夫婦関係修復のきっかけの言葉とは?別居後に離婚を避ける方法

いつも二人で

夫婦関係を修復したいと思っている、離婚前提の別居をした夫婦が関係を修復して離婚を避ける、夫婦関係を修復する話し合いの方法がわかります。夫婦の別居期間は離婚するための準備の時間ではなく、離婚危機のきっかけになってしまった夫婦喧嘩や言い合い、絶対にお互いが言い分が平行線で譲れずに敵対した原因や理由を冷静に聞き取ることが大事です。

 

夫婦の悩みはどうしても誰にも相談できず、不仲が原因で離婚を求められて結論が平行線のままの状態ではどうすればいいか?夫婦関係修復のための話し合いをするための準備の期間について解説しています。

大切な想い

夫婦関係を修復して離婚を避ける方法

夫婦関係の悪化の前兆があった、別居前の対応が悪かった、返事が冷たい、修復できる可能性がわからない、無責任と感じさせた。夫婦としての信頼関係が壊れた、人間関係としても信用を壊された、何度も言ったと言われた場合は、正しい、間違っている、もう言った、何度も言わない、聞いていないという平行線になるような言い訳、言い返しを控えて下さい。

 

夫婦関係修復のために自分を変えることは可能ですが、離婚したいと言われた理由を自覚できていない状態で後悔しています、本当に反省しています、夫婦の絆がとても大事だと思っています、幸せにしますと謝っても謝罪の効果がありません。

 

多くの夫婦カウンセリングで最近、一般的にカウンセラーがアドバイスしているような謝り方、つまり「ごめんや反省している」と言う謝り方が通用する状態ではありません。夫婦問題の情報サイトに記載されている謝り方の言葉をそのまま伝えても信憑性のことで疑心を感じさせてしまいます。

幸せになれる

夫婦関係を修復する話し合いの心構え

離婚前提で別居した夫婦関係を修復する話し合いでは実直に言い分を理解できるまで同じ尋ね方で良いので根気よく理解できるまで質問をして説明をお願いする、結婚生活での日々の不満についてきちんと理解できるまで話しを聞くことが必要です。

 

家で夫婦の会話がなくなって気持ちを十分に確認しない、家計や育児のこと以外は夫婦で話しをしない状態で離婚前提の別居の事態に至り、離婚を考える状態から元の円満な関係に戻ることは簡単ではありません。

 

不倫を伏せられて別居に至ったケースでは早く事実を知ることと長期的な話し合いが必要になります。夫婦関係修復成功事例で具体的に話し合いの謝罪のポイントについて解説をしています。

実現できる

夫婦関係を修復するきっかけの言葉

どうしよう

夫婦が別居してから関係修復までの期間は最短1か月、夫婦関係の修復につながるチャンスは少しでも顔を合わせて対面で話せた時です。

 

具体的に会話で今、何を改善できるかを考えて誓うことは難しいのですが、必要とされる努力についてしっかり約束できること伝えて下さい。そういう話しは聞きたくない、嫌と言われたら無理に自分の話しをしないで下さい。

 

変わると何度も約束て同じことを繰り返して別居状態に至っている経緯から安易にもう改心しました、変わりますと謝っても信じてもらえません。離婚調停を申し立てられることも想定して思い当たるちょっとした自分の非をlineに列記して謝罪を並べるようなことは控えて下さい。

 

話し合いがうまくいかない場合でも焦らない。セックスレスのことなど調停では深く話したくない夫婦の問題のことが不満だったと言われたり、別居に至っても離婚回避は不可能ではありません。離婚を考えさせてしまった気持ちの理解についてきちんと言い分を聞き取り、不満について気持ちを受け止める冷静さが必要になります。

 

 

困ったら相談

夫婦関係修復の方法がわかる相談

夫婦関係の修復について実際の事例で具体的な別居後の夫婦関係を良好に修復できる話し合いの具体的な方法、向き合い方、注意事項を解説しております。

 

どちらが悪い、妻が悪い、夫が悪いという議論をした対処法を使うのは避けて下さい。浮気を疑う言葉も安易に声にされないよう慎重に向き合って下さい。離婚回避の方法についてメールにてご相談下さい。

 

 

別居後の離婚率について解説しています。

参考:別居後の離婚率の統計、夫婦が不仲の理由をお互いに反省する修復方法

 

不安になってしまう

夫婦仲が悪く離婚前提の別居になった後の修復方法とは

離婚を前提で別居した後でこれからどうしよう、どうしたい、どうできる、という先々を見据えた視点で話す方が前向きな気持ちで向き合えます。

 

別居期間を経て、お互いの気持ちを尊重した対話法です。一緒に暮らしていて今まで気が付かなかった気持ちの問題を聞き取れる向き合い方がわかります。謝罪の手紙を書く場合でもきちんと論点を要点から整理する必要があります。もう一度夫婦、家族として一緒に暮らすために離婚問題の解決をする向き合い方が必要になります。

話しを聞き取る

 

話し合いが平行線

別居解消を前提で謝罪する前に過信、つまり日常的な自身のモラハラ発言、言葉のDVについて思い返すことも重要になります。離婚問題はあなたに将来の愛情が期待できないという落胆が関連しているケースが多いからです。

寂しい気持ち

ずっと家庭内で不仲だから、男女として冷え切っていて夫婦の仲が冷めていたからという理由で相手の不倫を疑う言葉は向けてはいけません。

2人で話そう

夫婦関係を修復する別居後の連絡方法

離婚前提の別居をした場合、別居後の連絡の内容とタイミングについて、夫婦が離れて暮らす期間のline、メールでのやり取り、対面が実現してからの話し合い方、聞き上手になる向き合い方で関係修復を成功をしたケースの事例で解説しています。

 

 

別居期間での夫婦間のlineの上手な活用方法と夫婦関係修復の言葉を具体的な例文で解説しています。

参考:離婚を拒否する知恵袋!離婚したくない人の別居後のline連絡の注意点

 

待てます。

夫婦関係を修復できる別居後のlineの使い方

別居についてですが、家庭内で夫婦がそれぞれが敵対する状態であれば、お互いに気持ちを冷静にして向き合うための期間を目的の別居と考えて離れて暮らす方法があります。

 

別居直後は悔しい、譲れない、答えは変わらないという意地があるはずです。その時期に送信するlineは自分が正しいと言いたい心理がマイナスに作用するリスクがあります。

 

別居後はlineやメールで議論をするのではなく、必ず、会って目を見て顔を見て話し合うことです。解決策は相手の言い分は遮らずに言い終わるまで聞いてあげて下さい。lineで議論される方が多いのですが対面の場合と違います。言い分が平行線になってしまい感情のことで拗らせてしまいます。

lineの返事待ち

夫婦関係修復を実現する話し合いの内容

別居前の険悪な状況を解決するための話し合いが必要です。同居中もお互いを敵視したり無視をしていたなど別居前に起きていた事態が家庭内別居だったケースでもこのまま当面のお互いの言い分が平行線でも言葉を向けることを避けてはいけません。

 

夫婦関係の修復できた後の家庭の再構築

夫婦関係を修復できた後で家庭を再構築をするためには?離婚の要求をされた、別居から夫婦関係を修復できても家庭を再構築するために円満な関係を維持するために夫婦でちゃんと話そうとする強い意欲、意思が必要です。

 

もちろん、話し合いで今まで以上に自分の考えを知って欲しい、伝えたいという意欲が必要です。

 

夫婦が歩み寄るきっかけは素直な謝罪の言葉なのです。

悲しくなる

夫婦関係を修復するために冷静に考える

家族、夫婦として今後、どうパートナーとして同調できるかを考えるための話し合い。離婚要求の理由をきちんと聞き取る。子どものため、夫のため、家族のため、という気持ちで向き合うことが大事です。

寄り添い合う

感情的に言い合った後で平行線になる夫の男性心理は特徴は?結婚生活での不満について夫は自分自身の本音は悔しい、許せない、という気持ちでも実際に言いたくても言い難い遠慮があるからです。そのため夫の気持ちを察した対処が妻の気遣いと感じさせることができます。

 

 

 

ご相談の流れ

ちゃんと話せた

夫婦関係を修復できたきっかけの話し合い

依頼者:Y子さん34歳

結婚11年目の夫(39歳)

 

子供2人(7歳と3歳)

夫婦関係の修復を希望。

修復期間:1ヶ月

難易度C

いつも一緒

他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのこと夫婦関係修復ができたエピソードを掲載いたします。

 

2人で歩く

ご主人から一緒に暮らせない、離婚を前提で実家に帰って欲しい別居をして欲しいと言われる。

 

気持ちがない、生活費も婚姻費用も養育費も払う。今すぐに離婚に応じないなら弁護士に頼む、別居の期間は離婚成立まで続ける、調停でも裁判でもする、慰謝料を請求されても払う、財産分与も今すぐにしてもいいから自由になりたい、気持ちの面でも自分たち夫婦は婚姻関係が破綻している、離婚した方がいい、もう話すことはないと言い切られている。

 

 

14項目のチェックシートで夫の心理分析を行う。元々夫婦のコミュニケーション不足だった。ご主人に言えないことがある、別居の話しは離婚要求の理由を伏せていることを推測して提示。

 

ご主人の言い分の離婚事由が違和感がある。本音を伏せている。ご主人の浮気の疑いは高い。ご主人の浮気の理由は家庭への不満があることが理由。家庭での態度や思いやりに大きな問題がある。

 

家事の雑さなどでストレスを感じさせていた。家計を支えて当然との発言が多かった。

 

家庭内でのトラブルの原因になる発言や行動のことご主人の繁忙期の残業時にも先に寝る、感謝の言葉も声にせず夕飯の支度は疎かにした、結婚生活の期間で性格の不一致を感じて逃げ出したい心理に陥っている。

 

ご主人の視点から結婚生活について考えていただくなど家庭のやすらぎと夫婦の愛情について感じさせた不満について反省する。ご主人への「ごめんなさい」「ありがとう」について考える。

 

その晩にご主人と離婚要求のことで説得をして話し合う。

 

別居は離婚まで、関係の修復を拒まれる。復縁はありませんと言い切られてしまう。ご主人の意思は動かず、頑固な性格も関連して実際にご主人の親族に離婚の報告をすると言われる。

 

ご主人の両親から離婚については子供のこともあり反対をされる。

 

別居期間を半年おいても復縁すべきと言われ話はまとまらずに終わる。次に今後ご主人にできる約束について議論し、家庭の中の雰囲気や言葉 についてご主人への謝罪の方法などについてアドバイスをする。

 

翌日、ご主人との話し合いができる。ご主人の不満は家庭の居心地や夜の夫婦生活の不満などが告げられる。

 

仕事に影響する、我慢の限界だからと離婚する意思を言われる。

 

ご主人の深夜帰宅に備えて毎日きちんとあたたかな食事、軽食を用意する食事、家庭内の掃除、言葉や喧嘩の時の態度について最低限の8日間は引き留める話を控えて冷静に様子を見てご主人を刺激せず過ごす。週末の前夜に帰宅後のご主人と再度、話し合いを行う。

 

浮気の疑惑についてご主人に本音を言って欲しいと問い掛ける。謝罪の伝え方を考えて聞き上手の姿勢で話し合われる。これまでは否定をされたいた浮気を認める発言。浮気相手の女性が存在することを認める。

 

開き直られてしまう。離婚に応じるまで話しをしないと言われてしまう。一人で子供を2人も育てるお金も自信もないなどの主張と子供への夫婦不仲、別居期間の影響、結婚生活について、将来のことを話して浮気は私が子育てに追われて家庭の居心地を考えなかったことも悪くお互いに原因があると謝罪。

 

お互いに重要なことに聞く耳を持てる状態での話し合いができる。悪意を感じるような浮気追及からお子さんの親権放棄をしたいくらいの気持ちになったことなどを伝える。

 

ご主人から明日手続きをしに家庭裁判所に行くなどと動揺される。親族、第三者に意見や仲裁を求めると言い出される。離婚条件、何が要望なのかを言って欲しいと逆ギレされてしまう。

 

家庭環境が嫌だ、本気で再婚を考えていると発言されたことが原因で浮気相手と別れ話になった。

 

再度、親族を交えた話し合いになり、浮気を終わらせること、良い意味で家庭を大切にすること、お互いに責任がありお互いが悪かったと認め合えるようになる。

 

離婚の危機を乗り越えて夫婦の関係修復に至る。別居に至る前に家庭の再構築、夫婦関係の修復に向けて新しい気持ちでの生活を始められる。

 

家族で暮らす

別居から離婚を回避するための具体的な連絡方法やタイミングを解説しています。

参考:別居から復縁した夫婦は自分が相手に謝罪し離婚を避ける方法

 

 

手を繋いで

実際の別居後の離婚回避事例で話し合いの方法を解説しています。

事例:性格の不一致で離婚したくない!別居後の夫婦の話し合いの進め方

 

事例:離婚を決意した妻の行動と別居した心理、夫婦が離婚回避できる方法

 

事例:離婚危機で別居した妻と夫婦関係の修復方法、ピンチを乗り越える相談

 

事例:別居しても離婚したくない?離婚しないメリットと夫婦関係を修復できる方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事の著者のプロフィール

TOPへ戻る