フェイドアウトで別れた彼に返事をしたいと思わせたい

フェイドアウトで別れた彼氏

愛が復活する

復縁への別れた後の連絡。別れた彼氏が元カノに返事をして、会ってももいいと思わせるきっかけを作る方法、

元彼のあなたへの未練の気持ち、好意に呼び掛ける理作戦成功事例の紹介

愛されたい

フェイドアウトで別れた彼に返事をしてもいいと思わせる

実現できる
別れた元カレに連絡するタイミング

女性から男性へのアプローチ

修復期間:10ヶ月

依頼者:T子さん(女性28歳・会社員)

お相手:Rさん(男性・27歳・会社員)

難易度C(別れ話以降、コンタクトが難しい状態)

T子さんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、このエピソードを事例紹介に掲載いたします。

いつも仲良し

T子さんは以前からの友人であったR さんに熱心にアプローチをされ、交際に 至られて10ヶ月が経過されていたそうである。しかし交際から8ヶ月くらいが経過し、彼と会える休日が彼の都合で少なくなり、彼氏にメールを送信しても返答が遅延したり、約束の直前などに急に約束をキャンセルされるなど相手の態度が変わられたとのこと。そのまま2ヶ月くらい我慢をされていたが、ついつい誘いに対して会えないとの電話での返答を貰われた時に疑い・責めたり、感情的な言葉や会えない事情を聞くなどされてしまわれ、Rさんから本心ではなく、駆け引きで別れを切り出されてしまう。その後何度かメールをされたが無視で返答が得られない。そのままフェイドアウトで自然消滅状態になられたそうだ。

当方にメールで心理作戦についての相談をされる。別れ話に至るまでの状況と、別れた彼氏との恋愛の経緯をくわしくT子さんにお聞きし、彼の心理の分析や人格分析を行い会えない原因、理由、気持ち、別れを急に切り出した心理などを分析する。14項目のチェックシート回答をお願いし、相手の人格分析(恋愛観、人物像・考え方、別れの心理)性格について分析をして、別れた彼の視点から見たご自身について考えていただく。会えない理由を仕事が多忙などの返答になることが多い傾向があるが、 返答はしつも約束に一旦応じて、直前でキャンセル、言い訳をしない返答から彼の伏せたい事実が隠されていることが判明する。

初めての問い詰めに対して逃げたい、自己を正当化したい気持ちから別れを切り出したと別れの心理が推測ができる。別れ話以降に1ヶ月の期間で数回のメールに対して面会を迫られたり別れを受け入れたくない話を避けて無視している態度に彼の保身の心理や身勝手さを感じる。これは若年の男性で比較的、交際中に優しい、交際中に大人びた発言をする男性に多い傾向で、無視や約束を守らないことに罪悪の気持ちが薄く、相手に対しての自分は好かれている、責められないという過信や甘えがあり、その場の雰囲気を円満にやり過ごす気持ちでただ会話の流れで約束に合意したることが多い。

触れられたくないことや、伏せたいことに言及される不安を感じさせてしまうとリセットしたい気持ちから別れを言葉にする傾向がある。彼はT子さんと会わない休日は、おそらく他の平行で交際を始めようとしていた女性と過ごされている可能性があることを提示する。

相談前に浮気を疑ったり謝罪を含んだメールをされていることから対話実現を前提に1ヶ月の冷却期間で静観を指示する。この静観の期間で、ファーストコンタクトに向けて先々で彼がT子さんと向き合うことへの安心について、彼がT子さんと向き合い、もう一度好きになってもらうための話し合いになるよう、共有して過ごす時間を苦痛と感じない面会の内容について課題の形式で考えていただく。彼の視点から見た恋人としてのT子さんとの交際で、感じた重荷感・甘え・煩わしさ、倦怠感、T子さんの短所(言いたいことを我慢してしまうこと、遠慮が誤解を生じさせる傾向)、を感じさせた重荷感について自覚をしていただくためにいくつかの課題に取り組んでいただく。T子さんの彼に対する向き合い方が変わらなければならない部分(面倒ではない向き合い方)について提示し、彼に対して伝えたいこと、彼が安心をして面倒と感じずに向き合うことについて課題として作文をしていただき、心理作戦として別れた彼氏にメールで伝達する文章の作成を開始する。

1ヶ月が経過し、近況のことも含め彼 を話題の中心に置いたメール文章を彼氏に送信する。返答が得られるが、仕事が多忙との内容の返答。

1週間を置いて、面会したいことを伝えるがそのうち食事にでも行こうか、(会おうか)と返答が来ても具体的な日時を確定できない状態に終わる。彼から時間ができたらメールするねと言われたこともあり、彼からの連絡を1ヶ月待つが連絡は来ない。彼氏の心理と しては自己保身からの返答である。実行する意欲が薄い保身での返答をしたのである。(この別れた彼氏の返答の心理分析で は、彼の返答文面や 言い分にある「仕事」という言葉を「他の女性との恋愛」と置き換えて読むと本心が見える文面であり、「T子のために別れたのだから会わない方がいいかも」の「T子」を「自分」または「自分の新しい恋人」と置き換えて読むことができる典型的な若年男性の恋愛放棄と自分が責められずに逃げようとする逃避心理がやり取りの中に出ていた成功への心理作戦の案件です)

この待機の期間でも心理作戦 の課題に取り組んで いただき彼に曖昧な返答から実際に行動をさせ、実行させるための通話のマニュアルを作成する。(新しい恋人が彼に与えていない愛情、彼の気持ちの隙間に作用する愛情について課題に取り組んでい ただく)このような状態では、嫉妬心・敵意・不信感を抑えることが交際の復活には重要です。相手が気まずいと感じる発言は控えることがコンタクト継続に大きな意味を持ちます。

1ヶ月程が経過してからメールにて、 会いたい理由、責めたり留意したりしな い約束、通話がしたいことを文章にしていただき送信をする。週末の深夜に通話が適い、通話にてマニュアルに従い、相手の心の重荷にならないこと、相手を話 題の中心に置いて近況を聞いて励ますこと、交際中の共通の価値観を優先した話題、聞き上手で疑わない通話をしていただくが、相手が面会について曖昧な返答になってしまい面会の確定ができない状態で通話が終わる。通話レポートを心理分析し、通話での彼の返答や話しの内容の様子から平行で交際している女性と最近は頻繁には会っていない様子が伺えたことを提示する。

1ヶ月の待機の意味での冷却の期間を 置く。これはセオリーで相手への気まずさを軽減する意味があります。この間に彼から連絡は来ない。彼はこの時点でもT子さんとのやり直す意志がないことが推測される。しかし1ヶ月くらいが経過した時に週末の夕方に彼から会える?と電話があり、食事に行かれ、近況のことなど会話をされる。謝罪などもされたが彼からはもう終わったことと言われてしまう。すぐの交際は厳しい状態である。彼の保身の気持ちを考慮して結論を迫られたくない、気まずい心理を受け止めていただく。
1ヵ月は静観し様子を見るように指示をする。

1ヶ月の期間で、彼が次の面会に応じ ても興味を示せる場所や面会内容につい て課題に取り組んでいただく。結果、時間のある週末にT子さんの部屋に食事に来ていただき、DVDの映画を見ながら洋酒を飲むという提案に案がまとまる。 いつなら通話ができますか?のような内容のメールを送信いただき、返答が得れ、通話をしていただき、提案をされるが、彼から忙しいことと、別れたのだから 部屋に行くわけには、と断られてしまう。彼の考えに警戒する気持ちが残っていること、責められたくない気持ちがあることが覗える。

2ヶ月程度の冷却の期間を置く。別れ た彼氏としての気まずい、苦手な心理を尊重していただく。静観の期間が済む頃はクリスマス前の時期で あったため、彼の平行での交際について配慮し、誘わないよう指示をする。クリスマス前に近況について久しぶりにメールのやり取りをされる。

彼から年始の挨拶メールが来て、通話をされる。その後、2週間ほどが経過して からバレンタイン時期での面会提案を通話でしていただくが、相変わらず日時を確定させない曖昧な返答に至る。(通話内容から警戒が薄れていることや平行で交際されていた女性と異変が起きていることを察することができた)

そのやり取りから数日が過ぎた時に彼からメールがあり、2回目の面会が適う。食事の後、飲みに行かれ、深夜になったことと、酔った彼がどうしても、と言われたことが理由で彼の部屋に泊まられる(マニュアルでは禁止事項であった)その翌日から彼から以前のようなメールが来るようになり、次の週末も一緒に過ごされる状態になられた。別れた彼氏と交際を再開するための注意事項は継続して厳守していただく。

この状態 で3週間、彼との向き合い方を継続いただく。以前のような交際が再開した状態となり、バレンタインの夜のデートにて彼から交際の再開についてきちんとお願いをしてもらえて付き合いが戻り、無事に修復に至られたと判断をする。

バレンタインで

TOPへ戻る