくれていた彼氏が急に既読無視した理由はあなたとこのまま別れたい理由のケースが多いのです。

あなたからのLINEのメッセージを読んだけど返信せずに放置したのは「返事の言葉に困った」「会う約束は避けたい」などあなたとの別れ話が原因でトラブルになることを避けたいというネガティブな気持ちが原因なのです。

無視を解決する

彼氏は既読無視で別れを察して欲しいという身勝手でドライな素を見せています。

ブロックされたくないなら既読無視させない内容でLINEを送って下さい。大事な用事がないならLINEはしばらく送信しないで下さい。既読スルーの場合、彼氏が仕事などで急に余裕がないなど忙しい可能性も考慮して3日はLINEを送らずに静観して下さい。

彼氏に既読無視されたらLINEを連投しないなど冷静な対応が必要です。

彼氏に自身の長所を理解してもらえるLINEの送り方があります。他に好きな人ができて別れ話をしないで自然消滅させたい男性心理が無視する理由のケースがあります。

無視された後で連絡する、連絡が来た場合の注意事項は「なんで無視したの、振られたと思って心配していた」とは聞いてはいけません。無視されていたことに触れず気軽に素直な返事をされて下さい。

彼氏が既読無視

まとめ

別れ話をする際に、男性が既読無視をする心理について理解することは重要です。別れ話をした後に相手からの連絡がないと、不安や焦りを感じることもあるでしょう。しかし、男性の中には、別れ話に対して混乱したり、まだ受け入れがたいと感じることがあるため、既読無視を選択する場合もあります。男性の中には、自分の感情を表現するのが苦手な人もいます。そのため、直接的に別れ話に対する本音を伝えることを避け、既読無視を選択することもあるのです。一方で、既読無視がいつまで続くのかは、個々の状況により異なります。そのため、焦らずに相手の気持ちを尊重し、気持ちの整理を待つことが大切です。別れ話後の既読無視は、男性が抱える様々な複雑な感情が影響していることが多いです。最終的な答えを急ぐのではなく、お互いの気持ちを尊重し合うことが、新たなスタートにつながるかもしれません。

お気軽にご相談ください。

この記事の著者プロフィール
復縁専科運営事務局・横山美咲
復縁専科運営事務局・横山美咲

1991年東京都生まれ。血液型A型。2016年より復縁専科のメール相談を担当。月間50件以上のご夫婦の離婚問題と恋愛の復縁カウンセリングの業務に携わる。 日本心理学会認定・認定心理士。