ストーカー警告と別れた後の連絡、コンタクト行動について

ストーカー扱い、ストーカー警告からの連絡について

別れた恋人や離婚後の相手などからストーカー呼ばわりをされた状態から関係修復が成功した方法を解説、文章の扱い方、節度とエチケット、別れた恋人ともう一度やり直して、円満解決を成功させる方法!ストーカー扱いから信頼や愛が蘇る、 やり直したい相手の気持ちに作用する謝罪と冷却!

警告を受けられた場合は、法令をきちんと受け止める良識が重要になります。

謝罪の手紙

ストーカー扱い、ストーカー呼ばわりからやり取り

別れた恋人からストーカー呼ばわりをされず、ストーカー扱いされない良識のある考え方、思いやりが重要です。やり直したい一方的な想いを空回りさせない、想いを押し付けない、相手への思いやりとエチケット。

警告を確実に回避するために相手の気持ちを察する、わかろうとする優しさが必要です。

あなたが正直であること、誠実であること、私欲、支配欲、恋愛依存からストーカー扱いを受けてからの自己改革の取り組みを課題形式で心構えをしていただき作成した向き合い方のマニュアルに沿って謝罪対話へのアプローチの展開をいたします。

恋愛関係で別れてすぐのケースでは

◆別れた彼氏、彼女に別れてから1か月以上の時間が経過してから連絡をしたら「迷惑です、もう会えません」と面会を拒否された場合

謝罪伝達には心理分析が必要になりますので具体的な方法につきましてはメール、お電話にてお問い合わせ下さい。

①拒否の返信に対して、別れた相手を責めない。縋らない、長文メールはしない、過度な引き留めの言葉や謝罪のメッセージは控える

②共通の友人への相談、愚痴伝達は控える。SNSの活用は控える。

③以降、「会いたい」「会えますか」という面会を求めてしまうメール、LINE文面は控える。

④強引な訪問、待ち伏せ行為は厳禁。付きまとうと思われる行為はストーカー行為です。

恋愛関係で時間が経過し音信が途絶えている場合

◆音信が途絶え、連絡をしたら別れを切り出されてしまった場合、自然消滅をしたかった相手の気持ちを察して、応答を焦らず気持ちをわかろうとすること。
①絶対に言い訳を責めない。嘘を指摘しない。
②無視や返答遅延を責めない。
③相手の不誠実さを批難しない。

◆ 相手から「迷惑です」の返答以降に面会を迫るような連絡をしたら、

ストーカー行為と怯えられてしまい【ストーカー警告】を受けてしまった場合の扱い方、心構えと注意点

相手があなたの執拗な引き留め、連絡内容に怯えています。

あなたからの連絡についてお相手がストーカー行為と感じて本当に嫌がられているのです。迷惑な連絡なのです。現実を辛くても真摯に実直に受け入れて反省が必要です。相手を敬い、自身の心の内面と向き合い、反省が必要です。相手を想い、相手を尊重して諦めることが相手への愛情であり、誠意と考えていただくケースもございます。

あなたの行動以前に交際中の言動と思いやりのなさがストーカーと嫌われた理由です。

お相手の気持ちを察して焦らず冷静にお相手がそこまでの怯え方をしている保身の気持ちをわかろうとすること。
①絶対に相手に何もしてはいけない。メール、LINE、SNS、ブログへのコメント、電話、手紙郵送などのコンタクトは控えて下さい。それはストーカー、 付きまとい行為です。
②警告文の内容をよく読まれて、事実なのか、虚偽なのか、誇張なのかを判断され、文章の送信担当の方に事実確認をすること。この際に相手が送り主の場合は連絡は厳禁です。
③共通の知人、相手の親族への連絡も厳禁です。
④相手の生活圏内に不用意に立ち入らない、訪問と待ち伏せなどと勘違いされる行動は慎む。
⑤そこまで避けられている理由を思い返し、避けられたり、怖がられていることに当たるエピソードと自身の言動を紙に書き出して下さい。
⑥社会のルール、常識、モラル、良識を厳守する意味で別れ話を伝えられて以降の自身の送信・伝達文面を思い返して紙に書き出すこと。

上記厳守され、メールにて当方にご相談下さい。状況によりストーカー警告を受けられた後ではお引き受けできないケースがございます。

ストーカー警告とストーカー呼ばわりの場合のケースでは修復方法が異なりますのでフォームよりご相談下さい。ストーカー扱いからの対話の維持が重要になります。対話の実現には相手の気持ちを尊重して思いやる気持ちと冷却の時間が大事です。相手からの別れの言葉に責めたり、泣いたり、怒ってはいけません。動揺して過度にメールや電話をしない、別れを責めない、無視しない、無理に訪問をしない、 ブログやSNSに失恋や失恋話題の投稿をしない。冷却期間でも逃げない、友人を巻き込まない心構えもご相談下さい。

ストーカー行為を自覚すること、伝えられて相手が怖いと思う言葉、脅すような言葉を使う人は支配欲、私欲が強いことに自覚がないのです。相手が不愉快です。怯えている、生理的嫌悪を感じさせています。自殺予告と訪問予告、待ち伏せ予告は厳禁行為です。アプローチから謝罪伝達の方法伝達の言葉に良識と思いやり、ストーカー行為となる言葉を使わない。

【禁句】提示反省項目によるアドバイス心構え、ストーカー行為にならない具体的なメール文章の文例・例示は成功事例をご覧ください。

理由を聞き取る

 

TOPへ戻る