浮気で起こる妻との修羅場と関係修復の方法について

妻の浮気で浮気相手の男性を巻き込んで修羅場になってしまった。拗れて結論は離婚しかないと思えてしまう状況から離婚を避けて夫婦関係を修復する方法があります。

妻が怪しい

 

妻の浮気で修羅場となってしまった事例まとめ

妻の浮気が修羅場の原因となってしまうケースでは、何が原因なのか?浮気相手の男性を夫婦間の感情の衝突に巻き込むことから拗れて憎しみが増大してしまい修羅場になってしまうのです。

 

①浮気相手の男性に自分から連絡をして抗議する、慰謝料を要求する、浮気相手の家族や職場の人に浮気をしていた事実を知らせるような直接の行動が浮気相手の男性を追い込んでしまい妻のあなたへの嫌悪感や恐怖感を与えてしまいます。

 

②浮気が発覚した際に浮気相手の男性を妻から呼び出させて抗議する、慰謝料を請求する、念書を書かせるなど脅すような言葉を向けてしまうことで妻からのあなたへの敵意が増します。

 

 

関連記事:別居婚は新婚の妻の浮気が原因、修羅場になった後で離婚のピンチを解決した方法

 

関連記事:浮気をした妻と再構築!離婚せずに夫婦関係を修復する選択

 

関連記事:妻の不倫で家庭が壊れた、浮気されても離婚せずに夫婦関係を修復する方法

 

妻の浮気が発覚した後で家庭内で完全無視をされるケースがあります。別居をされないめにできることとは?

関連記事:妻が家庭内別居を選んだ理由は浮気!行動から証拠を見つける3つの方法

 

未読スルー

妻が浮気相手の子供を妊娠した事例

過去の修復事例では、妻が長期的な不貞を継続しており、夫婦間がセックスレス状態の時に妻の妊娠が原因で浮気が発覚したことがありました。離婚を前提で浮気相手を同席での話し合いを求めました。しかし浮気相手が既婚者男性で自分は離婚をしない、妻が離婚をしても自分との再婚は考えられない、子どもは諦めて欲しい、金銭で償うと言われてしまいました。

 

 

妻が出産を望んだため浮気相手との清算の条件の交渉を弁護士に任せ、不倫清算をしていただき、妻には離婚をせずに出産をしていただいた離婚回避の結論になった事例があります。

いつも仲良し

妻の浮気相手へ復讐をした事例

妻の浮気相手に復讐をする場合、基本的に法律を順守して交渉、連絡は法律の専門家である弁護士さんに任せていただくことが基本です。

わかってない

妻の浮気相手が既婚者の場合は浮気相手の妻、職場の人に妻との浮気の事実を知っていただくことが復讐となりますが金銭要求なども含めた抗議はやはり法律の専門家である弁護士さんに最初の連絡から行っていただくことをお薦めいたしております。

 

関連記事:既婚者男性との浮気を妻が隠していた、ダブル不倫の対処法

 

話しにならない

 

修羅場から離婚を回避した事例

浮気を伏せた妻からの離婚要求や別居が原因で夫婦関係が拗れて修羅場になった後で離婚を回避できた事例です。

 

修羅場になってしまう原因は浮気が発覚した直後から妻を執拗に責め続けて敵意を感じさせて拗らせてしまいます。浮気は裏切りだから許せない、浮気をした妻を悪者扱いをして責め続けることです。

 

妻の浮気が怪しいと感じてスマホを無断で見て証拠を見つけた場合、問い詰め方が慎重でも無断でスマホを見られた悔しさから一緒に暮らしたくない、モラハラが嫌だと嫌悪感を言い続けられて修羅場になってしまうことがあります。

 

 

妻に対しての話し方で浮気を責め過ぎると別居された後で連絡を無視されたり話し合いを拒まれてしまうリスクがあります。

 

関連記事:新婚不倫が別居の理由!結婚前からの妻の浮気発覚後に離婚を避けた方法

 

関連記事:不倫中の妻が無視する理由、別居後に離婚したくないなら女性心理を理解する

 

関連記事:妻の浮気の兆候をスマホ携帯から見抜く方法、不倫を隠す女性の特徴とは?

 

もう一度寄り添う

妻の浮気後の修羅場から再構築できた事例

妻の浮気が発覚した後で責めて口論になり別居された、その後、妻が無視をしたり義両親の介入で話しが拗れ、結婚生活での性格の不一致など揚げ足を取るような反論をされたことで修羅場になった。

 

拗れて離婚調停をされてしまうなど夫婦関係が修復不能と感じるまで悪化した後で関係を再構築できた方法とは?

 

 

関連記事:嫁が浮気をして家を出た、別居後に離婚を避ける連絡のタイミングと内容

 

関連記事:妻の浮気原因の3つの特徴、不倫発覚後に理由を聞く対処法

TOPへ戻る