妻が出て行ったその後?離婚したくない夫の別居後の対処法とは

突然、嫁が家を出て行った後で離婚を引き留めたいならどうすればいいか?対処法を解説しています。

妻が出て行った直後

妻が出て行ったその後に離婚を避ける対処法

家を出て行った妻と離婚したくないならどうする?一緒に暮らしたくないと思った妻の気持ちはわかりますか?同居時も会話を避けられていた、妻の休日の行動がわからない、家庭生活の重苦しい雰囲気が続き、妻が出て行った後で連絡をするタイミングと内容について詳しく解説しています。

 

 

 

妻が不在で家事が辛い

 

別居後のLINEでの連絡をきっかけに実際に妻と会って話し合う修復方法がわかります。

 

 

 

ご相談の受け付け

メール相談のフォームよりお問い合わせ下さい。

 

 

妻が出て行った

 

 

離婚の話し合いの具体的な内容を解説しています。

参考:離婚したくない!離婚の話し合いの内容と絶対知りたい修復方法

 

 

妻が実家に帰った

嫁が家を出て行った直後の対処法とは

離婚を切り出して家を出て行った嫁、後悔しているのなら今、何をすればいい?妻の実家の親との関係が良くない場合でも実家への謝罪の連絡は必要です。別居した嫁にlineで離婚したくないと伝える。

 

 

妻は帰らない覚悟

結婚生活で妻が離婚について悩み続けていた様子も感じなかった。妻が突然別居した原因が分からない?離婚したいと言い出した女性心理を読んだ方法による夫婦のアドバイスの成功事例を紹介しています。

 

妻が出て行く前に結婚指輪をはずした

 

妻が出て行ったその後に離婚したくない

突然に離婚や別居を切り出された場合の向き合い方、妻の気持ちが分からない、離婚は避けたいと伝えても聞き入れてもらえず、別居後は話し合うことも生理的嫌悪になられているケースは多いのです。

 

 

無視されて返事がない

家を出て別居した妻に連絡をして話し合いに応じてもらえない返事でも冷静に対応することが必要です。

 

実家に帰った妻

 

 

妻から離婚したいと言われたらどうする?夫婦関係修復のポイントがわかります。

関連記事:妻から離婚を切り出された理由とは?離婚したい心理を知る修復方法

 

 

妻を引き留められなかった

出て行った妻が離婚を迫る理由を聞き取る

出て行った妻と婚姻を継続するためには、悪い例として妻の浮気をすぐに疑う言葉を向けてしまうことです。妻の交友や異性関係を疑う前にきちんと離婚について妻と話し合うことが必要です。

妻が譲らない

妻が出て行った後で連絡する内容

突然出て行った妻は離婚するために別居した?出て行った後で嫁を引き留めるための説得と謝る方法がわかります。別居された後で連絡のタイミングや内容は?嫁が結婚生活に疲れてしまった理由を考えて、自分の悪かったことを自覚してから連絡をするようにして下さい。

 

 

結婚生活に疲れた嫁

嫁が家を出て行った理由がわからない?

離婚協議もせず家を出た理由が不明の別居ではまず一緒に暮らしたくないと思わせた原因を聞き取ることから始めることが必要です。

 

 

別居後の妻にLINEをする

 

別居しても離婚しないためにどうすればいい?

関連記事:別居しても離婚したくない?夫婦が離れて暮らすメリットとデメリット

 

 

家を出た妻

 

 

 

出て行った妻には別居以外の選択がなかった

嫁が家を出た

妻には本当に家を出て別居するしか選択肢がなかったのか?しっかり話し合っていない状態で一方的に別居されたらどうすればいい?家を出て行く結論に至った理由は別居後の連絡への返事から知ることができます。

無言で妻が出て行った

こんな生活に耐えられないと言われたら

離婚したい理由も家出を選択した理由も妻から「こんな生活は我慢の限界」と言われたら言い返さずに言い分を聞いてあげて下さい。現在、お金はあるのか、困っていないかなど最低限の言葉を夫として向けて下さい。

 

妻が別居を決意した原因

もう家に戻りたくないと言われたら

家に帰りたくない、私と離婚してくれるだけでいいと言われたら?次に話すまで時間が欲しいと伝えてできない約束をしないように用心して話しをして下さい。

 

離婚を迷う嫁

嫁が出て行ったその後、別居が長期化したら

嫁が家を出て行って別居が長期化した場合、居場所がわからない場合でも生活費は毎月渡せるように連絡を続けて下さい。夫として誠実に向き合い原因がわからないまま家を出た妻と離婚したくないなら、別居が長期化しても夫婦の問題を解決するために無視されたり拒絶する返事しかもらえない状態でも何度も連絡を続けて下さい。

 

 

 

出て行った妻は怒っている

 

別居中の妻に手紙を書く場合に気を付けることがわかります。

関連記事:離婚を回避する手紙は夫・妻への謝罪文?書き方の例文

 

嫁が許してくれる条件

別居後の説得で妻が帰って来てくれた後の注意点

別居後の説得、話し合いで妻が家に帰って来てくれたら、今後は二度と妻に辛い気持ちにさせないように、随時、妻の気持ちを確かめる声掛けを続けるようにして下さい。

 

修復できた後で

 

依頼者:Kさん31歳(男性・会社員)

結婚1年目の妻Aさん(28歳)子供なし。

修復期間:9か月

難易度:C(話し合いが困難)

 

他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことでこのエピソードを事例紹介に掲載いたします。

 

 

Kさんと奥様のAさんは結婚8ヶ月、お子さんなし。2ヶ月前から帰宅されても奥様が無視をしていた。週末はご主人に行き先を告げず外出されるようになり、月曜は外泊先からの出勤をされているようで月曜の夜まで帰宅しないことが続くようになった。家庭内で無視状態で会話ができなくなった。

 

Kさんから奥様にメールで行き先を尋ねたり、無視について責めたり、こちらも仕事で疲れている、どこに行っているのかなど元カレとの浮気や職場での不倫を疑う言葉を送った。無視の状態に陥る。

 

無視について感情を乱されて言葉で責めてしまわれた。帰宅されなくなり着替えなどが徐々に持ち出されて別居をされてしまった。奥様の実家に電話を入れた。

 

義父から「本人が限界と言っています。離婚を前提に別居したいと帰って来ている。一緒に暮らす意味がないと思えるなどと言っている。甘やかせて育ててしまったから、申し訳ない。親戚の手前、自分としては(離婚)賛成できないと言っているが聞いてくれない」と言われる。

 

離婚を要求されたそうである。離婚したくないと伝えたが聞き入れてもらえなかった。

 

 

結婚当初から無視・別居に陥るでの経緯について40項目のチェックシートによる判定を実施する。

 

奥様からの言葉から奥様が向き合う意思が低く、離婚したい意思が強いこと、話し合うこ とに苦手意識を持っていること、被害者意識が強いことが判明。コミュニケーション不足が無視の原因。

 

奥様の無視の理由は言ってもわかってもらえないなど諦めが強く、で離婚したい心理である。

 

失望や疲労から強く離婚したい気持ちがある。

 

愛情や甘え は残っているが交渉にならない、突き放すような奥様の対応から不信感が強いことを提示。生活費の支払いのことなどを急いで連絡をする。

 

奥様の気持ちの理解、奥様が結婚生活につ いて考えていた理想とKさんの言動の相違、家庭での居心地、夫婦としての気持ちの温度差、結婚前にお互いがどういう気持ちだったのかを確認する。

 

お互いの愛情について奥様の無視や外泊(実家への甘え・逃避)についてのKさんの非の自覚についての謝罪について考えていただき、先々の調停も視野に入れて離婚したくない理由説明について考える。

 

奥様の言葉から結婚生活で感じていたKさんとの暮らしについての不満についてきちんと理由を考える。

 

奥様と義父に対する謝罪をするための非の自覚や反省する。

 

義父に離婚したくない意思を伝ええう。離婚についての決断を3ヶ月保留して欲しいことやこの別居問題についての話し合いを求める内容の手紙を送る。

 

数日後、電話で話し合いについての返事がある。

 

義父と居酒屋で面会していただき話し合われ3ヶ月の猶予は承諾してもらえ、義父に考えや謝罪は理解をしていただけたが、異変はあなた自身の不貞行為があったのではないか、浮気の可能性を疑い続けるなど言葉の暴力など不信と敵意の言葉を多く向けられてしまう状態。

 

この面会で言われたことを良く考えていただき、奥様に向き合うことへの安心をどう伝えたいかについて考える。義父に対して1週間の冷却の期間を置く。

 

1週間後に電話で義父に先日の面会のお礼と落ち着いた頃に奥様本人と話がしたいことを伝える。

 

義父の意見としては奥様本人が望んでいて安心と感じる提案は現状ではKさんからの離婚承諾の返答をしてもらうことしかない状態はないかとのこと。

 

Kさんに奥様の強い離婚決意についての理解を示す姿勢で考える。離婚したくない理由の説明について準備を始めていただく。

 

実家で奥様同席で話し合いが実現する。

 

実家で両親を交えての話し合いであったが奥様はKさんからの謝罪については「どうしても許せない、二人で暮らし続けられない、復縁はないです。もう終わったこと、性格の不一致です。弁護士に相談して離婚調停も考えています。幸せじゃない、決意は変わりません。生活費も財産分与は求めたりしません。モラハラの証拠のメールはあります。離婚届を書いて下さい」と言われる。

 

「結婚については間違いだった」との言い分で離婚撤回についての話は平行線のままとなる。

 

義父の提案で1ヶ月の冷却期間を置く。

 

 

数週間後、義父からの呼び出しで居酒屋にて面会をされる。最近の奥様 の様子についての話があり、話し合いなどはしばらくは保留にして欲しいことや連日のメールを送ることを控えて欲しいと言われる。

 

1ヶ月が経過。奥様から毎日が辛くて実家での毎日が苦痛だから 早く自由になりたいとの メールが来る。「気持ちはわかったので会って話したい」を返事をする。週末に実家で話し合いをすることになる。

 

この話し合いで奥様からKさんが同居中にいつも夜は不機嫌そうに帰宅をしていた。話しかけても無口で会話がな かったこと、週末も部屋で無口な状態で1人でTVやネットを観たり、一緒に外出したいことを伝えても返事をしないことなど入籍してから交際時と態度が急に 冷たく変わった不信について話をされてしまう。

 

信用できないと感じたこと、週末も夜も孤独だし重苦しい雰囲気に耐えられなくなり、週末の朝に実家に帰るね と話しても聞いていたのか、聞こえていなかったのか返答がなく、週明けに帰宅しても無視の状態で、繰り返すうちに急にメールで外泊は誰と浮気をしている、 など疑心のメールを一方的に入れられてしまい怖くなった、との不満を言われてしまう。

 

Kさんにも言い分があるはずだが言い分を聞いて、聞き終わってから理由を説明するスタンスの話し合いをしていただく。(Kさんは、奥様が帰宅して家事もせずにリビングで寛いでいたことや連日、夕飯が 惣菜やコンビニ弁当で、理由は仕事で疲れている、など。)

 

離婚したくない理由の説明と謝罪、今後、どうしたいかの約束の提案を話す。

 

話し合いの結果、義母から、離婚は保留してちゃんとこれからきちんと夫婦としてやっていって欲しいことやわずか数ヶ月で離婚では式にお祝いに来てくれた親戚や同僚、友人に残念な報告になってしまうことを指摘される。離婚は撤回する方向での話しになる。

 

急に同居再開は奥様の心の負担になることから困難と判断。離婚したい心理を尊重して奥様と恋人としての交際から始める提案をする。電話で奥様に伝えて合意を得られる。

 

数日後、奥様からメールで週末に住居ではない場所でという条件で会うことに応じる連絡がある。奥様と再度、恋人として向き合う。

 

週末に外食やコンサートに出かけて数ヶ月が経過してからきちんと考えの伝達や相手の気持ちを確 かめる話しができるようになる。

 

離婚したい心理を察した向き合うことを継続。

 

義父の提案で話し合いを兼ねた4人での外食に出かけられる。離婚したい心理の理解を謝罪に含めて思いやりについて今回のことで感じたこと、自分の態度や性格についての謝罪、一緒に家族として生活してもらえるのであれば考えることは約束できる、

 

今後のことについての考えの伝える。奥様から今後の同居に応じる返事がある。

 

週末を一緒に過ごされるようになる。同居生活が始まり離婚を回避して夫婦関係の修復に至る。

 

 

 

妻が出て行った後

 

 

別居後の離婚を避けた事例です。

事例:性格の不一致で離婚したくない!別居後の夫婦の話し合いの進め方

 

事例:離婚決意をした後の妻の行動と心理、離婚せずに夫婦関係を修復する方法

 

事例:モラハラで別居した妻と離婚したくない夫、謝罪方法がわかる相談

 

事例:夫婦喧嘩で無視する妻と離婚を避ける方法?心理を知るための問い掛け

 

事例:妻の浮気発覚後の夫婦関係?離婚しないために不倫を乗り越える方法

 

妻と仲直り

 

 

 

TOPへ戻る