別れたことを後悔して彼氏と復縁したいなら、lineの使い方で気を付けること

別れたことを後悔して彼氏と復縁したいなら

実現できる

彼氏と別れたことを後悔した、復縁したいと思った。lineでの連絡を続けようとしたが元彼が未読無視する理由とは?

彼氏への未練(残存愛情)と後悔をlineで上手に伝える方法、心に響く元彼とのline連絡継続の方法を紹介

 

復縁したいなら気を付けることがあります。

参考:復縁したい人が別れて1ヶ月でとるべき行動と絶対してはいけないこと

愛情を信じて

別れたことを後悔して復縁する方法

彼氏と別れたことを本当に後悔しているなら別れに同意した理由をちゃんとlineに書いて後悔している理由を説明してあげて下さい。

 

別れたことを後悔してるなら冷却期間が必要

別れたことを後悔しているなら3カ月は冷却期間として沈黙が重要になります。別れたことを後悔して復縁したい気持ちを伝えることで音信が途切れる危険があります。lineの未読無視からlineブロックに至る音信遮断をされてしまうリスクがあります。元彼と今すぐの復縁は難しくても先々で復縁ができる可能性があります。

 

もう一度やり直す

別れたことを後悔して元彼と復縁したい場合はどうする

女性から男性へのアプローチ  作成した復縁マニュアルを活用して元彼の心理を読んで元彼の無視を打開する

修復期間:9か月

依頼者:S美さん(女性27歳・ 会社員)

お相手:Rさん(男性31歳・会社員)

難易度D

 

幸せを考える

S美さんの意思により、他の元彼のメール無視の男性の気持ちのことなどに悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、 このエピソードを成功事例紹 介に掲載いたします。

愛が蘇る

S美さんは1年ほど前に何人かの仲の良いグループの中で友人関係であったRさんと交際を開始されたとのこと。ところが交際から6ヶ月が経過した頃、休日の予定が合わないことや、些細なことで彼との衝突が起きるようになり、彼の態度や様子 が変わったそうである。

 

連絡についての彼からの応答が遅延したり、会える週末や時間が減り、彼がS美さんの部屋に泊まりに来られた週末であっても会話もそっけなくなられてしまったそうである。

 

その状態から数ヶ月が経過し、口論の際にS美さんから一方的に執拗に問い詰めをされてしまわれた際に、無言で帰宅 してしまわれた彼からメールにて「別れたい、終わりにしたい、連絡もやめて欲しい」などの言葉を一方的に伝えられてしまい、そのメールに対して責める文面を感情的になられ送信されてしまい、数回のやり取りの後、メールの返答すらもらえない状態に陥られたそうである。

 

メールの無視が1週間程度継続したため、かなり感情的になられ方法がわからず電話を何度もコールされたそうだが取ってもらえない状態に陥られたそうである。

 

メール無視の状態となる、男性心理として自然消滅を画策したり、引き留めなどの煩わしい話し合いから逃れたい状態である。

 

自身では元彼の無視の理由がわからない、メール無視の心理について当方にメールでご相談。数回の経緯につい てのメールのやり取りの後、一方的に送 信されたメール原文の開示をしていただいたり、彼からのメール文面を心理分析するなどの作業とチェックシート判定を行いお二人の恋愛の経緯や彼の異変についてくわしくお聞きする。

 

連絡の方法での取り組みができるかを分析する目的である。衝突=心の温度差のことからS美さんの非の自覚、などをしていただき、彼の心理にS美さんとの恋愛に倦怠され向き合うことが煩わ しくなられ恋愛を終結させたい発言に至られたことを含め分析結果を提示し、今は責めるようなメールも含め法則にしたがって謝罪のメールは控えるようアドバイスを行う。

 

 

性格分析などから元彼にはS美さんに対する恋愛放棄の罪悪感も少なく、自己を 正当化していること、S美さんへの苦手意識は強いが愛情や未練がほとんど残っていないことを提示する。方法を尋ねられ、分析を基に法則に基づいた方法について、マニュアルを作成のための課題に取り組んでいただく。

 

最初の課題としてS美さん自身非の自 覚を彼の視点から見たと仮定しご自身に ついて反省をしていただき、課題結果から今、すべきこと・伝えるべきことの伝達文章を作成し、彼にメールで送信していただく。彼からの返答は得られない。 1ヶ月の静観を経て、彼が部屋に置いて行った荷物を宅配便にて返却する際に手紙にて、苦手と感じさせたことについての謝罪を伝達していただく。

 

数日後、彼 からのメールがあり、終わったことだからもう連絡はしないで欲しいとの内容に至る。メールにてしばらくは連絡を控えることを返答し、セオリーである冷却期間を置く復縁の方法を行っていただくことになる。

 

3ヶ月の冷却期間を指示する。

 

この復縁の方法は冷却による沈黙の方法であり、思いやることを順守した手順である。

 

この冷却の期 間で、彼の視点から見たS美さんの短所・問題点、倦怠の理由

(愛情を義務のように求め、愛情を与えていなかったこと、彼の仕事での疲労などについての思いやりに欠けたこと)

など彼が感じた嫌悪感・苦手意識詳細についての分析を提示し、自覚いただくことから自己改革のアドバイスに着手をする。

 

彼が苦手と思う自分についての反省などを作文していただき、その内容について課題形式でやり取りをしていただく。彼がS美さんとの交際を継続したくないと考えた理由について、自身が彼を困らせたことについてじっくり自覚をしていただき、問題についてよく考えていただく。

(仲介に共通の知人に入っていただくことを前提に第三者に経緯を正直に伝え、自分にも彼にも非があること、自分が彼に謝り交際を継続したい理由説明について冷静な話ができるよう経緯をじっくり自分で方法をご理解いただくことになる。)

 

 

この課題にて、方法としてS美 さんの気の強さと 甘えの強さが問題であったことや彼の言 い分をきちんと聞かない面に問題があったことを自覚していただくことになる。取り組みにて作文による当方とのやり取りからS美さん自身に、自身が彼に与え た苦手意識=非を自覚頂き、どう変わるかを考えながら相手の気持ちになって自身のことについて考えていただきながら、どう相手を思いやるか、安心を伝える 謝罪について考えていただく。

 

メール無視の男性心理についてご説明をさせていただき冷却期間とした3ヶ月が経過する。

 

S美さんの気丈な性格が原因による彼 との会話や態度で、彼の心の領域を考慮できなかったことや彼に義務のような愛情を求めたり、疑心・不安からの彼への発言で感情の落ち込みを見せてしまったことなどを反省し自覚していただく。

 

課題でアポを得る為の伝達メール文章を作成し、彼との対話は面会か通話を優先し、メールでのやり取りは最小限にする方向で男性心理につ いてのアドバイスを行う。

 

彼に謝罪と対話 の申し込みのメールをしていただき、彼からの対話は多忙のために時間がない、連絡をされても忙しいこともあり付き合う気持ちになれないとの回答を得る。

 

共通の知人に相談をする。法則にある連帯意識による苦手意識の軽減、人の輪の活用である。正直に経緯を伝え、知人から彼にS美さんのことに ついて聞いていただく。

 

苦手意識があることや交際期間中にあまり良い記憶がなく、仕事が多忙なこともあり新しい恋愛を始める気持ちにもなれていないことなど近況を聞ける。

 

この際に彼から感じていた苦手意識についても正直な言葉がいくつか得られたが遠慮や警戒から本心の言葉すべてを聞き出せずの状態であった。知人との会話についても作文課題から作成した男性心理をセオリーとしたマニュアルを厳守で話していただき、知人が煩わしいと感じないよう配慮をしていただく。

 

2ヶ月程度、冷却期間として時間を置き、知人 を含めて4人での会食提案をしていただ き、実現する。注意事項厳守で会っていただく。また4人で外出する約束は交わされる。

 

数日後、S美さんから彼にメールに て、趣味のことで通話したいことをメールしていただく。通話が実現する。その週末、4人での外出が実現する。その際に彼との会話を多く持たれ安心を伝達していただく。

 

外出から2週間後、2人での会食が実現する。その会食から1週間程度が経過し、週末に誘いのメールを送信していただき面会をされる。この面会にて彼と時間を共有しお互いが楽しいと感じる時間を過ごされる。これまでの課題・アドバイスを厳守いただいて、聞き上手な態度で受け答えをされながら彼の不安な気持ちを払拭する発言も含めて、彼の気持ちを察し、思いやりながらの会話で彼を安心させられるよう向き合っていただく。

 

数日後、彼からのメール返答をきっかけに通話をしていただき、やり取りをしていただく。

 

引き続き、彼を安心させられるよう心の領域を思いやりながら向き合っていただく。

 

基本的にメールは注意事項を順守し、元彼からのメールへの短文返答、これこそが取り戻しの法則や復縁の法則を上手に活用した接し方である。通話約束、面会待ち合わせな ど約束伝達のみに送信いただき、伝達は通話か面会での会話で行っていただくよう指示する。交際が再開した場合でも気持ちや考えの確認や伝達など会話をメー ルでやり取りしないようアドバイスを行う。(個人差があり、すべての取り組みに重要な事項ではありません)

 

 

2人で会えるような状態になられてから数週間が経過し、元彼からの誘いでの面会もされる状態まで回復され(元彼から連絡がもらえる状態になられ)面会のレポートから判断し、2ヶ月程度様子を見た上でS美さんから交際の 再開を提案していただき、週末に彼が泊まりに来られた際に彼から別れ話の撤回(交際の再開)についての話し合いとなり、彼からの交際再開の了解を得られ、注意事項を順守し、恋愛のやり直しに至る。

 

 

※プライバシー保護のために一部表記を変えてあります。

一緒に歩く

 

別れた元彼と復縁したい場合の注意事項がわかる復縁事例です。

参考事例:元彼と復縁したいならやってはいけないことが3つ!連絡するタイミング

 

参考事例:元彼の誕生日にlineメールで復縁した女性の連絡内容の例文、未練は伏せる

 

参考事例:元彼が音信不通の心理、ブログやSNSで連絡する復縁方法

TOPへ戻る