夫婦関係修復のきっかけの言葉と方法、別居期間で離婚回避する

もう一度寄り添う

夫婦関係を修復する話し合いの方法がわかります。夫婦の別居期間は離婚するための準備の時間ではなく、冷静に別居のきっかけになってしまった夫婦喧嘩や言い合い、譲れずに敵対した原因や理由を聞き取ることが大事です。離婚を求められて結論が平行線のままの別居は夫婦関係修復のための話し合いをするための準備期間でもあります。

大切な想い

夫婦関係を修復する方法で離婚回避

別居前の対応が悪かった、対応が冷たい、無責任と感じさせた。夫婦としての信頼関係が壊れた、人間関係としても信用を壊された、何度も言ったと言われた場合は、正しい、間違っている、もう言った、何度も言わない、聞いていないという平行線になるような言い訳、言い返しを控えて下さい。

 

夫婦関係修復のために自分を変えることは可能ですが、非を自覚できていない状態で後悔しています、反省していますと謝っても通用する状態ではありません。

幸せを考える

夫婦関係を修復する話し合いの心構え

夫婦関係を修復する話し合いでは実直に言い分を理解できるまで同じ尋ね方で良いので根気よく理解できるまで話しを聞くことが必要です。別居の事態に至り、離婚を考える状態から元の円満な関係に戻ることは簡単ではありません。不倫を伏せられて別居に至ったケースでは長期的な話し合いが必要になります。修復成功事例で具体的に話し合いの謝罪のポイントについて解説をしています。

実現できる

夫婦関係を修復するきっかけの言葉

落ち込んでしまう

夫婦の別居から関係修復までの期間は最短1か月、修復のチャンスは対面で話せた時です。具体的に会話で今、何を改善できるかを考えて誓うことは難しいのですが、必要とされる努力についてしっかり約束できること伝えて下さい。そういう話しは聞きたくない、嫌と言われたら無理に自分の話しをしないで下さい。

 

変わると何度も約束て同じことを繰り返して別居状態に至っている経緯から安易にもう改心しました、変わりますと謝っても信じてもらえません。離婚調停を申し立てられることも想定して思い当たるちょっとした自分の非をlineに列記して謝罪を並べるようなことは控えて下さい。

 

話し合いがうまくいかない場合でも焦らない。別居に至っても離婚回避は不可能ではありません。離婚を考えさせてしまった気持ちの理解についてきちんと言い分を聞き取り、論点を受け止める冷静さが必要になります。

 

離婚を回避する言葉がわかります。

参考:離婚問題を解決する回避の言葉、夫婦がお互いの気持ちを理解する

 

困ったら相談

夫婦関係を修復する別居後の離婚回避相談

夫婦関係の修復成功について実際の成功事例で具体的な別居後の夫婦関係を修復する話し合いの具体的な方法、向き合い方、注意事項を解説しております。どちらが悪い、妻が悪い、夫が悪いという議論は避けて下さい。浮気を疑う言葉も安易に声にされないよう慎重に向き合って下さい。離婚回避の方法についてメールにてご相談下さい。

 

 

別居後の離婚率について解説しています。

参考:別居後の離婚率の統計、夫婦が不仲の理由をお互いに反省する修復方法

心配をする

別居後の夫婦関係を修復する方法とは

これからどうしよう、どうしたい、どうできる、という先々を見据えた視点で話す方が前向きな気持ちで向き合えます。お互いの気持ちを尊重した対話法です。今まで気が付かなかった気持ちの問題を聞き取れる向き合い方がわかります。謝罪の手紙を書く場合でもきちんと論点を要点から整理する必要があります。もう一度夫婦、家族として一緒に暮らすために問題解決をする向き合い方が必要になります。

謝罪の手紙

実際に使用した別居後の夫婦の話し合いの注意事項の詳細を紹介しています。

参考:別居後の生活費の約束と離婚を説得する夫婦の話し合いの相談

 

話しにならない

別居解消を前提で謝罪する前に過信、つまり日常的な自身のモラハラ発言、言葉のDVについて思い返すことも重要になります。離婚問題はあなたに将来の愛情が期待できないという落胆が関連しているケースが多いからです。

わかってない

ずっと家庭内で不仲だから、男女として冷え切っていて夫婦の仲が冷めていたからという理由で相手の不倫を疑う言葉は向けてはいけません。

愛が蘇る

夫婦関係を修復するため別居期間の連絡

離婚前提の別居をした場合、別居後の連絡の内容とタイミングについて、夫婦が離れて暮らす期間のline、メールでのやり取り、対面が実現してからの話し合い方、聞き上手になる向き合い方で関係修復を成功をしたケースの事例で解説しています。

 

 

別居期間での夫婦間のlineの上手な活用方法と夫婦関係修復の言葉を具体的な例文で解説しています。

参考:別居した夫婦のlineメール連絡方法と例文、離婚問題修復への注意点

 

理由を聞き取る

別居後に夫婦で話し合って離婚を避けるためのlineの使い方

別居についてですが、家庭内で夫婦がそれぞれが敵対する状態であれば、お互いに気持ちを冷静にして向き合うための期間を目的の別居と考えて離れて暮らす方法があります。

 

別居直後は悔しい、譲れない、答えは変わらないという意地があるはずです。その時期に送信するlineは自分が正しいと言いたい心理がマイナスに作用するリスクがあります。

 

別居後はlineやメールで議論をするのではなく、必ず、会って目を見て顔を見て話し合うことです。解決策は相手の言い分は遮らずに言い終わるまで聞いてあげて下さい。lineで議論される方が多いのですが対面の場合と違います。言い分が平行線になってしまい感情のことで拗らせてしまいます。

lineの返事待ち

夫婦関係修復への話し合いの内容と方法

別居前の険悪な状況を解決するための話し合いが必要です。同居中もお互いを敵視したり無視をしていたなど別居前に起きていた事態が家庭内別居だったケースでもこのまま当面のお互いの言い分が平行線でも言葉を向けることを避けてはいけません。

 

夫婦関係を修復したい気持ちで謝罪する

別居後の夫婦関係を修復するためには、別居から時間が月単位で経過して夫婦でちゃんと話そうとする強い意欲、意思が必要です。もちろん、話し合いで今まで以上に自分の考えを知って欲しい、伝えたいという意欲が必要です。夫婦が歩み寄るきっかけは素直な謝罪の言葉なのです。

わかってない

別居後に夫婦関係修復方法について冷静に考える

家族、夫婦として今後、どうパートナーとして同調できるかを考えるための話し合い。離婚要求の理由をきちんと聞き取る。子どものため、夫のため、家族のため、という気持ちで向き合うことが大事です。

いつも一緒

感情的に言い合った後で平行線になる夫の男性心理は特徴は?結婚生活での不満について夫は自分自身の本音は悔しい、許せない、という気持ちでも実際に言いたくても言い難い遠慮があるからです。そのため夫の気持ちを察した対処が妻の気遣いと感じさせることができます。

 

 

 

ご相談の流れ

恋愛をやり直す

夫婦関係を修復できたきっかけの話し合い

依頼者:Y子さん34歳

結婚11年目の夫(39歳)が子供2人(7歳と3歳)

別居期間で夫婦関係の修復を希望。

修復期間:1ヶ月

難易度C

いつも仲良し

Y子さんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、この別居期間をおいて夫婦が関係の修復ができたエピソードを事例紹介に掲載いたします。

 

理由を聞き取る

ご主人が突然に賃貸の住居を解約する、一緒に暮らせないと言われて自分は単身用の住居を借りる、数回の話し合いでもう一緒に暮らせないので離婚を前提として実家に帰り別居をしてくれと言われる。

 

感情の問題だ、生活費でも婚姻費用も養育費も払う、家に戻りたくない、今すぐに離婚に応じないなら弁護士に頼んでもいい、別居の期間は離婚成立まで続ける、調停でも裁判でもする、慰謝料を請求されても構わない、財産分与も今すぐにしてもいいから自由になりたい、気持ちの面でも婚姻関係は破綻している、結果は離婚しか望んでいない、もう話すことはないと話しを真面目にされたとのメールでのご相談を受けご回答する。

 

 

翌日の午後、Y子さんとお電話にてご相談を実施。

 

それまでの家庭についての経緯やそれまでのエピソードについて詳細をお聞きする。ご主人の主張についてもお聞きし、同居期間での結婚生活の様子、ご主人からの言葉の原文、話し合いの詳細などもお聞きする。

 

夫婦関係の修復アドバイスをお引き受けし、ご主人の心理分析を開始する。

 

ご主人の心に虚偽や隠したいことが多くある、別居の話しは離婚要求の理由を伏せていることを推測して分析を提示する。事実確認をY子さんに質問し、浮気の疑いについてはご主人本人が絶対にないと断言したとの回答。

 

異変の理由やご主人の言い分の離婚事由や原因が違和感があり、重大なことを伏せて話されている、ご主人の浮気、不貞行為の疑いは高い。コミュニケーションの悪化状態は明確である。

 

 

可能性としてはご主人の浮気の起因が家族、家庭への不満があることが理由と想定される状態。Y子さんの家庭での態度やご主人への愛情、思いやりに大きな問題があり、平日の家事の雑さなどでストレスを感じさせていた。家計を支えて当然との発言が多かったことや、家庭内での行動のこと、ご主人の繁忙期の残業時にも先に寝る、感謝の言葉も向けず、夕飯の支度はおろそかとの事実があった。

 

ご主人が居心地が悪く、家庭で幸せを実感できないなど悩みは声にされていない。

 

結婚生活の期間で性格のづいっちを感じて逃げ出したい心理に陥っていると推測。

 

別居期間は離婚合意をするまでずっと、という話し合いに応じない言い方からの分析である。

 

Y子さんに自身をご主人の視点から見て考えていただくなど、家庭のやすらぎと夫婦の愛情についてご主人が感じた不満について反省いただき、ご主人への「ごめんなさい」「ありがとう」について考えて行く。

 

その晩にご主人と別居撤回について話し合っていただくが、別居期間は離婚までだと修復を拒まれ、復縁はありませんと言い切られてしまう。ご主人の意思は動かず、頑固な性格も関連して実際にご主人の親族に離婚の方向で別居をすることになった報告をするまでに至る。

 

しかしご主人の両親から離婚については子供のこともあり反対をされ、別居期間を半年おいても復縁すべきと言われ話はまとまらずに終わる。次に今後、K美さんがご主人にできる約束について議論し、家庭の中の雰囲気や言葉 についてご主人への謝罪の対話方法などについてアドバイスをする。

 

翌日、作成のマニュアルに沿ってご主人との話し合いが行われる。ご主人の不満は家庭の居心地や夜の夫婦生活の不満などが告げられ、仕事に影響する、我慢の限界だからと別居希望の意思のままで終わる。

 

ご主人の深夜帰宅に備え、毎日きちんとあたたかな食事、軽食を用意するよう指示をする。食事、家庭内の掃除、言葉や態度についてアドバイスに沿い、最低限の8日間は引き留める話を控えて冷静に様子を見てご主人を刺激せず過ごす。週末の前夜に帰宅後のご主人と再度、話し合いを行う。

 

この際、浮気疑惑についてご主人の心に作用する謝罪マニュアルを作成し、その言葉に沿い、聞き上手の姿勢で話し合われる。ここの話し合いでこれまでは否定をされたいた浮気を認める発言が起きる。

 

浮気相手は飲食店の若年の女性とのこと。浮気のことで 開き直り、別居期間は離婚に応じるまでずっとと言われる。

 

ここから、別居後の夫婦復縁マニュアルに沿い、逆にY子さんから、悲しいので一緒に暮らせない、一人で子供を2人も育てるお金も自信もないなどの主張と子供への夫婦不仲、別居期間の影響、結婚生活について、将来のことを話し、浮気は私が子育てに追われて家庭の居心地を考えなかったことも悪く、お互いに原因があると謝罪。

 

謝罪について効果があり、ご主人はかなり心を動かされ、お互いに重要なことに聞く耳を持てる状態での話し合いに至る。

 

悪意を感じるような浮気追及からお子さんの親権放棄をしたいくらいの気持ちになったことなどを伝える。

 

ご主人も慌てて、明日手続きをしに裁判所に行くなどと動揺をされ、親族、第三者に意見や仲裁を求めると言い出される。離婚条件、何が要望なのかを言って欲しいと逆ギレされてしまう。

 

翌日、ご主人が浮気の発覚を浮気相手の女性に伝えてしまい、家庭環境が嫌だった本気で再婚を考えていると発言されたことが原因で相手から別れを切り出されてしまう。遊びだと思っている、重たいと言われてしまう。離婚後の考え、今の家庭、夫婦間の事情の説明をしたことで一蹴され浮気相手の女性との関係がおかしくなったとのこと。

 

当日の夜に時間が欲しいと言われて再度、親族を交えた話し合いになり、浮気を終わらせること、良い意味で家庭を大切にすること、お互いに責任があり、お互いが悪かったと認め合えるようになる。

 

この期間で別居は撤回となり、危機を乗り越えて夫婦の関係修復を成功する。長期間の別居に至る前に家庭の修復に向けて新しい気持ちでの生活を始められる。(ご相談に関して個人情報厳守、プライバシーは保護いたします)

 

このサイトに掲載されているエピソードはすべて依頼者の許可を得て記載しています。

家族で暮らす

別居から離婚を回避するための具体的な連絡方法やタイミングを解説しています。

参考:別居から復縁した夫婦は自分が相手に謝罪し離婚を避ける方法

手をつないで

実際の別居後の離婚回避事例で話し合いの方法を解説しています。

成功事例:性格の不一致で離婚したくない!別居後の夫婦の話し合いの進め方

 

成功事例:夫婦関係が修復不能状態から離婚せずに妻とやり直したいなら理由を聞く

 

成功事例:別居夫婦の関係修復!話し合いで歩み寄り離婚を回避した方法

 

成功事例:離婚を決意した妻の行動と別居した心理、夫婦が離婚回避できる方法

 

成功事例:離婚危機で別居した妻と夫婦関係の修復方法、ピンチを乗り越える相談

 

成功事例:別居しても離婚しないメリットは?夫婦が関係修復できる相談

 

成功事例:連れ子再婚夫婦の関係を修復した方法、心が折れそうな状態での話し合い

 

成功事例:離婚調停と復縁、不成立後の夫婦が関係修復の話し合い

 

TOPへ戻る