冷却期間は復縁に必要?別れたら連絡しないで3ヶ月沈黙する効果を解説

赤い糸

復縁のための冷却期間の意味は別れ話について二人が今の状態で何度話し合っても答えがどちらかが譲らない限り「別れたい」「別れたくない」とそれぞれの言い分が平行線になってしまいます。心理の面でお互いが冷静になることを目的として一切の連絡を休止して沈黙する冷却期間のメリットとデメリットを紹介いたします。

 

どうしよう

Contents

冷却期間が復縁に必要な理由を解説

別れた恋人と復縁したいなら冷却期間として別れた後は連絡を取らない一定の時間が必要です。冷却期間を置くことで復縁できる可能性を高めることができます。

 

元カレ・元カノとの2人の間の感情を冷静にしてから話し合いをしようと呼び掛ける連絡をして再会を実現する対処法があります。冷却期間を置いて沈黙する前に知っておきたい別れの心理について詳しく解説しています。復縁のための冷却期間とはお互いに気持ちを落ち着かせる目的で距離を置く時間(タイムアウト)のことです。

別れた後で冷却期間を置く意味と復縁の効果

恋人としての関係を解消した後の男女が復縁するまでの期間でお互いの気持ちを冷却してその間でクールダウンするために連絡をせずにそっとしてあげる、別れてる関係になってから何か相手から連絡が来ても返事を控えるなど相手とのやり取りを休止してそっとしてあげる時間の事です。

 

復縁するための冷却期間

1993年8月、当方・復縁専科が分析で提示した沈黙する時間【復縁するための冷却期間の沈黙】の提唱が業界で初めて公表した「相手の気持ち冷却する時間と信頼回復」心理学のタイムアウトの効果の考え方です。

冷却期間で変わったと思ってもらう復縁方法とは?

あなたと別れてから相手は気持ちを切り替えています。別れた直後のタイミングではいくら説得を続けても答えは変わりません。連絡の頻度を下げても相手はあなたからの連絡は復縁を迫る目的と見抜いて警戒してしまいます。

冷却期間は復縁のための準備をする時間

共通の趣味の話題や楽しかった思い出など過去のことを一方的にline、メールで送信しないこと。別れた相手はあなたに今すぐに返信ができる気持ちではありません。

 

別れた時と変わったと良い印象を与えるテクニックとして、再会の際に涙を見せないよう復縁への再会の実現に向けて心の準備をされて下さい。

 

 

手を繋いで

冷却期間の沈黙の時間で別れの心理を受け止める

別れの気持ちを受け止め、復縁してやり直したい気持ちを上手にコントロールし、復縁したい相手を尊重して思いやることであなたの意思で冷静に相手と向き合うことから始まります。

 

 

実際の事例で別れた直後に連絡を控えることが大事という意味について解説しています。

関連記事:どのくらい冷却期間が復縁に必要?効果の目安は振られた後1ヶ月

 

 

復縁のために冷却期間を置く効果とメリットとは

冷却期間が過ぎて連絡をされる時は、別れた相手に嫌悪感を感じさせない、今の気持ちを理解する。粘着質と思わせない、復縁を迫って別れを撤回させることばかり求めてしまっては相手が困ってしまいます。

 

 

 

失恋して別れた後で復縁の可能性を高めるための沈黙する期間について心理面での考え方を解説しています。

関連記事:失恋から復縁の可能性と確率!別れの心理をチェック診断する方法

 

 

冷却期間を活用して復縁した後で結婚に至れるカップルの特徴について具体的に解説しています。

関連記事:復縁結婚がうまくいくカップルの体験談?別れても戻れるきっかけと特徴

 

冷却期間で復縁のためにお互いが冷静になる効果

冷却期間で沈黙している時間でどうして別れる結果に至ったのかを考える、やり直したい願いを実現して復縁するためには、積極性よりも冷静な気持ちが大事です。復縁したい相手が別れた後で新しい出会いをしていたら辛い、新規恋愛を始めていることを想像して心配をせずに沈黙する勇気とあなたの強い自信が必要です。

 

 

lineに返事

復縁するための冷却期間の考え方のまとめ

まとめとしては復縁したい相手の別れた後の気まずい気持ちを思いやれる優しさについて自覚することから始まる心の成長のことです。

 

当方の行っている復縁のアドバイスは相手の別れの原因について相手の言葉を読み取り気持ちを理解する方法です、寂しい気持ちや謝罪したい気持ちを相手に伝えるための文章を課題形式で考えていただきます。

 

あなたに会える

 

別れた後の冷却期間の効果で復縁の可能性を高める
未練の言葉よりも終わったと思わせてあげて下さい。元カレ・元カノという状態の立ち位置で復縁をお願いして私が寂しいと伝えてはいけません。 沈黙していた時間で別れた相手の新しい出会いを尋ねるなど新規恋愛や浮気を疑うなど執拗な言葉で追い縋らないことが好ましいです。 別れた後でそっとしておくことが絶対に必要という解釈ではないケースの傾向としては別れた相手が本当の事情や新規の恋愛を伏せている場合は別れてから3ヶ月程度の時間を置いてもきちんと別れ話をしてくれないケースが多い様です。

未読無視された

復縁への冷却期間の目安は3ヶ月

別れた後の復縁への冷却期間の目安は長くても90日、3ヶ月が理想です。やっぱりあなたと復縁したいと思ってもらうためには気持ちを一度、落ち着かせる必要があります。相手との別れた後の言葉の距離感について少し考えることが必要です。

 

別れたと言っている相手が今すぐに話し合っても答えが変わりません。直接連絡をして感情的になってしつこくお願いを続けても一緒にいる意味がないと思わせています。あなたに対しての恋愛感情や未練がもうない可能性があります。

 

別れてしまった恋愛の相手の人は、あなたの判断で連絡をしないで沈黙していた冷却期間の設定を知りません。

 

許せない気持ち

復縁のための冷却期間の3ヶ月は好きな人に連絡しない

気まずい別れ方をした後で沈黙する冷却期間はお互い気持ちをクールダウンする大切な時間です。復縁のためにコンタクトを再開するための連絡をするタイミングや返事がもらえるきっかけになる言葉を教えます。

 

復縁したい相手の意思を尊重することがベストであり、復縁したい相手のメンタルの回復を待てる気持ちが大事です。

 

結婚を信じて

 

復縁するために別れた後の元カレ・元カノの心理を考えて沈黙

復縁したい相手が別れた後でまた連絡が来ることを警戒している心理を考えて下さい。警戒が薄れてあなたとの交際の良い記憶を思い出してくれるくらいの時期まで沈黙する。

別れた直後は別れたい気持ちは変わらない理由とは?

冷却期間の意味は相手を刺激しない、嫌な気持ちにさせないことです。待つだけで簡単で絶対に効果が期待できます。再会して前向きな復縁の可能性につながる一番のポイントは復縁したい相手を思いやれることです。

 

 

 

復縁に心理学のテクニックを使う場合の具体的な方法を解説しています。

関連記事:復縁に心理学のテクニックが使える!元カレ元カノと恋愛が蘇る10選

 

 

冷却期間を復縁のために置くメリットとは?

どんな別れ方をしても別れた後は好きな人に連絡をしないで下さい。元カレ・元カノの感情の乱れを冷却するための沈黙の期間、相手に冷静になってもらうための時間が必要です。冷却期間の意味は気持ちをクールダウンしてもらうための時間ですから経験からそっとしてあげることが必要です。

待てます。

冷却期間が終わってもやってはいけないことがある

冷却期間のクールダウンでお互いの気持ちを冷静にする効果があります。別れた後の沈黙、そっとしておくことの効果でお互いの感情の落ち着きで愛が蘇る、共通の知人、友人の意見は別れた元カレ元カノの気持ちの負担になってしまいます。

 

仲が良かったころから手紙や宅配便でのやり取りがあっても別れた後で郵便などを利用したメッセージや贈り物を送付することは良い方法ではありません。

 

lineの返事待ち

冷却期間の時間が別れた後の気まずさを軽減する

価値観の違い、性格の不一致のケンカが原因の言い合いから勢いで別れ話になった場合はどうする?いつもなら相手からすぐに謝ってくれるのに何も連絡が来ないなら1日は何もせずに様子を見て下さい。自分から翌日に謝る短い連絡をして下さい。

 

実際に別れ話をされたらあなたからの批難などの言葉に警戒していますのでこのタイミングで自分が寂しいから連絡を繰り返して追い縋ることは控えて下さい。

 

嫌いという言葉を向けられてしまったり、その後、復縁したい相手が言えずにいた気まずさなどが原因で無視されているタイミングで連絡を繰り返してしまいますとメール受信や着信を拒否設定、lineのブロックを選択されてしまうリスクがございます。

 

会いたい時に会えないなど付き合っていても愛されている実感が薄く、会う日程を合わせることも大変だった、実際に会って共有した時間が短く深い話をしていないなどお互いに性格を理解できていない場合があります。

 

会話不足が理由で気持ちの擦れ違いを繰り返していたりお付き合いを続けることに迷い、長続きしなかった遠距離恋愛ではlineをブロックされてしまうとそのままでは復縁が難しい状況に陥ってしまいます。

冷却期間の長さは別れ方で目安が異なる

冷却期間は別れた相手の自分への気まずい感情を払拭したり苦手と感じる気持ちを落ち着かせる意味があります。もし別れ話で本当に嫌悪を告げられるなど酷い別れ方をされた場合は、すぐに連絡しても謝罪の効果がありません。完全に離れてから半年以上が経過されてからの連絡が好ましいです。

 

やっぱり謝りたいという久しぶりの連絡をした後で復縁したい相手の反応を確かめてから次のアプローチを考えればよいのです。復縁を目指す前に相手の気持ちを聞き取ることを優先して下さい。

 

つまり外見・容姿の魅力について努力する自分磨きよりも内面の変化、自然なポジティブさを感じさせる言葉で告白するなど思いやれる優しさがあなたへの好意が再び向くことになり復縁できる要素になるのです。

 

 

復縁したい人が別れて1ヶ月の期間で注意したい3つのポイントがわかります。

関連記事:復縁したいなら?別れて1ヶ月は元カレ・元カノの気持ちを考えて連絡しない

 

幸せを実感

 

冷却期間で復縁するためにしてはいけないこと

別れた後で復縁したいなら連絡を控えて沈黙する期間ではしてはいけないことがあります。別れの経緯や状況で異なりますが「会いたい」「会いに行く」「話しをして欲しい」「返事が欲しい」「別れてから寂しい」と記載してはいけません。男性から女性への気持ちの伝え方はlineやメールで伝えて下さい。

 

元カレ元カノの認識ではあなたと別れた後ではあなたからの片思いと同じ状態です。女性から男性への気持ちの伝え方は再会が実現した後です。

 

冷却期間中はSNSを絶対に更新しない!

冷却期間を置いている期間はSNSの投稿は控えて下さい。冷却期間の効果が発揮できなくなります。記事・写真画像の更新や友達へのいいねのフォローなども控えて下さい。復縁したい相手の苦手意識の軽減のための行動で反省を示す必要があり、過度なSNS投稿も含めてあなたからのメール、電話、lineのメッセージで相手は相当にうんざりした気分です。そのため別れ話を聞き入れる様子のないあなたからの連絡を避けたいと言う気持ちがあります。

 

本当に好きな人なら気まずい気持ちを思いやることの大切さについて考えて下さい。別れた後でFacebookなどのSNS、ツィート、ブログへの失恋記事の投稿は絶対にしないで下さい。

 

 

復縁の実現への準備は必要です。具体的に伝える内容について解説しています。

関連記事:復縁のきっかけ作りの言葉?女性と男性の心理が異なるエピソード3選

 

 

愛を信じて

冷却期間の意味を理解してSNSも沈黙できる自分

SNSの投稿など更新は冷却期間を置いている期間は控えて下さい。Instagramについては承諾を得ないで相手のページを見に行く行動はしてはいけません。相手が新しい恋愛を始めてしまう不安から執拗にFacebookなどSNSのチェック監視はしないで下さい。相手がSNSに投稿した記事を読んでも相手の本心は書いてありません。

 

話しを聞き取る

復縁に冷却期間の効果がある過ごし方

冷却期間の置き方と意味とは?別れ話の後で沈黙して相手に一切連絡をしないでそっとしてあげる時間です。冷却期間として1ヶ月から3ヶ月の沈黙て相手も気持ちを落ち着かせることができます。元カレ・元カノとしてのあなたの存在をずっと忘れられることはありません。きちんと距離を置くこと。別れ際のあなたの様子と変わったと思わせて安心させるのです。本当に寂しい気持ちであれば相手から連絡が来ます。

 

冷却期間で復縁の準備をする

冷却期間として連絡を控えている時間で何を話したいかを考えるなど有効に時間を活用して下さい。言葉のちょっとした変化を感じさせられるような心構えが必要になります。lineやメールに思い出の写真を添付するなどの思い出してのアピールで追い込む行動をしないよう相手の今の気持ちを尊重してあげられることが条件です。

 

 

しつこい、怖いと思わせないことが重要です。別れ話を切り出した相手が考えた結論で別れる選択を選ぶ理由があります。

 

常に復縁したい相手の別れの心理を考慮したアドバイスを行っております。事実としてあなたとの別れを選んだ気持ちを理解して自分自身が本気で変わって相手を安心させられるようになることが必要です。

 

 

 

 

元カレの男性心理の理解と冷却期間の上手な使い方が実際の事例でわります。

関連記事:男性心理は冷却期間中に変化する?元彼と復縁するために沈黙する方法

 

 

女性心理が冷却期間で変わる理由を実際の復縁体験談で解説しています。

関連記事:女性心理は冷却期間で変わる?彼女に既読無視された後の復縁体験談

 

寂しい気持ち

冷却期間で思いやりを行動で示す

◆別れた彼氏、彼女へのコンタクト開始までの恋愛関係の冷却期間の目安と成功の4つの方法

 

実際の成功エピソードや連絡方法、可能性につきましてはメール、お電話にてお問い合わせ下さい。

 

 

①LINEやメール、電話について応答の得られない状態で過度な電話、メール、LINEで送るメッセージは控えて下さい。反応を試したくてスタンプを送るような行動は控えて下さい。少なくても最低2週間はそっとしておく時間が必要です。

 

 

②提示した冷却期間中は沈黙すること。共通の知人、友人への別れ話以降の相談は屈折して相手に伝わると気まずい印象を与えるため控える。

 

言葉で追い込んでしまうとコンタクト回復を失敗してしまいます。会うことが気まずいと思っている相手を安心させられれば、高い可能性で再会のチャンスは数回得られます。

寄り添い合う

冷却期間を置くことについて必ず予告する?

別れた後であなたから何も連絡がない、連絡をしなかった冷却期間中の沈黙については元彼・元彼女に寂しい気持ちにはなってもらえません。冷却期間を置くことは必ず「しばらくそっとしておくね」と予告を伝えて下さい。

 

もしもあなたから突然、連絡を休止した場合、最初にあなたが冷却期間について考えを伝えなければあなたがもう自分への恋愛の気持ちを整理して自分との恋愛を諦めてくれた、あなたがきっと次の恋を始めて幸せになっているのだと思われているかも知れません。

気持ちを伝える

冷却期間では友達に失恋の相談をしない

共通知人への失恋相談、共通知人への連絡や介入の依頼、同席での説得を頼む行為は控えて下さい。あなたが浮気を疑っていると勘違いさせる危険があります。別れた相手の受け取り方で沈黙が放置なのか冷却期間なのか、別れ際の伝えた言葉で相手が違う意味合いに感じるのです。

 

別れ話の際にお互いがどんどん感情的な言い分になってしまったこと、復縁したい相手への不満を別れ話で向けてしまうなどお互いに傷付く別れ方をした気まずさを軽減する時間の事です。冷めた気持ちが回復するためにも時間が必要なのです。

 

復縁したい相手の今の気持ちを徹底した意思で尊重することが大事です。パターンとしては別れてからしばらく3ヶ月程度の冷却期間を設けてしてそのままそっとしておく。3か月の時間が経つことで冷静な気持ちで話すことができます。そっとしてあげた時間で気持ちをわかろうとしている意思表示を行動で伝えることなどです。

 

冷却期間をお互いに冷静に過ごすことと無視をして放置してしまうことは別です。喧嘩が原因の別れならばちょっとだけ謝罪を伝えるだけで本当に解決を望んでいることが伝わり逆に効果があります。喧嘩が原因の別れ話の場合は素直にすぐに謝ることで印象が大きく違うのです。

 

別れようと言えずに無視をしたまま一方的に恋人関係を終わらせられた自然消滅した相手やどんなに連絡をしても返事がもらえず無視の状態の場合でもある程度の期間は連絡を控えて様子を見て下さい。

 

復縁したい相手に関して冷却期間中に共通の知人やSNS経由で得た情報は冷却期間明けの連絡に反映させず、あくまでも自分は知らないことにして下さい。

 

 

潜在意識で復縁する方法がわかります。心理学の上手な活用方法がわかります。

関連記事:潜在意識で復縁するには?恋愛をやり直したい人が心理を知る方法

 

別れてから1週間の期間は別れた相手があなたとの別れ話に疲れていたり、あなたが寂しいと感じていたり別れたことの悲しみを理解してくれない、悔しい気持ちから過敏な状態になられています。

 

別れを決意した心理が理由であなたからまた煩わしい話し合いを求められて別れを承諾してくれないのではないか、もう一度付き合うことをお願いされてしまうのではないかとあなたからの連絡についてとても警戒をしているのです。

 

別れた直後は別れたいという答えは変わりません。別れた後の警戒する気持ちをクールダウンして冷却することと自身の焦る気持ちを落ち着かせて冷却することを目的とした時間の置き方が冷却期間の意味になります。

 

失恋した後で

 

冷却期間中に復縁したい相手に連絡した場合

冷却期間中に連絡をしてしまった、冷却期間が1ヶ月以上は残っているタイミングで復縁したい元カレ元カノから連絡が来た時は戸惑って無視をせずに素直な言葉で受け答えをされてください。無視してしまうことで復縁できる可能性を低下させるリスクがあります。

 

冷却期間中に連絡をしてしまった場合についてこの先でどうやり取りをするかの適切な対処法をアドバイスいたします。

 

ただし婚活で知り合われて結婚前提の交際の場合はお互いの先のことがあるため冷却期間について考えが異なります。長い期間の冷却期間が有効ではないケースもあります。早期のタイミングで冷却期間を終わらせる場合や必要な事務連絡でのやり取りも発生します。

 

彼氏から別れを切り出されて受け入れまでの返事の保留方法とそっとしておくことの効果がわかる復縁事例です。

関連記事:別れ話を保留?冷却期間一週間で彼氏に復縁してもいいと思わせる方法

 

実現できる

冷却期間中は絶対に好きな人に連絡をしない

復縁したい相手やあなたの誕生日や記念日、イベントも絶対に連絡をしないで下さい。相手の誕生日の7日前までに連絡がなかったらそのままそっとしておいてください。

 

実際の事例で元カレの誕生日に連絡をするリスクについて詳しく解説しています。・

関連記事:元カレの誕生日が冷却期間中でも連絡したい!別れた直後は復縁に影響

 

 

復縁できた人の冷却期間の過ごし方

冷却期間の過ごし方の秘訣は?実際にそっとしておく期間で何をすればいい?冷却期間についての判断は別れ方で大きく異なります。冷却期間明けにいつどのタイミングでどんな言葉を伝えるか?自分が何を伝えたいのかを考えながら連絡する準備をしているのです。

 

別れてから自分は変わったとアピールしたいならそのことをlineに書かないなど配慮が必要です。元彼・元彼女に会いたい気持ちをlineで一度伝えた後は会えるまでは何度もlineを送らないようにして下さい。会って話しができるまではlineや電話で相手の気持ちを確かめながら会う約束をして下さい。

 

冷却期間で復縁できる自分になる?

冷却期間の置き方について復縁できる可能性を高めるのはどうすればいい?元カレ・元カノに対してもし喧嘩別れだった場合は、別れてすぐのタイミングで感情的にまだ大好きとアピールしても嫌悪感を与えてしまいます。すぐに自分の印象を変えることはできません。

 

男性から女性、女性から男性へのアプローチで伝える言葉もタイミングも異なります。相手が別れてから新しい出会いをされていたら、次の恋愛を始めたら嫌だ、など嫉妬心で焦った言葉を伝えることは逆効果です。

 

「もう気にしてないよ」と無意識に伝える、自分と別れることを決意した恋人にこんな自分と付き合った時の嫌な記憶を少しでも忘れてもらうことが目的ではありません。

 

カップルとしてうまくいかない、悩みを聞いてあげられない雰囲気だった、性格や価値観の違いを感じる、別れを告げるまで悩んだのだから後悔している人も多いはずです。

 

やはり、そういう気まずさや失望の関連で別れた直後の時期に過度にまたヨリを戻すお願いを何度も伝える一方的な押し付けるアプローチはダメなNG行為です。

 

別れ話の後のお互いの気まずさを時間が解決する?あなたからの連絡がYESだけを求めた言葉に聞こえるのです。罪悪感を感じている相手には追い込まれた気分にさせてしまうのです。気まずいと思われている時に連絡が来ると今は嫌な気持ちにさせてしまいます。今回は会っても答えは変わらないよと断られてしまいます。もちろん、復縁したい相手の気まずい気持ちや話したくない気持ちを尊重してそのために別れた直後の少しの期間だけ、そっとしてあげるのが冷却期間なのです。

冷却期間は復縁のチャンスを待つ時間

なぜ別れた後で沈黙する時間が必要なのか?冷却期間中の連絡を控えてそっとしておく意味について解説します。会って目を見て話せるまでの気持ちの冷静さが大事です。もし可能なら相手と私が別れたことは誰にも言わない方が相手が再会の返事に困らず、本心を言ってもらえるまで会うことを続けることができます。

 

 

 

冷却期間が終わった後で連絡する場合の3つの注意点
  • 別れた直後に復縁をお願いしても「別れる」という答えは変わらないことを受け入れる。
  • 冷却期間が終わった後のlineは2往復以内で終わらせる。復縁を結論を求めない。
  • 冷却期間が終わっても共通の知人、友人に相談しない。

 

3つの手段で社内恋愛・職場で知り合った元カレと復縁した後で結婚を成功できた事例です。

関連記事:社内恋愛の復縁のタイミングとサインとは?元彼と職場結婚した女性の3つの約束

 

困ったら相談

復縁の可能性は冷却期間の沈黙が高める

恋愛関係が構築できて恋人として一緒に時間を共有され一度お付き合いをしていた。ちょっとした会話やLINEのやり取りで心の温度差を感じさせたりどうしても仕事の都合を優先して誤解をされて別れた場合、別れた後で今後いつ連絡をすればいい?

 

復縁の可能性を高めるためにはそっとしておく時間が必要です。性格が合わないなど交際の継続が難しいと判断されて別れた恋愛関係を復縁するには3ヶ月以上の時間が必要です。元カレ・元カノとの男女の信頼関係を回復させるためにはどうすればいい?

 

 

いつも二人で

 

別れた直後の行動で復縁の可能性が消滅することがある

特に別れてから一週間は別れた相手が過敏にあなたからの連絡に警戒をしている時期です。そのため別れた直後の一週間はそっとしておく、つまり復縁するためにお互いに気持ちを落ち着かせる、冷却する期間が必要です。

別れの心理

冷却期間明けのタイミングで連絡する内容

復縁したい相手に別れた後の沈黙を経て連絡を始める前に気持ちを理解する姿勢が大事です。1ヶ月以上の時間を置いてから連絡をすることで元カレ元カノの感じた嫌悪、苦手意識のイメージを軽減できます。別れまでの経緯、元カレ・元カノが感じた恋愛のストレスや別れ話での疲れ方により異なります。

悲しい気分

復縁したい相手への敬意と思いやり。どうして片思いのように我慢をしなければならないのか?悪かったと反省が必要なのかを課題を通じて考えて自覚いただくことになります。

復縁のための冷却期間明けの連絡方法

冷却期間が過ぎたら勇気を出して誘う連絡をして下さい。復縁前提の再会デートの実現へ。お付き合いの再開実現と復縁の可能性を高めます。

 

復縁したい相手の気持ちを思いやるために冷却期間明けの最初のlineには絵文字やスタンプは使わずにわかりやすい言葉を短く書きて下さい。

 

冷却期間の後でlineが続く内容とは?

多くの同じような別れた後のケースで1ヶ月以上の時間を置いて沈黙した後のlineの内容とは?lineでの連絡をきっかけで再会できて穏やかな復縁に向けた話し合い実現できる効果があります。

 

元カレのことがまだ好きならlineでは無理を言わない、元カノを困らせないために気持ちを思いやる意味とlineでの連絡の効果とは?

 

悪い印象を与えない、別れた後の無視されないlineの送り方がわかります。復縁してもう一度やり直したい気持ちを行動で示すための期間なのです。

 

彼と別れて友達にもお願いしてある程度の期間はそっとしておく、別れた恋人との復縁が成功のために自分の悪かったことを反省できてから向き合うことが大事です。自然に恋愛関係を構築して過ごした日々について冷静に思い返せるだけの時間が必要になります。

 

 

別れた後の冷却期間を実践して復縁できた女性のlineの使い方を参考として解説しています。元カレとの最後のやり取りから3ヶ月の時間を置いた後の連絡の内容とタイミングがわかります。

関連記事:lineで復縁したい元彼に連絡する方法?気持ちを惹きつける内容の例文

 

 

本音を伝えたい

冷却期間は夫婦の離婚回避にも効果がある

◆離婚危機になったご夫婦の復縁のために必要な冷却期間の目安

 

恋愛の失恋と異なり夫婦の問題は結婚している婚姻関係です。同じ住まいで暮らして生活を一緒にしている関係です。会話ではしっかりとした本音での受け答え、意思を伝えることが必要です。放置や自分はモテるとアピールすることは控えて下さい。

 

別居後のタイミングでの連絡の停止は放棄、無責任と思わせるリスクがあります。夫婦できちんと話し合ってから2週間を目途に連絡を入れて下さい。

 

①完全に連絡は絶たず、必要な事務連絡は伝える、返事はきちんとする。

 

 

②平行線の状態で無理に一方的にlineやメールをしない。憶測で不倫を疑わないことが重要です。

 

 

冷却期間に入る前にすべきこと:

 

A:平行線のままの関係を責めない、復縁するために冷却期間を設ける理由は必ず伝える。婚姻費用や別居後の行先、居場所は早めに伝え、相手の気持ちを尊重する。

平行線になる

ご相談の流れ

メール相談

(実名は記載されなくて大丈夫です)

 

 

お問い合わせ:090-6519-1413

 

(受付時間AM8:30から AM3:00 番号は必ず通知でおかけ下さい)

 

【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

 

メールで問い合わせ

ご相談は無料です。詳しくはエピソード体験談をお読み下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る