【モラハラ夫のチェックリスト】自覚なしが離婚原因になった場合の対処法

モラハラ夫の特徴として人の気持ちに寄り添えない傾向があります。

妻へのモラハラどのような言動が問題となるのか、妻の目線でモラハラ夫との向き合い方について心理学的なアプローチと夫婦関係を改善するための対策、夫のモラハラが原因で離婚を迷った場合に考えることを紹介しています。

夫婦間のモラハラが原因で妻が別居した後で対処する方法がわからない男性の特徴とは?別居した妻と離婚を避ける謝り方がわかる?反省する方法を具体的に紹介しています。

モラハラ夫のチェックリスト

実際に下記のチェックリスト5つの中で2つ以上自身の振る舞いに思い当たることがあれば妻へのモラハラをしていたことにあんります。

妻がモラハラと感じた夫自身の生活態度、見下すような発言、夫婦間のLINEでの暴言、家庭生活での何気ない発言に含まれる失言、叱責、夫婦喧嘩での罵倒、大声、妻が悪者と決め付けた発言、人格否定、容姿を悪い言葉で批難するなど言葉の暴力や冷酷な言葉とは?モラハラが原因で妻から離婚すると言われたらどうすればいいのかを考える必要があります。

モラハラになる妻への行為のチェックリスト

①妻への叱責の言葉、叱るのではなく言葉での激しい攻撃、妻の言い分を否定したり批難のことです。直接、声で怒鳴ってしまう、lineで送ってもモラハラです。

②妻への家計、生活費のことで恩着せ発言をする、渋る、批判する、お願いを聞き入れないなど意地の悪い答え方がモラハラです。

③夫婦喧嘩での攻撃的な言葉、離婚してやるなど勝気で自分が正しいと思い込んだ発言がモラハラです。

④妻の容姿を批難、批判するデリカシーに欠落した言葉がモラハラです。

⑤妻に対して良識、常識を逸脱した命令口調での要望する言葉を支配的に向けてしまうことがモラハラです。

無視もモラハラ

離婚回避方法について詳しく紹介しているページです。関連ページ:弁護士監修!離婚回避方法

モラハラ夫の特徴として妻へのどのような言動が問題となるのか

モラハラとは人格を否定する言葉を向けることです。日常的に妻を精神的に支配しようとして言葉で追い込んでいませんか?俺に従って当然、当たり前と威圧はしていませんか?生活費のお金のことで疑うような発言や恩を着せるような言い方をしていませんか?妻の弱点を探そうとして問い詰めたりしていませんか?妻の急な離婚発言に不倫、浮気を疑うような言葉を向けていませんか?

妻の家事についてきちんと感謝を声にできていましたか?慰謝料もいらないから解放して欲しいと言われていませんか?大きな過信が原因のモラハラをしていませんでしたか?

モラハラ夫の特徴として日常的な家族、配偶者への暴言について離婚調停や裁判で問われても自覚のない男性が多い様です。

妻へのモラハラは悪いこと

人の気持ちに寄り添えない夫の特徴

人の気持ちに寄り添えないモラハラ夫の特徴として人当たりの良さや二面性が原因で結婚するまではモラハラ傾向が隠れていることが多いです。

結婚生活ではプライドが高く、自分が正しいと思っている言動や嫌味に聞こえるような発言が続きます。モラハラの原因は、夫の生い立ちにも共通の特徴があります。学校や社会人になってからもリーダー的な立ち位置になることが多く、幼少期から母親に甘やかされていたり父親が怖くて自身の考えをきちんと声にできなくなっている男性に多い傾向があります。

妻の人格や価値観を否定する特徴があります。

つまり考え方、判断の基準、価値観が自分に対して従順でなければ否定する、妻の失敗を許せないなど見下す言葉を当たり前のように向けてしまいます。妻の結婚生活での悩みを聞く優しさがありません。

特にモラハラ夫の典型的な特徴は

①話しが長い

②自分が正しいと決め付けて発言する

③謝れない

など妻に対して上から目線で常に発言をする傾向があります。

思いやりのない夫

モラハラ夫の特徴は悪いという自覚がない

モラハラ夫は自分が悪いと言う自覚がない特徴があります。

妻に対して批判的あるいは攻撃的な発言が多い、妻に平気で嘘をついたり責任を逃れる傾向がある、ネガティブな感情を妻や他人に向ける傾向がある、妻や他人の感情や意見に興味を示さない、妻を無視したり怠惰な行動をとる、妻を蔑視・侮辱する言動が多い、妻に対して暴力、脅迫、嫌がらせをする傾向がある、自分自身の欠点や問題について自覚できない、そのため反省しない、謝れない傾向があるのです。

モラハラが離婚したい理由と言われるまで妻の気持ちに寄り添えず、気持ちを無視してしまう特徴があります。

一緒に暮らし続けられない理由がモラハラと言われても自分が悪いとは気づかないのです。

モラハラ夫の特徴として、妻を言葉で責め続けてしまう傾向があります。

事態が悪化して離婚の危機になってから後悔するケースが多いのです。

妻の気持ちがもっと早くわかっていたら?妻に別居されてしまう前に妻の気持ちがわかっていたら?

不満を聞く目的できちんと話し合えていれば別居になる前に夫婦関係を修復することは可能だったケースが多いのです。

妻を怯えさせる夫

モラハラ夫は妻に対してのコントロール欲が強い

モラハラ夫は妻へのコントロール欲が強い傾向があります。日常的な妻への意地の悪い発言、あなたへの怯えを理由に妻が家を出た、自分に従うだろうと軽視したモラルハラスメント行為。奥様は我慢できないくらいの酷い言葉を向けられて怖さを実感されています。

あなたとの離婚を決意させた。理由は妻への過信とあなたの強い精神的な無意識での奥様に対する支配欲からの振る舞いなのです。これくらい言っても自分の妻だから絶対に大丈夫だろうと過信したあなたの甘えが妻へのモラハラの原因です。

あなたのモラハラに妻からもう我慢ができませんと言われた。恋人として優しい男性と思われていた、かっこいい、頼れると思われていた人が結婚相手となり、結婚生活を経て夫として怖くて陰険なモラハラ夫に変貌するのです。あなたと結婚したことを奥様が後悔しているはずです。

モラハラで離婚危機

モラハラ夫との向き合い方について妻からの心理学的なアプローチ

モラハラ夫との向き合い方として、無視せずに自身の辛い気持ちを冷静な言い方で丁寧に何度でも声にして夫に伝えて下さい。

人の気持ちに寄り添えない、モラハラ夫の特徴は妻を軽視していて自分の気持ちを押し付ける傾向があります。

妻から離婚したいと言われても表面上の謝罪の言葉を伝え続けてしまうなど謝罪の言葉として信憑性に欠ける態度で謝ってしまう傾向があります。

妻の人格を否定する言葉は夫婦でも許されないのです。人格を否定する発言はモラハラです。

モラハラ夫は妻から離婚したいと言われるまで妻と結婚してから気持ちを考えてあげられていなかったという自覚ができないのです。

心理学的に辛い、嫌だ、そう言われると悲しいという本音を夫に続けることで悪いことをしていると自覚させることができます。

モラハラをした夫と受けた妻では認識が大きく異なるのです。夫婦喧嘩で大きな声で酷い言葉を浴びせるなど妻へのモラハラ行為があったが少し配慮に欠けていた、悪いことと自覚ができていない、暴言は無意識で言ってしまったなど様々です。

妻との話し合いが何度も平行線なった。奥様が日常の家事への感謝をしてもらえない、意地の悪い言葉を言われて対応に困るくらいあなたから日常的に向けられたモラハラ行為が嫌だった、離婚準備のつもりで別居したと理由を聞かされるケースが多いのです。特に妻がモラハラが原因で実家に別居したケースでは実家の義父母が結婚生活のモラハラについて不満や愚痴を聞いているため妻への謝罪の前に義両親による連絡の遮断などが起きる可能性があります。

言葉の暴力・精神的な虐待について、やった、やってないの議論では妻はまた一緒に暮らしてもいいとは思ってくれません。夫婦間の言葉のDVとは?謝罪のポイントとなる思い当たる過ちを探す方法は?妻が言葉の暴力に耐えながら別居を計画して離婚準備をしていた奥様からお子さんの親権と養育費だけを望む離婚交渉のケースも多いそうです。

妻へのモラハラ

モラハラ夫との関係を改善する対策とは

夫婦関係を改善するためのモラハラ夫への対策は、本音を声にして伝え続けることです。

俺の嫁だから何を言ってもいいという思考はあなたの支配欲と奥様に対する所有意識が原因なのです。別居後に話せるタイミングで二度と奥様を辛い気持ちにさせない明確な誓いを声にすることが必要です。

モラハラ夫は自身に自覚が浅く後悔する気持ちがありません。

妻への支配欲や言葉の暴力が日常的で嫌だと感じていたと指摘された言葉の暴力が続く場合は数日でも家を出てしまうなどの対処法も考えられます。

モラハラが離婚原因と知っていても夫が自分は悪くないと思っている場合、本当に離婚前提で家を出ることも考えて下さい。

謝って来た夫に対してこれから変わると誓うにしても実際にどう変わりますか?と反省の度合いを確認してから関係の修復について話し合うようにして下さい。

モラハラ夫と言われた場合の夫婦関係の修復方法として、日常的に妻に対して支配的な言葉で威圧することについて苦痛と感じさせていた。一緒に暮らせないと思わせた理由です。家を出られたことについて勝手に逃げ出したのだと無視をせず、別居されてすぐにLINEでこれからの生活費のこと、保険などの事務手続きについて必ず連絡をして下さい。

自分の短所に気付く時

モラハラ夫は妻の気持ちに寄り添えない

モラハラ夫は自分の妻への言動、生活態度がモラルハラスメントとは自覚できていません。

人の気持ちに寄り添えない夫はモラハラ夫です。

妻に謝罪の信憑性を感じさせる反省と誓いの伝え方があります。妻と離婚を回避して夫婦としてやり直したい気持ちが伝わらなければ本当に離婚されてしまいます。

妻が別居してしまうようなモラハラ行為とは?別居後に離婚要求されたら別居されるまで我慢していた妻の辛さを理解して謝罪するために会う目的で連絡して下さい。妻へのモラハラ行為が再発しない誓いを伝えて下さい。

妻はモラハラを我慢した

夫のモラハラを解決する目的の話し合いの内容

別居した妻と具体的に話し合いが実現できた場合、親同席の離婚についての話し合いでも奥様の言い分が変わらず私からは出て行く、離婚するとは言っていない、私は正しいと重大な部分について嘘を言う妻の言い分を否定せず、被害者意識から事実を誇張する妻の心理を理解する。

モラハラが原因で離婚したいと言われた後の話し合いで妻から別居すると言われたら?モラハラ別居は一時的な冷却期間ではなく長期化してしまう覚悟が必要です。

謝罪しても妻が許せない理由を聞く?妻が別居した後で今すぐにできることは?なぜ実際に同居時に素直に謝罪をしたり、家族として、結局はいつも過信や軽視で毎日の傲慢な妻への接し方、言葉の暴力について人間としてありがとうが声にできない異常な態度を反省する必要があります。

話し合いでは基本的に「嫌だったと感じたことを教えて欲しい」と妻の辛い気持ちを理解する姿勢が必要です。

言葉の暴力は妻を軽視していたことが理由?離婚を決意して離婚準備で家を出る決断した奥様はあなたの性格が簡単に変われるとは思ってもらえません。

離婚を決意して不在時にこっそり荷物を運び出されて、言葉の暴力を理由に別居に至った事態からの謝罪の言葉の例文や離婚回避の方法とは?置き手紙や離婚を要求するLINEについて言い訳を返答せず、誠実に正直な返事を向けて下さい。

妻との話し合いでモラハラを反省したことを謝罪するタイミングは?別居した妻と離婚についての話し合いでは録音をされている前提で正直に向き合う気持ちが重要です。結婚生活で嫌と感じたことを指摘されるたびに言い分を変えるなど嘘や言い訳は好ましくありません。

あなたの言葉で毎日が支配されていると感じて恐怖だった、上から目線の態度に怖い思いをした、言葉で虐待されていたと指摘されたら?ご近所の評判は良くても家庭内で奥様にとって自分は本当に優しい配偶者だったのかを考えるべきです。

幸せな家庭

モラハラと感じた夫婦喧嘩の言葉を反省する

妻があなたからの強い言葉を向けられて怯えて悩んでいたことに気付かず。俺は仕事で疲れているのに家庭で気を遣いたくないと思っていた、など自覚と良識の認識の甘さが軽視、つまり奥様への支配的な発言の理由です。

無意識でも意図的でも人格を否定や軽視する言葉の暴力や見下すような言葉を繰り返して苦しませる、反論を抑え付け、妻が自由に考えを夫に言えない雰囲気を日常化する行動や夫婦喧嘩の際の過剰で支配的な言葉を向けたことが辛かったのです。

許せないから離婚すると言われた自身の自覚のないモラハラとは?意地悪な言い方、威圧、虚勢からの失言や暴言の問題を話し合いの継続で解決する。最初は夫婦喧嘩で「離婚だ、出て行け」と言うのは当たり前と思っていた。

妻が嫌と感じた出来事がモラハラなのです。離婚を切り出す前にモラハラを感じて言葉の暴力を我慢していました。奥様があなたとの暮らしに疲れましたと別居の際の置き手紙を残していたなど深刻な事態です。離婚したいと切り出された後で本当の不満や怯えの原因を知ることができます。自身の行動、モラハラ発言を自覚する、夫婦間のパワーバランスの問題、あなたの機嫌を覗わせた、無意識のモラハラを反省する。

モラハラで妻が離婚を決意して家を出た場合、一度だけ連絡をしてから返事を待って下さい。しつこくLINEや電話をしないで下さい。

必ず1度はLINE、メール、電話で謝罪の言葉を伝えて1ヶ月くらいそっとしてあげてから話したいというお願いを伝えるようにして下さい。

モラハラに耐えていた妻への対処法

離婚を考えた奥様の気持ちを考えることが重要なのです。

妻からモラハラと言われる覚えがない、生活費は入れていた、自身には不貞行為がない、暴力で妻の身体にダメージを与えていない、暴力はしていない、自分は悪くない、そう過信していませんか?

本当に妻のことを思いやれていたのかを自覚することが離婚を避けるためには重要です。

モラハラ夫が結婚する前は思いやりがあり優しい接し方をしていた。

結婚後に妻だけに嫌な面を見せ始めます。近所の方やご親族など周囲からはモラハラ亭主と思われずに良いご主人に見えてしまうケースが多い様です。

離婚を決意するまで妻は我慢した理由は子どもが生まれて別居や離婚をしたら生活費のことが不安になりいつかは夫が前のように優しくなってくれると少し期待されていたからです。

モラハラが原因で妻が家を出た場合の連絡内容とタイミングについて

夫婦喧嘩や日常的なモラハラに該当するような言葉が原因で離婚危機になられたらすぐに謝罪を伝えて下さい。奥様に会いたいと伝えたり実家を訪問したいと伝える前に謝罪の言葉についての返事がもらえるまでしつこく催促せずに待ってあげて下さい。

モラハラが原因で妻が弁護士に相談をした場合

モラハラが原因で妻が法律事務所の離婚弁護士さんに相談をされていた場合、時間をかけてでも訴訟を起こされ離婚裁判を前提に交渉を進められる可能性があります。

離婚の合意をさせること以外の結果を求めない交渉に進んでしまいます。

モラハラにあたる言葉を反省したことを話し合いで謝罪するなら、妻へのモラハラにあたる言葉を自覚してから謝ることが大事です。別居される前に離婚したいと言い出した妻と話し合いってもあなたが悪い、辛かったという言い分を論理的に妻から主張され、謝罪した手紙が夫としての自分の非、過ちを認めた証拠として被害者と加害者という視点でお互いの言い分が平行線になってしまいます。

法律の知識を調べで自分は悪くないと言いたい話し方では謝れません。モラハラ行為に耐えてくれていた妻と高い確率で決裂してしまいます。

妻がモラハラに耐えて離婚を我慢した理由は子供が可哀想と思っていたから?我慢していた妻の別居は強い覚悟があります。本気で離婚を決意した行動なのです。

離婚したいと言われている理由をわかってから謝罪して下さい。勘違いをされないこと、何が離婚したい理由とわかっている場合は義両親や奥様が不快に感じて話し合いに応じてもらえないことも覚悟をされ玄関先で追い返さる前提で向かうことです。先々で無責任と言われないために修復への影響を考えて謝罪は伝えて下さい。

モラハラを認めた謝罪文が調停や裁判で証拠にされるケースもある

別居後の妻へのLINE、メールの「謝罪文」がモラハラをした証拠にされてしまいます。平行線のまま調停で第三者を入れての話し合いに至ってから謝罪文がモラハラに自覚があった証拠と言われることがあります。

自分は浮気をしていない、不貞行為はしていない、不倫が離婚理由ではないからとお金の面で強気な返事をすることは心象として良くない傾向がございます。

民法など法律のことと奥様の気持ちの問題が異なりますが離婚弁護士さんはモラハラが理由の離婚として入念に証拠を集めるなど確実にモラハラ離婚と言うための準備をして調停、裁判を進めることが想定されます。

奥様が正当な離婚条件で離婚をする目的で弁護士さんの擁立をされた場合、離婚調停や裁判で奥様があなたの高圧的な奥様へのモラハラ発言について録音や動画などの証拠を提示した場合や言い分として日常的なあなたの言葉の苦痛だったと書面で主張されてしまいます。

離婚調停で「妻が大事で愛しています」と平気で取り繕う言葉を声にでき、自身のモラハラについての自覚や後悔がない男性もいるようです。何よりも妻に対しての精神的な虐待、モラハラ行為について後悔をしたり反省できることが必要な深刻な事態と思われます。

婚姻費用のことなど別居後の妻、子供の生活について行動で誠意を示して下さい。結婚生活の同居期間で何が嫌だったのか教えて欲しいと頼んでも怖い、信じられないなどの言い分で何も具体的な不満は答えてもらえません。「お前」と大きな声で言っただけでも言葉の暴力、精神的なDVとカウントされてしまうケースもあるのです。

謝り方がわからない夫

自分のモラハラが原因で別居した妻から離婚調停を申し立てられる前にこの5つについて反省をして下さい。

①妻の家事、育児、家計管理に対して感謝の気持ちが持てず、自宅では妻に対して些細な不満を見付けて支配したい願望から文句を言う。家庭での主導権を取る傾向が強かった。

②不都合なことがあっても自分は悪くないと思ってしまい妻が悪いと決め付けて叱責する。夫婦喧嘩の言い合いでも妻が自分に反抗的だから起きていると思い込んで自己を守るために正当化している。妻の心身の疲労を考慮できていない。

③自分について過剰な自信があり、自分は学歴や会社での地位、役職から社会的にも家庭内でも優秀であると思い込んでいる。そのため妻を軽視する発言が日常的に多い。

④自分に対して妻に文句を言われるのが許せない。妻が家事を疎かにしたり家計でルーズな面があれば強く文句を言うが自分に甘く自分の落ち度を妻から言われると悔しくて許せない気持ちになり激しく感情を乱すなど自分を批難されたり否定されることを許せない。外面を異常に気にする性格であることを謝る。

⑤激しい嫉妬心と独占欲がある。妻が勤務先の仲間や上司と会食に行って帰宅が遅いと浮気を疑う。妻が休日に外出したいと言えば浮気を疑い行先や誰と行くのかなど詮索をして許さないなど独占欲が原因で妻を厳しく束縛をします。

モラハラが原因の離婚慰謝料を調べた妻の心理

離婚せずに妻と復縁したい?別居した妻に謝る言葉とは?あなたの無意識の奥様への強い支配欲が理由で奥様をコントロールしたい気持ちが言葉として向けられていたのです。

常に夫婦間で自分がリーダーとして主導権を握ろうされた言動が原因で奥様を精神的に支配しようとされたことがモラハラです。

モラハラを理由に妻から離婚調停をすると言われたら?あなたの言葉を暴力と感じたなど意地の悪い発言に怯えていたことを指摘された場合は手紙、LINE、メールでの謝罪は女性心理特有の感じ方が過敏になることが理由で誤解をされてしまいます。

モラハラが原因で離婚したいと言い出した妻の言い分は簡単に変えられません。モラハラが事実であれば流れとして調停で離婚回避できる可能性は低い傾向があります。事実と認めた場合は多くのケースでは次の調停で婚姻費用や子どもの月々の養育費を審判で決められて調停が不調で終わってしまいます。

モラハラが原因で妻に別居されたら離婚調停や裁判で不利になるのか?妻へのモラハラが離婚調停や裁判で不利になるのか?法律面の見解は当方では述べることが法律で禁じられていますが、調停や裁判で別居をされた理由があなたの家庭内での言動に怯えていた、モラハラが酷かったと指摘された場合、あなたのモラハラが悪い、という結論になることが多い様です。法律の専門家である弁護士さんに相談をされて下さい。

モラハラ夫は自覚がない

離婚調停でモラハラの証拠を出されたら

妻からモラハラの証拠をスマホで録音してある、LINEもモラハラの証拠にすると言われた。暴言や大声など、妻を怖がらせた言葉はモラハラになります。

妻はモラハラを我慢していた

妻がモラハラに耐えた理由は生活費の不安が理由

妻と夫婦喧嘩をした時に毎回、あなたから出て行けと言った、私は言っていないで口論になる。最近は言い返さなくなったと過信をしていたら急に自身の言動について反省が必要です。言葉の暴力と指摘された事実を受け止めなければいけません。奥様が家を出て別居の事態に陥ったというケースが急増しています。

同居時に奥様が離婚や別居後の生活費の請求について法律相談をされているケースは少なくありません。妻を見下すことで優越感を得るモラハラ夫とは?妻を否定し見下すような暴言を向け続けることで優越感を得て、自分が妻を支配して自分に対して反抗しない、離れない、依存してもらえると勘違いをして日常的に優越感を得る目的で罵倒を続けるのです。

一緒に買い物に行っても駐車場の空きがないだけで妻を車内で叱責するなど理由や原因も言い掛かりでの攻撃ですのでかなり無茶な態度なのですが、妻は自分が悪いのだと萎縮し心理的に怖いから夫に逆らえない立場に追い込まれてしまうのです。

妻が我慢してくれた理由

妻を家政婦扱いしたことはモラハラ

妻の家事への献身について感謝が言えない夫、モラハラで家庭内で妻への感謝を声にしないことが別居の理由

妻を家庭で家政婦扱いするとモラハラになるのか?妻がどう感じたのかが判断の基準です。

妻が疲れている

モラハラ夫が妻に謝るためにできること

妻が離婚を迷いながらモラハラに我慢をしていた。家政婦扱いの発言が冷めた理由なら?

解決に向けた話し合いで謝罪を伝えることが必要です。離婚を迷い別居した。日々の嫌がらせと感じる行為や暴言、大声が嫌になった。モラハラに我慢できない心理になった。一緒に暮らしたくないと思わせた言葉の暴力を絶対に繰り返されない誓いが必要です。

妻へのモラハラは改心が必要です。取り繕うような反省していますのような軽い謝罪では信用してもらえません。

妻への嫌がらせ行為、モラハラを自覚する必要があります。

別居後の妻との話し合いの過程が随時把握できるやり方であなたをサポートをいたします。

夫からのモラハラを我慢していた、すぐに「離婚だ、出て行け」という夫の暴言に耐えていた、責められても謝り続けていた理由は別居や離婚後の自分と子供の生活費の不安が理由だった。モラハラに我慢して謝るしか選択できなかった妻の理由は離婚後のお金のことが心配だったから?

モラハラが離婚の証拠があっても生活費の不安で後悔すると妻が判断したのです。モラハラを我慢したり迷っていた理由は離婚後の生活への不安?妻が家を出た理由は結婚生活1か月のモラハラだった場合の戻り方とは?妻に向けたあなたの失言の理由は?あなたにとって生涯の財産となる最愛の夫婦の仲を修復するお手伝いをいたします。

家事は分担

モラハラが原因の離婚を避けた事例を紹介

この記事の著者プロフィール
復縁専科運営事務局・横山美咲
復縁専科運営事務局・横山美咲

日本心理学会認定・認定心理士。1991年東京都生まれ。血液型A型。大学・大学院の人間科学心理学科にて心理学を履修。 2016年より復縁専科のメール相談の分析と回答を担当。月間50件以上の夫婦問題と恋愛の復縁カウンセリングの業務に携わる。