離婚を回避する手紙の書き方の例文?夫・妻への謝罪文の内容

夫婦の仲が悪くなった後で夫・妻の心を動かす手紙のサンプル例文を紹介しています。夫・妻に謝罪を伝える手紙を書くための準備の仕方、謝罪の内容について具体的な書き方の例文でポイントを解説しています。

妻への謝罪文

Contents

離婚を回避する謝罪文の手紙の書き方

夫婦の仲が悪くなった後で妻、夫に送る手紙・謝罪文の書き方。本心で謝罪を伝え、離婚せずに夫婦としてやり直すための手紙とは?今、相手が一番望んでいる謝罪の言葉について気持ちを理解して考える必要があります。

 

1本のLINE、1通の謝罪文の手紙で謝罪を受け入れてもらえることは難しいのです。わかりやすく本音を書くことが重要です。

 

また勝手な考え方をしている、取り繕いの言葉と思われますと信じてもらえません。夫・妻の心を動かすための謝罪文の手紙の書き方がわかるサンプル例文を具体的に紹介しています。

 

 

手紙では次のような内容を書くようにしましょう。

手紙の始めに気持ちを教えて欲しいと書けるようにして下さい。

●感謝していること

●謝りたい気持ち

●夫婦としてやり直して欲しいという正直な想い

●夫婦、家族の未来を願う想い

心に届く手紙の書き方の例として「もう一度やり直すことが可能なら」「心から反省しています」という言葉を並べた手紙では取り繕いと思われてしまい信憑性に欠けてしまいます。夫、妻の心に響く手紙にはなりません。

 

妻の気持ちがわからない

 

ご相談の受け付け

 

離婚回避が目的の手紙に書く内容

LINEやメールが送信できない、返信がない、ブロックされているなどの状態で転居先の住所がわかり郵送できる場合、おすすめの方法が手紙で想いを伝えることです。手紙は直接伝えることができないあなたの本当の想いを伝える最善の手段となります。

 

ただし書く前に連絡する目的を考えて下さい。謝るだけでは意味がありません。離婚せずにやり直したい自分の今の想いを伝えることが大切です。

 

係争(離婚調停、裁判)になった場合を想定してモラハラ行為の証拠にされる前提で謝り過ぎない、思い当たる自身の非を列記しない、取り繕う表現は控えるなど注意点があります。離婚せずにやり直せた場合の奥様の経済的・金銭的なメリットを伝えるような手紙が逆効果になってしまうことがあります。

 

 

離婚回避方法を実際の事例で解説しています。

関連記事:離婚回避方法とは?離婚したくない人が修復するための相談

 

 

手紙を書く

心を動かす手紙・謝罪文の書き方を考える

夫婦として、家族として離婚の危機を回避して仲直りを願う気持ちを手紙で伝えることで修復できる可能性が高まります。二度と裏切らない、あと一回だけチャンスが欲しい、これから努力する、申し訳ないと思っている、後悔して本当に反省している、許してもらえたら考え方を変えるという言葉は誤解されやすい言葉です。文字にするとその場しのぎの言葉に見えてしまうのです。

妻が怒っている

離婚を避けることが目的の手紙の例文

喧嘩を仲直りして離婚を避けることが手紙を書く本当の目的?お子さんに両親の不仲についての不信感や不安を与える親から将来的に良識や道徳の教育ができますか?人を敬い、感謝できる常識、良識を教えてあげられますか?謝る言葉の内容と伝え方を教えます。

 

夫婦喧嘩を仲直りする手紙の例文として、夫婦喧嘩で言ってしまった心にも無い失言を謝りたいなら

【悔しくてひどいことを言ってごめん】など、

わざわざネガティブな謝罪を明記せずに手紙を書いて下さい。

 

自身が向けてしまった失言や暴言を明記してしまうと嫌な記憶がフラッシュバックするだけでなく、もし離婚調停や離婚裁判になった場合にモラハラの証拠にされてしまうことがありますので絶対にネガティブなことを手紙に明記しないで下さい。

 

 

お子さんに夫婦の問題で嘘を言うことは悲しいことです。きちんとお子さんの気持ちを考えることも忘れてはいけません。家庭を修復して円満な生活を回復させたい、そのための誓いや決意を明記する、自身の振る舞いの改善や反省を伝える、やっぱり愛情を主体に書きたいのか、家族への誓いを書くのか、まず離婚を思いとどまらせるための話し合いのポイントをきちんと明確にするためになぜ夫婦の危機が起きたのかを冷静に考えて下さい。

 

正直な手紙を書く

 

離婚を考え直してもらうことが目的の手紙に書きことは?家を出た夫・妻に手紙を書く前に何を書いたらいいのか、別居後の手紙が話し合い実現のきっかけにできるように読んだ夫・妻が「話をする意味がある」と感じる言葉を書かなければいけません。同じことを何度も謝っても嫌悪感を感じさせてしまいますので書き方に用心が必要です。

 

 

不倫問題など特殊なケース以外は同居時から夫婦仲が悪化してギクシャクしたり会話が重苦しい状態になる、家庭内でお互いの存在をいつもストレスと感じるなど異変は起きていたはずです。

 

手紙で離婚を考え直してもらうことが目的の謝罪の言葉ですから、わかりやすい正直な文章で気持ちが伝わるように書いて下さい。

 

 

 

何通も手紙を送らない

謝罪文の手紙に書いてはいけないこと

実際に手紙を読んで欲しいとお願いをして読んでもらった際に、手紙やLINEの言葉が嘘と思われない、これから生理的嫌悪を感じさせない文章であり、重複した伝達を繰り返さないための論点の整理方法などを解説しています。

 

夫婦の会話などでいつも妻の気持ちを無視した言葉を言っていた男性の場合、普段と大きく異なる言葉を書いた手紙では謝罪文としての効果が期待できないケースが多いため、手紙を書く前に自身の伝えたいことを冷静に整理する必要があります。

 

手紙を書く

謝罪文の手紙の言葉は正直であることが信じてもらえる条件

謝罪が目的の手紙に「愛しています」「大好きです」と書いてしまうと被害者意識を大きくさせてしまいますので書かないように注意が必要です。

 

「反省してます、申し訳ありません」のような言葉を並べないで下さい。謝罪の気持ちを伝えたいなら信憑性を感じさせない書き方は逆効果です。

 

性格の不一致や価値観の相違を理由と事前に聞いている場合、「ごめんなさい。心配をしています。全部自分が悪かったと後悔しています。会いに行きます」とは絶対に書いてはいけません。

 

手紙で過度に相手の名前を連呼すると生理的嫌悪を強めてしまい、受信拒否やLINE無視やブロックされる原因になってしまいます。

 

手紙で謝られても困る

夫・妻への謝罪文の手紙を書くために

自分の気持ちを伝える謝罪の手紙を書くために、離婚を避けたい理由の説明やこれからの誓い、呼び掛けている理由を伝える、会えない状態なら誓いを手紙に書いて渡しましょう。

 

①基本は手書きで封書に入れて事前に会う約束を得られて、会われてからの手渡しです。強引な別居先やお仕事に関連する場所の訪問で手渡そうとされたり郵送は逆効果になることが多いです。

 

②手紙に自身の非を列記してはいけません。(調停や裁判では非を認めた証拠になることも多く、調停での非を認めている証拠に提出されることも想定して手紙を記載して下さい)

 

③離婚回避することを前提で向き合う方法は、「実行」が一番の安心伝達です。できない約束は手紙に書かない。

 

④離婚を引き留めている理由と誓いについては相手を話題の中心として最初に明記して下さい。正直な方法です。

 

⑤手紙一通で要求の撤回を求めず、会って話したい、結論のための時間の猶予が欲しいということを記載。

 

 

別居した妻に会いたいなら

離婚を回避するための謝罪文の手紙を書くための注意点

離婚を考え直してもらう謝罪文の手紙とは?別居後の手紙で伝える手段を選択した場合の注意点とは?謝罪文の手紙には、読む側の気持ちを考えて下さい。

 

 

本気で誠意が伝わる言葉を選ぶことが重要です。話し合いで指摘された思い当たる自身の非を何度も記載しない、冷静に家庭生活を振り返ってなぜ別居をされたのか、なぜ離婚要求をされているのか原因を考え、謝るべきことを明確にして、言い訳を書かない。

 

 

結婚前の恋愛の段階や結婚生活の過程で手書きの手紙での伝達の習慣があったご夫婦には手紙は有効な手段ですが、手紙ではなくメールやLINEを使って仲直りされていたのであれば手紙よりもLINEやメールで伝える方が効果があります。

 

LINEで謝るのが気まずい

心を動かす手紙の謝罪文の書き方
夫婦の問題で言葉の駆け引きは使ってはいけません。正直な伝え方が夫婦の対話が好ましいのです。素直に自身の正直な本心を明確に記載すること。重複する表記の記載(本当に反省していますなど「本当に」と記載してしまうことで不審を感じさせます)は控えて下さい。

 

謝罪文を考える

 

夫から別居中の妻への謝罪文の手紙の書き方

性格の不一致や倦怠期、結婚生活のストレスが原因で精神的な消耗が理由と事前に聞いている場合、「ちゃんとお話しがしたいです。生活費のこと心配しないで下さい」「電話で話せませんか?」「会って話そう、会いに行きます」とは記載しないことです。

 

書いてはいけない言葉

別居後の手紙は会って話すための呼び掛けが目的

別居後の手紙は会って話すための呼び掛けです。手紙だけでは離婚を避けられないです。

 

別居後に夫婦の話し合いを重ねて修復に向けて話し合って仲直りする妻、夫に謝罪する、配偶者への手紙文面の書き方と渡し方、手順と方法。離婚を回避するための話し合いで伝えるべき言葉を解説しています。

 

 

 

夫婦の危機と感じた場合の解決策を紹介しています。

関連記事:離婚危機を夫婦で乗り越える方法とは?修復するための歩み寄り

 

 

LINEで謝罪文を送る

別居後の手紙に書くべき気遣いの言葉
別居後の生活費・婚姻費用をどうするか?住民票は?きちんと話し合える誠実で優しい対応、誠意ある意思伝達など悪化を防ぎ、話し合いの継続に有効な上手な謝罪文の考え方のアドバイスと解説!

 

 

 

別居した妻と離婚を避ける方法について解説しています。

関連記事:離婚しないで別居した夫婦のメリットとは?連絡内容と頻度を解説

 

妻の気持ちが戻る言葉

謝罪で心を動かす言葉を書く、別居した後で会うための手紙の書き方とは?別居後に離婚についての話し合いが継続できても別居後の離婚調停を起こされる懸念など相手の考えがわからない不安を解決。

 

無視されない手紙を書きたい

 

手紙で離婚を考え直してもらうために夫、妻の気持ちをきちんと理解する
自分が勝手に思ったこと、憶測、推測で「だと思う」「だと思う」ことを明記しないこと。必ず事実を確かめて下さい。

 

 

夫から謝られて安心した

謝罪文の手紙では結婚記念日のことを意識しない?

嫌な記憶を思い出させることと同じように別居中に2人の結婚記念日があっても奥様には嬉しい話題ではありません。別居をしていて離婚について平行線になっている2人にとって大切な記念日ではありません。

 

なぜ今まで夫・妻の気持ちを確認してあげられなかったのか?後悔だけでなく夫・妻との幸せについて冷静に考えて謝罪を伝えて下さい。

 

 

別居中の結婚記念日は意識しない?

関連記事:別居解消には結婚記念日を意識しない!離婚を避ける前提の連絡方法

 

自分の悪かったことを書いてもフラッシュバックさせる?

モラハラやDV、不貞行為の発覚が理由の離婚危機の場合は安易に謝る言葉を書かないで下さい。仕事の悩みを教えて欲しい、心配だ、のような直接関係の低いことは書かないで下さい。

 

LINEを無視されて手紙を送るなら?実際に夫・妻の悩みを理解した謝罪の言葉が有効です。気持ちに寄り添うことで気持ちの面での歩み寄りが期待できます。きちんと今の気持ちを理解した言葉を加えて下さい。

 

 

 

夫からのLINEで嫌なことを思い出した

 

 

別居中の連絡は正直であることが大事
別居後に夫婦の話し合いが継続出来れば離婚を回避できる可能性が高まります。離婚を回避して夫婦としてやり直したい気持ちを素直にわかりやすい言葉の手紙で伝えることを心掛けて下さい。

 

 

 

 

 

気付いたこと

 

夫・妻への謝罪文の言葉はわかりやすさが大事

手紙を書く前に離婚回避に有効なわかりやすい謝り方を考える、想いや反省を正直に書いて下さい。夫・妻の気持ちを理解することが大事なのです。会って話せないから手紙を書くことになったのです。

 

 

夫婦としてやり直したい気持ちを伝える謝罪文の手紙とは?やり直したいと伝える謝罪の手紙には、あなたとパートナーとの心の関わり方を良い方向に向けるために手紙に「私が悪かった」「人としてあなたが大事だ」と書いてはいけません。

 

手紙には夫婦の危機について自分がどう思っているか、引き留めている理由の説明を明確に書くことが必要です。

 

「本当にありがとう、あなたと結婚してよかったと思っている」と「もう喧嘩はしないよ」などの言葉は取り繕いと思わせ信憑性の面で疑心を与えてしまいます。離婚を考え直してもらうことができなくなります。

 

夫への婚姻費用の請求から放棄の気持ちが加速?完全無視という事態の例もありますので金銭話題だけの記述は厳禁行為です。

 

 

手紙での謝罪文

手紙で離婚を回避するつもりなら共依存関係にならない

婚姻生活が大切であること、やり直して婚姻を継続して一緒に暮らしたい気持ちを伝える話し合いを実現します。

 

共依存の状態で傷付け合う夫婦(相手が感情を乱すことが原因で自身も感情を乱して酷い言葉を向けたり執拗なLINEでのバトルに至られる関係)が急増中です。

 

女性心理として別居中の夫の日常行動を気にされますのでSNS、Facebookへの投稿は離婚を避けて一緒に暮らせるようになるまでは控えて下さい。

 

 

自分の非を自覚する

離婚を回避できた謝罪の手紙の共通点

夫婦だから、と過信してはいけません。礼儀、敬い、思いやりが基本です。離婚すると言われて言い合いになったり、無視をされたり、夫・妻の本当の気持ちがわからない、愛情を感じられない状態だった、不安や不満が声にできないなど関係の悪化には理由があります。

 

冷たい態度から妻の嘘を疑ってしまう。(妻の不審行動や一方的な言い分などの異変については復縁体験談の事例ご参考にされて下さい)相手を幸せにしたい、尽くしたい、信じたいという期待の気持ちだったはずです。

 

不仲な二人の問題からの溝。 もしお子さんがいたら、一番困ってしまうのはお子さんです。親同士の言い争いや不仲は恥ずかしいことです。

 

離婚を回避できた手紙は相手の気持ちを思いやり、冷静にわかりやすい短い文章の手紙という共通点があります。

 

 

喧嘩の勢いで離婚したいと言ってしまったなど、うまくいかない夫婦の特徴として本音ではない言葉を喧嘩の時に悔しさが理由で言ってしまう傾向があります。

 

今まで素直に謝れなかった理由から正直に手紙に書いて伝えることが大事なのです。

 

離婚を回避する言葉

 

離婚を回避したい理由を手紙の謝罪文に書く

うまくいかない夫婦が離婚を避けるための謝罪文の書き方とは?離婚要求された時に言われたこと、話し合いで離婚したい原因と言われた言い分から心理学の観点で本心を読み取ります。結婚生活で妻・夫が感じていた不満を理解することから謝罪の内容を考えることが大事なのです。

 

夫婦仲が悪化した後で。離婚せずに円満な関係に戻したいと思っている理由を書いて下さい。これから自分がどう努力して良くできるか、という誓いを書いて下さい。

 

悔し過ぎて悲しい

夫・妻の心に届く言葉を考える

別居、離婚に関わる夫婦の問題について原因がわかる相談です。離婚危機に至られた価値観の相違の理由、離婚要求の理由を結婚観などの考察に基づいて今できる対処について詳しくご提示しています。

 

現在、相手方と最終的な条件などを決める離婚協議中の場合や別居後に無視状態、離婚調停手続き後の状態でも解決方法についてのご相談は可能です。

 

意地になってはいけない

 

離婚を避けたい気持ちを手紙で伝える前に反省すること

これまでの多数の夫婦喧嘩が多い家庭の離婚問題を解決できた方法とは?

 

①先々のためにできない約束をしない。離婚問題の解決を優先するなら会って目を見て向き合って話し合う。

 

②話し合いに応じてもらえない場合、親族、共通の知人、友人への相談はしない。

 

③売り言葉に買い言葉など言葉での駆け引きや脅す発言はしない。

 

④憶測発言はしない。安易に気持ちがないと言われただけで相手の浮気を疑う発言はしない。

 

⑤相手や親族からの交渉、連絡については必ず応答すること。絶対に無視をしない、話し合いを避けない、拒まない。

 

⑥謝罪や引き留める手紙文面に自身の婚姻生活での悪かったと思うことを列記しない。

 

⑦常に広い視野で夫婦の別れ話の起因について考え、復縁を前提に自身の良くなかった部分を反省し、「申し訳ない」と思えること。

 

⑧相手の笑顔をもう一度見たいと心から強く願うこと。

 

 

対応に困ってしまう

 

謝罪文の手紙で離婚を避けることができた夫婦の共通点

A:同居継続できるか、別居をする場合の行先を問い掛けたり確かめる会話の前に別れたい、別居したい、と言っている理由をきちんと聞くこと。激しい否定はしないこと。

 

A:なぜ離婚をして別れたいのか、婚姻継続、同居継続が嫌なのかを落ち着いて冷静に聞くこと。

 

A:離婚理由がDVやモラハラ問題や借金問題に理由がある場合、あなたの支配欲や過信が離婚問題の起因の場合が大半です。離婚を回避するために自分の悪かったところを自覚して、繰り返さないよう冷静に謝る気持ちが必要になります。

 

 

具体的な離婚回避のための話し合いでの説得方法:

 

A:一緒に暮らせないと言われている理由をよく聞き、反論や否定をせず気持ちを理解する、離婚を慕い気持ちの理解ができていない状態での謝罪は悪化を招きます。

 

離婚問題を解決するには:金銭の議論、不倫疑念、親族を巻き込んでの感情の縺れなど売り言葉に買い言葉は言わないようにする。事実確認よりも配偶者の胸中を聞くつもりで寛容な自分であること。

 

解決の心構え:正直であること、理由を言い分を変えずに継続的に主張できること、素直に謝罪できる心構えであること。解決までの揺れ、停滞、無視に焦らない、空回りをしないこと。

 

離婚調停の申し立てや浮気証拠、不貞行為を推測で追及するなどの焦った発言はしないで下さい。

 

上から目線の言葉、優位になりたい、楽になりたい、など焦りはマイナスになります。

 

弁護士に法律相談に行くなどの言葉を手紙に書くと悪化を招きます。

 

夫・妻が離婚を考え直すきっかけになる謝罪の手紙の内容とは

手紙で離婚を考え直してもらう謝罪の言葉とは?結婚生活で夫・妻がどう不満を感じていたのかを聞き取ることが必要です。

 

謝る、離婚を引き留めるために説得する言葉を考える前に謝罪の言葉をまとめ、約束として伝える内容を考えて仲直りできた後の誓い、譲歩について答えを得ることを焦らない、できないことをこうしようと誇張して話さない、離婚問題について今の状況を悲観しない、嘘や憶測発言はしないで下さい。

 

心理を読んで別居後の離婚を避けるための具体策とは?別居に至った離婚問題の話し合いでは別居後の離婚についての話し合いでは相手が離婚調停の準備をしているケースがあり、離婚理由として思い当たることを全部謝るのではなく、非の自覚と誠実な修復意欲の気持ちが大事です。

 

家庭生活での不満など離婚したい理由、離婚の決意に至った考え方の理解ができない場合は理解できるまできちんと話し合って下さい。

 

離婚を切り出された現状で誓え実行できる改心とは?献身愛、寛容、夫婦の信頼関係について意識からの改心が必要です。頼りない夫と思われた自分をどう変えるか?離婚せずに一緒に暮らせるという安心を与えられる夫とは?

 

離婚を要求される事態になり自分が夫として何が問題であったのかを自覚する必要があります。婚姻の責任について離婚を思い留まってもらうためにきちんと考えて下さい。

 

離婚要求をされ悪妻と言われる過信した自身の非がわかりますか?恐妻家で終わってあなたは幸せですか?恐妻家と言われる自覚がありますか?離婚を切り出された後で反省する意欲 がありますか?離婚問題についてお子さんの視点から自身を見たと仮定され、夫を軽視して過信した自分が恐妻と思えますか?

 

家族愛の観点で離婚を回避する提案ができる人とは?お子さんの視点から考えていつも深夜帰宅の自身が頼れる父親と言えますか?

 

手紙で伝える言葉は本当に実行できる決意を誓う?今の相手の離婚決意の意思を声で確認して離婚したいと思った理由を聞き取ることが離婚を回避する話し合いでは必要です。

 

離婚の話しを撤回できるタイミングとは?喧嘩が原因の離婚話が止められずに離婚危機に陥っても夫婦二人で解決できます。別居後の自身の悪かったことを列記した手紙、悪かったことを道目てしまう言葉が離婚調停や裁判に至った場合に過失を認めている証拠として悪用されてしまうリスクがあります。

 

 

謝罪文の手紙で心を動かせる人の共通点

離婚について手紙で心を動かせる人の共通点とは?

 

①自分の気持ち、本心について相手に嘘を言わない。駆け引きはしない。優位になる、早期解決よりも修復後に蒸し返されないきちんとした説明による離婚問題の解決と改心の誓いの伝達が大事です。

 

②話し合いで夫婦が折り合えず無視の状態に陥って3か月が経過するまでは当事者以外の人、 親族を話し合いに巻き込まない。

 

③離婚したくないという言い分は変えない、疑う言葉は控え、言い分を理解 する冷静な姿勢が基本、方針を変えないことは難しいことですが言い分がぶれないよう配慮して下さい。

 

謝罪の言葉で性格の不一致と思われない配慮をするには?

 

考察にて「結婚観に関する人格の問題」「家庭構築に関する人格の問題」「対人形勢の傾向」を無料でご提示いたしております。背景や事情を考慮して誠意ある手紙の書き方と心構えをアドバイスいたします。

 

 

 

夫婦が仲直り

謝罪文の手紙を送るタイミング

別居した後で謝りたい気持ちを手紙で伝えるなら送るタイミングが大事です。夫婦としてやり直したい気持ちを伝えるなら別居直後のタイミングで1通、手紙を送って下さい。

 

別居後に離婚を引き留めたい想いを伝える手紙はすぐに送って下さい。離婚せずにやっぱり一緒にまた暮らしたいと思う理由の説明と婚姻継続を願う意思が手紙を読んだ相手の心に響きます。

 

 

離婚を避けるための手紙

別居した夫・妻に手紙を渡す・送るタイミングは?

別居後の離婚を思いとどまってもらうための手紙、メール・LINEのサンプル例文と渡すタイミングは?妻から夫への手紙、メールのサンプル文例でいつ、どんな手紙を書けばいいのか?参考になります。

 

手紙を渡すベストなタイミングは実際に離婚の話し合いで別居後に一度会って後で手渡して下さい。もし会うことを拒否されて別居から1カ月以上無視されている状態が続き、転居先がわかるなら手紙を郵送されてよいです。

 

 

悩んでしまう

思い留まってもらうための反省文の手紙の文例は一人一人の経緯、夫婦の事情、夫婦喧嘩の内容と結婚観・価値観で大きく異なりますが、手紙を実家宛に送るのか?転居先なのか?送り先で手紙の書き方も異なります。

 

きちんと言葉を整理して書く

別居期間が長くなった夫・妻に手紙を渡すタイミングとは?

別居が長期化した場合、何通送っても無視されるなど膠着することがあります。離婚を思い留まってもらうために話し合いで会ったタイミングで手紙を手渡す、話し合いから1週間を目途に郵送するなどタイミングの選び方が大事です。

 

家族でまた一緒に暮らしたい、夫婦のピンチを解決するために気持ちを伝える、ご夫婦の心をつなぎ、願いを伝えるための話し合いに導きます。

 

想いを伝える手紙

謝罪文の手紙に書いてはいけないこと

謝罪の手紙に嘘を書いてはいけません。夫婦の離婚危機になってどんなに謝っても話し合いを拒否されてしまう状態なら今後もLINEやメールで謝罪しても気持ちが伝わらずお互いに感情的になってしまい衝突するだけです。電話にも出てくれない、別居状態ではLINEやメールで会う約束を得ることは困難です。

 

謝罪文の手紙にはLINEやメールで伝えたことと同じことを書かないように用心が必要です。

 

 

妻が指輪を置いて行った

 

 

離婚を回避するためにどうすればいいのか?修復が目的の説得方法を解説しています。

関連記事:離婚したくない場合の奥の手?離婚回避のために説得すべき内容

 

 

夫から離婚を切り出された後の対処法について解説しています。

関連記事:夫から離婚を切り出される妻の特徴?離婚を決心させた理由がわかる相談

 

 

 

 

離婚決意をした妻の心理を理解する方法がわかります。

関連記事:離婚を決意した妻の行動と心理とは?離婚意志が揺らぐ瞬間を待つ修復方法

 

妻から否定される

 

 

 

 

公開日:2018/09/19最終更新日:2022/09/17
TOPへ戻る