復縁したい人が別れて1ヶ月でとるべき行動と絶対してはいけないこと

失恋して寂しい

どうしても別れた元カレ元カノと復縁したいと思いながらどうしたらいいかわからないお悩みについて、元カレ元カノに絶対にやってはいけないことなど、lineの言葉の使い方や送信するタイミングなどの注意事項の解説を含めた復縁できる方法と心構えを紹介しています。

実現できる

復縁したい人がとるべき行動

別れた元カレ元カノとの復縁したい人が今とるべき正しい行動とは?別れている今は完全に片思いと同じ状態です。別れた直後から1ヶ月は絶対に復縁したい相手に何も連絡をしないで下さい。元カレ元カノはまだ自分のことが好きなはず、すぐに説得すれば別れ話を撤回してくれるはず、と過信してはいけません。

 

別れ話を聞いた瞬間にあなたは相手に自分の素を見せているのです。別れた相手から会ってもいい、復縁したいと思わせるにはどんなに頑張っても今すぐに答えは変わりません。しばらく時間が必要です。

 

復縁について賢明な手段は冷却期間を事前にわかりやすい言葉で宣言をして絶対にその後1ヶ月はそっとしておく、一方的な謝罪の伝達なども絶対にNGです。少しでも今の状況から復縁できる可能性を高める方法とは?別れた元彼氏、元彼女との恋愛の復活が成功した手順と心理学に基づいた5つのテクニックを解説しています。

 

復縁したい時に応用できる心理学の5つのテクニックとは?

 

1:元カレ元カノと別れた後の1ヶ月以上の冷却期間、絶対に何も連絡をしないこと。

 

2:自分の短所の冷静にじっくり自覚をして相手に負担をかけない、困らせない。

 

3:相手の浮気や本気の目移りが別れの理由でも共通の知人・友人に失恋の相談をしない。

 

4:自身のSNS、Facebook、Instagram、Twitter、ブログの投稿、情報の更新を休止する。

 

5:冷却期間が明けてからの相手への気持ちを伝える連絡のタイミングと内容の工夫。(謝らない、責めない)

気持ちを伝える

 

失恋から高い可能性で復縁を適える方法があります。

参考:失恋から復縁が適う可能性は?心理学に基づいた恋愛復活のテクニック

復縁したい相手への連絡を控える理由

別れた後の彼氏、彼女へのlineでの連絡を控える理由は相手の「別れる」という答えが別れた直後では変わらないからです。しつこく何度も説得を続けても本当に答えは変わらず、逆効果でダメな行為です。相手を嫌な気持ちにさせて困らせてしまいます。

 

別れた後の連絡はタイミングや文面の節度とエチケットが大切です。復縁して恋愛をもう一度やり直すための冷却期間の考え方、復縁したい元カレの気持ちを優先してあげられる任意尊重について考える必要があります。お付き合いをしている時に自分は幸せと思えていても自分の恋愛依存が相手の負担になっていませんでしたか?

 

別れた直後に「いつまでも好きでいるね」のような粘着質な言葉は向けてはいけません。特に婚活で知り会われた相手への別れた後のお礼の言葉などの連絡は逆効果です。

 

婚活恋愛は結婚相手としての性格を確かめられていたので、別れ話を切り出された後の特徴として相手が関わりを終わらせる判断をさせています。別れた後の連絡があると気が重い、面倒なことになるから絶対に返事をしたくないと思わせてしまいます。

 

復縁したい相手が突然、無視をして自然消滅をされた場合は、冷却期間で沈黙する時間を置くことが最善の方法です。無視が始まってから3ヶ月は絶対に何も連絡をしないで下さい。

 

あなたとの恋が本当にこのまま終わって自然消滅してもいいと思っている放棄の気持ちが起きている相手に対して無視する理由を聞くなどの違う言葉でも何度も連絡をしてはいけません。

 

実際に自然消滅された時にどうすれば復縁ができのるか?成功事例で具体的な対処の方法が理解できます。

成功事例:自然消滅された彼氏と復縁したい!lineに返事がない時はどうする

 

 

別れた後で無視される状態から円満にコンタクトを回復させて再会を成功させる、自分自身の非を自覚して相手の気持ちを察する方法。復縁したい願いを実現する方法。お二人と関係性がしっかりした元カレ元カノの共通の友達であってもコンタクト回復に第三者を経由させない配慮が必要です。

 

復縁にはきっかけの言葉が必要です。具体的に解説しています。

参考:復縁のきっかけ作りの言葉!男性心理では恋愛観と結婚観は異なる

 

 

幸せを考える

別れの心理を察して沈黙する!1ヶ月以上は自分から連絡しない

別れてから元カレ元カノとの復縁を望んでの連絡について、彼氏、彼女に迷惑と思われない連絡内容が返事を得られるきっかけになります。

 

どうしても復縁してもう一度あの人と恋愛をやり直したい、別れた相手の気持ちに作用する謝罪と苦手と思われた感情を冷却するための期間が必要です。

 

どうしても忘れられることが不安で連絡をしたいのなら無視を覚悟で「しばらくそっとしておきます」と送って静観してください。その沈黙する時間で自分自身で相手の別れたいと決意させた非を自覚するための気持ちを冷静にする期間と認識して下さい。

 

冷静に思い返すことで冷却期間明けで伝える言葉につながるヒントを探すのです。

 

復縁したい相手へのlineの上手な使い方がわかる成功事例です。

成功事例:彼氏から別れられそう、引き留めて復縁したい!lineでさよならを切り出された場合

 

 

別れた後で相手が新しい恋愛を始めている可能性は?

別れた後で元彼氏、元彼女に新しい出会いがあり次の恋愛を始める可能性が高いのですが、やり取りの回復の確率を考えて別れた直後はそっとしておくことが良い選択となります。

 

遠距離恋愛だった場合はすぐに会えない距離の問題だけでなくlineやメール、電話の音信経路の温存が大事になりますので別れた後の頻繁な連絡は逆効果になります。適切な対処として自分のことを相手が忘れることを心配して想像で新規恋愛に嫉妬をするような連絡は控えて下さい。彼氏、彼女との楽しかったデートの思い出を別れた直後のlineで伝えるような行動は厳禁です。

 

遠距離恋愛の復縁方法を解説しています。

参考:遠距離恋愛を復縁したい!浮気で別れた彼氏の会えない寂しさが理由

 

心理学を応用した簡単なテクニックですが別れた後の冷却期間での沈黙こそが復縁できる可能性を残す選択になります。復縁への自分自身の内面について注意事項を詳しく解説しています。

参考:潜在意識で復縁する方法!自分の力で恋愛の気持ちが蘇る可能性を高める

 

返信が来ない

 

実際の復縁事例で具体的な取り組みの流れを詳しく解説しています。

参考:元カレと復縁したいならやってはいけないことが3つ!連絡するタイミング

 

 

別れた後の気まずさは男女で異なりますが別れた後は過敏に嫌悪感を感じてしまいます。別れを決めたことについて責めてしまう言葉が元カレの嫌悪感や恐怖心を大きくさせてしまいます。

 

実際に別れた後で彼氏と復縁できた成功事例で具体的な方法を解説しています。

参考:彼氏と復縁できた8つの条件!振られて別れた後で恋愛が蘇る方法

 

恋愛をやり直す

復縁したい相手の気持ちを理解して連絡

彼氏、彼女とカップルとして今まで簡単に喧嘩をして何度も別れてすぐに仲直りして復縁ができていた場合でも今回の別れが最後になる危機感を忘れないことが重要になります。良好な関係が長続きしなった原因を考える必要があります。

 

彼氏彼女と恋人として価値観の共有が難しい関係性であったことから別れたいと感じた時にうまく話し合えず、どうしても歩み寄れないまま別れを決めたのです。復縁したいなら元カレ元カノがなぜあなたとの別れを決意してしまったのかを考える必要があります。別れた後で送ったlineを未読無視でいいと思わせるようなタイミングでの送信は控えた方が無難です。

恋愛意識の回復

本当に復縁したい相手はあなたへの苦手意識があるのかを考える必要があります。元カレが本当にあなたとヨリを戻して復縁を考え、またお付き合いをしてもいいと思ってもらうにはあなたが自身の非をきちんと反省する必要があるのです。返事をしてまた会ってもいいと思わせるような気遣いが必要になります。

愛が復活する

 

復縁したいと思わせる言葉とは?

元カレ元カノがあなたと別れた後で会ってもいいと思う、思わせる向き合い方とは?どうしても別れた元カレ元カノと復縁したいなら別れた後は自分から連絡は控えて3か月待って下さい。別れた彼氏からあなたからの連絡について迷惑ですと答えを告げられた場合は、気持ちをわかってあげることが重要になります。

成婚を信じて

 

相手の生活や仕事に影響しないタイミングを選ぶなど大人の配慮が必要です。寂しいという理由だけで連絡を繰り返さないようにして下さい。

もう一度寄り添う

復縁したい相手への連絡とSNS投稿記事

泣きたい気持ち
別れた後で相手とのSNSのつながりはどうるればいいのか?相手の任意の気持ち、行動を尊重して下さい。あなた自身は投稿や操作を控えて様子を見て下さい。まず1ヶ月で動きから相手の考えが把握できます。

復縁したいなら連絡には絶対SNSを使わないこと

lineやメールを控えるだけでなくFacebook、TwitterなどのSNS経由での音信経路を温存する意味であなた自身のSNSは投稿を控えて下さい。

 

実際の成功事例で具体的な注意事項を解説しています。

参考:元カノと復縁したい!好きじゃなくなったと言われたが恋愛を諦めたくない

 

 

謝罪の手紙

別れた後で別れを受け入れて別れたことをすごく後悔している。もう一度あなたと恋愛をやり直したい、好きという想いが一方的に元カレ元カノに対して空回りしないよう配慮が必要です。

 

失恋した

復縁したいのに連絡ができない場合

別れた元カレがあなた別れた直後に連絡が来ると警戒してしまいます。別れたショックで不安定になり恋愛を放棄したことを責められる怯えがあるのです。

 

あなたからYESと言うまで話し合いを迫られて怖いと思わせないことが大事です。相手の気持ちを察する、復縁できるチャンスを得るためには気持ちをわかろうとする優しさが必要です。

 

 

振られて別れた後で静観する理由は?彼氏の男性心理に未練や罪悪感があります。

参考:振った罪悪感と復縁したい彼氏の男性心理、別れの言葉の意味

 

 

バレンタインで

別れた後で復縁したい相手の誕生日があるケースでは

別れてから3か月は冷却期間で沈黙が理想です。別れて1か月以内、冷却期間の途中で元カレの誕生日があったり、バレンタイン、クリスマスなどのイベントが重なっても基本的に沈黙して静観は継続して下さい。

復縁したいなら返事が得られるタイミングを待つ

別れた相手から返事がもらえる連絡のタイミングと内容について考える必要があります。

 

別れてから返事をもらえない状態でずっと相手からの連絡を待つ意味があるのか?などの復縁のきっかけに関連した疑問について詳しく解説しています。別れた後で元彼に連絡したい場合でも1ヶ月は絶対に静観して下さい。成功事例で理由がわかります。

参考:元彼に連絡したい!絶対無理でも復縁したい、別れて1か月は保留

 

 

寄り添う気持ち

 

別れた後で復縁するために心理学のテクニックを応用する方法を実際の理論について解説しています。

参考:元カレ元カノと復縁したい人が使える心理学のテクニック10選

 

 

もう一度向き合う

復縁したいなら一切連絡しない方がよい?

別れた直後は何をどう説得しても別れるという彼氏、彼女の結論はそのままであなたへの答えは変わりません。離れようとしている相手を無理に説得しても嫌悪感を与えてしまいます。

 

実際にあなたが相手の事情や性格を理解していない段階で結婚願望を声にして強くアピールをされていませんか?結果として交際の継続が難しいと感じさせてしまうケースが多いのです。

 

会っても気が重いなど恋愛が楽しくない、他の相手を探そう、新しい出会いを探そうと再び復縁したい相手はあなたとの恋愛を気持ちの面でも放棄させていまいます。もう終わったこと、過去のことにされてしまうのです。

 

きっと相手はあなたの性格を理解しています。別れた今の状態で元彼はあなとのやり取りをしたくないのです。

 

一度返信をしたら面会をお願いされるなどあなたに縋られることを察知して関わらない選択をします。

 

復縁したいと思ってもらえる別れた後の静観の重要さを成功事例で解説しています。

参考:元カレから連絡、別れた後の未練で復縁したいと思わせる方法

 

 

心配をする

冷却期間が過ぎて送るメール、LINEの内容

別れた相手の気まずい、苦手で重いとイメージさせていること、嫌な気持ちを察した、相手の気持ちを優先した我慢、つまり連絡のタイミングと文面のわかりやすさを工夫できることが大事です。

 

①相手に本当に自分が変わったと一方的な宣言をする言葉、久しぶり、のような馴れ馴れしい挨拶の記載は厳禁。

 

②会いたい、会いに行くと記載する、直接会ってプレゼントを渡したい、送りたいという一方的な伝達は厳禁。

 

③済んだことを蒸し返して謝罪する言葉は含ませない。

 

上記の3つを含んだline送信は読んだ相手が不快と感じる傾向があるため復縁には逆効果です。

 

何よりも「あなたと私」で文章を組み立てて下さい。主語があなた、私、となることを優先して下さい。共通知人や友人の話題に触れないことが読んだ相手が不快になりません。連絡をした理由をきちんと記載することが好ましいです。

待てます

やっぱり復縁したいと思わせるlineの送り方

元カレ元カノにlineをしたけど返信がない、未読無視や既読無視の状態で短期間に一方的なlineを続けることがlineのブロックの原因になります。

 

やっぱり復縁したいと思わせるlineの使い方とは?別れている状態で送るlineは3行以内で文章の要点がわかりやすいことが大事です。自身の近況を伝えたり、相手にとって必要と思ってもらえる用件、用事、連絡、伝達を意識されて下さい。

 

意味不明な「元気?」「返事ちょうだい」「生きてる?」のような馴れ馴れしく単語だけでの送信やスタンプだけでの送信は控えて下さい。

 

送ったlineに返事を得て、復縁に繋がる再会の実現のためには敬語は使わず、交際が順調だった頃のような雰囲気で文章を考えて下さい。

 

1度返事を得てからの文章は文末は「ごめん」「ありがとう」を加えることで礼儀は伝わります。

別れた直後にlineで長文で謝罪を送信すると返信がもらえないリスクが高いのです。付き合って日が浅い段階でお互いをよくわかっていないままあなたが相手との結婚を望んでいると感じさせて重荷になったなど根深い理由が隠れているケースが多いのです。お付き合いを続けて欲しいと答えを求められ返事に困るような迫まられ方を警戒しているのです。

 

別れている状態の相手に送信するlineの文面について、お付き合いの再開までlineでは70文字以内3行程度の短文の送信を推奨していますが「元気ですか」、「元気にしていますか」、「げんきです」など露骨な探りとわかる文面の送信は厳禁行為です。

 

基本的にlineは会うための約束を得るための連絡経路と認識されて下さい。相手の様子を探るような雑談をlineで送ることは好ましくありません。

 

絶対に返事ができない元カレの別れの男性心理

元カレが別れる決意をした原因は?付き合っていたが女性としてあなたを心から好きになれないと思った男性心理が恋愛を放棄した理由です。もう一度付き合う気持ちになれない意思表示を無視で示す男性が多いようです。

 

わかってない

復縁したいなら絶対にやってはいけないこと

復縁したい相手に対してあなたが正直であること、誠実であること、支配欲、恋愛依存の自覚についての取り組みを課題形式で行っていただいて復縁を前提としたやり取り再開について心構えをしていただきます。

 

課題を通じて作成した向き合い方の基本方針である復縁マニュアルに沿って謝罪対話へのアプローチの展開をいたします。それまでは冷却期間として行動を控えて静観していただくことが好ましいのです。

 

愛が蘇る

別れてすぐの時期は冷却期間

別れてから数日しか時間が経過していないタイミングで元カレに連絡をしたら「迷惑です、もう会えません」と拒否された場合はその後3か月は連絡を控えて下さい。

 

謝りたいことがあっても3ヶ月は連絡を待って下さい。その時間の猶予であなた自身も謝罪の言葉を冷静に考える余裕がもてるようになります。

 

復縁したい元カレにもう彼女がいる場合

元カレに冷却期間あけでlineをしたら、あの後で彼女ができた、もう会えないなどあなたとの関わりについての拒否の返信に対して、相手を責めない。会いたい、話したいなど縋らない、彼女のことを詮索しない。

 

嫉妬心の言葉を向けない。金曜から日曜に複数lineや長文メールはしない、過度な引き留めの言葉や謝罪のメッセージは控える。

 

 

元カレに新しい彼女がいる場合の具体的な復縁までの取り組みの方法を成功事例で解説しています。

参考:元彼に彼女がいる、復縁したい!絶望的でも別れてからlineメールできた関係

 

彼女がいると聞いてから3ヶ月は連絡しない。3か月以上が経過してから自身の近況を伝える、その際に「会いたい」「会えますか」という面会を求めてしまうメール、LINE文面は控える。

 

運命の赤い糸

恋愛関係で時間が経過し音信が途絶えている場合

◆別れ話以降で音信が途絶え、連絡をしたら別れを切り出されてしまった場合、自然消滅をしたかった相手の気持ちを察して、応答を焦らず気持ちをわかろうとすること。

 

①絶対に言い訳を責めない。嘘を指摘しない。

 

②無視や返答遅延を責めない。

 

③相手の不誠実さを批難しない。

困ったら相談

◆ 相手から「もう会いたくない迷惑です」の返答以降に面会を迫るような連絡をしたら無視された場合の心構えと注意点

 

別れた後で返事を得られない状態で誕生日や記念日のプレゼントをしたいと考えて伝えてしまうのは迷惑な連絡なのです。別れている現実を辛くても真摯に実直に受け入れて反省が必要です。

結婚が実現する

 

復縁したい相手を敬い、自身の心の内面と向き合い、反省が必要です。相手を想い、相手を尊重して諦めることが相手への愛情であり、誠意と考えていただくケースもございます。

また愛されたい

 

別れている現実を受け入れていた言葉が復縁に効果がある

復縁したい相手の気持ちを察して焦らず冷静に気まずい気持ちをわかろうとすることが大事です。つまり別れた相手には過去のことはもうどうでもいいことなのです。蒸し返して謝られても気持ちが重たくなるだけなのです。

 

実は、別れた後の言葉は過去形の言葉では振られたり無視されるケースが多く、今日から先のことを見据えた言葉が有効というセオリーがあります。

 

おかしいな

復縁したい元カレから返事がもらえる可能性

元カレが別れた後、今現在のあなたにやり取りの拒絶状態や音信不通などの状況について、返事をしない元カレの心理はあなたに対する警戒です。あなたの性格の短所を見抜いているため返事をすることで過度に復縁を期待されることが不安になり返事に困っているのです。

 

そのため1通送信して返事が来ない場合は絶対に3週間以上から3か月程度の時間を空けてから次の送信をして下さい。

 

別れた後

復縁できた人は相手の気持ちがなんとなくわかる

手をつないで

復縁したい相手との音信経路の維持が重要になります。対話の実現には相手の気持ちを尊重して思いやる気持ちと冷却の時間が大事です。相手からの別れの言葉に責めたり、泣いたり、怒ってはいけません。動揺して過度にメールや電話をしない、別れを責めない、無理に訪問をしない、 ブログやSNSに失恋や失恋話題の投稿をしない。

lineの返事待ち

 

自身の非を自覚すること、答えを迫るような言葉を使う人は支配欲、私欲が強いことに自覚がないのです。元カレから好きじゃないと思われる3つの言葉とは?

 

①相手の嫉妬心を煽ろうとする駆け引きの言葉。生理的嫌悪を感じさせています。

 

②悲観的な言葉で責任を問う言葉。悲観的な言葉を向けることは厳禁行為です。

 

③思い当たる自身の悪い点を列記した謝罪をループして繰り返す伝え方。

いつも一緒

【復縁するための言葉とは?】提示する反省項目によるアドバイスの心構えを反映させたLINEやメール文章の文例・例示は復縁成功事例をご覧ください。

いつも仲良し

復縁のための自分磨きはファッションや容姿ではなく思いやれる自分の内面から始めて下さい。

 

理由を聞き取る

別れた後の復縁したい相手の気持ちを優先した冷却期間についての考え方を解説しています。

参考:復縁には冷却期間が必要?3ヶ月を目安に自分の気持ちを相手の人へ連絡

 

 

TOPへ戻る