復縁できる可能性は自分から恋愛相手に連絡して気持ち知る方法

妻が怪しい

別れた恋人や離婚後の相手などから復縁を迫った連絡をあことでストーカー呼ばわりをされた状態から関係修復が成功した方法を解説、文章の扱い方、連絡の節度とエチケット、別れた恋人と復縁して恋愛をもう一度やり直すための冷却期間の考え方、相手の気持ちを優先してあげられる任意尊重について考える必要があります。別れた後で無視される状態から円満にコンタクトを回復させて再会を成功させる復縁方法。お二人と関係性がしっかりした友達であってもコンタクト回復に第三者を経由させない配慮が必要です。

幸せを考える

復縁できる可能性は相手の気持ちを知る

別れてから元彼、元彼女との復縁を望んでの連絡について相手に迷惑と思われない連絡で信頼や愛が蘇る、 復縁してもう一度あの人と恋愛をやり直したい、別れた相手の気持ちに作用する謝罪と苦手と思われた感情を冷却するための期間が必要です。カップルとして今まで簡単に喧嘩をして何度も別れてすぐに復縁できていた場合でも今回の別れが最後になる危機感を忘れないことが重要になります。うまく話し合えず、歩み寄れないまま元カレ元カノがなぜあなたとの別れを決意してしまったのかを考える必要があります。

もう一度寄り添う

復縁できる可能性は別れの理由を知ること

彼、彼女からあなたからの連絡について迷惑ですと答えを告げられた場合は、社会人として決まり事、法令をきちんと受け止める良識が重要になります。やっぱり復縁したいと伝えても返事が無い場合はしつこく一方的な謝罪連絡は復縁には逆効果になります。

謝罪の手紙

もう連絡しないでと言う女性の恋愛心理

元カレ、元カノから別れを切り出されてどうしてもわかれたくないと困らせて無視されてしまったなど別れた恋人からストーカー呼ばわりをされず、迷惑と言われない良識のある考え方、思いやりが重要です。

 

復縁方法について具体的に解説しています。

参考:復縁するには潜在意識に作用して相手の気持ちを自分に向ける方法

 

 

別れた後で後悔してもう一度やり直したい一方的な想いを空回りさせない、想いを押し付けない、伝える言葉が本心であり、相手を敬う気持ちであることが相手への思いやりとエチケットです。

失恋した

別れの気持ちと理由の理解で復縁できる

別れた相手から復縁を迫られて怖いと思われないことが大事です。ストーカー呼ばわりや警告を確実に回避するために相手の気持ちを察する、復縁できるチャンスを得るためには気持ちをわかろうとする優しさが必要です。

 

返事がもらえる連絡のタイミングと内容について考える必要があります。別れてから返事をもらえない状態でずっと相手からの連絡を待つ意味があるのか?などの復縁のきっかけに関連した疑問について詳しく解説しています。

 

参考:復縁のきっかけの言葉を別れた人の気持ちを察して連絡する
寄り添う気持ち

別れた直後にlineで長文で謝罪を送信すると嫌悪からブロックされる可能性が高いのです。付き合って日が浅い段階でお互いをよくわかっていないままあなたが相手との結婚を望んでいると感じさせて重荷になったなど根深い理由が隠れているケースが多いのです。

待てます

別れてからの連絡で相手にはある程度あなたの本心は伝わるはずです。嫌ならブロックしていい、愛されていたと思えない、自分に自信がない、嫌われていると思うとストーカー呼ばわりをされることが不安だ、付き合っていた頃から浮気をされていたと思うなどの疑念に関する悲観的なキーワードは絶対にline文面に含ませないようにして下さい。

もう一度向き合う

復縁できる方法は相手の恋愛意識を知る

実際にあなたが相手の事情や性格を理解していない段階で結婚願望を声にして強くアピールをされていませんか?結果として交際の継続が難しいと感じさせてしまうケースが多いのです。会っても気が重いなど恋愛が楽しくない、他の相手を探そう、新しい出会いを探そうと再び相手はあなたとの恋愛を気持ちの面でも放棄させていまいます。もう終わったこと、過去のことにされてしまうのです。きっと相手はあなとのやり取りでしつこく復縁を迫られ、あなたに縋られることを察知して関わらない選択をします。

心配をする

別れた相手の気まずい、苦手で重いとイメージさせていること、嫌な気持ちを察した、相手の気持ちを優先した我慢、つまり連絡の自制が大事です。相手を誘う言葉、会いたいと記載するlineは逆効果です。

別れの理由は恋愛放棄の男性心理

元カレが別れる決意をした原因は?付き合っていたが女性としてあなたを心から好きになれないと思った男性心理が恋愛を放棄した理由です。

わかってない

あなたが正直であること、誠実であること、私欲、支配欲、恋愛依存からストーカー扱いを受けてからの自己改革の取り組みを課題形式で心構えをしていただき作成した向き合い方の復縁マニュアルに沿って謝罪対話へのアプローチの展開をいたします。それまでは冷却期間として静観が好ましいのです。

自然に相手の気持ちが落ち着くまで時間を空けることも重要です。

愛が蘇る

恋愛関係で別れてすぐのケースでは冷却が大事

◆別れた彼氏、彼女に別れてから1か月以上の時間が経過してから連絡をしたら「迷惑です、もう会えません」と面会を拒否された場合

 

謝罪伝達には心理分析が必要になりますので具体的な方法につきましてはメール、お電話にてお問い合わせ下さい。

 

①拒否の返信に対して、別れた相手を責めない。縋らない、長文メールはしない、過度な引き留めの言葉や謝罪のメッセージは控える

 

 

②共通の友人への相談、愚痴伝達は控える。SNSの活用は控える。

 

 

③以降、「会いたい」「会えますか」という面会を求めてしまうメール、LINE文面は控える。

 

 

④強引な訪問、待ち伏せ行為は厳禁。付きまとうと思われる行為はストーカー行為です。

 

失恋して寂しい

恋愛関係で時間が経過し音信が途絶えている場合

◆音信が途絶え、連絡をしたら別れを切り出されてしまった場合、自然消滅をしたかった相手の気持ちを察して、応答を焦らず気持ちをわかろうとすること。

 

①絶対に言い訳を責めない。嘘を指摘しない。

 

②無視や返答遅延を責めない。

 

③相手の不誠実さを批難しない。

 

復縁アプローチがストーカー扱いをされないために

泣きたい気持ち

◆ 相手から「迷惑です」の返答以降に面会を迫るような連絡をしたら、嫌ですと怯えられてしまい

【ストーカー警告】を受けてしまった場合の扱い方、心構えと注意点

 

 

相手があなたの執拗な引き留め、連絡内容に怯えています。

 

 

あなたからの連絡についてお相手がストーカー行為と感じて本当に嫌がられているのです。

 

迷惑な連絡なのです。現実を辛くても真摯に実直に受け入れて反省が必要です。相手を敬い、自身の心の内面と向き合い、反省が必要です。相手を想い、相手を尊重して諦めることが相手への愛情であり、誠意と考えていただくケースもございます。

また愛されたい

 

あなたの行動以前に交際中の言動と思いやりのなさがストーカーと嫌われた理由です。

 

お相手の気持ちを察して焦らず冷静にお相手がそこまでの怯え方をしている保身の気持ちをわかろうとすること。

 

①絶対に相手に何もしてはいけない。メール、LINE、SNS、ブログへのコメント、電話、手紙郵送などのコンタクトは控えて下さい。それはストーカー、 付きまとい行為です。

 

②警告文の内容をよく読まれて、事実なのか、虚偽なのか、誇張なのかを判断され、文章の送信担当の方に事実確認をすること。この際に相手が送り主の場合は連絡は厳禁です。

 

③共通の知人、相手の親族への連絡も厳禁です。

 

④相手の生活圏内に不用意に立ち入らない、訪問と待ち伏せなどと勘違いされる行動は慎む。

 

⑤そこまで避けられている理由を思い返し、避けられたり、怖がられていることに当たるエピソードと自身の言動を紙に書き出して下さい。

 

⑥社会のルール、常識、モラル、良識を厳守する意味で別れ話を伝えられて以降の自身の送信・伝達文面を思い返して紙に書き出すこと。

 

上記厳守され、メールにて当方にご相談下さい。

おかしいな

復縁の可能性がない場合の無視の理由

元カレ、元カノが別れた後、今現在のあなたにやり取りの拒絶状態や音信不通などの状況や実際にストーカー警告を受けられた後では復縁のご相談をお引き受けできないケースがございます。

別れた後

復縁できる人は相手の気持ちを受け入れる

別れた相手からストーカー警告をされたりストーカー呼ばわりの場合のケースでは復縁へのアプローチの方法が異なりますのでフォームよりご相談下さい。

手をつないで

対話の維持が重要になります。対話の実現には相手の気持ちを尊重して思いやる気持ちと冷却の時間が大事です。相手からの別れの言葉に責めたり、泣いたり、怒ってはいけません。動揺して過度にメールや電話をしない、別れを責めない、無視しない、無理に訪問をしない、 ブログやSNSに失恋や失恋話題の投稿をしない。冷却期間でも逃げない、友人を巻き込まない心構えもご相談下さい。

lineの返事待ち

 

迷惑と言われたら自身の非を自覚すること、伝えられて相手が怖いと思う言葉、脅すような言葉を使う人は支配欲、私欲が強いことに自覚がないのです。

 

相手が不愉快です。怯えている、生理的嫌悪を感じさせています。

 

自殺予告の言葉を向けたり、急に訪問の予告をする、待ち伏せ予告は厳禁行為です。

 

アプローチから謝罪伝達の方法伝達の言葉に良識と思いやり、ストーカー行為となる言葉を使わない。

いつも一緒

【禁句】提示する反省項目によるアドバイス心構え、ストーカー行為にならない具体的なメール文章の文例・例示は復縁成功事例をご覧ください。

いつも仲良し

復縁のための自分磨きはファッションや容姿ではなく思いやれる自分の内面から始めて下さい。

理由を聞き取る

別れた後の相手の気持ちを優先した冷却期間についての考え方を解説しています。

参考:冷却期間で復縁を待つ目安は3ヶ月、恋愛相手に連絡するタイミング

TOPへ戻る