離婚したくない話し合い、絶対に離婚しない方法がわかる相談

理由を聞き取る
離婚危機についての心理学に基づいた夫婦の話し合いの具体的な進め方。離婚の説得する前に離婚したいと決意させた気持ちを察することが大事です。離婚したい理由がわかることを優先して下さい。妻、夫から離婚を切り出された理由、離婚調停を考える状況まで夫婦関係が悪化した原因を話し合いで聞き取る方法がわかります。

 

離婚を切り出されても妻、夫の言い分をちゃんと聞き取れていない、自身の非をわかっていないなど離婚の話し合いの前に論点の理解が必要です。離婚について夫婦2人の話し合いで解決する話し合いの進め方と内容、言い分の聞き方についてアドバイスいたします。

 

実現できる

離婚したくない理由を話し合いで伝える

夫婦の離婚の回避についての話し合いでは離婚したくないと話す前に気をつけることがあります。話し合いでは相手の言い分を遮らずに言い終わるまで聞いて下さい。聞き上手の姿勢と言います。気持ちをわかろうとして尊重する向き合い方が必要です。話し合っても無駄と思わせない向き合い方が必要です。きちんと離婚理由を聞き取ることを目指す尋ね方が必要です。

 

一緒に暮らし続けることが気持ちの面で難しい、結婚したことを後悔していると言われた場合は、自分との結婚生活で本当に我慢してくれていた悩みなど理解できない言葉については言い分を聞き終わってからなぜそう思うの?教えて欲しいという尋ね方で離婚を要求する言い分の理由を聞き取るようにして下さい。

 

このような夫婦の話し合いの姿勢を「聞き上手の姿勢」と言います。平行線で話し合いが進まない事態では有効な解決策になります。

離婚したくないのに離婚を切り出された場合

離婚を切り出されてからの話し合いでは、離婚したい理由をきちんと冷静に聞くことです。確かな証拠や根拠があると言えない状態で離婚を要求している理由が浮気と決めるける言い方で「やっぱり浮気していると思った」という言い方をされると話し合いが決裂してしまう危険があります。

別居中の夫、妻との離婚問題の話し合いは録音しない!

離婚要求について本当の理由を知っている、という決め付け発言がきっかけで事態が悪化して平行線になってしまうケースが多いのです。あなたに婚姻関係を続けたくないと言っている気持ちを理解することが優先です。

 

別居後の言い分が平行線のまま夫婦で話すことが難しくなり、結果として解決の手段がなくなり調停の手続きをされたり弁護士の介入など敵対を進める方向に事態が傾いてしまい後戻りできなくなるケースがあります。

 

離婚の話し合いは録音しない方がいい

夫婦の大事な離婚に関する話し合いですがスマホやレコーダーで録音することや発言の毎にメモを書くようなことを避けて、相手の目を見て話しに集中してください。自分が録音をしなくても相手が録音をしていることも想定されて下さい。慰謝料がもらえる立場だ、親権は渡せない、など威圧的な発言は控えて下さい。

 

 

妻が家を出て別居状態になってからの話し合いの方法を解説しています。

参考:妻が家を出て行った離婚したくない!別居後に夫婦で話し合う内容

 

いつも仲良し

離婚についての話し合いは拒否しない、離婚を要求をされて話し合いを求められた場合、離婚に応じたくないときちんと言い切り、絶対に無視せずに会うこと、話すことを拒否しないで下さい。

 

別居後の夫婦の話し合いの場所の決め方、進め方を実際の事例で解説しています。

参考:別居後の夫婦が離婚の話し合いをする場所を決める、実家を避ける選択

 

参考:離婚を決意した妻の行動と別居した心理、夫婦が離婚回避できる方法

 

参考:別居した妻と離婚したくない!どうすればいい?lineでの適切な対応とは?

 

 

離婚を回避して関係を修復する方法とは

離婚の話しの言い分がお互いに平行線で進まない場合、自身が離婚したくない理由についての説明は先々での話し合いまでに考えればよいです。平行線の解決につながる対処として離婚要求を拒否して良いので今後の話し合いを避ける返事はしないことです。

 

結論として離婚の要求について譲れないと強い決意のある相手に自身の後悔を話してもお互いの言い分が平行線になってしまいます。「離婚して欲しい」「離婚できない」と答えが平行線の状態が続くようであればお互いに考える時間の猶予1ヶ月を提案して下さい。考える時間が欲しいとお願いをして話し合いを休止されて下さい。

 

運命の赤い糸

別居中の夫婦の話し合いの場所選び、ファミレスは適さない

別居後に離婚のことで話し合う場所として住居かそれどれどちらかの実家を話し合いの場所にされて下さい。

 

場所選びとしてファミレスや喫茶店、飲食店では周囲の見知らぬ人の目が気になり話し合いが決裂したり、引き留めようとして説得を始めたら途中で離席されて話し合いが中断、決裂するリスクが高くなります。

 

離婚について話し合いをする場所は相手に相談をして指定していただくことが好ましいです。既に別居状態の場合でも夫婦のこれまでの住居で話し合いをされることが場所選びとしては最善です。夫、妻と別居後に対面する場所についてはお互いにストレスを感じない環境であることを優先されて下さい。

 

離婚危機状態になられたご夫婦の話し合いで第三者を介入させずに夫婦関係を修復する目的での話し合いでの説得方法や伝える言葉、論点の整理の準備についてアドバイスを行っています。

 

離婚を説得する言葉とは?別居後の夫婦の話し合いについて具体的な進め方、話し方を解説しています。

参考:別居後の夫婦の話し合いの方法、離婚危機からの関係修復相談

また愛されたい

1回の話し合いの時間の目途について

1回の話し合いが1か月に1度、2時間程度の実現ができた仮定して最短で3か月は夫婦二人での話し合いが好ましいです。1か月に3回以上の話し合いでは平行線が更に事態の硬化を引き起こす起因になります。第三者や親族が介入した場合でも絶対に2時間以内、期間と頻度は6ヶ月以内の期間で1か月に2回以上の話し合いは避けるように心掛けて下さい。

離婚したくない理由を話し合いで伝えるための論点整理

離婚についての結論が感情的なループを繰り返した場合、解決するためには男性と女性では現状の受け入れ方の考えが異なりますが発言をすべて強く否定して聞き入れない姿勢のまま向き合っていたら男女の差に関係なく、もう話したくないと思わせてしまい対話拒否姿勢にさせてしまいます。

 

離婚を切り出されて以降の話し合いで指摘された内容については受け入れられない言い分や記憶にない言い分について否定せずに「教えて」と提案する言い方で胸中を聞き出す話し合いの姿勢が必要です。

 

1:離婚を要求の決意をした理由を教えて欲しいと尋ねる。

 

2:自分は離婚をしたくないと思っていると伝える。離婚拒否の明確な理由を話す。

 

3:離婚せずにもう一度夫婦としてやり直すことができないのか?結婚生活の継続が無理と思う理由を教えて欲しいと尋ねる。

 

離婚をしたくない場合の説得方法

別居後に話し合いで会ったタイミングで離婚についてその場での合意を迫られて話しにならない、言い分が一方的で進まない、感情的な状態では次回以降の話し合いの申し入れを拒まれてしまうケースが多いようです。

 

説得の内容は自身の思い当たる非を謝る前に「離婚を回避できたら約束できること」を軸に誓いを伝えて下さい。

 

そのため話し合いを続ける約束をその場で得ようとして焦った態度を見せないよう配慮が必要です。できるだけ不安な様子を見せないように配慮してその後の連絡で再度話し合いの意思を確かめる方が賢明です。

 

 

実際の離婚回避事例で平行線の話し合いの解決方法がわかります。

成功事例:夫と離婚問題の話し合いが平行線で進まない、調停を避ける男性心理

 

いつも一緒

絶対に離婚したくない時に避けるべき行動

離婚を避ける話し合いでは、相手の発言を遮らずに言い終わるまで聞く、離婚の話し合いでの聞き上手とは、離婚話しの決定権や主導権を相手に渡すことではありません。

 

離婚を切り出されて、離婚したくないと言い返す前に言い分を聞いて理由をきちんと理解することが必要です。
離婚を回避するための話し合いの流れとして相手の言い分を遮らずに落ち着いて言い終わるまで聞く「聞き上手」に向き合うことで心理的に離婚について話し合いで対等な雰囲気を維持継続できます。夫婦の気持ちの面での敵対を軽減することが初期の離婚についての話し合いでは重要です。

 

離婚を回避する話し合いでは離婚を拒否している、引き留めたい理由の説明が必要ですが、ご自分の反論や言い分の発言は相手が言い終わるまで絶対に遮らないように配慮をされて言い分を言い終わるまで聞いてあげて下さい。

 

離婚したいと言って妻が出て行った後の話し合い

夫婦の話し合いで気をつけることとして、夫婦の復縁を目標としていますので、解決するために絶対に嘘を言わない、決め付けや憶測など自己判断自己解釈で「だと思う」という考えで話しをしないように配慮が必要です。

 

お互いに発言を聞いて考えを理解できる内容には許容量がございます。あれもこれもと別居後の要望やお願い、謝罪や批難、疑う疑心の言葉など多数を向けても煩わしい、逃れたいと思わせてしまうだけで事態の好転は期待できません。

 

離婚寸前の状態から夫婦関係の修復ができた事例で話し合いの内容が理解できます。

成功事例:離婚寸前の夫婦の会話の特徴、関係修復して仲直りできた話し合いの方法

 

別居中の夫婦の話し合いについて事例で具体的に解説しています。

成功事例:別居夫婦の修復方法!話し合いで歩み寄り離婚を避けた方法

 

呆れた
離婚を考え直してもらう、話し合いで説得する方法は離婚を話し合いで説得したい焦りから相手の発言を遮らずに聞くことで気持ちをわかろうとしている気持ちは伝わります。このまま平行線なら離婚するなど先々で覆すことになる駆け引きでの条件の聞き入れ発言は控えて下さい。

 

離婚を回避するきっかけの言葉について具体的に解説をしています。

参考:離婚問題を解決する相談で夫婦の危機回避の言葉がわかる

幸せを考える

離婚したい理由を聞き取る話し合いの方法とは?日常生活で夫婦仲が不仲であることの兆候は感じていたが、別居後の話し合いで「怖い」と言われたり、自身で記憶していない日常的なモラハラを指摘された場合や性格に不一致を離婚事由と言われた場合などは理解できるまで言い分を聞いて下さい。家庭生活での配偶者へのモラハラは本人に悪いことをしている自覚がないケースが多い様です。

 

 

離婚したい夫の心理を理解するための話し合いでの説得方法がわかります。

参考:離婚したい夫の心理が妻を無視する理由、離婚回避の説得方法

 

もう一度向き合う

子供の気持ちを最優先にした夫婦関係の修復方針を考え、話し合いでは悔しさや負けん気から本心ではない言葉は信頼の維持の意味で絶対に発言を控えて下さい。夫婦の不仲の影響で子どもに不安を感じさせている状況の原因が自分にあることを自覚されて下さい。お子さんがいるご夫婦の多くは離婚について考え直して思い留まってもらうことが可能です。

 

別居後の離婚率について当方の無料相談の25年の統計について詳細を掲載しています。夫婦の話し合いで説得して離婚を回避できる可能性は70%以上です。

参考:別居後の離婚率について、夫婦の問題の過去25年のご相談の統計

愛情を信じる

ご相談については下記をクリックされフォームからお問い合わせください。

相談の手順

メール相談

(個人情報保護法を厳守:実名は記載されなくて大丈夫です)

 

お問い合わせ:090-6519-1413

 

(受付時間AM8:30から AM3:00 番号は必ず通知でおかけ下さい)

 

【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

メールで相談

分析の提示までご相談は無料です。

もう一度やり直す

離婚を避けたい気持ちを手紙に書く場合

別居後の離婚撤回をお願いする手紙について、交際されていた頃、入籍後の結婚生活で相手に手紙を書いたことのある人と初めて手紙を書く人では記載内容などが異なりますので事前にメールでお問い合わせ下さい。

 

手紙を書く前に

 

別居後の話し合いで絶対に言ってはいけないこと

別居後に夫婦が対面した時点では悔しくても感情的にならないことが大事です。離婚拒否について執着や困らせようとして意地でNOを言っていると思わせないためにきちんと愛情や大切に想う気持ち、離婚を引き留めたい理由を声で伝えることが必要なのです。

 

別居後の話し合いで離婚を回避できた夫婦関係修復事例

参考:性格の不一致で離婚したくない!別居後の夫婦の話し合いの進め方

 

参考:自分から別居した、夫に離婚したくないと謝罪して同居を再開する方法

 

話しにならない

 

夫婦の気持ちの問題を解決する向き合い方

離婚問題の早期解決のために同居維持や別居後の同居再開交渉に向けた話し合いの心構えと進め方を成功事例で解説しています。無断で見た携帯の内容で交友を不貞行為と決め付けた議論は避けて下さい。

手をつないで

離婚の説得しても言い返される状態で「離婚してもいい」と言わない

どんなに説得しても言い返される状態なら聞き上手になって言い分を理解する姿勢を示して下さい。離婚の話し合いでは疑う前に自分が疑問に感じることを尋ねる、離婚前提の別居の事態に陥った後の意思を伝えるために課題を通じて夫婦の溝、自身の非、過失を自覚していただきます。

 

結婚生活の不満についての指摘されている自身の非について考えて下さい。説得する言葉を聞いてもらうことが優先です。言い分が平行線になる状態を解消するために冷静な尋ね方ができるように心掛けて下さい。

 

愛が蘇る

妻と別居する前に生活費についての話し合い

別居した後で離婚を避けて円満な関係を再構築する、夫婦としてやり直したい想いを伝えるための心掛け。

 

奥様が専業主婦の場合では別居後の生活について心配で心細いはずです。別居後の生活費のことで少ない、多い等の要望は会って話すことです。いくら支払うという安心を感じさせる約束をきちんとされて恩着せ発言、義務や権利という言い方や自身の収入について不安にさせる言い方は控えて下さい。

 

別居後の生活費について希望を訪ねたり、きちんと調べるなど誠意ある対応が大事です。教育費、住宅ローンのことなど大事なお金のことについて今後はどうするのか、トラブルにならないようきちんと徹底して誠実に話し合う必要があります。

 

離婚について話し合いの心構え

夫婦の離婚に関する話し合いで今後の悪化要因となる絶対に向けてはいけない禁句を具体的に解説をしています。相手側の親族や交友について悪口を言うなど本気ではない発言を控えるなど、注意事項と例文を紹介しています。

 

別れた後

離婚は避けられないと言っている理由を尋ねる

家庭内で離婚について平日の深夜に焦って話し合わない、お仕事への影響防止のために夜間に1時間以上の話しは控える。生活の時間帯、お子さんとの家族生活の事情を考慮されて下さい。離婚についての結論が平行線になっても苛立ったり焦らない、禁句を認識する、家事のことなど共同生活の再開後のことを考え義務と権利という言葉は支配欲や過信から出る言葉です。

不仲の理由

離婚を回避するための夫婦の話し合い

夫婦が離婚について話し合いを重ねて離婚を回避する心構えについては言い分を変えずに話し合いを継続する。説得して離婚を引き留めている理由を伝える、別居を選択せず同居を維持して離婚を避けるための猶予期間などのチャンスを得て下さい。

気持ちを伝える

 

離婚理由を尋ねる話し方で「もう言った、何度も話した」を解決できる

①離婚したい理由、離婚を切り出した理由を尋ねる。

 

②離婚の決意をした時期、家庭内で離婚を考えたきっかけになったエピソードを尋ねる。

 

③離婚した後でどうするつもりなのかを尋ねる。

 

謝罪を送信する

熟年離婚のケースでは説得の繰り返しが逆効果になってしまいます。

 

実際にお互いの言い分が平行線の状態から説得して関係を修復できた事例で具体的な向き合い方や言葉選びのポイントを解説しています。

 

話し合いで離婚届けへの署名捺印を迫られたら説得を開始する!

夫婦の話し合いの際に離婚届けへの署名捺印を迫られた場合、離婚したくないことを主張して拒否する理由をきちんと声にして伝えて下さい。話し合いでの説得の開始のタイミングです。結論を急ぐ理由、なぜ離婚に合意する返事をする前に離婚届への署名を求めるのか?という理由の聞き取りから「教えて欲しい」という尋ね方で説得を開始されて下さい。

 

離婚の要求をされてから言い分が平行線になる場合に話し合いの方法がわかります。

成功事例:無視する夫から離婚したいと言われた理由は?平行線を解決する話し合い

 

離婚理由が不倫と疑っている場合の向き合い方

もし不倫を疑っている場合は、離婚を突然要求された直後で明確な根拠や証拠がない状態で浮気を疑う問い詰めをしないことが大事です。離婚を切り出す前に残業を理由で深夜帰宅だったことについて不貞行為をしていたと思い込みで責めてしまわれ関係が悪化されたケースがあります。

 

自分の浮気が原因で夫婦が不仲になった場合の離婚を避ける方法がわかります。

参考事例:自分の浮気で離婚したくないならどうする?夫に謝罪して解決した方法

 

不倫が発覚した後の離婚回避の話し合いの内容がわかります。

参考事例:新婚の妻が不倫、離婚調停を申し立てられた!夫婦関係を修復

 

不倫が関連する離婚問題の対処方法

 

1:本心を声にできること。絶対に本心ではない発言をしない。(悲観的な発言や負けん気での強気発言や威圧、不倫相手を許さないなどの発言をしない)

 

2:浮気が理由で離婚を切り出された直後は長時間の対話を避ける。双方の仕事や育児などへの影響を考慮してなるべく住まいを自分から出る、転居するとは言わない。

 

3:浮気を疑う問い詰めを絶対にしない。言ってはいけない禁句は「好きな人ができたのか?」という嫉妬や疑心を向ける発言です。

 

4:家庭内で絶対に無視をしない、無理に話し掛けて機嫌を過度に覗わない。

 

5:話し合いが平行線のままでも絶対に結果を焦らない。

 

6:夫婦間で離婚後のことについての議論をしない。

 

7:lineやメール、手紙など文章で思い当たる自身の非を列記して謝罪をしない。

 

8:夫婦間で手紙のやり取りは問題の初期では逆効果になります。愛しているなどは空回りになります、生理的嫌悪の起因になるので表記厳禁です。

 

9:弁護士に相談をした、離婚に応じてくれないなら離婚調停を申し立てする、裁判も考えている、など威圧的な言葉を向けられても絶対に怯えた返答をしたり言い返さないように配慮する。

 

10:離婚の決断について今すぐの返事を求められても「夫婦としてやり直したいと思っています」と言い切る自信と勇気が必要。

 

 

浮気についての追及が原因で別居に至った場合の同居交渉は?自分自身が気持ちの面で譲歩できる方法を考える。

いつも一緒

離婚したくない妻・夫の理由とは

離婚回避の説得は家族の今後の生活のことを理由に冷静に考え直して欲しいと話すことが効果的です。

 

今すぐに別居する、協議離婚に応じて欲しいと迫られた場合の対処は?結婚生活について以前の自身の振る舞いを指摘され、モラハラ行為、人格否定の言葉や潜在的な軽視なども含めた言葉の暴力や家庭内で物に当たるなど怖いと感じさせるような感情を乱した状態が理由の場合はline謝罪、メール謝罪の文面に非の列記をされるのは絶対に控えて下さい。離婚について説得するために相手の言い分をきちんと理解できるまで理解することが必要です。

 

家庭内別居から離婚を話し合いで解決した事例で詳細を解説しています。

参考:夫と家庭内別居で離婚の話し合い、夫婦関係を修復する謝罪方法

 

モラハラが離婚理由だった場合の謝罪と説得方法

モラハラ発言が怖いという記憶が誇張されたり生理的嫌悪や被害者意識が大きくなり対話継続に影響してしまいます。離婚調停も視野に入れて自身が思い当たる非を謝り続けることは夫婦の関係修復につながる歩み寄りのためには逆効果です。

 

モラハラが原因で別居された後の離婚回避事例です。離婚問題を夫婦の話し合いで解決する方法がわかります。

参考:モラハラ夫が別居した妻と離婚調停を避けたい、自分で謝罪できる相談

 

両親が離婚問題に介入した話し合いの注意点

離婚の話し合いが拗れて相手方の義両親が介入した場合の解決方法とは?別居後の話し合いでは引き留めたい意思を素直に伝えることが重要です。義両親の発言はさえぎらずに言い終わるまで聞いて、絶対に発言について否定しないことです。敵対と勘違いをさせてしまい話し合いが決裂してしまいます。

 

離婚したいと言われた理由を考えるために夫婦の復縁への注意事項などあなたとパートナーがこの先も夫婦として心を共鳴させ、共調して一緒の暮らしの中での関わり方を良い方向に向けるために、婚姻生活が大切であること、性格の不一致と決め付けて発言をせず、どう思っているのかを冷静に聞き取る向き合い方をすることで夫婦の問題解決への話し合いが実現します。

 

もう一度向き合う

離婚したくない場合の奥の手「円満調停」

寄り添う二人

別居してからの夫婦の話し合いが継続できていたが絶対に離婚すると言い切られて選択肢は離婚に応じるか係争をするしかない、今すぐに離婚届を書かなければすぐに弁護士に頼んで離婚調停を申し立てると言われて返事を迫られた場合はどうすればいいのか?

 

自身も別居後に相手の無視で困っている場合に弁護士さんに相談をされて夫婦関係等調整調停について相談をされて無視で事態が膠着した状態から話し合える機会を作ることを考えてみてはどうでしょうか?相手から無視されて連絡をしても返事が得られない状況が一定期間続いてしまうようであれば、円満調停(夫婦関係等調整調停)で相手が今後についてどう考えているのか、どうしたいのかを話し合う機会を作る方法もあります。

離婚したくないときの相談先

連絡しても返事が得られない事態になった場合、どこに、誰に相談をするべきか?相手の友人や知人よりも先に義父母など相手の親族への相談が事態を解決できるきっかけになるケースが多いのですが、元々義両親との折り合いが良くないなどの事情がある場合は、自己判断で動く前に弁護士さんに法律相談と併せて見解を聞くなどの相談をされて下さい。

 

離婚を迫られて追い詰められた気持ちになって知人友人や親族に助けを求めるような拗らせる行動は控えて下さい。まずは2人で話し合える状態を維持して離婚したいと考えるようになった理由を聞き取ることが必要です。

 

妻、夫を引き留める離婚の話し合いでは、自己判断で「だと思う」などの憶測での発言や自己保身のための事実と異なる発言、つまりウソの発言、言い逃れや弁解は厳禁です。謝罪の言葉を取り繕いと思われたり軽視と思わせるので言い分は修復まで過信や自己判断で絶対に変えないで下さい。

 

特に日常的な言葉の暴力、モラハラやDV、セックスレスへの不満が離婚したい理由と言われたケースでは正直に本心を話して相手に対して誠実であることが大事です。

 

離婚調停を申し立てられた場合と不成立になった場合について

離婚調停を申し立てられた場合は家庭裁判所から郵送されてきた書類にきちんと記載をして提出いただくか法律の専門家である弁護士さんに相談をされて下さい。それぞれの言い分の相違など夫婦の離婚問題について正直に言葉を選ぶ伝え方が必要になります。

 

別居後に離婚調停を申し立てられたケースでの離婚回避事例です。

参考:離婚調停を申し立てられたら?絶対に相手に直接連絡をしない!

 

離婚調停が不成立後に復縁できた事例で話し合いの進め方がわかります。

参考:離婚調停と復縁、不成立後の夫婦が関係修復の話し合い

 

 

※当方では法令の弁護士法を順守いたしておりますので法律の専門的な知識について一切のお答えができません。離婚・円満調停(夫婦関係等調整調停)や離婚裁判、婚姻費用・養育費・財産分与、養育費等の法律に関する見解をお答えできませんので専門的なことにつきましては法律の専門家である弁護士さんにご相談をされて下さい。

 

 

離婚したい理由を聞いて夫婦が不仲になった原因を理解する

離婚を切り出された後で夫婦が信頼を回復するためのご相談です。離婚回避のために日常生活でのコミュニケーション不足など夫婦の心の温度差など不仲の起因について相手の言い分などから離婚を決意した辛い気持ちを理解することから関係の修復を始めるのです。

lineで伝える

別居後の夫婦間のline、メールの使用方法

離婚の話し合いで平行線になり気まずさから声にできず伝えられなかった別居後の育児や家計の事務連絡は後日、LINEやメール、電話で伝えても良いです。

 

 

離婚問題を解決する注意事項がわかります。別居中の夫婦のlineの使い方を解説しています。

参考:別居中のline文面の書き方例文、夫婦の離婚問題での重要な注意点

 

別居中の夫婦のlineの使い方がわかります。

成功事例:別居中のline連絡を無視されても妻と絶対に離婚したくない!返事を得る手段

 

 

夫が離婚準備で別居をした後の話し合いの方法がわかります。

成功事例:離婚準備で夫が別居した後で夫婦の話し合いをする方法

TOPへ戻る