復縁するには潜在意識に作用する方法で相手の人と恋愛をやり直す

いつも一緒

元カレ、元カノがあなたと別れたようと思わせた理由は?あなたが無意識に好きな人への強い独占欲からの強いリード、つまり過剰な期待や疑心が原因で苦手と思われたことです。特徴として多くのケースで元カレ、元カノは自己保身から自分が悪く思われたくない理由であなたに不満を感じるという別れたい具体的な理由を教えてくれません。

復縁するには相手の潜在意識に作用

 

別れ話を切り出した時に他に好きな人がいるの?と疑ってしまう相手を信じていない多くの言葉が自分の自信のなさからの疑心が相手に向いてしまうのです。疑われながらお付き合いをすることに疲れさせていたはずです。交際が長続きしない人に多い現象です。

 

あなたが彼、彼女の自分への愛情を心のどこかで疑い、悩みながらお付き合いを続けるのは相手に不快感を与えるのです。それが相手のあなたへの恋愛の気持ちが冷めた理由です。

 

もし、あなたが自身の非を自覚できないまま復縁したい元彼、元彼女と向き合われても苦手意識は軽減できませんので事態は好転できません。別れた直後は相手も過敏な心理状態ですので良い返事を得ることは簡単ではありませんので一定期間の冷却を終えるまでコンタクト行動は控えて下さい。

 

復縁するには沈黙する冷却期間でもう一度、2人の恋愛関係が壊れたことについて自分自身の非を自覚する必要があります。

 

あなたの内面の魅力を感じさせるためにで非をきちんと自覚することで復縁の成功率は大きく変化します。

待ってます

復縁する方法は振られた原因の自覚

あなたが相手を私の彼氏だから、僕の彼女だからと大きな期待を向けて相手の愛情だけでなく心を独占しようとして束縛の言葉を向けた自分の非を自覚して下さい。実際に何を誓うか、復縁するには成功の確率を考える前に可能性を冷静に作る出すために今すぐの連絡を控えてそっとしておくことが必要です。

 

別れた元彼元彼女と復縁するには課題を通じて自分の非を考える。連絡をすることがやり直す努力と自己判断をされて再会を焦って会いたいとしつこくlineやメールで元カレ元カノへの一方的な連絡を続けることは失敗の原因になるケースが多く逆効果です。

 

どうしても会いたい、どうしても伝えたいという焦る気持ちを抑えて連絡はせずに当面は静観して下さい。相手の会いたい気持ちを待つことで再会を実現することができます。別れた状態ですので連絡頻度を考慮して相手の任意を尊重した再会であれば復縁できるチャンスができます。もう一度会って、元カレ元カノと復縁するには付き合っていた時の会話を反省する、久しぶりのやり取りで自然な流れで再会の約束を得る方法。

 

潜在意識にある恋愛の良い記憶が彼、彼女の記憶の中に少しでも残っていれば、あなたと復縁してやり直してもらえる。どうしても恋愛をやり直したいなら未練で焦った連絡をどんどん繰り返すよりも相手から好かれる自分に変わることが必要です。

 

適切な冷却期間を置いて彼、彼女と再会された時にあなたの悪い印象以上に良い面について実感してもらうのです。そのために過去のあなたとの変化を感じてもらえなければ復縁は適いません。lineでのやり取りだけで復縁をすることは難しいことです。復縁成功の可能性をアップさせるために心理を察した沈黙する方法が有効と考えられています。

 

別れた直後は相手も追い縋られたり別れ話の続きをさせられることに嫌気を感じてlineをブロックしてしまうなど復縁の可能性を閉ざしてしまう危険がございます。

 

別れた後の冷却期間についての考え方、実践する方法を具体的に解説しています。

参考:冷却期間で復縁を待つ目安は3ヶ月、恋愛相手に連絡するタイミング

実現できる

復縁するために恋愛相手に独占欲を謝罪

やっぱりお互いに気まずさを乗り越えて再会する意味があると思ってもらえるメッセージの内容と伝え方とは?独占欲は思いやる気持ちで改善できます。元カレ元カノが別れてから新しい恋愛を始めることを不安に思う前に別れた直後の冷却期間で反省について考えることが必要です。

もう一度寄り添う

復縁する方法は冷却期間の沈黙が大事

別れの理由により最後のやり取り以降は沈黙して静観する、冷却期間を優先する復縁方法と今すぐに連絡をして謝罪を伝える復縁方法の2つの方法からあなたが今どうすればいいのか?的確な動き方を読み取り明記して自身の内面からの自分磨きのアドバイスいたしております。別れてあなたと離れた後、相手が元気なのか、と気になっても連絡は控えて下さい。しばらくは静観するスタンスこそ復縁のチャンスが先々で得られる可能性を残すのです。

潜在意識に作用して復縁する方法とは?

愛情を『恋愛意識の共鳴』で思い返してもらう方法で円滑な返答を得ることから再会実現から関係修復のための取り組みが始まります。つまり恋愛の記憶の中のあなたの良い印象を思い出してもらうために時間が必要なのです。

 

lineやメールの返信を得て、再会を実現するためには、まずやり取りで「好き、好感」など恋愛意識の共鳴を感じさせられなければ片思いと同じ状態で平行線のまま歩み寄ってもらえないケースが多いようです。魅力的な言葉を選ぶよりも相手の気持ちをわかろうとすることで恋愛意識を変える、つまり相手の気持ちを思いやれるゆとりが大事です。恋人としての接し方から反省していただくことが必要です。相手の記憶、潜在意識に存在するあなたとの恋愛の良い印象を思い出してもらうことが重要なのです。

 

心構えをして正直な気持ちで謝り、向き合い、冷却期間を実行したか?など破局した恋愛や夫婦の問題の解決の方法についての詳しい成功エピソードをご紹介。強い支配欲でNOを言わせない態度などのあなたの短所が改善できたことを見せることが大事です。別れ話を引き留めようとされてネガティブな言葉を向けているケースでは一旦、距離を置くことで円滑な対話が難しい状態からでも再び向き合うことが可能になります。

 

気持ちを伝える

復縁したい相手の潜在意識に作用する

恋愛に自信がないから相手に強く依存して甘え、別れ話をされる以前から独占欲を継続的に向けてしまうのです。そのため恋人の記憶、潜在意識にはあなたとの恋愛が重苦しい印象だけが残ってしまい、別れた後の連絡に対して無視が起きてしまうのです。相手は別れた後であなたからの連絡について警戒しています。気持ちを察してあげられるよう注意しなければ相手から連絡を強く拒絶され修復不能になってしまいます。

 

困ったら相談

復縁するには別れの理由を理解する

交際されていた頃、独占欲から相手のファッションの価値観まで詮索した記憶はありませんか?
書き出しにあなたらしさを表記してみるなど恋愛への想い入れ、相手への呼び掛けのテクニックを解説!やり直して欲しいと呼び掛けて応答を得るには?自身と相手の交際再開後を明確に目標としてイメージして相手を引き寄せる心構えのことです。
話しにならない

復縁するには別れたの連絡で可能性が見える

なぜ自分が振られたのか?なぜ別れることになってしまったのか?強い独占欲で嫉妬心を向けなければ会っていて有意義な向き合い方ができていたはずです。あなたへの苦手意識の強い状態のケースでは別れ話が深くならない傾向があります。

恋愛関係

元カレ元カノの潜在意識の中の自分

きちんと会わずにメール、lineなどのやり取りだけで別れてしまった恋人、急な未読無視で返事が得られない状態で別れた状態の恋人、遠距離恋愛の彼氏、彼女への連絡を放置してしまい自然消滅と思われた失恋も相手の気持ちについて配慮をした文面や言葉で音信の復活、連絡からやり取りの再開を実現して復縁に導けます。

愛が蘇る

メール相談

(個人情報保護法を厳守:実名は記載されなくて大丈夫です)

 

 

お問い合わせ:090-6519-1413

 

(受付時間AM8:30から AM3:00 番号は必ず通知でおかけ下さい)

 

【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

ご相談は無料です。

メールで問い合わせ

忘れられないあの人とやり直したい願いを叶え、関係を元に戻すには自身の非の自覚が重要になります。

恋愛意識の回復

別れた相手が記憶しているあなたのイメージ

自分らしく相手に別れた後でコンタクトするタイミングと言葉を選定することが必要です。

 

情景反射とは異なり明確な記憶ではありません。相手が好きじゃなくなったと言ったり、もう嫌いだ、別れたと思っていても交際中の良い記憶だけ残存していること、言葉とは別の相手の記憶、潜在意識に残存するあなたのイメージです。今は反対に相手はあなたの悪い面、苦手と思った面を強く実感されているのです。

 

一緒に聴いた音楽やデートで歩いた道のことなど漠然と印象として無意識に覚えてくれているあなたへの好意のことです。

別れた後

そして復縁してあの人と恋愛をもう一度やり直したい、今度は恋愛を成功したい、失恋した後で連絡するには?もう一度恋愛をやり直すためには私はどうすればいいのか?復縁できる方法として別れた直後の自身の非の自覚の考え方について詳しく解説しています。

再会デート

復縁するには自分の非を自覚する

あなたの独占欲の強さが本当に我慢できない状態で別れた。復縁したい恋人の嫌な気持ちを理解して思いやる、察するなど、別れた相手の視点を考えた再会後の心の共鳴や連帯を感じさせる話し合いの方法とは?別れた人と再会するために連絡をする方法をアドバイス。

愛されたい

実例の方法:女性から男性への実例・急な別れを切り出された場合は、無理に1時間を超える長時間の話し合いや3通を超えるLINEやメールのやり取りをしないこと。

 

嫉妬心や独占欲に関連した浮気を疑う問い詰め、責任を問うこと、返事を迫って泣いて感情を乱すなど困らせるような振る舞いは控えて下さい。

 

共通知人には別れたことを知らせない、失恋破局の相談をしないこと、Facebookのタイムライン等のSNS投稿を休止し、相手のSNS情報を探らないこと。

 

「別れたくない理由」や「交際を続けたい理由」を伝える。話し合いで別れに至った場合は30日静観し連絡を休止してから「相手の名前を呼ばない文面」を送信して近況を伝え、そのやり取りで再会したい意思を伝える。再会の承諾を焦らないこと、今すぐに復縁したい、寂しいなどの言葉を重複して向けないこと、会って気まずいと思わせないための穏やかなやり取りを優先されて下さい。

 

恋愛ソングの歌詞を引用するような文面は重荷感を与えますので絶対に使わないように用心をして下さい。生理的嫌悪とは「苦手だな」と思わせる言葉を向けることで増幅するのです。

 

元彼元彼女に会いたいと言葉を向けるためには会う目的を伝えて意味を感じていただく必要があります。

 

復縁の法則について詳しく解説しています。

参考:恋愛の復縁には法則がある、別れた恋人の幸せについて考えること

lineに返事

出会いの瞬間の記憶、イメージ、そして恋愛の成り立ち、カップルとしての恋愛の経緯と恋愛推移での相手の心の動きから負担にならない向き合い方が不可欠です。

 

やり直せた

独占欲が原因による『別れの心理』を察すること

別れた後でやり取りを維持するためには、無視をしたことを責めない、素直ではない、本心ではない言葉は言わない、YESの答えを焦らない、結論を焦って無理に次に会う約束を求めない、相手からの謝罪を待たない、今の恋愛状況を疑わないなど、電話をコールしない、アプローチのやり方としてある程度は静観するなど冷却のつもりが放置と誤解されたり、ストーカー呼ばわりされないためにシーン別に4つ、アプローチの注意事項がございます。

いつも一緒

独占欲の根底は恋愛意識の強さと想い入れ

別れた後も恋人に対して思いやる気持ちが最優先、恋愛の良い記憶が思い出してもらえるよう自分自身が素直で誠実であること。気持ちの伝え方で恋愛をやり直すために心と心で向き合っていただくのです。

 

壊れた愛

自身の支配欲と独占欲の非を自覚する方法

再会をして、復縁してヨリを戻してと言えずに何を話したらいいのかわからなくなった、などの事態が起きないよう、会いたいと伝えるからには向き合っていただくことを前提に再会をきっかけとして独占欲で感じさせた嫌悪感よりも楽しい記憶について潜在意識に作用して恋愛をやり直す方法について考える。

 

心配をする

 

別れたくないと思う自分の気持ちに独占欲が存在する

結婚が前提の婚活で知り合われた、失恋した後で復縁して恋愛をもう一度やり直すにはどうすればいい?別れたいと決意させた気持ちをきちんと理解する寛容さが必要です。

 

相手の任意の返事を尊重して静観の冷却期間を経て相手の幸せを考えてあげられる安心を感じさせる効果のある言葉の向け方が必要です。

 

破局からの時間軸のコントロールする沈黙と任意の尊重が大切です。相手を敬い、慈しみ、尊重して気持ちを思いやる対話の方法です。

 

再会を実現され願いが叶って恋愛をやり直せた方の成功エピソード事例に具体的な対話の流れを紹介いたしております。友達関係という通過点は存在しません。

 

愛が蘇る

 

再会を実現する3つのコンタクト方法

別れた後「直接会う」「直接会うためにlineで連絡する」「やり取りするためにlineの復活をFacebookなどSNSツールを使う」その会うためのコンタクト方法が困難な場合は共通知人の介在など人の輪を使う、その直接のコンタクト方法が困難な場合は、交際が円滑であった頃の行動範囲で共有できる価値観、場所、曜日時間帯など相手の行動範囲を利用した偶然の再会を画策する方法などがあります。

①自身からlineで近況を尋ねる連絡方法

②共通知人から仲介してもらう連絡方法

③相手の迷惑にならない行動範囲での偶然の再会をする方法

 

愛が復活する

アプローチの方針を決めて再会するための4つの課題

①相手の発言を否定しない。自分が理想の存在と思わせる常に素直な態度を示す

 

②相手を話題の中心にしたlineトーク

 

③私たちは、という連帯を感じさせる親近感の言葉を常に向ける

 

④なぜ別れる結末になったのか、相手が感じたご自身の非をよく思い返して、現実を直視できるようになってから再会へのアプローチを開始します。

 

また愛されたい

 

驚いた

別れの言葉をよく聞けば原因を理解できる

別れていることをしっかり自覚すること。誕生日だから当たり前?誕プレを贈りたい、記念日だから絶対に会いたい、せめてメールをしたい、など。しかし自分が今相手と別れている現実を受け入れて下さい。

 

クリスマスだから会いに行きたいなどの結果を急ぐような取り繕いと焦りや価値観の違いが伝わり、空回りが悪化を招きます。別れている状態、恋人関係と違う今の現実を直視して受け止める、失恋の事実の自覚から取り組みが始まるのです。

いつも仲良し

別れた後のline、メールでの連絡について、会って何を話すのかを考える必要があります。復縁対話の準備方法を具体的に解説しています。

参考:復縁のきっかけの言葉がわかる恋愛サポートで心に響く伝え方
呆れた

独占欲の根底にあった愛情

あなたとの恋愛に疲れているはず。お付き合いの過程で相当に嫌悪を感じたはずです。別れた恋愛相手に安心を与え、再会について譲歩の気持ちから承諾が得られるのです。

元彼元彼女との恋愛の温度差

心の距離を受け止めて、別れたことを後悔する言葉は向けないよう、恋愛再開の同意に向けての取り組みを実施いたします。誠実に嘘を言わずに正直に向き合う方法です。

別れた後で元彼元彼女の誕生日を理由にした連絡は控える

特に別れて音信が途絶えている状態での記念日、誕生日、クリスマス、バレンタインに拘った、理由を付けた連絡は生理的嫌悪を与えてしまい無視状態に陥るリスクがあります。

別れた恋人の今の心理を理解する

別れた後で相手の今の気持ちを察してきちんと別れていることを受け入れた言葉の向け方があります。

バレンタインで

復縁を成功された女性の事例一覧です。具体的な復縁方法を詳しく解説しています。

 

参考:彼氏との復縁事例集

 

 

別れ話の後で返事が得られなくなる恋愛の心理を解説、lineの上手な活用方法を具体的に紹介しています。

 

参考:別れ話の後の未読スルーのline無視は元カノ元カレが気まずい気持ちが理由

失恋した

TOPへ戻る