浮気で慰謝料や親権・養育費を妻に請求できる?話し合いでの対処法

妻の不貞行為の証拠があるか?妻が不貞を認めたか?実際に婚姻関係が壊れて離婚することになった場合に妻や浮気相手の男性に慰謝料請求する場合はどうすればいいのか?

別れの心理

妻の浮気が発覚!慰謝料を要求できる?

妻の浮気が発覚した、事実を知った。妻にあなたから慰謝料請求ができるか?請求する場合はどうすればいい?

 

逆に浮気が発覚した妻から離婚前提で親権と慰謝料を求められている。

 

妻と離婚せずにやり直したい、離婚について譲歩できない強気な妻と別居後の話し合いが結局は平行線でも次にまた話せる雰囲気で終わらせて下さい。

妻の浮気発覚後、3年以上の同居ができた場合、妻の不貞行為について時効になります。3年の同居ができた場合はあなたが奥さんの不貞を許したという見解になるようです。

 

 

 

妻が浮気を隠して事実を認めない場合どうすればいい?

関連記事:妻の浮気の兆候をスマホ携帯から見抜く方法、不倫を隠す女性の特徴とは?

 

落ち込んでしまう

浮気をした妻に対する慰謝料請求

妻の浮気が発覚した。妻は自分が不利になることを伏せて離婚について平行線が続いて修復不能と感じる状態。

 

妻がどうしても離婚した後で譲れない場合、離婚になった場合は慰謝料を請求することが離婚を思い留まらせる話し方ができます。

妻が怪しい

妻の浮気相手に対する慰謝料請求

妻の浮気が発覚した後で浮気相手の男性に慰謝料を請求する場合は必ず弁護士さんに相談をされて下さい。

自分の力で相手に念書を書かせるなども含めて直接連絡はしないで下さい。弁護士さんを必ず通じて下さい。

 

困ったら相談

浮気に対する慰謝料の相場が知りたい

妻の浮気が発覚した場合、本当に離婚になった場合、離婚せずにやり直す場合の浮気の慰謝料の相場は法律の専門家である弁護士さんに相談をされて下さい。

浮気で別居した妻が子供の養育費と親権を求めて来た

妻が別居後に強気な姿勢で離婚を迫り親権や慰謝料をlineで要求して来る、でも離婚せずに妻とやり直したい、離婚せずに仲直りをしたい相手の視点からご自分を見つめていただき相手の心に向き合うサポート。男性、女性とも、悔しい気持ちから否定すような言い返さずに我慢して言い分を聞く寛容さが必要です。

もう一度寄り添う

妻の浮気の慰謝料請求する場合の流れ

妻の浮気が原因で離婚した場合、子供の親権と慰謝料が欲しいと思った場合、慰謝料請求する場合は法律の専門家である弁護士さんに相談をされて下さい。相場や請求の方法など適切な対応、答え方を確かめて実際に奥様との交渉に入っていただいて下さい。

 

妻の浮気に対する慰謝料を請求する際の注意点

妻の浮気で修復不能になって離婚しか結論がない場合、夫婦関係、妻への離婚の要求について妻は浮気をした罪悪感よりも結婚生活で我慢していた不満があり離婚することについて自分は悪くないと思っています。

 

浮気がバレても謝らない妻、後悔をしていない妻の勝気な性格が浮気の理由です。自分では金額などを提示せず弁護士さんから交渉をしてもらうことが必要です。

いつも仲良し

メール相談

 

お問い合わせ:090-6519-1413

 

【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

 

 

分析までご相談は無料です。

メールで問い合わせ

妻の浮気が発覚した後の話し合い

実現できる

依頼者:E治さん38歳

結婚8年目の妻Y美さん(31歳)専業主婦

子供1人(6歳)

 

修復期間:8か月

難易度:F(話し合いが困難な状態)

気持ちを伝える

他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことでこのエピソードを事例紹介に掲載いたします。

呆れた

妻の様子から浮気は心配されていた。お子さんからの話しを聞いて妻が長時間の外出を続けている様子を知る。

 

仕事を終えて帰宅すると突然に妻から「もう一緒に暮らしたくないから離婚して」と離婚を要求された。それまで家事が疎かになる等の前兆がなかったので驚くだけであった。

 

妻からお子さんを置いて明日にでも家を出たい、実家に相談をしたらすぐに離婚しなさいと言われた、今なら親権と養育費だけでいい、慰謝料や財産分与は要求せず、愛情のことで一緒に暮らせないので離婚を前提として別居に応じて欲しいとの内容。

 

メールで相談。

 

14項目のチェックシートで心理分析を行う。家庭生活への不満、言葉には悔しさからの誇張や奥様の性格に浮気が原因の焦りの強さがある。

 

奥様の浮気は結婚生活への不満、モラハラが原因としてE治さんの家庭での態度や愛情、子育てへの配慮にも問題がある。家庭での居心地が悪く子どものことも含めて婚姻を放棄したい心理。

 

 

奥様に浮気の理由について尋ねるべきこと、約束させるべきことを考えて話し合う。奥様が譲れない理由を聞き取ることが目的の話し合いとなる。

 

離婚の撤回について話し合う。離婚意思は変わらず話し合い途中で感情的になられて中断する。

 

自宅で奥様とお子さんで暮してもらえるよう別居の提案する。

 

深夜に奥様から電話がある「監視されたくない。納得できないから明日、子供を迎えに行く」と言われる。子供は学校のことがあるので渡せない、別居であれば生活費のこともあるので話し会いたいと言うが拒否。

 

奥様の衣類、荷物のチェックをする。クローゼットには数点の高価な衣類や箪笥の引き出しに見たこともない派手な下着類が数枚残っていた。それ以外を数点、鞄に入れて家を出たと考えられる。

 

奥様の実家からの言葉から実家への相談や報告にかなりの嘘や誇張が含まれていることを確認する。実家からの返事の様子から連絡は頻繁にされていて、実家からの電話には出ることを推測。

 

「離婚届を郵送するので捺印して送り返して欲しい」「生活費と新居の費用として○○万円を指定の口座に入金して欲しい、子供を渡して欲しい」と言われる。

 

このまま離婚することになるなら奥様に浮気の慰謝料を請求したいと考えるようになる。離婚拒否の返事をすると訴えると言われてしまう。

 

奥様が「自由がない、監視に耐えられない、まるでペットのような扱いをされた、もうこの数年は家政婦状態で飼われていたような惨めな暮らしだった。日中も外出させてくれな い、機嫌が悪いと暴力を振るわれた、休日は1人で外出がちで平日も帰宅が遅く外食も多いので浮気している、家計をすべてE冶さんが握っていて服や化粧品すら許可をもらわないと買わせてもらえなかった、子育てをすべて押し付けられた」と親に話していた。

 

夫婦喧嘩もほとんどなかったそうである。ただし浮気を疑ってモラハラに該当する言葉は言ったことがある。

 

浮気を伏せるために実家で嘘を言っている。「全部、僕が悪かった、実家に言ったことは全部事実にする」と伝える。

 

翌日、電話があり、早急に生活費を入金するよう要求される。金額が少ない、新居を借りる費用をすぐに入金するよう強く要求される。下着くらいお洒落をさせてあげてもいいじゃないかとの強気の発言をされる。話し合いは断固拒否と言われる。離婚届を郵送すると言われる。

 

譲歩して生活費を支払うので離婚には応じられないと伝える。

 

「考えましたが離婚したいです。弁護士を通じて浮気の慰謝料を請求したい。親権と養育費のことで話したい」と伝える。

 

義父から「すぐに怒鳴るから話したくないと娘は言っている、もう破綻しているのでは?悩み抜いて出した事だろうから毎日連絡されても話には応じられない。絶対に許せない、離婚届は明日にでも郵送して欲しい」と言われる。

 

 

翌日、奥様からlineが来る。内容は「お父さんに浮気とか嘘ばかり言うの?メチャクチャになったのよ。精神的に苦痛です。子供なんていらないから早くお金を振り込んで、離婚に応じて私を自由にしてください」

 

「お金は用意するから一度、家に帰って来て欲しい、話し合いたい、離婚にも応じる」と返事をする。

 

「話し合うことは何もありません。お金を振り込んでください」

 

「離婚に応じるけど、子供はいらないんだね、離婚届にそう書くよ、実家に送ればいいんだね」

 

翌日、「早くお金を振り込んでよ」とlineが来る。

 

これに対して「離婚について僕たちは何も話し合っていない、話し合いに応じないのにそんな大金は払えない、生活費は月末にきちんと振り込む。携帯料金も引き落とせるようにしておく、その新居のお金の支払いは話し合いに応じてくれてからだ、今、どこに居るのかくらい言えよ」と伝える。

 

すぐに「住むところもなくて困っている」と返事が来る。「話し合いに帰って来てくれることを待っているね」と入れる。

 

奥様から「なんであなたは嘘ばかり言って、お父さんに浮気のことで余計な心配をさせるの?もう実家に連絡しないで」と返事が来る。

 

「実家に言われたら困ることでもあるの?困るんなら家に一度帰って来て話をしてくれよ」と返す。

 

 

翌日、奥様の不審点をすべて伝達する内容で実家に電話を入れる。父親もかなり驚く。

 

週末にご両親を交えての話し合いになる。話し合いの結果、一度、実家に来てと言われて話し合うことになる。結果、戻れる気持ちにならないと言われる。

 

浮気をして家庭や育児を放棄し、実家に嘘を言ったことについて許し、生活費は振り込んでいるのに話し合いにまったく応じず、お金だけ当然の権利のように要求するのは間違っている、以後、必要以上の要求や新居の費用の負担、離婚には応じない、離婚するなら弁護士から慰謝料を請求すると伝える。

 

 

再度、話し合いを呼びかけるlineを入れる。奥様との話し合いが実現する。

 

家庭についてや愛情のことを謝罪する。

 

離婚についてどうしても愛情があり子供にも母親が必要とのことを伝えて離婚の結論を保留にする。

 

結論として離婚したいとは思うが子供のことや自分の生活のことが不安になるし浮気をしているのにお金のことで優しくしてもらえたことについてありがたいと感じているなど断固離婚から考え方の譲歩の姿勢を示される。

 

離婚するのか、戻りたいのかを考えて欲しいとの内容で話し合いを終えられる。

 

すぐに浮気相手とうまく行かなくなったので帰宅したいと連絡がある。帰宅を承諾される。無事に奥様が帰宅される。

 

数日後、話し合いをする。これからはお互いが家庭を大切にすること、子育てはお互いに責任があり、この騒動はお互いが悪かったと認め合われる。

 

離婚の話しは撤回となる。日常の平穏を取り戻すことが適う。

 

夫婦関係の再構築に向けて新しい気持ちでの生活を始められる。

 

 

家族で暮らす

 

妻の浮気原因を話し合いで聞き取る方法がわかります。

関連記事:妻の浮気原因の3つの特徴、不倫発覚後に理由を聞く対処法

 

愛情を信じて

夫婦関係を話し合いで修復できた離婚回避事例です。

参考:夫婦関係修復へのきっかけの言葉とは?離婚前提の別居から仲直り

 

妻の浮気が原因の離婚を避ける方法があります。

関連記事:妻の浮気で離婚したくない!不倫発覚後に復縁した夫の特徴と対処法

 

妻の浮気を見抜くチェック項目がわかります。

関連記事:妻の浮気が怪しい?見抜くチェック項目と発覚後の対応方法とは

 

妻の不倫で家庭が壊れた後で離婚を回避する方法があります。

関連記事:妻の不倫で家庭が壊れた、浮気されても離婚せずに夫婦関係を修復する方法

TOPへ戻る