妻を無視する離婚したい夫の心理を知り離婚を避ける自分の向き合い方

離婚したい夫の心理が無視する理由

夫が無視する態度の理由は?離婚したい夫が無視するパターンが多いようです。男女で意思表示の傾向が異なりますが、理由が言えずに無視する夫の今の心理とは?

 

普段は無口で怒ることがなかった夫、自分を無視する夫の態度が耐えられない、価値観の違いで重苦しい、無視がモラハラに感じて怖いと感じて、どうしても理解できない場合は?話し合いで解決する方法を事例で解説。

もう一度寄り添う

夫の機嫌を覗い過ぎず、態度の理由について要点からストレートに声掛けをして無視の意味を尋ねることで離婚危機の状態で家庭内での無視が続いている事態が好転するケースがございます。

 

手紙にする

無視に対して、焦らずに理由を尋ねる。今までと様子が違うと感じて話しかけても、こんな時に話しかけるな、という雰囲気を示されたら謝って引いて下さい。

 

夫の変化について無視する理由、どう思って避けているのかを察する。本当に話すことが面倒になっているケースでは食事を用意して食べる?と尋ねても答えず、食べてくれません。

 

話したくない気分なだけで別に理由はないから家庭内のことを好きにしてくれ、という意見することについて諦めている状態であれば、これまでのあなたの言い過ぎを謝る、注意されても聞き入れなかったことなど自身の勝手過ぎた行動を謝ることが必要です。

 

無視をして離婚準備を進めているケースもございます。家事・家計のことでの大事な連絡メールにも応答しない、一切家庭のことには関心を示さない状態であれば、置手紙、メモなどできちんと要件と謝罪を伝えて言い分を教えて欲しいと頼んで下さい。

理由を聞き取る

これまでの言い合いの仲直りの経験では初めての急変について理由を考えること。

 

別居など事態の悪化を防ぐ意味で、正直に結婚生活の期間の自身の非を自覚して謝罪する方法があります。

 

仲直りしたい、気持ちを早く伝えて、問題を理解することが必要な状態です。

不仲の理由

夫が離婚したいと言い出した心理

実現できる

家庭内で無視して話しをしない夫の今の心理とは?態度で離婚したいことを示しています。

 

妻を無視する夫の離婚要求の理由を知って関係修復できた成功事例

未読無視

夫婦喧嘩から離婚したいと言い出した夫に私がちゃんと謝罪もせず離婚要求についての返事をしないまま平行線となり、家庭内で不機嫌な態度を示すようになった。

 

妻を無視する夫の内面、やっぱり家庭内、夫婦間の険悪な状況で平行線の気まずさから夫が不満を言えずにいる?

 

誰か好きな女性がいて浮気を隠しているケース、あなたと話すことに疲れているケースなどきちんとした理由の聞き取りが必要です。

 

夫が言えずにいる本心と気まずさ、無視を続ける夫がいつも家ではイライラしているように見える。ケンカの時でも意見を言ってくれる気力もない状態に感じる。

 

妻としてのこれまでの接し方への無言の抵抗であり攻撃、無視はダメ出しです。ご主人の話す意欲の減退理由について心理分析いたします。

落ち込んでしまう

夫婦の関係修復の方法を解説!子どもに不安を感じさせない修復方法、ごめんとありがとうを素直に声にして伝える、話しかけるタイミングをアドバイス。

 

創業から26年、当方だけのオリジナルの仲直りの手順、離婚を決断した夫の態度に怯えてはいけません。私が改善すべきことは?無視の打開策について事例で解説いたします。

心配をする

 

離婚したい夫が無視をする心理

苦手意識、敵意、悔しさなど潜在意識までの夫婦の心の問題を心理を読んで解明する!アドバイスの成功事例を解説。家庭内別居の状態から復縁する方法、無視に対しての上手な対処法、話し合いの方法を紹介

話しにならない

離婚したい夫が別居してから無視

離婚問題の心理分析は、相手から今までに言われた言葉の原文から心理状態の解明と人格分析、結婚観分析に基づいた方法です。夫の嫌悪感を軽減するための接し方、メール、lineの文面まで接し方の全てを添削チェックを行い悪化を防止しながら修復に導きます。

寄り添う気持ち

別居後に無視されている時期に誕生日や大切な記念日、バレンタインなどのイベントがあってもプレゼントは感情を悪化させますので押し付けにならないよう自粛していただく選択が賢明です。

バレンタインで

無視する原因を聞き取り夫の心理を理解する

夫が自分を避ける、話そうとしない態度と自己保身の心理、言動から気持ちを読んだ妻として愛情面で機能することが夫婦愛の観点での譲歩です。妻として人としてご主人を大切と思う気持ちを声にできる気遣いは重要です。

 

メール相談

(個人情報保護法を厳守:実名は記載されなくて大丈夫です)

相談の手順

お問い合わせ:090-6519-1413

 

 

(受付時間AM8:30から AM3:00 番号は必ず通知でおかけ下さい)

メールで問い合わせ
【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

また愛されたい

夫が家で無視する理由は浮気を隠しているはず

無視の理由はもう何度も尋ねても答えてくれない、浮気を疑われて気まずくなるのが不安で何も言えない?夫の自分への不満と敵意が無視の心理の理由です。

 

家に帰って来ても無言で何も話してくれない、無視は排除の心理が原因です。離婚したい夫の無視の心理を40問の設問から読み取り、離婚問題を乗り越え夫婦が復縁できる方法。

泣きたい気持ち

離婚したい理由を言わない夫が家で妻を無視

夫が無視する態度は特徴として、多くの不満を我慢していた、理由を聞いても答えない、浮気を隠している、不貞調査をされたと疑っている、悩みを声にできない男性に多いようです。

 

本当に性格の不一致を実感されながらあなたに理由を言えずに無視する態度で意思を伝えようとしています。

いつも仲良し

夫の男性心理が無視する理由

それまでの夫婦間での会話、コミュニケーション不足が原因になっているケースが多いようです。

 

本気であなたと別れたい、離婚したいと言えず、精神的に追い込まれて、ストレスを家庭内で毎日感じていたなど冷静な判断ができず無視する態度に陥られています。

困ったら相談

無視する離婚したい夫の心理が原因の態度について

離婚したい夫の心理を的確に読み取った、話し合いで夫婦が関係を修復した経緯を紹介

 

依頼者:H子さん35歳・会社員

結婚6年目のご主人Sさん(36歳)。子供4歳。

妻を無視する夫の心理をきちんと理解して離婚回避を希望。

修復期間:1年2ヶ月

難易度:E(相談時は夫が無視で対話困難の状態)

いつも一緒

H子さんの意思により、他の悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことでエピソードを事例紹介に掲載いたします。

気持ちを伝える

夫は自分に嘘は言えないはず、と過信していた事例

がんばれる

H子さんは8年ほど前に共通の趣味を通じてSさんと知り合われ、その後、良いお友達としてお付き合いされてから2年近い交際 を経て入籍され、結婚6年目とのこと。お子さんは1人。

 

ご相談の1週間前に家庭内で無視するような避ける態度になられていたご主人から離婚をしたいことを言い出され、その切り出されたことにショックを受け、当夜ご主人の就寝中に無断でご主人の携帯を開いてしまわた。

 

そこにあった同僚男性とのやり取り(キャバクラ等の飲食店での女性との交流・遊興)や前々からのFacebook投稿を見て、専業主婦ではないから、働きながら家事や育児で私は毎日大変なのに実際に妻として許せない、幸せじゃないとどんどん激昂され、その場でご主人を起こして追求されてしまわれたそうである。

 

収入が少ないくせに遊び過ぎであることを指摘されるなど激しい言い合いになられ、そのことがきっかけでご主人はH子さんとお子さんを残し、翌朝出勤したまま住まいに帰宅されない状態で、結果として強引に転居をされてしまわれ別居状態になられたとのこと。

 

行き先が実家と思い込まれ、義母に電話を入れて事実を伝えてしまったところ、遊興の話題のことで仕方ないと受け流していた義母とも当然、大きく見解に相違があり激しい口論に至られたそうである。

 

義母から言われたご主人が男としての立場がないと突然、激怒され、この数日はメールでご主人から離婚承諾を要求して来る状態に陥られ、その後2日は 夫が無視をする状態に陥り、夫の無視の心理の相談を目的に当方にご相談いただく。

 

相当に排除の状態で困惑され疲労困憊の様子である。

 

数回のメールのやり取りにて事情をお聞きする。

 

チェックシートにご回答いただくなど、夫の無視の心理について分析をさせていただくために、ご主人の無視に至るまでの発 言や行動から心理の分析を行い、注意事項を提示して今回のメールに対する返答内容を指示する。

 

妻を無視する夫の心理を分析するために衣類の持ち出しも少ないことなどと併せ、ご主人の最後までの メール文章の心理分析から、ご主人の行き先はH子さんが予想されていたネカフェやビジホではなく、H子さんが知らない場所や人間関係、友人宅ではなく会社から遠くない場所で気を遣わずに生活できる場所、実家に滞在されている可能性が高いのではないか?と推測する。

 

修復対話に向けての非の自覚についてお話しをさせていただく。

 

義母への謝罪と併せ、ご主人への メールや通話での問い詰め、無視、その後の引き留め・謝罪伝達を控える指示と過去のデーターからの傾向を提示し、今まで自覚できていなかった非について課題の 形式で考えていただく。

 

謝罪に併せ事実を義母に伝え、話し合いを前提に謝罪していただく。

 

義母としてはお子さんのこともあるから仲直りの解決して欲しいとの考えが得られ、義母とご主人の同席での話し合いが実現するが、ご主人の意思は変わらないとの考え方を聞くことになる。

 

ご主人は、日々、帰宅しても先に就寝して いたり、食事の支度もされていない、会話も少ない生活に疲れ、夕飯を外で済ませることが日常化されてしまい、独身の同僚と交遊する機会が増えたとの理由説明を聞くことになる。

 

H子さんには、課題形式で非の自覚、エピソードごとに思い当たるご主人に与えた嫌悪・不安について考えていただき、謝罪内容を考えて いただく。

 

義母からご主人に提案していただく冷却期間のことや謝罪伝達について考えをまとめていただき、義母に伝えていただく。

 

課題で考えた事項を基に無視の問題について義母経由でご主人に謝罪していただき、1ヶ月の冷却の期間を置く。

 

1ヵ 月後にご主人にメールで話し合いのお願いを申し入れるが、メールを無視で応答が得られない。そのため離婚要求の受け入れも考えるからの一文を加え、何通かメールを入れるが無視であった。

 

義母に再度伝言を頼み、話し合おうという提案は聞き入れてもらえず、H子さんの性格が重くて返事に困り無視をしている、これまで の住まいに戻る意思がないこと、お子さんとも悲しませてしまうから離婚するまで会いたくない、人生をやり直したい、仕事の付き合いですら悪事と批難されて悔しい、煩い、決めたことだから無駄だから話し合いたくない、気分の問題だ、などの対話拒否の返答に至られてしまう。

 

 

3ヶ月の猶予の期間を貰え、3ヶ月はお互いに気持ちを落ち着かせる方向で冷却できることになる。H子は美容関係のお仕事に従事されていて、お子さんを保育園に預け就労されている。

 

帰宅はそんなに遅くはならなかったそうである。しかし家事は自分とお子さんのこと以外はやらずにいたそうである。

 

ご主人の分の食事を以前は作っていたそうだが、外食され一切手をつけないことが続いたので作ることをやめてしまわれたそうである。

 

異変が起きるまで結婚当初から出産時期を併せ夫婦関係は円満であったとH子さんは思われていた。

 

チェックシートによる相手に与えた嫌悪についての判定を実施し、ご主人からの言葉の原文などから冷たさが不満で家庭が嫌になられ、責任から逃れたいなどの理由でもうやり直せない意思が強く、聞く姿勢のない状態になられていることがはっきりとわかる状態である。

 

ご主人を責めた後の無視の心理について、これまでのH子さんの家庭でのご主人への自己解釈による無関心で冷たい 態度が原因で、ご主人はH子さんの自分への愛情に不安を感じていたこと、不満などを話せる雰囲気ではなかったこと、日々の会話の無関心さなど冷めた関係に不満があり失望を感じていたと推測ができる。

 

ご主人はこの問題についてH子さんだけが悪いという自己を正当化する発言をH子さんや義母に向けているが、それは放棄したい、自由になりたいという結論が原因で自分の非(遊興・浮気)を追求されたくないことが理由で話し合う意思がないと断定。

 

ご主人が自分は悪くないとの自分を正当化する意識が強く被害者意識がある、答えに困り無視をしたい逃避の心理であることが推測できる状態にまで悪化されているようである。

 

対話に向けたマニュアルの作成とご主人から見たH子さんの短所や嫌いな面について分析から提示し、きちんと相手の気持ち を察しながら自覚していただく。

 

非についてきちんと整理をしていただき、再度、ご主人に謝罪し改心を継続的に行動で示せるよう義母と会っていただき婚姻を継続させて欲しい理由や謝罪、今後の提案についてお話をしていただく。

 

義母と話しをしていただくが、義母からご主人を説得しようとした話し合いはまた平行線の状態となる。

 

このまま1ヶ月の冷却期間を置くことになる。ご主人からの急な離婚の催促のメールに対しての対処の妻としての対応についてのマニュアルを作成し、なるべく面会対話に移行できるよう言葉の指示をする。

 

義母とご主人の話し合いから2週間後、ご主人から無視をした心理のことも含めた要求の承諾を迫るメールがあり、そのやり取りから通話に至られ、その電話にてご主人に謝罪・非の自覚、引き留めの提案をお話していただくが、返答としては二度と一緒に暮らしたくない、いつ書類にサインしてく れるのか?などの返事の催促の話しになられたそうだ。

 

失恋して寂しい

このご主人の言い分についてマニュアルを基に話していただくとご主人がかなり感情を乱してしまわれたそうである。

 

養育費も慰謝料も生活費は払いたくない、などの厳しい言葉に対してH子さんがマニュアルを無視し感情的になられ養育費のことなどこの別居で生活に支障があり、困っているなど、お金の話しをされてしまったことが原因で話し合いが中断し、そのまま無視の心理を理解できずお金の話をされてしまい、言い合いに陥られてしまう。

 

数日後、またご主人から電話があり、このまま別居で構わない、顔を見たくな い、などの逃避の無視の心理で突き放す発言との返答に至る。

 

無視の心理を理解する課題で取り組んだ夫婦としての気持ちの温度差、 結婚前にお互いがどういう気持ちだったのかを確認し、お互いの愛情について自分に問題があった部分を思い返していただき、夫婦の今後についての話し合いをこの先1年くらい保留して欲しいこと、一度、帰宅して 欲しいこと、家事の放棄の謝罪、遊興を責めたり、浮気行動を疑ったことへの謝罪をされる。

 

この謝罪に対しての返答は、信用できない、であった。

 

この回答に対して、作成したマニュアルと対話の注意事項を厳守で聞き上手の姿勢で通話していただく。

 

特に気持ちの理解の姿勢を示していただき、話しても無駄と思わせ ない配慮をしていただくがご主人の言い分はかなり感情的になられてしまう。「嫌いだから一緒に暮せない」などの主張に至る。

 

通話の翌日に謝罪と時間を置いてお互いに考えよう、ということを伝えていただくが、ご主人からは離婚を急ぐ言葉と敵意=不満の言葉しか返答を得られない状態となる。

 

その後もご主人から決断を催促する電話が数回来た後、無視に陥り膠着に至る。

 

夫の無視する心理を考慮し、無視を批難せず、気持ちに寄り添うことを前提で妻として家族愛についての課題に取り組んでいただく。

 

1ヶ月が経過してから、義母に電話を入れていただき、無視の心理を考慮した伝言を伝え3人で話し合いたいことを伝えていただくが、義母からあなたの生活態度に問題があった、ご主人の考えは変わらないとの返答で話し合うことを拒まれてしまう。

 

1ヶ月の冷却の期間を置いて、ご主人が話し合いについてどう話せば安心させられるか、について考えていただき、現状では相手が望む答えが要求の受け入れの返答以外にない状態であるため、相手の話し合いを放棄したい気持ちの理解、遊興についての追及をされ ることが苦しい状態のことを理解し、聞く姿勢を示すことについて考えていただくことと、この状態で相手に引き留めている理由説明について、一番の本音をどう伝えたいのかについて課題形式で考えていただく。

 

反省を課題で回答いただいたことを基に義母宛の理由説明と誓えることを記載し郵送していただく。義母から電話が来る。義母の考えとしては再度、ご主人に話してみるとのこと。

 

義母からの電話から1週間が経過し、無視をしていたご主人から電話がある。

 

今後について3人で会って話し合い がしたいことをご主人に伝えていただく。通話にていくつかの安心伝達や謝罪をしていただく。ようやく実家での義母を交えた話し合いを提案し話し合いが実現する。

 

H子さんからご主人の気持ちを察してあげられなかった謝罪についてご主人の自由を尊重したいが家族愛の観点から夫婦の不仲による寂しさで子供に影響 を与えるのは可哀相であること、携帯を見た理由説明と謝罪、自分の愛情と感謝の気持ちが不足していて寂しい気持ちにさせたことを実感したなど、自分に家庭 をあのような雰囲気にした非があったことを謝罪していただく。

 

ご主人からもう婚姻生活が続けられない理由として、先が見えた、と言われてしまう。義母からの提案もあり、別居を継続し、しばらく冷却する提案をしていただく。

 

無視の心理を考慮して話し合いから2ヶ月の冷却の期間を置く。安心の伝達と気持ちの理解についての課題に取り組んでいただく。

 

H子 さんからご主人に謝罪と約束を明記で話し合いについて理解できたこと、心配していること、約束できることについてメールを入れていただく。

運命の赤い糸

ご主人から、今はまだ安心できない気持ちが強く迷っていて結論が見えないが、子供には会いたい、このままなら将来を考えると不安で恐くなる。など不安定な心の状態を感じさせられる返答に至る。

 

ご主人からの返答を詳しく心理分析し、帰宅交渉に向かう話し合いのマニュアルを作成する。まずはお子さんとの面会を提案し、実現する。

 

お子さんとの面会から1週間程で義母を交えての話し合いに至る。マニュアルに従い、次の話し合 いで家庭の状態で不満を与え、投げ出したい気持ちにさせたこと、身勝手な振る舞いについての謝罪、携帯を見るなど詮索の態度や発言、気持ちを察しなかったことの謝罪、今までに気がついたことの後悔と反省、この先でできる約束などを話していただき、帰宅して欲しいことを伝える。

 

ご主人は良く考えてみるとの返答に至られ再度1ヶ月くらいの関係修復のための冷却の期間を置くことで話が終わる。

 

しばらくの期間はお子さんを交えての面会を継続いただく。(週末の一時帰宅 を提案する。)

 

翌月の日曜の面会の際に話し合われ、帰宅についての合意をされ、同居での生活が始まり復縁を完了する。

愛が復活する

 

 

 

待てます

 

TOPへ戻る