離婚危機を乗り越えた夫婦の特徴!気持ちを理解して修復する方法

夫婦の離婚危機を乗り越えて関係を戻す方法とは?一緒にまた円満に暮らすために夫婦が話し合いで離婚危機を乗り越えて関係修復をした離婚回避事例です。家計や育児の価値観の違いや妻の女友達の影響で夫婦仲が悪くったなど気持ちの問題が原因で起きた夫婦の離婚危機を乗り越えた方法を詳しく事例で解説しています。

離婚危機の夫婦

離婚危機を夫婦で乗り越えた方法

夫婦の離婚危機は突然起きます。それまでは大きな喧嘩やトラブルもなく夫婦関係は円満と思っていた。妻が離婚すると言い出して結局、結論が平行線のまま妻が一方的に家を出たことで本当の理由が聞けていない状態。

 

最近、子育てが忙しく会話できずにいた、夫婦の危機を感じていたら離婚以外の選択肢として妻に家を出られて別居をされてしまったら?別居後に妻からlineで離婚の結論を迫られたら?いつも仕事が忙しく会話が多いとは言えない状態でコミュニケーション不足だった?お金のことや子どものことの相談を2人でゆっくり話せる時間がなかった?など原因を考えてから引き留める言葉を伝えなければいけません。

 

 

ご相談の受け付け

メール相談のフォームよりお問い合わせ下さい。

 

 

新婚の妻

自分のモラハラが原因で結婚生活の不満が言えずにいた?妻から自分の不倫を疑われていた?妻が離婚を考え始めた理由がわからない?夫婦の離婚危機を解決する方法について実際の体験談で解説をいたします。パートナーとしてお互いにとても信頼できていたと感じていた。

 

妻から離婚したいと言われても謝れば許してもらえるはずだった、夫婦喧嘩や日常生活での意見の衝突がきっかけで夫婦の危機に陥った後の修復方法について詳しく解説しています。

 

離婚危機になった

 

離婚危機を乗り越えるために自分の意思を声にする
離婚危機を解決するためには「私は離婚をしたくない」という言い分を上手に伝える必要があります。

 

 

 

 

離婚を回避できる言葉について詳しく解説しています。

関連記事:離婚を回避できる言葉とは?夫婦の危機を解決するための相談

 

離婚危機を乗り越えた夫婦

夫婦の危機は必ずある?二人で乗り越えるための対処法

結婚してから夫婦としてずっと一緒に暮らしていた。子供が生まれて子育てや教育のことが原因で言い合いになることが増えた。

 

夫婦が些細なケンカが原因で不仲になり離婚の危機に陥ったら?産後の妻の態度が冷たくなって変わったなど、夫婦の話し合いが平行線になり、良い解決方法がわからなくなり別居を選択された後で問題を乗り越える方法があります。

 

今までに住居の他に別々に暮らすために賃貸の住居を契約された、実家に転居されて住民票を移動されたなど6ヶ月を超えて長期的な別居になる場合、気持ちの面で安心を感じてもらうために別居前に生活費に関連する家計のことできちんと約束をしていつ支払いをするなど詳細を決めて下さい。

 

 

別居後の夫婦の話し合いでは、また一緒に暮らしたい理由を本心で伝えて下さい。話し合いから修復まで話し合う期間の目安を半年を目標に進めて下さい。

 

 

離婚危機状態で別居した妻が離婚を要求している。別居した妻が自分との結婚生活に疲れた、家族として仲良く一緒に過ごすことがストレスになっている、これ以上は一緒に暮らしたくない、妻としてあなたに毎日食事を作ってあげたいと思えなくなった、家事も苦痛になったと言っている。

 

奥様から日々、不満を聞いていても取り合わずに仕事が忙しく過ごしていた、我慢していることを知っていてもそのままにしていた。聞き流しがモラハラのように感じさせても悪いと自覚できずにいたことが別居された原因だったのです。夫婦の仲が悪くなったと実感してから何があっても離婚しないと伝えても困らせるための意地悪な発言と思わせてしまうのです。

 

離婚を迷う妻

別居後の夫婦の話し合いが平行線で敵対されていても愛情が夫婦継続を願う気持ちとして相手の心に響きます。家に毎日一緒にいても敵対して愛を感じられない、会話が無いなどの不満が離婚危機の原因のケースでも夫婦関係の修復は可能です。

 

離婚危機を夫婦の話し合いで乗り越える方法とは?離婚の危機回避の話し合いの方法とは?離婚危機を乗り越える解決方法を心理学に基づいてアドバイスしています。ずっと平行線だった話し合いから歩み寄ることで解決できた事例です。離婚危機を解決してご夫婦の心をつなぎます。

 

 

別居した後の話し合いができない場合の対処法がわかります。

関連記事:別居して離婚話しが平行線で進まない?無視された場合の対処法の相談

 

離婚危機になった夫婦

離婚危機で別居した夫婦の修復方法

妻が結婚生活に疲れて離婚前提の別居を決意した。「悩み続けた結論だから絶対に離婚する」と言い分を変えなかった。言い分は本当に許せないという言葉が多く、必ず否定する言葉で嫌悪を示されてしまいます。

 

何度話し合いをしても平行線のままで聞き入れることを避けている?今回の話し合いの言い分から妻が弁護士に相談をして離婚調停を考えてたり既に準備をしてい可能性が感じられる場合の向き合い方とは?

 

 

妻から否定されて謝れない

少しでも解決することができる不満について要望を教えてもらえるような問い掛けが必要です。

 

 

別居後の離婚率の統計について紹介しています。

参考:別居後の離婚率の統計、夫婦が修復するまでの期間と再構築した理由

 

離婚危機を乗り越える謝り方

 

離婚前提で別居されたら他人と思って礼儀のある振る舞いをする
離婚を引き留める目的の話し合いでは他人と同じように礼儀や良識を大切にして下さい。きちんと会って話す承諾を得てから訪問するなど冷静に話し合いをするために無理やりな行動は絶対にしないで下さい。

 

 

 

妻の気持ちがわからない

離婚危機を乗り越えることができる夫婦関係とは

離婚危機を乗り越えて夫婦がしっかり意思を確認するために話し合い、家庭内でのこれまでのすれ違いの問題を解決して関係修復するための相談です。

 

 

夫婦喧嘩の謝罪方法が具体的に理解できます。

参考:夫婦喧嘩を仲直りする方法?長引く前に離婚危機を解決できる謝り方

 

妻が離婚したいと思った理由

 

別居後の夫婦仲についての解決方法についてネットなどの情報、記事と異なります。本音で話し合えず別居に至ったケースでは別居後の妻へのline、メール、電話の使用は慎重に検討が必要です。

 

 

離婚危機を解決するための対応
夫婦の離婚問題を解決する秘訣のポイントとして夫婦の話し合いでは離婚したい理由をひとつだけでも聞き取り、これから先でどうすれば解決できるのかを話せるようにして下さい。どんなに話し合いが一方的でも【言い分をさえぎらずに最後まで聞いて、絶対に否定しない】向き合い方を徹底して下さい。

 

 

離婚危機で別居を選択

特に別居後の妻、夫へのメール、LINEに画像や写真を添付しないように用心されて下さい。読む前に怒らせて削除されたり未読のまま放置されるリスクがあります。自身の今の悩みについてTwitterやFacebookなどのSNSやブログに投稿をしないで下さい。

 

 

里帰り出産が離婚の原因になるケースが増えています。

関連記事:産後クライシスが原因で夫から離婚すると言われた?解決できる対処法

 

 

離婚危機になったら

離婚危機を解決できた夫婦のLINEの使い方

別居後に離婚の決断を迫るlineが来た場合は会って話したい意思や自分の考え方をすぐに返信できるよう心掛けて下さい。一言LINEや返事を忘れて放置すると事態が悪化してしまいます。

 

女性心理を考慮して返信することを躊躇して数日の放置などline無視や反論による激しい議論は逆に今後、無視されるリスクが高いため避けて下さい。

 

 

新婚離婚を回避する方法を解説しています。

関連記事:新婚別居で離婚を迷ったら?結婚1年目の夫婦が仲直りできる相談

 

離婚危機の夫婦

 

離婚前提で別居に至った後で連絡する内容とタイミング
別居した後で妻に連絡するタイミングですがこれからの生活費のことで7日以内を目安に電話、メールやlineで支払いの約束を伝えて下さい。

 

 

離婚危機を解決する話し合い

離婚危機を乗り越えた後で気を付けること

離婚の危機を夫婦で乗り越えて仲直りできた後で気を付けることは?仲直りしてから以前のことを蒸し返してしまうことで生理的嫌悪を思い返させてしまいますので絶対に言わないように気を付けて下さい。わかっていないのにわかったと返事をしたり信頼を回復するためにきちんと話しを聞いて理解してあげられるように心がけて下さい。

 

素直に「ごめん」と言えるようにして下さい。気持ちがわからないことはその時に「どうして?」と問い掛けられるようにして下さい。

 

妻と仲直り

 

妻との離婚危機を乗り越えた解決方法がわかる

依頼者:KDさん(38歳・男性・会社員)

新婚7ヶ月で別居の妻Bさん(35歳)

専業主婦・お子さんを妊娠中。

離婚危機を回避を希望。

修復期間:2年4ヶ月

難易度:E(話し合いが困難)

 

 

新婚の離婚危機を解決

離婚危機で悩まれている方に勇気を与えられるのであればと離婚危機の回避のエピソードを掲載いたします。

 

 

KDさんは妻のBさんと2年前に結婚された。ご出産を目前に控えている妻から結婚生活が不安、もう無理我慢できない、嫁としてこんな人と家庭を築けない、価値観が違う、ちょっと理解できないと言われてしまう。

 

人生をやり直したいと言われて家出をされてしまわれる。実家に転居をされる。その別居が起きた直後に、焦って妻の実家に迎えに行くなど引き留めをされたが、両親からも離婚して欲しいと言われる状態。

 

メールで相談。謝罪に向けてチェッ クシートで妻の言い分を読み取り結婚観、心理分析を行う。

 

離婚を引き留めるための謝罪を伝える。「もう決めたので離婚します。離婚をしてから子供は1人で育てます。家族になれません」という価値観の不一致を理由に離婚要求の返事。

 

向けた言葉はかなり問題があり心を傷つけたことを提示。奥様の性格が繊細で気が弱く、思い込みや決め付けで考える傾向があることからしらばくの冷却期間を置く。

 

ご出産の事情で義父母との随時の連 絡を取ることを前提の謝罪を控える。

 

 

2ヶ月が経過、義両親から奥様が出産のために入院したことを知らされる。病院に行かれるが奥様から会いたくないとの拒絶の言葉を向けられ面会を断られてしまう。

 

無事に出産を済まされたことと赤ちゃんの写メと報告がある。赤ちゃんの命名、今後の同居再開についてもし長期化した場合も考え養育費・生活費について話し合いを求めるが体調不良を理由に拒まれてしまう。

 

毎月の生活費を渡す件が合意され同居再開は未定、赤ちゃんの名前は奥様が決める、できれば名字を旧姓にしたいので今すぐに離婚をして欲しいという言い分になる。

 

後日、義母からメールがあり説得していただけ赤ちゃんの出生届けを現状の名字で提出。赤ちゃんの名前の報告が記載されていた。赤ちゃんに会いたいという理由で面会を求めるメールを送るが拒絶の返事。

 

離婚したくない理由説明、誤解 について謝罪や説明をする文章をメールで送る。離婚危機について妻の感じている敵意・不信に対する話し合いの注意点を指示。謝罪と話し合いの呼びかけを伝えるが被害者意識と思い込みが激しく離婚して下さいという返事。

 

お子さんと会うことは無理、話し合いを直接、当事者だけで行える状態ではない。今後について話し合いたいことを義両親に伝える。

 

 

赤ちゃんの世話はほぼ義母が見ていることを知らされる。奥様の言い分としては理解できない、怖くて信用できないなどの返事で先々について話し合おうという意欲が持てない状態と聞かされる。

 

2ヶ月程度、平行線の状態が続いてしまう。義両親と話し合いをされる。一旦、離婚して欲しいことを要求されてしまう。調停や裁判も視野に入れて話したいので妻に会って話したいことや赤ちゃんに一度も会っていないので会いたいというお願いを向けてみるが妻の意向で提案は聞き入れてもらえず、怖くて顔が見たくない、だから話し合いたくないなどの話し合いの拒否の返事。

 

謝罪について 聞く姿勢のない状態。義両親と話しをするが話し合いは妻が聞き入れるゆとりがない、侮辱され否定されたとの主張で平行線の状 態となる。

 

この話し合いで、しばらくそっとしておきましょう、という合意に至る。3ヶ月の猶予を貰える。お互いに気持 ちを落ち着かせる方向で冷却する結論に至る。与えた愛情、もらった愛情、お互いの期待など項目別に考える。

 

 

妻は育った環境 から親への甘えが強く、優しさと思いやる温かさ、寛容さなどを理想として持たれていた。過剰な期待をされていたことも関連する大きな理由と判断。離婚せずに同居再開 に応じてもらえた場合に誓えること、この先に約束できることなどを伝える。

 

今後については同居したくない、自由にして欲しい、無理、愛情を持てないし信用できない、などの主張であった。義父母としても離婚しかお互いが幸せになれる手段はないと思う、などの発言が出てしまうくらい聞く耳を持ってもらえない状態。

 

赤ちゃんの将来についてきちんと責任を果たしたいことを近況連絡の際に伝える。話し合いができる。しばらくは話し合わず様子を見るという結論に至る。数ヶ月待つ。2ヶ月程度が経過。

 

近況について通話された際に、話し合いの目処について返事を得る。再度、離婚についての話し合いが実現する。同居中の出来事は許せているが乱暴で傲慢なことが信用できないとの言い分は変わらない。その話し合いの日の夜、説得を受けた妻から離婚を迫るメールがある。

 

メールのやり取りから通話に至られ、その電話にて謝罪・非の自覚、引き留めの提案をお話していただくが、返答としては騙された、安心できない、やり直すようにとの意見があり頼んだに違いがない、ずるい、疑われた、信用できないから一緒に暮らした くない、いつ書類にサインしてくれるのか?について答えを迫られてしまう。

 

再度、話し合いの約束を得るに至る。ありがとうございます、申し訳ありません、という感謝と謝罪の言葉を素直に真っ直ぐに随時声にできるよう考える。話し合いにて妻が感じている将来への不安や期待していたことなど気持ちを聞ける。否定しながらもバツイチと呼ばれたくない、絵を破られたことが恐ろしかったなどと言われる。

 

返事を保留という落着のさせ方で話し合いをする。妻と話し合いの内容についてメールで打ち合わせを重なる。話し合いは定期的に行える状態となる。

 

ようやくお子さんとの面会を兼ねて実家での会食 という形式での奥様との話し合いが実現する。謝り過ぎず振り返らず前を見ての会話を心がける。会食での会話内容から奥様の感じる安心・自由・妻として尊重されることについて考える。

 

帰宅・同居交渉を検討する。話し合いについて理解できたこと、心配していること、約束できることについて伝える。完全に別れることしか結論を望んでいないが、将来を考えると不安で恐くなることもある。話し合いの返事から妻も別居が不安で1人で子供 を育てる自信が揺れている、不安を感じている、依存や甘えもある不安定な心の状態であった。

 

実家で数回の2人での話し合いのための面会を継続され奥様の様子が好転したことが見えてから義父母を交えての話し合いに至る。被害者意識の強い妻の気持ち尊重して 安心できる夫について、離婚危機について奥様が結婚前に考えていた理想像について意見を言ってもらい、同居提案について話し合う。

 

 

事前に何度も相談をしながら話し合いの用意をする。思いやる気持ちで接するよう向き合う。数か月後奥様の体調が回復される。話し合いの結果、引っ越しについて (同居再開、夫婦関係の修復に向けて)の話し合いをされる。離婚要求の撤回を言っていただけ同居の返事に至る。同居での生活が始まり夫婦関係の修復ができる。離婚回避を完了する。

 

 

離婚危機を乗り越えた

 

実際の離婚危機に至られた夫婦関係の修復方法について具体的な取り組み内容を解説しています。

事例:妻から結婚生活に疲れた理由は言葉の暴力と言われた

 

事例:離婚を決意した妻の行動と別居した心理、夫婦が離婚回避できる方法

 

事例:別居しても離婚したくない?離婚しないメリットと夫婦関係を修復できる方法

 

 

別居後の連絡の内容とタイミングなどをアドバイス。別居した夫婦の復縁方法を具体的に解説しています。

参考:別居から復縁した心理は自分から夫、妻に謝罪して離婚を避けた方法

 

 

 

実際の離婚回避事例で具体的な修復方法を解説しています。

参考:夫婦関係を修復するきっかけの言葉、離婚前提の別居から歩み寄る方法

 

妻の浮気が原因の離婚危機の解決方法がわかります。

参考:妻の浮気発覚後の夫婦関係?離婚しないで不倫を乗り越える修復方法

 

浮気が原因で別居した妻と離婚を回避した話し合いの詳細がわかります。

参考:嫁が浮気をして家を出た、別居後に離婚を避ける連絡のタイミングと内容

 

別居婚の離婚危機の解決方法がわかります。

参考:別居婚が離婚危機に至るデメリットと夫婦関係の悪化を避けられるメリット

 

 

離婚危機を乗り越えて一緒に暮らす

 

 

 

 

TOPへ戻る